« 第三次SRW 第35話 宇宙の渦 | トップページ | 第三次SRW 第36話 ゼダンの門 »

2017年1月24日 (火)

第三次SRW ユニット・キャラ 23~35話

地球再降下から最後の機体参入までの、機体とキャラの個人的評価。

35_32 グレートマジンガー

HP4500 装甲330 メイン必殺武器攻撃力1400

マジンガーZのアッパーバージョン、偉大な勇者。
機体性能は優秀ではあるが、メイン必殺武器・サンダーブレイクが攻撃力1400なのに消費70、命中補正も+20と、武器性能がいまいちよろしくない
このゲームは後半、攻撃性能が重要になってくるので、作品との相性が悪い感じだ。
この機体そのものの宇宙適応はAなので、宇宙適応Aのマジンガーキャラを乗せると終盤の宇宙でも性能を十分に発揮できる。
ただ該当するキャラがマリアぐらいしかいないのだ。
加入後すぐにグレンダイザーが来る事もあり、あまり出番には恵まれないだろう。

ビューナスA

HP2800 装甲230 最大攻撃力800

旧第三次のビューナスAには、修理装置が無いのだ。
誰が使うと思ったんだ……。

34_60 グレンダイザー

HP4500 装甲330 最大攻撃力1350

マジンガーシリーズ最終の機体。
命中補正+45%の無消費格闘武器・ダブルハーケンと、気力無関係で使えるスペースサンダーで戦っていける。
ただし単独で飛行するとスペイザー形態に変形する必要があり、そうするとダブルハーケンが使えなくなってしまう。
真価を発揮するにはスペイザー系との合体が不可欠で、2枠とってしまうのが弱点。
出撃枠の多い地球上では問題ないが、終盤、出撃枠が絞られると厳しくなる。
使うかどうかは好みがわかれるところだ。

ダブルスペイザー

HP3200 装甲230 最大攻撃力970

三流のモビルスーツより遥かに強い戦闘機。
だがグレンダイザーと合体させないと価値が無いので、単独の性能は本当にどうでもいい。
これと合体したグレンダイザーは飛行可能になり、移動力が上がり、空中でダブルハーケンが使えるようになる
また複座式ロボとして、二人の精神コマンドを使って戦える
グレンダイザーを使うなら、この機体と共に出すべき。

ドリルスペイザー

HP3000 装甲230 最大攻撃力950

これと合体したグレンダイザーは飛行可能になり、地中に潜れるようになる
また複座式ロボとして、二人の精神コマンドを使って戦える
しかしダブルハーケンが使えなくなるので、攻撃面では不便が生じる。
全弾スペースサンダーぶっぱで戦うなら問題は無いが、そうするぐらいならダブルスペイザーと合体しておけばいい。

32_73 マリンスペイザー

HP3000 装甲230 最大攻撃力900

これと合体したグレンダイザーは飛行可能になるが、空適応はBなので、地面を腹這いで戦うはめになる
いちおう複座式ロボとして、二人の精神コマンドを使って戦える。
何か間違えたうっかり者以外はやるべきでない。

剣鉄也

23_15ウィンキー時代には冷遇されていた主人公各の代表
ライバルにして心の友はコウ=ウラキ。
【熱血】を覚えるのはレベル50と遅いわ、【閃き】が無いので敵の攻撃を棒立ちで食らうしかないわで、なんだかとても辛いキャラにされている。
単独で使う理由もスペイザーに乗せる意味も無いので、出撃する機会があるかどうか自体が危うい。
というか、まぁ無い。

炎ジュン

【加速】【幸運】【閃き】が使えるので、スペイザーのパイロットにできなくもない。
だがその場合、グレンダイザーは【熱血】の使えないスーパーロボになる。
難しい所だ……。
なお、彼女単独で使う意味は全く無い。

