« 第三次SRW ユニット・キャラ 23~35話 | トップページ | 第三次SRW 第37話 アクシズは燃えて »

2017年1月29日 (日)

第三次SRW 第36話 ゼダンの門

36_1 36_2 36_336_4高額資金の敵が増えてきたので、改造もはかどる。
コンプリートボックス版でも、ここらはようやく金欠を感じなくなる頃のはずだ。
流石にもう記憶に無いが。

今回プレイしているのは単品版なのでさらに余裕がある。
よってグレンダイザーのスペースサンダーを10段階目まで改造
改造費用は安めで攻撃力上昇度は高めという素敵武器なので、思い切って投資だ。

さらにゲーマルクのファンネルも9段階目まで改造
これで攻撃力が1500になる。

そして乗り換え。
プルはZZガンダム、アムロはνガンダム、シーブックはゲーマルクに。
ニュータイプ軍団はこの三人と三機をメインとし、さらに出せるならジュドーとサザビーを加える。

強化パーツ。
サイバスターとゲッターライガーに対ビームコーティングを装備。
グランゾンに高性能レーダーを装備。
またプロペラントタンクSやリローダー等の回復アイテムを消費の激しい機体(サイバスターやZZガンダム等)に装備させておく。
大概の消耗式回復パーツは9個貯まっており、最終面までは残り数面
毎シナリオ1~2個使っても最後まで使えるメドは立っている。

いざ開始すると、ア・バオア・クーは目の前。

万丈「ア・バオア・クーはDCの最終防衛ラインだ。かなりの戦力が待ち受けているだろうな」

というわけで、この面はDCとの総力戦になる。
一方DC側は……

キシリア「くっ、ロンド=ベルめ…早くもここまで来おったか…バスクさえヘマをしておらねば…」

『疑惑』ステージの事か。
14面じゃねーか……そんな大昔の話を、今してもな。
というかバスクはどこ行った?
地球再降下からこっち、見た覚えが無いんだが……。

ギレン「キシリア、貴公の責任だ。身を持ってケリをつけるのだな」

キシリア「もとよりそのつもりだ! ドロスを出せ!!」

二人一緒に戦った方が勝率上がるのにな。
まぁこちらとしては、分散して来られた方が助かるんだが。

なお「出せ!!」と威勢よく仰ったキシリアだが、まだ準備ができていないので、初期配置にはいません

36_7_2 36_10_2 36_11_2 36_12 1PP:まずは西に少し動く。
敵も西の軍団がまず動くからだ。
敵が2回行動するつもりで、できるだけ敵に攻撃されないよう距離をつめる。

1EP:西のドーベンウルフとダギ・イルスがこちらへ来る。
北西のクインマンサ、ドロス、ピクドロンといった大物も動く。

2PP:まずはグランゾンが動き【気合】を入れてからグラビトロンカノン。
次にサイバスターが同様に敵へMAP兵器を叩き込む。

2連発を当ててから、ドーベンウルフとダギ・イルスを倒す。
この時、ライディーンとダイターンはトドメを刺す役をやらせる
この敵部隊を全滅させる事もできはするのだが、あえてダギ・イルスを2機残す
その2機の射程内にはνガンダムを配置。

2EP:ダギ・イルスがνガンダムに攻撃。
ビームなので防御していれば無傷。

クインマンサのファンネルとドロスのミサイルも飛んでくる。
これらも防御して凌ぐ。
装甲とHPを5段階ずつ強化してあれば、問題無く生き残る事ができる。

36_13 36_15 36_16 36_17 3PP:残した2機のダギ・イルスを、ライディーンとダイターンで撃破。
これでこの2機はレベルが54になる。
これは洸と万丈の2回行動レベルで、二人とも到達した事になる
そのためにわざと残しておいたのだ。

その後、近くに来た2機のクイン・マンサを撃墜。
射程で上回るこちらのファンネルとゲッターライガーの2回行動を使えば、2機とも普通に倒せる。
この時、【幸運】は使わない。
この面には高額敵がごろごろしており、【幸運】をかけるなら獲得資金45000以上の敵に絞るべきなのだ。

クイン・マンサでさえ【幸運】の対象外とは……ロクでも無い面もあったものよ。

あちこちで回復に務めるうち、ルーのレベルが58に到達。
これは彼女の精神ポイントが140に達するレベルであり、これで【激励】が2回使えるようになるのだ。

ターン最後までに、ゲッターライガーが他のユニットより少し敵側に出るようにして終了。

3EP敵増援1・ドロス(キシリア)

キシリア「…このままでは、私の計画はすべて水の泡…ならばせめて、ロンド=ベルに一矢報いねば気がすまぬ!」

そういえば、地球の支配について異星人と話あってたな。
ビアン博士が生きていたら、この人はどう動いていたのだろうか。

そんなキシリアに急かされたわけでもあるまいが、敵が2回行動を活かしてどんどん突っ込みガンガン攻撃してくる
前に出したゲッターライガーに攻撃が来るが、スーパーロボのタフさとビームコートに助けられて生き残る。

