« 第三次SRW 第22話 リューネ、そしてヴァルシオーネ | トップページ | 第三次SRW 第23話 ジャブローの嵐 »

2017年1月 3日 (火)

第三次SRW ユニット・キャラ 13~22話

宇宙再出航から地球再降下までの、機体とキャラの個人的評価。

14_27 ガルガンチュワ

HP3100 装甲170 最大攻撃力680

「超電磁ロボ コン・バトラーV」に1話だけ登場した脇役メカ。
どこかの国の戦闘ロボだったが、いろいろあってその話にしか出なかった。

今作のオリジナル展開により「勇者ライディーン」のコープランダー隊が乗り換えできるように改造される。おそらく長浜・冨野繋がりであろう。

戦闘力は「微妙」の一言だし、宇宙適応がBで数値以上に冴えない。
だがコープランダー隊を二人同時に出せるという利点があり、レベルを上げるほどでは無いがそこそこ役立つサポートキャラ・麗を出撃させるためには利用できる。
中盤、出撃数が17~19のステージでは、三級モビルスーツよりは出す価値がある。

12_35 ザクⅡ

HP1100 装甲80 最大射程3/攻撃力500

初代ガンダムファンには少なからぬザクファンがいるため、自軍にザクがあるべき。
そう考えたスタッフが観賞用に用意してくれたフィギュア。
もちろん観賞用なので、実戦に耐える性能では無い。
苦行を極めて神域に達する事を目指す者以外、戦闘に使うべきではない。

ケンプファー

HP2200 装甲260 最大射程3/攻撃力800

近接格闘戦を得意とするモビルスーツらしいが、この当時、そんな特性は反映されていない。
命中補正+50%というショットガンを装備してはいるが、射程は3だし攻撃力は550。
意外とHPや装甲はあるので、囮ユニットの側でハイエナのチャンスを覗う事ならできる。
まぁ覚えていれば出す事もあるかもしれないユニット。

ゲルググM

HP2100 装甲130 最大攻撃力900/射程3

ゲルググだがMなのでナギナタを装備していない。
海兵隊仕様らしいが、海適応は低い。
レコアが帰ってくるためチャリの代わりに使っただけなので、性能は始めから問題外なのだ。

17_28 ZZガンダム

HP2800 装甲200 MAP兵器攻撃力1200

加入直後から最後まで主力になる有能なユニット。
旧第三次はMAP兵器を使う事前提の調整が為されているので、使わないのは縛りプレイの域だ。
ハイメガキャノンとEN、耐久性はもちろんだが、ダブルビームライフルの攻撃力を1000程度にしておくと、通常の戦闘でもそこそこ戦えるようになって便利。

ジェガン

HP1700 装甲140 最大攻撃力850/移動後使用可能・射程2

改造するほどではないが、そこそこには役立つユニット。
移動後に撃てる有射程の射撃武器・ハンドグレネイドがまぁまぁ強力で、ハイエナをやり易いからだ。
不意を撃たれても1発ぐらいなら問題無く耐えられる程度の耐久性もあり、地球へ帰るまでなら機体の無いパイロットを乗せるのに適している。
だがハンドグレイネイドの命中補正が-10と劣悪なので、使う相手はちと選ぶ。

18_25 リ・ガズィ

HP2200 装甲140 最大射程7/攻撃力900

繋ぎ機体の中で1,2を争うぐらい有能なユニット。
移動力11で飛行可能、最大射程7、一度破壊されてもガワがむけるだけで生き残ると、まさに2軍のための輝ける星
しかもこれが2機入手できるのだ。
使い捨て機体としてあらゆる面で隙が無いが、それ故に結構長く使うので、多少なら改造してもいいかもしれない。

νガンダム

HP2300 装甲150 最大射程8~10/攻撃力1200

これも最後まで使い続ける主力機。
フィンファンネルはパイロットのニュータイプレベルに応じて、射程が8から10まで伸びる
これによりほとんどの敵に対し、アウトレンジから一方的に攻撃できるのだ。
しかもIフィールドを持っており、ビームが主武器の敵には、位置取り次第で絶大な防御力も有する。
なお改造区分の関係で、フル改造すればビームライフルがフィンファンネルの攻撃力を上回るのだが、フル改造でやっと50点越えるだけ。
射程や命中補正、属性を考えると、全くの無意味である。
まぁ攻撃力1000程度あればライフルは事足りるので、資金はフィンファンネルにかけるべし。

ネェル・アーガマ

HP6000 装甲130 MAP兵器攻撃力1000

ロンド=ベル、第三の戦艦。
HPの増えたアーガマ。
一応、武器その他の性能も間違い探しみたいな感じで変わっている。
HPが多いのであまり狙われないし、こっちから仕掛ける時はMAP兵器・遠距離砲撃・機銃でハイエナ等の反撃を受けない攻撃が主体……というかそれしかしない。
よってあまり本気の強化は要らず、あまり金がかからない。

F91

HP2300 装甲250 最大射程5/攻撃力1300

性能は良いのだが、最大射程が微妙。
よってこれでも中継ぎの機体なのだ。
多少は強化するとしても、本格的に改造するのはやめておいた方がいい。
最強武器のヴェスバーは無属性なので、敵を選ばないという強みはあるが、ゲーム後半では正直どうでもいいレベルの利点でしかない。

7_3 バーナード=ワイズマン

ザクを運んでくる運送業者。
全般的に微妙な能力値。
【努力】を習得しているのでレベルはよく上がる。
実は2回行動レベルが45で、2~3軍の中ではそこそこ良い方
よってある程度使って行くというぐらいなら、まずまず悪く無いキャラではある。
まぁ終盤のスタメンに残れるほどでは無いが……。

