« 第三次SRW 第32話 カウント・ダウン | トップページ | 第三次SRW 第34話 ラビアンローズ »

2017年1月21日 (土)

第三次SRW 第33話 プルとプルツーと

33_1 33_5 33_8 33_9 ドラゴノザウルスからもらった石油を売り飛ばし、さっそく強化改造に励むロンド=ベル。
真っ先に改造するのはゲッターGのシャインスパーク。
今後の決戦兵器なので、これを5段階目まで改造する。

次にライディーンとコンVを強化。
この2機は宇宙適応がBなので、攻撃力の倍率が落ちる。
よって武器そのものの攻撃力値を強化だ。
決定ボタンを連打し、ゴッドバードを10段階改造。
もちろん超電磁スピンも10段階改造だ。

なお、ゴッドバードの攻撃力は初期値1800→最大値2600。
超電磁スピンは初期値2000→最大値2500。
攻撃力上昇度の差で、フル強化した場合は攻撃力が逆転してしまうのだ。
とはいえコンVは通常武器のツインランサーがメチャ強く、この頃になるとメンバー各員の精神ポイントが上昇しており、精神コマンドをかなりの数使えるようになる。
まぁ強みが異なるという事であるな。

この面は一部のキャラが、決められた機体で強制出撃する。
よってプルをキュベレイMk2へ、ジュドーをZZガンダムに乗り換え。
νガンダムとサザビーに、アムロとシーブックを乗せる。
サザビーには高性能レーダーを装備。

準備が終わればステージ開始だ。
戦艦もラー・カイラムに代わり、宇宙を行くロンド=ベル。
だがプルが『何か』を感じ取る。
それに押されて勝手に出撃するプル。
そして偵察に出たコン・バトラーVが、敵DC軍を発見した。

リョウ「行くぞ、ハヤト、ムサシ!…あ…」
リョウ「そうか…ムサシはもういないんだったな…」

死んだ友の想いで感傷的になるリョウ。
だが敵は待ってはくれないのだ。

33_12 33_14 33_16 33_17敵DC軍を率いるのはグレミー。

グレミー「今度こそロンド=ベルを始末する! プルツーよ、サイコガンダムMk2の力、存分に発揮して見せよ!」

プルツー「あいつらを消せばいいんだろ、わかっている! よけいな口出しは無用だ!」

グレミー(フ…やや好戦的ではあるが、プルよりは使えそうだな…)

前大戦で何度か戦ったプルツーが連れて来られていた。
前作ではハマーンの部下として動いていたプルツーだが、今作では原作どおりにグレミーの部隊である。

プル「え…なに? あの敵は…?」

プルツー「くっ!? なんだ…? 私を不愉快にする敵め!!」

第二次でも遭遇したはずの二人だが、そんな事はすっかり忘れている模様。
まぁここまでの展開を見ていると、プルを仲間にしてプルツーは倒すルートで続編が作られているのはわかる事。
第二次だと二択だったからな、この娘らは。

この面はMAPが狭く、敵味方とも増援は無い。
よってターン数自体はあまりかからない。
もう敵の2回行動も当たり前みたいになっているので、戦闘が楽というわけではないが。

1PP:とりあえず南西へ向かう。

1EP:プルツーは初っ端からこちらへ向かって来る。

2PP:サイコガンダムMk2に【熱血】フィンファンネル。
射程差で一方的にダメージを与えられる。

33_18 33_21 33_23 33_24 そしてコンVは【気合】×3、【熱血】【幸運】超電磁スピン。
サイコガンダムMk2を撃破。
資金75000と『対ビームコーティング』が手に入る。
やったぜ。

プルツーは2回行動するし長射程で攻撃力も高いので、速攻で倒すに限る。

なお、仲間にする事も可能ではある。
プルツーはニュータイプレベル5まで上がる一級のモビルスーツパイロットで、【閃き】【熱血】【加速】を習得するので、シーブックと互角ぐらいには強い。
だがこの時点で必要か?というと、残念ながら「モビルスーツパイロットは足りてるので好みの範疇」となる。
最大のメリットは仲間にした時にヤクト・ドーガを持って来てくれる事。
これはファンネル搭載機で機体性能も高く、かなり強力な機体。
よってこれのために仲間にする価値は十分にある。