25_46 デューク=フリード

実は微妙度では鉄也とどっこいな人。
なにせ【熱血】【閃き】【加速】といった、戦闘に欲しいコマンドが多数足りてない。
それでも主力各になれるのは、宇宙適応Aとグレンダイザーの合体機能があるからだ。
本人は【気合】【必中】に専念し、他のコマンドはスペイザーのキャラに使ってもらう事になる。
【熱血】【閃き】【加速】の甲児となら戦闘ではとても強くなるし、ひかるやマリアを乗せれば【熱血】【幸運】を使ってもらえる。
2枠とる代わりにコマンドのラインナップをカスタムできるのが、グレンダイザーの強みなのだ。
なお、複座式ロボとして使う事が前提とされているため、二回行動レベルは65とほぼ無理な高さにされている。

牧葉ひかる

デュークが地球でつくった彼女。
【幸運】【熱血】が使えるので、スペイザーとの親和性は非常に高い
単独ではただ弱いだけなので、スペイザーに乗せるか使わないかの二択だ。

マリア=フリード

戦闘力の上がったひかる。
宇宙適応Aなので、グレートマジンガーを主力に加えたいなら使う道はある。
そうでなければ、ひかるが居るので彼女を使う理由は特になくなるのも確か。
ズメズメを撃墜して、彼女の代わりにチョバムアーマーを貰っても問題は無い。

35_34 ゲッターロボG

HP4200 装甲280 最大攻撃力2500

数値はゲッタードラゴンのもの。
旧第二次に続き、今作でもこちらの切り札となる終盤の主力。
前作に比べてえらく遅い登場だが、本来ならこれぐらいでおかしくない性能を誇る。
最強のアタッカー・ゲッタードラゴン、高移動力と優秀な無消費武器で戦うゲッターライガー、プロペラントタンクとリペアキットを装備する枠としてのゲッターポセイドンと、役割分担も完璧。
ゲッターロボの改造を引き継ぐ事もあり、隙の無い強さを誇る。

31_78 車弁慶

武蔵の代わりとして、【気合】【努力】を担当。
それに加えて【偵察】ももっているので、敵の能力(主に射程)を調べる時に便利。
武蔵と違って【熱血】は習得しないが、この頃にはリョウの精神ポイントも増えているので、そちらはなんとでもなるだろう。

パンタグリュエル

HP3500 装甲190 最大攻撃力850

ガルガンチュワの後継機。
原作「超電磁ロボ コン・バトラーV」には、設定だけだか名前だけだかがあっただけのロボであり、姿が拝めるのはこのゲームのみ
これもライディーンのコープランダー隊用の機体に改造されており、これによりコープランダー隊を三人全員同時出撃させる事が可能となるのだ。
やった奴は多分いないだろう。自分も無い。

GP-03デンドロビウム

HP5800 装甲250 MAP兵器攻撃力700

GPシリーズのガンダム最終機。
最強武器の攻撃力が900しかなく、このタイミングで攻撃力四桁の武器が無いという勘弁して欲しい性能にされている。
だがMAP兵器のマイクロミサイルは性能が良く、着弾点指定型で弾数3発・命中補正+60%という事もあり、オールドタイプのガンダム系キャラが終盤戦に参加する数少ない道となる。
初期攻撃力700はちと心許ないが、サイフラッシュ・サイコブラスターと同クラスであり、パイロットさえ選べば宇宙適応A・【熱血】込みで撃てる事を考えればそう悪くは無い。
終盤の資金が豊富な単品版でなら、ルート次第では使ってみるのも悪く無いだろう。

30_66 キュベレイMk2

HP2400 装甲170 最大射程6~8/攻撃力1100

一応ファンネルは装備しているが、ファンネル搭載機としては最弱。
繋ぎの機体ではあるが、最初から少し改造されているので、最終の機体が揃うまでは十分な強さを見せてくれる。
敵の時もHPの低さは変わらず、得られる資金は7500とそこそこ高額。
敵でも味方でもありがたいという珍しい機体。