フォウ=ムラサメ

サイコガンダムを撃墜しても仲間にできるので、今回はリタイアせずに済んだ人。
強化人間(ゲーム的にはニュータイプに同じ)レベルが5まで伸び、【閃き】まで覚えるので、使う気があれば何の問題もなく一軍入りできる。
精神ポイントの最大値が主役級より10点ほど低いので、ゲーム的なメリットでは劣ってしまうのは事実だが。
だが【閃き】だけが取り柄の3級線(アポリー等)がお役御免になるのは間違いない。

17_18 ジュドー=アーシタ

機動戦士ガンダムZZの主人公。
よってニュータイプレベルは5まで伸びる、一級のモビルスーツパイロットである。

だが他の一級クラスに比べて、精神コマンドにこれといった強みが無く、トップグループの中では最弱という立場にある。
勘ちがいしてはいけないのは、必要な物は持っているという事。
【加速】【気合】【熱血】はちゃんと習得している。
ただ+αとなるような物が無いというだけだ。

しかしルート次第では後半までイベント関連に引っ張り出されるので、優先的に育てたいキャラではある。
まぁ彼は優秀な説得可能パイロットを釣り上げてくる漁師が本業という事だ。

15_11 ルー=ルカ

能力値は2級の中では高い方。
だがその真価は、今作において数少ない【激励】習得者という事にある。
これは裏ステージの難易度を激変させるので、彼女はとにかく一軍に入れておきたい。
メタスで修理により育てるも良し、【努力】を習得するのでハイエナしながら育てるも良しだ。
総合的には非常に優れたキャラクターである。

イーノ=アッバーブ

大器晩成型キャラ。
能力値は低いし戦闘面では誉める所が無いが、彼もまた【激励】習得者だ。
その習得レベルが53と遅く、2回行動もレベル49と微妙なところ。
逆に考えればレベル53で化けるので、メタスに放り込んで地道に育成するのも悪くは無い。
【友情】や【愛】も習得するので、レベル34あたりからちゃんと役には立つようになる。

エル=ビアンノ

趣味のキャラ。
ニュータイプレベルが3まで上がるので、エマよりはマシになる。
一緒にベンチへ座らせておくのがお勧め。

ビーチャ=オーレグ

趣味のキャラ。
だったらもっと趣味に適したキャラがいるだろうが、一応スレッガーよりはマシになる。
一緒に倉庫番をさせておくのがお勧め。

モンド=アガケ

趣味のキャラ。
実は【幸運】を習得するのだが、それを考慮してもキースよりマシだという程度。
一緒に艦内清掃でもやらせておくのがお勧め。

17_6 シーブック=アノー

機動戦士ガンダムF91の主人公。
よって彼も一級のニュータイプである。
2回行動レベルが41と、アムロ・カミーユ・ジュドーより一歩だけ遅いものの、能力値は同等。
何より【閃き】を習得するので、一級の中ではアムロの次に強い
純粋に性能面で選ぶなら、アムロと彼がガンダム系のスタメンにまず選ばれる事になる。

サイバスター

HP2700 装甲150 MAP兵器攻撃力800

この時代のサイバスターは、サイフラッシュ発生器に手足が生えた機体。
だがそれが戦いの流れを大きく左右する、欠かせない主力の一つなのだ。
ハイファミリアも攻撃力1000程度に上げておいてもいいが、強化はMAP兵器とEN、耐久性に費やす事になる。

22_33 ヴァルシオーネ

HP3300 装甲150 最大攻撃力1800

なぜか女の子型になった、ヴァルシオンの系列機。
機体性能はHP多めのモビルスーツといった所だが、武器性能は非常に優秀……そして癖が強い
MAP兵器のサイコブラスターはサイフラッシュと同じ、移動後使用可能で敵味方の識別機能つきだが、弾数が1
クロスマッシャー・ハイメガキャノンと二つの強力な射撃武器を持ち、この二つの攻撃力はなんとゴッドバードと互角の1800!
だがハイメガキャノンはビーム属性なうえに弾数2
クロスマッシャーはENを50消費するうえに射程は5
二つの射撃武器は命中補正も±0で、敵によっては当たり辛い事も。
何をするのか、常に考えながら動く必要がある機体なのだ。

22_7 マサキ=アンドー

サイバスターの操者。
彼個人には特筆すべき尖った所は無く、普通に優秀という程度の強さ。
というかむしろ、精神コマンド的には自己主張が弱い。
だがサイバスターを最後まで使う以上、彼もまた最後まで戦う一軍なのだ。

リューネ=ゾルダーク

ヴァルシオーネのパイロット。
今回、唯一の【挑発】習得者で、かつ【閃き】も覚える
よってゲーム後半、敵のボスを自軍の都合のいい場所に引っ張り込んで、攻略上大きな役目を果たす事になる。
これによってゲームの難易度が大きく変わるので、無駄な苦労をしたくなければ彼女を仲間にする事だ。
能力値的にも、決して悪くは無い。

|

« 第三次SRW 第22話 リューネ、そしてヴァルシオーネ | トップページ | 第三次SRW 第23話 ジャブローの嵐 »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69078877

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW ユニット・キャラ 13~22話:

« 第三次SRW 第22話 リューネ、そしてヴァルシオーネ | トップページ | 第三次SRW 第23話 ジャブローの嵐 »