この時点で、ゲーマルクとαアジール以外は全部行動してくるのだ。

36_18 36_19 36_21 36_22 4PP:というわけで、周りに敵が殺到している。
踏ん張って戦うとこちらの何機かは道連れにされてしまうだろう。

ではどうするか?
もちろん踏んばらずに戦うのだ。

狙うは東のヤクト・ドーガ部隊。
至近距離にきたバウンド・ドックも含め、グラビトロンカノンで全機を攻撃。
ヤクト・ドーガは、射程と攻撃力は高いがHPは低いので、ここから追い打ちをかければ5機ぐらいすぐに潰せる。
バウンド・ドックは2回行動できる機体複数で、1度目の行動で攻撃を加えて倒す。
そして戦いながら、全機、東の暗礁空域近くへ退避するのだ。
これで次ターンは北西から来た敵を全力を迎え撃つ事ができる。

4EP:正念場。
北西から来た敵軍は、数・質・攻撃力、どれも高い軍団。
ここでもゲッターライガー(ビームコーティング付)を前面に出し、できるだけ攻撃を受けてもらう。
肝心なのは、敵の2回行動を1回は移動だけで終わらせる事だ。
気力が高まれば分身も使えるようになるので、次PPまで持ちこたえる事はできる。

36_24 36_26 36_2936_27 5PP:強敵の大軍が眼前にいるが、ここを乗り切れば勝ち確

先ずはサイフラッシュとサイコブラスターを2連打。
サイコブラスターは弾数1の武器だが、リローダーを使えば1ターンに2発撃てる。
ここまでにハイメガキャノンも使っているので、弾数回復は丁度いい頃。

さらにラー・カイラムのMAP兵器も叩き込む。
ドゴス・ギアにトドメをさしてしまうので【幸運】も併用。
他の敵も弱らせつつ敵戦艦を爆破し、資金120000獲得

まだまだ敵のHPは多いので、射程外からの攻撃を開始。
グランゾンのブラックホールクラスターを高性能レーダーで射程8にしたので、ビグザムを射程外から叩く事が可能。
νガンダムとゲーマルクのファンネルも【熱血】つきで撃ちこむ。

こうして敵軍団のHPを大幅に削り、【熱血】ハイメガキャノンで撃破できるところまで弱らせるのだ。
なにせ敵軍団は万単位の資金を持っている奴ばかり。
できれば全て【幸運】をかけて倒したい。
【祝福】が無い時代にそれを実現できるのは、MAP兵器だけだ。

突っ張った欲の皮でいらん事をするために超射程武器を撃ちまくるが、それだけでは威力不足。
よってダイターンとライディーンは敵へ必殺武器を叩き込み、2回行動を利用して、2回目の行動でハイメガキャノンの射界外へ移動したり、その場で【閃き】をかけてMAP兵器をやり過ごす等の小技も利用する。

いよいよ敵軍を均等に弱らせた。
ぷるぷるハイメガキャノン、【熱血】【幸運】【努力】フルコースで発射!

36_32_2 36_35 36_34 36_36 獲得資金456000
プルのレベルが60に到達、ここでクリアレベルになる。

このゲームの大概の面よりも、この一撃の方が儲かった瞬間である。
ドロスはHPが大きすぎて倒しきれなかったが、まぁそれぐらいは仕方ないだろう。

仕方がないが生かしておく気はない。
ハイメガで弱ったドロスに攻撃。
行動回数を残しておいたダイターンが【熱血】サンアタック。
これで瀕死になるので、トドメは【幸運】スペースサンダーで撃破。

またハイメガキャノンの射界外にピクドロンがいたので、これも倒しておく。
既にライディーンの2回目の行動で【熱血】ゴッドバードを撃ちこみ、HPを半減しておいた。
トドメに【熱血】【幸運】超電磁スピン。
これで撃破。

ここでゲッターの行動がまだ残っていた。
よって修理してHPを回復した後、キシリアのドロスに【熱血】シャインスパーク。
19000以上のダメージを叩き込んだが、敵のHPが1360残ってしまう。
まぁこれはこれで良しとして、次のターンへ……

……の前に、減ったHPの回復。
何度も攻撃を食らったダイターンやキシリアの反撃を受けたゲッターGを始め、自軍はあちこちボロボロ
しかし修理機の行動回数はどちらも残り1回ずつ。
できれば戦艦に収納してターンエンドしたい。

