« ウルフヘッドの誕生 6 | トップページ | ウルフヘッドの誕生 8 »

2017年3月28日 (火)

ウルフヘッドの誕生 7

Map 上巻のクリアまであと少し。
そのための必須イベントを進める。

ラーフ・アスラの庵から、進路を東へ。
ロト村まで戻り、ルーイーの実家で一泊。後に露店を覗く。
必要な物はたった一つ、古着・装飾品屋で売られている首飾りだ。
金貨1枚の安物だが、そんな玩具でもスミアは欲しそうにする。
購入すると、オマケで水晶の耳飾りもくれた。この地方の特産品で、暗闇でも綺麗に光るとのこと。

キーNo11=1

首飾りを買ったら西へ戻る。
とにかく西に直進すると、H3を西に出た所で夜になる。ここでキーNo5と11の両方になにかしらの値が入っていると、イベント発生。

突然突き飛ばされるウルフヘッド。立ち上がった時、スミアの姿が消えている!

「追うんだ、ウルフヘッド。まだあそこに見えているじゃないか……」
「急がないと、スミアが食われちまうぜ。あの子をさらっていったのはファイアドラゴンなんだ……」

ちびゴブリンのメガスが現われ、こちらを急かす。上空を見れば、スミアのもらった水晶の耳飾りが輝いており、その光はライデン山の方へと飛んでいくところだ。

目立つ物を身に着けていたせいで、ドラゴンに持って行かれたのである。
カラスかよ。

キーNo5=0

もちろん追わねばならない。ここでフォルムを『人』にするか『狼』にするか選択
時間制限のあるイベントであり、移動速度で優れる狼の方が有利だ。さらに当然、強敵ファイアドラゴンとの戦闘もある。
よって『狼』となってドラゴンを追うのだ。

メガスを背に乗せ、猛スピードで地を駆け、ドラゴンを追うウルフヘッド。
ドラゴンが山中の洞窟へ入るのを見とどけたので、そこへ突入。

中は小ダンジョンになっており、ドラゴン発見まで、移動の度にキーNo5の値が1ずつ増える
これは制限時間のカウントであり、ドラゴンを発見した時、スミアへの直接のダメージとなるのだ。
『狼』形態だと、洞窟の中でスミアの匂いを辿る事ができ、ドラゴンの居場所まで誘導してもらえるので、その点でも狼形態の方が有利である。

91 ドラゴンを発見ると、まさにスミアが鉤爪をつきたてられ、食われようとしているところだ。
可能な限り最短でここへ来ると、スミアには3点のダメージ。スミアが死ぬとゲームオーバーというルールなので、このイベント発生時にスミアの体力ポイントが3点以下だとゲームオーバー確定となる。
なお、手間取ればそれだけダメージは上がっていく。キーNo5が9(スミアの体力ポイント最大値)以上になった場合も、やはりゲームオーバーは確定。だがダメージの適用はドラゴンに追いついた時であり、キーNo5の値に上限は無いので、洞窟をひたすら彷徨えばスミアに数百点のダメージを炸裂させて跡形もなく消滅させる事も可能だ。もちろん何の意味も無いので、そんな事をしてはいけない。

スミアが生きているのなら、ドラゴンを倒して助け出すだけだ。
なお状況的にウルフヘッドとちびゴブリンしかいなさそうだが「この戦いにフェロウは参加できない」という注釈は無い。猛スピードで走る灰色狼を、他の仲間は汗だくでなんとか追いかけてきたのだろうか。アクセルとベアードは汗と酒と獣の臭いをぷんぷんさせていそうで、スミアの匂いを追いかける邪魔になりそうなんだが。
だがファイアドラゴンは強敵なので、仲間に加勢してもらった方が助かるのも確かだ。

