« スパロボEX マサキの章 第14~15話 | トップページ | スパロボEX マサキの章 第17話 陰謀の影 »

2017年8月17日 (木)

スパロボEX マサキの章 第16話 王都の決戦

16_1 16_2 16_3 ショウが【気合】を習得した事で、ハイパーオーラ斬りが格段に使い易くなった

よってこれを真っ先に強化する。
また、オーラバトラー3機の機体性能やオーラソード・オーラ斬りも4段階目まで改造
ライネックとレプラカーンはこれでクリアまで持っていけそうだ。

チャムはエレと組ませたままにしておく
次面も魔装機がゴロゴロ出て来るので、オーラノヴァ砲で稼ぐ場面が出て来る。

準備ができたら、いよいよカークスとの決戦だ。
しかし召喚組はややとまどっている様子。

ボス「まったく、おいらにゃあ何がなんだかまるっきりわかんねえだわさ」

ジュン「‥‥正直 言って私も‥‥」

鉄也「いきなり連れてこられたんだ、無理もないさ」

マリア「なんか、王位継承権がどうのとか言ってたけど‥‥一体どっちが正しいのよ?」

まぁ偽物を担ぎ出した方ではあるまい。

さやか「あら、そう言えば、マリアって王女様じゃなかった? フリード星の」

この世界にもフリード星があったのか……
ベガ星連合軍がどういう存在なのか、かなり気になるところだ。
ベガ軍やキャンベル星人は日本の一基地に丸投げしておいて、インスペクターには地球をあげて大騒ぎする所以も。

まぁ昔の東映マンガ祭り的に、普段は別々に仕事していて時々だけは力を合わせる……という形式なのだろう。
ドラゴノザウルス相手にだけ手を組んで、それが終わったらベガ軍相手にはグレートマジンガーもゲッターGも手を貸してくれない……という時代もあったのだ。

16_516_6_2カークス軍の強襲に、フェイル軍は蹴散らされるのみ。
そこへマサキ達が駆けつけた。

マサキ「さあて、主役の登場だ。最後の決戦と行こうぜ!」

カークス「そうか‥‥もはや戦力の出しおしみをしている場合ではないな‥‥全戦力をこの地に集結させよ! ‥‥これでケリをつける」


両雄並び立たず。
ここが勝負の天王山である。

マサキ「ふ、いい度胸だ、カークス。以前のお前さんとは大違いだな」

カークス「私も驚いているよ。この私にこれほどの才能があったとはな。まさに、治世の能臣乱世の姦雄というわけだ」

マサキ「なにが能臣だ。ひるあんどんだったくせに」


まぁ人には向き・不向きというものがあるからな。
マサキもたまたま召喚されるだけのプラーナがあってサイバスターへの適性があったものの、そうでなければロボットのパイロットはやって無かったであろう。
流行りの多次元世界観とやらで、ラ・ギアスの無い世界でパーソナルトルーパーのパイロットをやってるマサキなんて奴もいるのかもしれんが。

16_716_816_1116_12カークスは自軍初期配置の南西にいる。
そこまでの敵は南と南西に別れているので、両方を倒しながら合流したい。

1PP:オーラバトラー3機、F91、ZZ、ゴラオンは南西へ。

他は南下。
ザムジードは【気合】を1発。
少しだけ先行し、戦闘獣の移動先に置いておく。

修理機は2手に分ける。

1EP:敵の全部隊のうち、半分が近づいて来る。

戦闘獣も前進、ザムジードに食いついて来る。
超振動拳で反撃。

2PP:南西の部隊は、近づいてきたグラフドローンを2回行動+射撃で弱らせる。
トドメはオーラバトラーで行い、気力を上げる。

南の部隊は戦闘獣を攻撃。
アルソスとブラッガーを森の中から攻撃して撃破。

ズメズメとラインX1までは倒しきれないので、敵の移動先で迎え撃つ体勢をとる。

2EP:トッドとミオが攻撃される、
もちろん反撃。
ズメズメが1機落ちる。

3PP:ズメズメとラインX1に集中砲火を食らわせて撃破。

3EP:ここから全ての敵が動き出す。

4PP:ザムジードを敵の移動先へ置き、間合い調節。
高攻撃力で消費量激低で気力不要の超振動拳は、接近した敵に反撃するにはもってこいの武器だ。
ザムジードが硬くて安定した機体なのも有利な要因。

4EP:よって反撃。
響けじょんがら節。

16_1716_1816_20

16_25

5PP:近くに魔装機が固まっている。
ここが攻勢をかけるところ。

ザムジード・グレートマジンガー・ZZで弱らせてから、【気合】【手加減】サイフラッシュ。
瀕死の魔装機がどんどん生まれる。
もちろん2回行動を利用しての【幸運】オーラノヴァ砲を発射
まとめて粉砕、景気良く。

46200の資金を獲得
やったぜ。

後はまぁ適当に前進し、後続の敵を迎え撃つ用意だ。

5EP:敵が近づく。

6PP:このフェイズで移動要塞以外を全滅させる。
MAP兵器に【手加減】も利用し、セニアとさやかに1機ずつトドメを任せる。
【幸運】をかけて撃墜。

修理に飛びまわるうち、プレシアのレベルが27に
これでプレシアは2回行動が可能となった。
今後、1ターンに2機を修理したり、修理が終わったら即戦艦に隠れる等の戦法が可能となる。

またマサキがレベル30、ショウが31に到達
彼らも2回行動できるようになる。
サイフラッシュを撃って即ボロットの横に引き返す、敵を倒して気力を上げたら即オーラ斬りを近くの敵に叩き込む、等の戦法も可能になる。

