« 自卓リプレイ SW2.0 第3話の1 | トップページ | 自卓リプレイ SW2.0 第4話の1 »

2017年11月 5日 (日)

自卓リプレイ SW2.0 第3話の2

蛮族を殴るよくある仕事中、どこかの商人への手紙を拾ったパーティ一行。
その商人へ手紙を届けてやる途中、山賊退治をやる事になった。

半ば無理矢理巻き込んだような流れだが、気のいいプレイヤーどもなので文句を言わずやってくれた。
本当だ。信じろ。

Photo キャクラター名:サグウェン
種族:ソレイユ(男)
器用:16
敏捷:18
筋力:25
生命:24
知力:3
精神:9

ファイター:4/ライダー:1
戦闘特技:武器習熟/フレイルA、全力攻撃

Photo_2 キャクラター名:セルジオ
種族:シャドゥ(男)
器用:22
敏捷:22
筋力:15
生命:15
知力:11
精神:11

フェンサー:4/ライダー:1/レンジャー:1
戦闘特技:挑発攻撃、回避行動

Photo_3 キャクラター名:シエン
種族:人間(男)
器用:6
敏捷:6
筋力:6
生命:12
知力:25
精神:21

コンジャラー:3/セージ:2
戦闘特技:魔法拡大/数

Photo_4 キャクラター名:ザウェル
種族:人間(男)
器用:16
敏捷:16
筋力:8
生命:12
知力:18
精神:20

プリースト(ル=ロウド):3/スカウト:2
戦闘特技:魔法拡大/数、魔法誘導

山賊山の鳥

山賊の住む山に乗りこんだパーティ一行。
8番に踏み込んだところ、西からサンダーバードが飛んできて攻撃してくる。

31_3

サグウェン「コイツか……勝てるのかこれ」

GM「4レベルのキャラ2人いる4人パーティで5レベルモンスター1匹に勝てないなら、キャラ作り直しを考えるべきだろ」

シエン「そっか。じゃいけるだろ」

GM「あ。致命的な事忘れてたわ。この辺りは足場が悪いから、飛行・浮遊できない奴は命中・回避・魔法行使に-1の修正あるわ」

なお、強い気流により、飛行・浮遊している者は冒険者レベル+器用度ボーナスで毎手番開始時に目標値12の判定が必要。
失敗すると落下して転倒だ。

セルジオ「サンダーバードも飛行しているが……」

GM「ここに住んでいて気流をよく知っているので、奴は判定は不要。必ず成功する」

シエン「わかった。じゃ逃げるか」

敵だけが一方的に有利な状況を前に、全員の意思が一瞬で一致し逃亡決定。

しかし先手を取られたので、まずは敵の攻撃。
パーティは回避の高いセルジオだけを前に出し、敵の攻撃を凌がせる。

行動を(知能を考慮した上での表で)ランダム決定した所、三部位が全てセルジオに物理攻撃を仕掛けた。

セルジオ「(サイコロころころ)全部避けたぞ」

大した奴だ。
PCらの手番が回ってきたので、逃亡を宣言する。
GMの出目が腐って目標値が低かったので、全員成功。

結果的に無傷で逃亡できた。

12番へ引き返し、東周りで迂回して、残る1番へ。
山の頂上近くに小屋があったので覗いてみる。
中には、山賊が1人とペットが2匹。

山賊は『山賊の首領』、剣の欠片いり。
ペットは『アナコンダ』だった。

小屋の扉を蹴り開けて突入する一行。

山賊の首領(GM)「なんだお前らは? そうか、俺を討ちに来た冒険者だな!」

だらだら前口上を流す意味もないので、理解力の高い山賊にしておいた。

運命変転を使って先制を奪取。
となるとやはり【スパーク】が飛んでくるので、ボスは後ろに下げて蛇を前に出す。

【スパーク】→【フィールド・プロテクション】→前衛の突撃と、現在の黄金パターンで戦うパーティ。
蛇は2ターン目に全滅。

山賊の首領も、セルジオが【挑発攻撃】でひきつけて、横からサグウェンが【全力攻撃】を叩き込む。
ほぼ消化試合。

セルジオ「あ、回避で1ゾロ」

GM「じゃ物理ダメージ20点な」

そういう事も1回だけあったが、まぁ安パイで終わったといっていいだろう。
ボスが死にかけで弱った所で……

サグウェン「よし、ここで日輪の力を借りて、今、必殺の【輝く肉体】!」

この能力で、敵の命中・回避・行使を2下げる事ができるのだ。
死にかけた敵に必要な技かどうかは微妙だが、必殺技っぽくトドメに用いたかったのはわかる。

シエン「でもまだサンダーバードが残ってるぞ」

サグウェン「え? あいつと戦うの……?」

少し相談した結果、やっぱり【輝く肉体】はやめておく事になった。
普通に命中して撃破。

戦利品とボスの貯金(800ガメル相当の金品)を入手。
またシナリオの都合上、ボスは生死判定に成功した事にした。
別にボスを自動で死なせて「『山賊首領の首』を入手。宿場へ持ち帰ってシナリオクリア」でも構わんのだが、生首にするか縄で縛った敵大将にするか、選べてもいいと思ったので。

シエン「生きてるなら起こしていろいろ聞いてみるか」

というわけで、レンジャー技能で首領のHPを1まで回復させ、意識を取り戻させる。

山賊首領(GM)「すまねぇ、もう俺は足を洗うぜ。でも聞いてくれ、俺……このニギブーン、正義のためやむなく山賊をやっていたんだ。この宿場の先に住んでる商人……奴は、世界征服を企む悪の秘密組織の首領なんだよ!」