ファイアドラゴン ヒットポイント:15 スピード:8 体力ポイント:20 ダメージ:DD
※ドラゴンの体力ポイントが9以下になると、ダメージはDに低下する。

狼形態のウルフヘッドと互角レベルの強さである。素直に総出で袋叩きにした方がいいだろう。アクセル・ルーイー・ジャレス・ベアードとともに5人で戦う。
戦闘開始。
3ターンに渡る総攻撃で、ファイアドラゴンを撃破。ウルフヘッドの攻撃は一発も当たらなかったので、素直に加勢してもらって正解であった。

なお、この後タイマンでやり直してみると、ギリギリだがなんとか勝てた。
まぁこれはあくまでシミュレートであり、本来の結果のままゲームを進める。

キーNo11=0
経験ポイント サイコロ2個獲得 (出目10)

久しぶりに大きな経験値が入った。
ドラゴンを倒すと、スミアの出血をメガスが治癒魔法で止めてくれていた……が、体力ポイントの回復は無い。演出だけかよ。

「それより、ドラゴンの胃袋の中を探ってみたかい? まだなら、試してみるといい。奴の身体は黄金色に光ってみえただろう。あれは何か宝物を、胃袋の中に隠し持っている印なんだ……」

ネバーランド・ニフルハイムでもあったイベントである。だが今回は縮身の魔法は不要。
さあ超強い魔剣こい……と思いきや、出てきたのは笛である。がっかりするなかれ、これはクリアに必須のアイテムなのだ。

キーNo4=33
キーNo5=0
悪魔の笛
 入手

このイベントが終了すると、位置的にはI1あたりに移動している。
ここから西へ動き、E5を目指すのだ。F5を通ってテントで食事をとれば、体力ポイントの回復もできる。

さてE5で一夜を明かし、デビルバードの群れに何度目かの遭遇。タイタニアを仲間にしていれば、彼女がデビルバードと交渉してくれる

キーNo7=60
経験ポイント サイコロ1個獲得 (出目2)

デビルバードは、彼らの宝物をドラゴンから取り返してくれれば協力する、と言う。
もちろんその宝物は、ドラゴンの胃袋から取り出した笛の事だ。
だがこの場面までに手に入れても、ここで返す事にはならない。
この笛がデビルバードを呼ぶ召喚アイテムでもあるからだ。魔王を倒したら返してくれるようにと、向こうからも申し出る。

こうしてデビルバード達の助力を約束したウルフヘッド。上巻のクリア条件は満たした。
だが経験値が貰えるイベントがまだ残っているので、それを片づける事にする。

先ずはサングールへ行き、食料の補充。アクセルは酒の補充もする。荷物の大半が「食糧」で埋まる。腸詰の行商人ができそうなパーティだ。

次に道をそのまま引き換えし、ライデン山に登ってI1へ。
今まで無視してきた灯りだが、今回は【正体を確かめる】
そこにいたのは若いファイアドラゴンで、どこかの村娘を咥えていた。
娘を助けるようスミアが懇願するので、ルーイー・ジャレス・ベアードとともに袋にする。

若いファイアドラゴン ヒットポイント:15 スピード:8 体力ポイント:4 ダメージ:DD

戦闘開始。
またウルフヘッドの攻撃が外れてしまうが、仲間が頑張って倒してくれた。1ターンで撃破。

経験ポイント サイコロ1個獲得 (出目4)

叩きのめされたドラゴンは逃亡。だが娘は既に死んでいた。どうしようもないので、仕方なく埋葬する。
そうしていると変な臭いが漂ってくるが、無視して東へ。
ここで付近を調べれば「燃える水」を発見できる。これは下巻で使う機会があるアイテムなのだが、下巻で入手できるので、荷物枠の関係上ここでは無視。

東に行ってから南下。三叉路でも南下し、濃霧につっこむ。
ちびゴブリンの宴会にも飛び入りするが、今回は膏血城の話はしない。会話するためにはフォルムを『人』にする必要があるからだ。
宴会を続けていると、怪物が来ると言ってゴブリンは解散。こちらは敵を迎え撃つべく踏みとどまるのだ。

