« 第三次SRW 第23話 ジャブローの嵐 | トップページ | 第三次SRW 第25話 デザート・ストーム »

2017年1月 6日 (金)

第三次SRW 第24話 赤道直下

24_1 24_4 24_6 24_7さっそくコンVの新武器・ツインランサーを5段階改造。
モビルスーツの最強武器に近い威力を、通常攻撃で使えるようになる。
なぜこの武器がここまで高評価されていたのは謎。
原作でも中盤に追加された武器で、ピンチだったコンVが逆転する時やした後に使っていた事が何度かあったが、その印象による物であろうか。
似たような立ち位置のバトルチェーンソーはまず使わない性能の武器にされているのだが……。

また、次の面のため、Z・ZZ・νのガンダム3機には2回行動できるアムロ・カミーユ・ジュドーを乗せておく
νガンダムとZZガンダムにはミノフスキークラフトを装備。
またZZはEN値を大きく改造しておくか、プロペラントタンクを装備するかしておく。
今回はプロペラントタンク装備にしておいた。

さて、場面はタイトル通りの赤道直下。
バトルチームの部屋がある区画はエアコンが壊れ、全員暑さにうだっていた。
まぁ宇宙・大気圏内で両用できる戦艦で何度も戦いながらの旅だ。
考えみりゃ、ガタがこないわけがない。
だがそこで豹馬の名案、バトルマシンにもエアコンあるんだからそっち乗ってりゃ良いよな!
という理由で、バトルチームは偵察に出かける事にした。

そして当然、その先で敵と遭遇してしまうのである。
エアコンの無い赤道下か、冷房あるけど弾の飛んでくる場所か。
こんなニ択しかないなんて、やはり戦争は良くない。
平和のために、戦えコン・バトラーV。

24_9 24_11 24_13 24_15 遭遇した敵は、異星人の輸送部隊。
転移装置を持っている異星人も、時と場合によっては空路で輸送するのだ。
指揮をとるのは異星人四天王のアギーハで、このルートだとこれが彼女との初戦闘となる。

というかこのルートだと、異星人四天王の自己紹介を受けるシナリオを通らないので、よく知らないガンダムキャラだと思い込む人も出てきそうだ。

敵輸送部隊のミデアはMAPを東から西へ横断する。
バトルチームの初期配置は、丁度そのど真ん中。
バトルタンクが空を飛べないので、初期配置より少しだけ東で敵ミデア部隊を襲う事になる。

なお、コンVへの合体はできない。
合体のためにはロペットというロボットのサポートが必要なのだ。
五人の脳波をロペットが指令室で計測し、一致を確認してから合体プログラムが動作するというシステムなのである。

バラのバトルマシンで戦わねばならないが、敵ミデアも最大射程1の非戦闘用機で、おまけに相手からは攻撃をしかけてこない。
敵の移動先を確認し、反撃されない位置から集中攻撃をかけて1機ずつ落としていく事になる。

当然、物凄くチマチマした戦闘が延々と展開されるので、ひたすら我慢しながらチマチマ撃とう。
戦闘の難易度は猛烈に低いので、負ける心配だけは全く無い。

24_16 24_17 24_20 24_22流石は輸送機というべきか、どのミデアも資金15000を落とす。
まぁこの資金は撃墜した輸送機から積荷を奪って売り飛ばしているのであろうが。
結構な高額なので、トドメは【幸運】を使えるちづるが行うようにする。
ちづるが精神ポイントを使いきったら、後は誰で撃墜してもいい。

5PP味方増援1・ロンド=ベル。
しかし戦場から遠く離れた南東に現れる。
ここでは2回行動できるアムロ・ジュドー・カミーユを必ず出撃させる。
他は、できるだけレベルの高い機体と、マリの乗ったブルーガーか。

到着するや、ロペットがコンVの合体許可を出す。
ここでコンVの合体イベント再びだ。
ご丁寧に、ムービーまでもう一度流してくれるぞ。

なお、このゲームでロペットがどこにいるのかは謎。
おそらく戦艦のブリッジだと思うが、原作のロペットは脳波計測時に指令室にあるカバー付きの専用台座にドッキングしていた。
ロンド=ベル加入時に台ごと搬入していたのか。この世界のロペットは体一つで脳波計測が可能なのか。
そもそもなぜロペットの承認制なのか?
いろいろと謎の多い機体、コン・バトラーV。

24_2524_30_2 24_32 24_33 ともかく合体した事で、アギーハのミデア(HP5段階強化)も撃墜できるようになった。
【必中】【熱血】【努力】のツインランサーで一撃必殺。
強化パーツもくれるので、絶対に逃がさないようにしよう。

だが数が多いので、コンVだけでは全てのミデアを撃墜しきれない。
だが味方増援は距離がありすぎて、ほとんどの機体は戦いに間に合わない。
間に合う一部の機体だけで加勢する事になる。

はっきりと書けば、2回行動と飛行ができるユニットだけだ。

アムロ・カミーユ・ジュドーは【加速】を使い、北西へまっしぐら。
ミデアを射程内に入れ、片っ端から撃墜していく。
ZZガンダムは複数のミデアを射界に入れ、ハイメガキャノンでドカン。
移動にかなり多くのENを消費するので、プロペラントタンクもここで使う。
なお辺り一面が海なので、ミノフスキークラフトを装備してガンダム形態のまま浮けるようにしておかないと、ハイメガキャノンが撃てない。
ありがとう胡蝶鬼さん!

コンV含めた計4機でならば、全てのミデアを逃さず撃墜する事が可能だ。

24_29 24_34 24_35 24_36 他の機体は初期位置であくびして待つ事になる。
だがブルーガーともう1機だけは別。
仲間の4機が戦っている間、毎ターン、レベルの高い機体がブルーガーの周囲を飛んで移動。
それにENを補給することで、マリのレベルを少しでも上げておく。
2~3回は経験値を稼げるので、やっておいて損は無い。

こうして異星人の補給部隊を叩き、戦闘は終わった。
ロンド=ベルは次の作戦に向け、オデッサへ向かう。
そのために途中経由するのがベルファスト基地だ。

出撃機体の大半が戦わない、物凄い楽勝なステージであったが、まぁたまにはこういう面があっても良いだろう。

|

« 第三次SRW 第23話 ジャブローの嵐 | トップページ | 第三次SRW 第25話 デザート・ストーム »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69134986

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第24話 赤道直下:

« 第三次SRW 第23話 ジャブローの嵐 | トップページ | 第三次SRW 第25話 デザート・ストーム »