……のだが、ルートによってはさらに強力な機体が入手できる。
その場合、出撃枠の関係もあり、ヤクト・ドーガもプルツーも使わない。
そうなると、ここで撃墜して高額資金と便利な強化パーツを入手した方が得になるというわけだ。

まぁ続編には元気に出てくるし。
ここはDC病院にもう一度行ってもらうとしよう。

他にも接近している敵がいるので、それに対処せねばならない。
南から来る敵に、サイフラッシュを浴びせる。
敵のキュベレイMk2にこちらのキュベレイMk2で狙撃、撃破。
残る敵にガンダムZZが【熱血】ハイメガキャノン。
次々と敵が爆発し、ジュドーのレベルが47。
めでたくニュータイプ5レベルとなった。

それでも敵が残るので、後はファンネルやハイファミリア、ゲッターライガーのチェーンアタックで撃墜。

2EP:前に出ているコンV、南から北上してきた敵に狙われるサイバスターが攻撃を受ける。
防御・反撃は残HPと相談しながら。

33_26 33_27 33_29 33_283PP:南からの敵に、再びサイフラッシュ。
サイコブラスターもオマケしてやる。
さらにファンネルも飛ばせば、グラトニオスとメッサーラは爆発。

次は北の敵が南下してくるので、フォーメーションを組んでおくのだ。

3EP:モビルスーツには防御させ、硬いコンVで反撃。
【気合】で気力を高めていれば、宇宙Bでも結構なダメージを叩き返す事ができる。
第四次ほどでは無いが、今作のコンVもちゃんと強い。

……が、敵の移動力を読み違えてブルーガーも攻撃されてしまう。
一瞬焦ったが、モビルスーツの近接格闘武器という事もあり、防御していればたいしたダメージではなかった。
やはり事故は起こるもの
ちゃんと強化しておいて良かった。

33_31 33_32 33_34 33_35 4PP:グレミーとその部隊が迫っている。
万遍なく強い敵達だが、飛び抜けた強敵はいないので意外と戦い易い。

まずはENを補給したZZガンダムが【熱血】ハイメガキャノン。
ネームドクラスの敵を全部巻き込む。
これでドーベンウルフ隊は瀕死になる。

ドーベンウルフもそこそこ資金を落すので、プルが【幸運】ファンネルで一機撃墜。

次にサイバスターがラカン以外の2機のドーベンウルフだけを外し、残りの敵にサイフラッシュ。
瀕死になったラカンに、ブライトが【幸運】【必中】メインメガ粒子砲。
撃墜してレベルアップ、48。
惜しい……ブライトの2回行動はレベル49なのだ

まぁ足りない物は仕方が無い。
ゲッターGが【気合】を使い、気力を130以上にする。

33_36 33_37 33_39 33_40 そしてグレミーのクインマンサに【熱血】【必中】【幸運】【努力】シャインスパーク!
撃破して資金72000入手。

ここまで来れば、大した敵は残っていない。
スーパーロボが必殺武器を連発すれば、1機で1体ずつ撃破していける。
クリア。

戦い終わり、ロンド・ベルは宇宙港ラビアンローズへ向かう。
そこが中継点であり、その先で最後の戦いが行われるのだ。

一時は80万を超えた資金も、この面クリア後には56万。
ドラゴノザウルスが宇宙にも来てくれれば良いのだがな……。

|

« 第三次SRW 第32話 カウント・ダウン | トップページ | 第三次SRW 第34話 ラビアンローズ »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69327003

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第33話 プルとプルツーと:

« 第三次SRW 第32話 カウント・ダウン | トップページ | 第三次SRW 第34話 ラビアンローズ »