一同「……?」

ニギブーン(GM)「だから俺はここで見張ってたんだ。その活動資金として、ここらを通る連中から金を強制的に恵んでもらってたのさ」

サグウェン「真偽判定ってこのゲームにあったよな」

やってみるが、山賊首領は嘘をついていない。

シエン「まあ間違った事を本気で信じている場合も『本人は嘘をついていない』だけどね!」

サグウェン「じゃあどういう手段で世界征服を企んでいるのか、聞いてみようか」

ニギブーン(GM)「うん、知らん! 冒険者だった俺の従兄弟が、死ぬ間際に言ってただけだからな!」

その従兄弟は遺跡発掘中に、ショトスという商人の部下達とかち合った。
どっちも「俺達が漁る、お前らは引っ込んでろ」と穏便に交渉。
決裂したので戦いになり、従兄弟は重傷を負って逃亡。
彼が死ぬ直前に山賊首領が駆けつけたが、そのまま息を引き取ったのだ。

ニギブーン(GM)「いくら取り合いになったからって、普通殺さねぇだろ? 従兄弟が死ぬ前に『あの男は、恐ろしい企みで世界征服を企み……グハッ!』と言い残した言葉を、俺は信じてるぜ!」

シエン「信じるかどうかは別として、このシナリオのどこかにある魔剣のありかを吐いてもらおうかな」

お、まだ覚えてやがったか。

ニギブーン(GM)「ああ! ずっと前に拾った未鑑定品の武器か。あれならサンダーバードの巣の向こうにある倉庫に放り込んだまま忘れてたぜ」

なお、説明書は部下が入手し、報告はしたけどその時に首領は武器の事を忘れていたという設定。

シエン「いや、おかしいだろ。なんでお前らはサンダーバードに襲われないんだ」

ニギブーン(GM)「餌をやってるうちに俺らの顔だけは覚えたぜ。巣がある櫓も俺が建ててやったのさ。俺と一緒に行ってみるか?」

というわけでニギブーンと一緒に行って見る。

結果。
サンダーバードは見知らぬ人間(PCら)がいたので興奮し、電撃を発射。
ニギブーンは煙をあげて倒れる

サグウェン「あかんやんけ!」

GM「山賊達は襲われない程度に警戒されない仲になっただけであり、飼いならしたわけでは無いのだ」

ブーブー言いながらPCらは撤退。

サグウェン「シナリオクリア条件はもう満たしてるし、帰ろうか?」

このパーティはダイス目5を出してれば問題無く勝てる奴としか戦いたがらないのだ。

セルジオ「だけど魔剣は欲しいな」

シエン「うん、戦闘がしたいわけじゃないが魔剣は欲しいな」

欲の皮は突っ張っているので帰るわけでは無いのだ。

なんとか楽して強敵を凌げないか。
ムシのいい事を考え、議論し、脱線して「最近のファンタージーライトノベルは登場人物が自分のステータスをポイントで把握してるらしいな」などとどうでもいい事を語り合う一行。
そんな事はサイレントナイト翔が20年以上前に通っているぜ、と自分が言ってやる前に……

シエン「いっそ巣のある櫓をブチ壊せない物か」

ようやくそこへ目を向けたか。
櫓を調べた結果……

GM「これ建てたニギブーンもプロじゃないからな。土台に脆い所があるんで、頑張れば即座に崩壊するぞ」

それにより、普通の足場で戦える上に、戦闘前に敵のHPを減らす事ができるのだ(崩れた巣から飛び上がる前に、崖や枝に体をぶつけるため)。
減らせるHPは冒険者レベル+筋力ボーナスで判定。

もちろんソレイユのサグウェンがこの判定をやらされる。

サグウェン「達成値……16」

GM「そっか。じゃあサンダーバードは資材で頭打って死んじまったよ」

ダイス目が悪ければ無傷で襲いかかってきたし、出目が良ければ勝利でいいや。
そんな考えで作ったイベントなのだ。

ようやく6番へ着いたPC達。
倉庫があったので鍵を開ける。
罠があったが麻痺毒針とかもうどうでもいいので割愛。
今さら麻痺しても麓まで引きずって持って帰るだけだし。

400ガメルほどの金品の中、魔剣を発見!
もちろん、これはゴルドウスの武器だ。

貴重なブランド品という設定だが、シナリオの都合でぽんぽん入手できちまった。
やったぜ。

やはり形状はランダムで決定。
使い手となるのはセルジオ確定なので、彼がサイコロをふる。

結果、これは槍……ゴルドウス・ランスだった。
なんか命中値の低い種類2連発になったな。

魔剣と死にかけのニギブーンを持って帰る一行。
無事にシナリオは成功、討伐報酬と経験値を得る。

商人・ショトスの情報と魔剣を入手した一行。
少々きな臭い物を感じつつも、とりあえず商人に手紙は届ける事になる。

「手紙は燃やして平和なゴブリン退治がしたい」などとぬかす奴がいなくて良かった。

|

« 自卓リプレイ SW2.0 第3話の1 | トップページ | 自卓リプレイ SW2.0 第4話の1 »

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/72132632

この記事へのトラックバック一覧です: 自卓リプレイ SW2.0 第3話の2:

« 自卓リプレイ SW2.0 第3話の1 | トップページ | 自卓リプレイ SW2.0 第4話の1 »