現われたのは、下半身が蛇の戦士達。男版スルローグが二体だ。
アクセル・ルーイー・ジャレス・ベアードとともに迎撃。

蛇の戦士1 ヒットポイント:9 スピード:4 体力ポイント:12 ダメージ:D+2
蛇の戦士2 ヒットポイント:13 スピード:6 体力ポイント:3 ダメージ:D+1
※チェンメールを着ており、刃物の被ダメージを1軽減する。

戦闘開始。
セオリーどおり、体力ポイントの少ない物から叩く。ウルフヘッドの牙が戦士2を一撃で仕留めたので、後は戦士1を総攻撃。だがカスダメージばかりで生き残らせてしまう
しかし敵の反撃もウルフヘッドに当たらず。2ターン目、やはりウルフヘッドの牙で撃破。

キーNo1=サイコロ1個加算(出目5)
経験ポイント サイコロ1/2個獲得 (出目2=1点獲得)

倒すと、戦士の片方は霧のように消え、もう片方は逃げ出してしまう。
追う事もできるが、ここは【敵の遺留品が何かないかあたりを探す】。すると蛮刀がひとふり見つかる。

蛮刀 材質=鋼 重量=5 ダメージ=D+2

なかなか性能の良い武器だ。パワーを9まで上げれば盾と併用してもスピードが落ちないので、そうなるとお勧めの武器になる。
今回、剣を捨ててこれを持っていく事にした。

452 それから南へ。霧が視界を遮るが、メロウの鱗があれば問題無い。
だが行く手に新たな魔物が現れる。四つの顔と四つの腕を持つ巨人戦士である。

四面魔人 ヒットポイント:15 スピード:6 体力ポイント:8 ダメージ:DD
※プレートメールを着ており、被ダメージを2軽減する。

ドラゴンに次ぐ強敵。狼形態のままここに来たのは、こいつと戦うためだ。メンバーは先刻の戦いと同じ。
戦闘開始。
相変わらずダメージの出目がUNKOで、8点の体力点を倒せない。今日の出目は本当におかしい。
まぁ敵の攻撃はウルフヘッドに当たらなかったので、2ターン目の総攻撃で撃破。

経験ポイント サイコロ1個獲得 (出目2)

追い詰められた魔人は、霧の中へ逃げ出した。

これで無理なく集められる経験値は全て獲得。
ここまででサイコロ20個+1/2個+18点となる。
期待値でなら90点といったところだ。

今回、総獲得点は87
80~100なら平均値の範囲内とはいえ、やっぱり微妙に少な目であるな。

よって一旦北へ引き返し、ちびゴブリンとの宴会で経験値の無限獲得を行う
三回ほど三叉路と往復し、期待値まで無理矢理もっていった。

経験値が90点得られるということは――
スピードを1点上昇(6)
パワーを1点上昇(8)
ファシネーションを2点上昇(7)

――以上を達成したうえで、さらにどれかを1点あげられるという事になる。
今回はスピードを上げて、7にしておいた。

ウルフヘッド

ヒットポイント 15
スピード 7
パワー 8

ファシネーション 7
体力ポイント 13
経験ポイント 2(
消費88獲得90

武器
蛮刀 材質=鋼 重量=5 ダメージ=d+2

剣 材質=銀 重量=6 ダメージ=d
鉄槌 材質=鋼 重量=8 ダメージ=d+3

防具
赤銅の盾 重量=4 効果=被ダメージ1点減

仲間 スミア ジャレス ブラウ ルーイー アクセル ベアード タイタニア

後は膏血城に乗りこむのみ。それで「誕生」は終了である。

|

« ウルフヘッドの誕生 6 | トップページ | ウルフヘッドの誕生 8 »

ウルフヘッドの誕生/逆襲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69973206

この記事へのトラックバック一覧です: ウルフヘッドの誕生 7:

« ウルフヘッドの誕生 6 | トップページ | ウルフヘッドの誕生 8 »