よってルーが【友情】を使う
これで味方全機がHPを最大値の50%回復。
皆のHPが安全圏まで回復される。
そしてメタスとブルーガーはラー・カイラムへ。

36_39 36_43 36_44 36_455EP:キシリアのドロスとバウンド・ドックが生き残っているので、攻撃してくる。

狙われるのはサイバスター。
だがこの2機の武器はビーム属性
対ビームコーティングを装備しているので、ダメージを軽減する事ができ、痛くないわけではないが安定して生き残る事はできる。

もちろんこれは予想してあった事だ。
全ての敵を倒しきれないと判断した時点で、残す敵にメイン武器がビームの敵を選んでおいただけの話である。

6PP:バウンドドックは適当に始末。
キシリアのドロスはゲッターライガーが【幸運】チェーンアタックで撃破。
資金120000獲得
ドラゴノザウルスの次に高額、幸運つきでなら10万オーバーである。
なぜかマスクを脱ぎながら、最期のセリフを呟くキシリア。
直後、兄貴がやる気を出す。

ギレン「よくもったが…ここまでのようだな。今なら残りの戦力でロンド=ベルを叩ける! ドロスを出せ! 私も出る!」

敵増援2・ギレンのドロスとα・アジールが2機
しかもこのα・アジールは、ロザミアとザビーネが乗るネームド敵だ。

いい加減、タフな敵ばかりでウンザリ……という感覚は、正直無い。
また高額資金持ちをおかわりさせてくれるようだぜ……そんな気持ちなら有る。

この時点で、敵ゲーマルクが相手側ではこちらに一番近い。
その射程外ギリギリに自軍を進める。
ZZガンダムはENを補給しておく。

6EP:敵の増援はこちらへ移動するが、初期配置の敵は動かない
総帥に戦わせて動こうとしない兵士とは恐れ入る。

36_49 36_51 36_54 36_56 7PP:移動してきた敵へ、MAP兵器を叩き込む。
残りの敵全てを巻き込むサイフラッシュに、敵増援を捉える【熱血】ハイメガキャノン。

これで弱ったザビーネのα・アジールを、グランゾンとグレンダイザーで撃破。
ブラックホールクラスターで弱らせてから、グレンダイザーが【幸運】を使いトドメを刺す。
なお、ザビーネの反撃ファンネルをシュウが切り払って無傷。

そしてこの面のボス・ギレンのドロスは、ゲッターとコンVで撃破する。
【熱血】シャインスパークで20162のダメージ。
HPが底をつく寸前まで弱ったので、コンVがツインランサーに【幸運】【努力】をかけてトドメ。

ギレン「や…敗れるというのか…この私が!?」

そもそもなんで前線に出てきたんだ、この人。
ともかくコンVもレベル60に到達。

しかしこの面、勝利条件は『敵の全滅』
ギレンを倒しても、敵兵士が名無し一人でも生き残っている限りは終わらないのだ。
戦闘はボスに任せても、己が生きている限り幕はひかない兵士達。
あっぱれ。

というわけで、2機のゲーマルクはこちらからの【熱血】ファンネルで倒す。

36_60 36_61 36_64 36_65 ロザミアのα・アジールはヴァルシオーネとライディーンで撃破。
【幸運】は使えないが、このターンで倒そうとすると仕方が無い。

名無し強化兵のα・アジールが後2機いるが、このターンでは倒しきれない。
撃破次ターンへ持越し。

7EP:ゲッターGが狙われる。
もちろん防御の一手。
一撃で800ちょいぐらいなので、4発ほど飛んできても問題なく生き残る事はできる。

8PP:というわけで残りは2機。
しかし困った事に、【幸運】が部隊全部であと1回しか使えない
獲得資金を考えると、ピクドロンに使ったのが間違ったようだ。

まぁ仕方が無い。
ゲッターGとダイターンで1機ずつ撃破。
【熱血】サンアタックなら一撃必殺。

これでこの面もクリアだ。

36_6636_67 36_69_236_71 長かった新生DCとの戦いも幕を閉じた。
一息ついて、何人かは戦後の休息について話し出す。
とはいえまだ戦いは終わっていない。
アクシズには、元凶ともいうべき異星人軍がいるのだ。

そんな中、カミーユはシロッコの存在を口にする。

カミーユ「いえ…ちょっと…シロッコがあのままひきさがったとは思えないんです」

この懸念は残念ながら的中する。
だがそれはほんの少し先の話だ。

高額資金を出す敵が多かったので、この面の入手資金は140万を超えた
【幸運】の無駄撃ちがあって、この金額である。
もう少し使い方を突き詰めれば、150万超えも可能であろう。
ようやく金塊で敵を殴打する戦いが可能となった。
だが悲しいかな、このゲームは後3面で終わるのだ。

|

« 第三次SRW ユニット・キャラ 23~35話 | トップページ | 第三次SRW 第37話 アクシズは燃えて »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69373124

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第36話 ゼダンの門:

« 第三次SRW ユニット・キャラ 23~35話 | トップページ | 第三次SRW 第37話 アクシズは燃えて »