« 第三次SRW 第39話 ラグナロク | トップページ | ウルフヘッドの誕生 1 »

2017年3月11日 (土)

狼男

最近ロボット漬けだったので、少々ファンタジーぶんを補充すべきか。
そう考えてゲームブックを引っ張り出す。
ダンボール箱の中に詰め込んであるゲームブック、その最上段にあったのが「ウルフヘッドの誕生」「ウルフヘッドの逆襲」の二冊。

Photo そうそう、前にニフルハイムをプレイした時に「次やるのはこれだな」と思って待機させておいたのだ。

特に関係は無いが、最下段に押し込まれた物の一つが「第二次スーパーロボット大戦G」の攻略本である。
ゲームそのものはどこかへ消えてしまったので、攻略本だけが残っているのだ。
V2ガンダムがフル改造でアサルトバスターになるなんて自力じゃ気づけねーよ。
石破天驚拳は自力発見したけどな。

ウィンキースパロボに思いを馳せながらも、旧第三次をこの前クリアしたばかりなので今は保留。
狼男となって湿地を徘徊する旅が俺を待っている。

「ウルフヘッドの誕生」もまた林友彦作品なので、ネバーランドのリンゴ・ニフルハイムのユリと結構な共通点がある。

・残機制で、主人公は3つの命を持つ。
・自由に移動できる舞台の中に放り出されて開始する。
・攻略順序を考えれば、ほぼ確実にクリアする事ができる。
・主人公が獣人。
・ヒロインはさらわれる。
・総項目数1000。

だが前二作とは異なっている点もあり、それがこの作品の特色となっている。

・主人公が最初からそこそこ強い。さらに強化形態へ変身も可能。
・戦闘能力が命中関係と防御関係に別れ、経験値を個別に消費して強化する。
・仲間も個別にデータを持つ。そのうえ前二作より頭数が増えている。
・入手経験値が大概ランダム。
・上下巻のワンセット編成。

まぁ完成度は確実に上がっている。
特に能力値関係は、当時としては画期的な方だった。
このゲームのルール部分は次のとおり。

1_42_3 3_3 4_3 パワーが所持品と装備の制限。武具の装備に関わり、主に打撃力に影響する。
スピードが命中値。
ヒットポイントはHITポイントであり、敵の攻撃がヒットする値……いわば防御判定値とでもいうべき値だ。
ファシネーションは、実はパーティの強化用の数値である。仲間には能力値が「ファシネーション+α」で決まる者が複数いる。各キャラ個別に経験値を管理する事を避けるため、主人公の能力に応じて強化する手法が取られているのだ。

これら能力値は、経験値を消費して個別に上げる。
そして入手経験値がたいがいランダムな事が影響し、クリアまでの手順を単純化するのはなかなか難しくなっている。
「ここまでゲームを進めれば、この能力値はこうなっているはず」という見通しが立て難いからだ。

だが単なる運ゲーになっていないのが、林氏の凄いところ。
次回以降、ゲームを進めてそれを明らかにしようと思う。

|

« 第三次SRW 第39話 ラグナロク | トップページ | ウルフヘッドの誕生 1 »

ウルフヘッドの誕生/逆襲」カテゴリの記事

コメント

遂にきた!本編開始楽しみです!
あと、第三次スパロボ無事クリアできました。近いうちシャア未説得で二周目開始予定です。
親切かつ丁寧なアドバイスありがとうごさいました。

投稿: 野良猫 | 2017年3月11日 (土) 22時14分

旧第三次をお楽しみいただけたようで何より。同好の士として嬉しく思います。
まぁ世間は既にVですが。あれもいずれは手を出すとして、今はウルフヘッドですな。

投稿: 松友健 | 2017年3月12日 (日) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69881506

この記事へのトラックバック一覧です: 狼男:

« 第三次SRW 第39話 ラグナロク | トップページ | ウルフヘッドの誕生 1 »