ゲーマルク

HP5600 装甲400 最大射程10~12/攻撃力1050

前作から敵が後半に超高性能量産機として繰り出してきた機体だが、今作はルート次第で自軍でも入手できる。
敵の時の性能をそのまま使っているので、スーパーロボ以上のHPと装甲もそのまま。
異常な射程のファンネルもそのままで、ニュータイプ能力と高性能レーダーを駆使すれば、本当にあらゆる敵に射程外からの攻撃を仕掛ける事が可能
唯一の弱点は移動力が6と低いこと。
位置取りを間違えると、次のターンはただ動くだけで終わってしまいかねない。
まぁ【加速】を使えるパイロットを乗せて解決だ。

35_3_2 サザビー

HP3600 装甲170 最大射程7~9/攻撃力1200

νガンダムと並ぶ、終盤のスタメンモビルスーツ。
スーパーロボ並みのHPを持つ代わり、バリアと射程でνガンダムに一歩劣る。
ニュータイプレベルが5まで上がるキャラを乗せ、最後まで使う事になるだろう。

ビギナ・ギナ

HP2800 装甲300 最大射程7/攻撃力1200

機体性能が良く、なぜか装甲値が大概のスーパーロボより高い
最大攻撃力も、モビルスーツとしては最高峰。
これで武器がビームでさえなければ良かったのだが、残念ながら繋ぎの機体となる。
繋ぎ機体では最強格の一つ。

30_69 エルピー=プル

スタッフの熱い想いにより、今作でも最高のガンダム系キャラ
旧第二次では無理だった【熱血】習得レベルも、今回は加入時に達しているので余裕の強制クリア。
【幸運】と【努力】も併用し、大金を引きずり出しながら本人のレベルもどんどん上がっていく。
この娘を倒せば『ハロ』が1個もらえるが、到底等価交換にならないので、血迷ったのでなければやめておいた方がいい。
もう素直にみんなでぷるぷるするしか無いな!

キャラ=スーン

彼女を説得する事で、ゲーマルクを持って来てもらえる。
能力面では、劣化シーブック
よって加入後は出番が無くなる。
戦艦で洗濯でもしといてもらえば良いであろう。

セシリー=フェアチェイルド

弱くは無いが微妙、という困った能力の持ち主。
仲間になった後は、戦艦でパンを作る仕事しかないだろう。
倒して資金にするのもお勧め。

35_33 グランゾン

HP4800 装甲450 MAP兵器攻撃力1000 最大射程7/攻撃力2200

自軍で使えるグランゾンとしては元祖となるか。
流石に味方用の性能に抑えられているが、それでも機体性能は抜群。
MAP兵器も広範囲の割に攻撃力が高く、必殺武器のブラックホールクラスターはシャインスパークやサンアタックと並ぶ威力なのに消費50
ただバリアは無いし、終盤は敵の攻撃力も上がっているしで、無謀な突出をさせると他のユニット同様にあっさり落ちる。
隠しステージに行くためには絶対に出撃させなければならないので、ある程度の改造は施して戦力にしておきたい。

34_46 シュウ=シラカワ

原作SFC版では目つき顔つきがモロに悪人だった人。
EX以降、今のシャープな美形顔になった。
能力値的にはマサキに+αした感じで、それだけでも自軍有数なのだが、宇宙適応Aがマサキ・リューネに大きくリードしている。
加入時に二回行動レベルを超えており、レベル55で【熱血】を習得する。
どうせ使う必要のあるキャラなので、ケチケチせずにレベルを上げてやると楽になる。

|

« 第三次SRW 第35話 宇宙の渦 | トップページ | 第三次SRW 第36話 ゼダンの門 »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69337464

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW ユニット・キャラ 23~35話:

« 第三次SRW 第35話 宇宙の渦 | トップページ | 第三次SRW 第36話 ゼダンの門 »