6EP:残るは移動要塞のみ……と思いきや、敵増援1・魔装機部隊
2機はかなり離れた位置、こちらの初期位置付近に出現。

目の前の移動要塞(カークス)も攻撃してくる。
この攻撃は、自フェイズで【閃き】を使っておいたプレシアが回避する。

16_2916_32

16_33

7PP:移動要塞(カークス)との位置は半端だし、敵増援は後方だ。
よって決着は次ターンに回し、ここは一旦準備と整える。

ガトーはカークスに【挑発】をかける。
これでカークスは目の前にこちらの機体がいてもGP02を追いかける
もちろん、ガトーはカークスから遠ざかり、こちらの懐に移動要塞を引っ張り込むのだ。

ボスはカークスに【脱力】を2発かけ、気力を低下させる
その後、ZZを補給。

2機のレンファが近づいているので、北上しながら撃破。
ナグロッドが2機いるが、そちらは距離があって倒せない。

7EP:敵が近づく。

8PP:ボスはサイバスターを補給。

このターン、北東から来たナグロッド2機をMAP兵器で倒す。
サイバスター・ゴラオン・ZZは全て2回行動できるパイロットが乗っているので十分に可能。
最後は【幸運】オーラノヴァ砲で倒し、資金を稼いでおく。

これで本当に、残るはカークスだけだ。

16_3516_3716_38

16_39

ここまでの戦いで気力は十分。
移動要塞(カークス)へ、【熱血】ハイパーオーラ斬りを3連打する
カークスの移動要塞は強化型で、HPは32000。
10000オーバーの攻撃3発で程よく撃破。
トドメはトッドに任せ、【幸運】をかけて撃墜。

48000の資金に高性能レーダーまで貰えた
さすが敵軍の大将、いい物もってんな。

決着はついた。
だがカークスは吠える。

カークス「ぬう‥‥もはやこれまでか‥‥だが私はあきらめん! 私の理想を実現するまでははな! 諸君、またあおう!」


悪足掻きにしか聞こえないが、実はそうではない。
彼にはまだ切り札が残っているのだ

ネタバレすれば、マサキがカークスと再戦する事は無いのだが。

マサキ「ちっ! 脱出ポッドか!! 待ちやがれ!」

テュッティ「ほうっておきなさい、マサキ」

マサキ「何でだよ!? あいつ、また来るぜ」

テュッティ「大義名分を失ったカークスに従うものは、もうほとんどいないわ。彼はもう力を失ったのよ」


ほうっておいたら本当に終わるとは、当のマサキもビックリであろう。
なお「彼はもう力を失った」というのは設定上の話で、ゲーム的にはもっと強力な力をこの後引っ張り出してくる。

16_4116_42

16_43

こうして戦いは終わった。
残るは後始末だけだ。

ニア「すでに各地のカークス軍の部隊が続々と投降してして来ているわ。シュテドニアスも今のところおとなしくしているみたいだし、もう一安心ね」

フェイル「そう‥‥だな。ラングラン各地の復旧作業も急がせよう。バゴニアの‥‥方は‥‥どうなってる?」

セニア「兄さん、顔色が悪いわよ。ここんとこあんまりねてないでしょ? 少しは休んだら?」

フェイル「いや‥‥まだ‥‥うっ」

セニア「兄さん!?」

ノボス「殿下!? おい! ドクターを呼べ!」

フェイル「だ‥‥だいじょうぶだ。今は休んでいるヒマなど‥‥」

ノボス「いけません! 殿下は大事な体です。無理はなされせぬよう」


体に無理をさせていたツケが回ってきた王子。
過労で倒れた王子のところに、次の面倒事が舞いこんで来る。

オールト「トロイア州においてシュテドニアス軍と思われるゲリラが破壊活動を行っています! 至急鎮圧に‥‥殿下!?」

ノボス「さわぐな、オールト将軍。殿下は少々過労ぎみであられたので、休養をとっていただくだけだ。よろしいですな、殿下」


大きな戦が終わった後で、次はゲリラが相手とは。
まぁ出たものは仕方が無い。
シュテドニアスはジオン残党の次ぐらいによくわいてくるからな。

甲児「オレ達はいつ帰られるんだ?」

セニア「心配しないで。もう少ししたら各地に避難していた神官達が王都に戻って来るから、そうしたら彼らの力でゲートが開けるわ」

さやか「甲児君、まだこの世界の混乱はおさまりきっていないのよ。今の発言はちょっと無責任なんじゃない?」

甲児「ちぇっ、まったく口うるせえんだからよ」

ショウ「ともかく、そのゲリラを鎮圧すればいいわけだ。行ってみよう」


暴徒がわいているのに帰ろうなんて……こんなに意識の差があるとは思わなかった。
鎮圧は防衛隊の義務です。それなのに地上人ときたら……!

|

« スパロボEX マサキの章 第14~15話 | トップページ | スパロボEX マサキの章 第17話 陰謀の影 »

スーパーロボット大戦EX」カテゴリの記事

コメント

まあ、勝手に召喚されて戦う羽目になったんだから、帰れる目処くらいは教えて欲しいところではありますね。
ミオとダンバイン勢の暴れっぷりが痛快です!

投稿: 野良猫 | 2017年8月17日 (木) 22時31分

ダンバインには、制作スタッフに熱心なファンがいたのでしょうな。
F完以外、出る度に最強候補でしたから。
PSで単独のゲームが出たり、ゲームブックにもなっていたり、ファンの熱意はかなり高い作品なのかもしれませんな。

投稿: 松友健 | 2017年8月17日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/71276562

この記事へのトラックバック一覧です: スパロボEX マサキの章 第16話 王都の決戦:

« スパロボEX マサキの章 第14~15話 | トップページ | スパロボEX マサキの章 第17話 陰謀の影 »