« 第三次SRW 第28話 オデッサ・デイ | トップページ | 第三次SRW 第30話 妹よ! »

2017年1月14日 (土)

第三次SRW 第29話 マチルダ救出作戦

29_1 29_2 29_3 29_6 最後まで使うスーパーロボット各機体のHPと装甲を5段階目まで改造
またENは10段階改造しておく。
いずれはモビルスーツも同じぐらい改造したいが、それはまだ後回し。

次面は出撃可能枠が一気に減り、12機しかない
修理・補給機を出すと、戦闘用の機体は10機程度だ。
サイバスター・ヴァルシオーネ・ZZガンダムのMAP兵器役3機は確定、スーパーロボット達も出すと、自然とモビルスーツを削る事になる
ミノフスキークラフトを装備して飛行可能にしたνガンダムと、移動力に優れるZガンダムぐらいで我慢する事にした。
パイロットは一級ニュータイプからレベルの低い者を優先して乗換させる。
また、サイバスターに対ビームコーティングが装備されている事を確認。

さて、ロンド=ベルにSOSが入る。
輸送班マチルダのミデアが、敵に襲われているというのだ。
ウィンキー時代の定番、襲われる輸送機の救出シナリオである。
まぁ敵の補給線を見つけたら叩いておくのは当然なので、定番になるのもまた当然。
よってマチルダは毎回敵に狙われる人になっていた。
彼女の周りに機雷を仕掛けておけば凄く有効なトラップになるんじゃねぇの、とは古参ユーザーなら誰しも一度は考えた事だ。

今回、マチルダミデアの襲撃はDCのクロスボーン系部隊が行っている。
その中には、第二次で見捨てたセシリーの姿も。
結論から書けば、もちろん今回も撃墜である。

29_7 29_9 29_10 29_12 このステージはミデアかネェル・アーガマが撃墜される事が敗北条件。
だがミデアとNアーガマが隣接すると、ミデアを収容して戦闘MAPから退避させる事ができる
よって先ずはそれを目指す。

1PP:ブライトは【加速】を使い、Nアーガマはミデアへまっしぐら。
リューネはベルガ・ギロス(ドレル)に【挑発】を使い、やはり南下。
他の機体も南下だ。

1EP:南西の敵が接近してくる。
ドレルは2回行動もできるので、一気に間合いを詰めてくる。

2PP:ブライトは再び【加速】。
この移動で、ミデアをこちらの戦艦に収容できる。

手前にきたガブスレイをνガンダムで狙撃してから、サイバスターがハイファミリアで撃墜。
2回行動もあって、もはやガブスレイは敵では無い。

続く各機体、南西へ向けて移動。
この時、ドレルに狙われているリューネはベルガ・ギロスの移動先+4マスの位置へ。
ベルガ・ギロスは移動後に使える射程3の強力武器・ショットランサーがあるからだ。
山の麓にでも陣取り、地形効果で身を守ろう。
近くにアッシマーがいたので、クロスマッシャーで撃墜しておいた。

また、ZZガンダムは真っ直ぐ南下し、南にいる敵部隊を目指す。

29_14 29_15 29_17 29_18 2EP:ドレルがリューネへ攻撃してくる。
地形効果があるので一撃では倒されないので反撃……したところ、なんと回避に成功した。
一方的にハイメガキャノンを叩きこみ、相手のHPを半減させる。

3PP:ベルガ・ギロス(ドレル)を、コンVの【幸運】【必中】ツインランサーで撃破。

この面の勝利条件は『敵の全滅』なのだが、残り5機になった時にドレルがいると、諦めて部下とともに帰ってしまう。
だがドレルが倒されていると、撤退命令を出す者がいないので最後の一機まで戦ってくれるのだ。
よって資金と経験値を少し多めにもらうため、ドレルはさっさと倒しておく。

アッシマー達が近くに来ているので、サイフラッシュを浴びせて弱らせてから撃破。

ZZは南の敵をハイメガキャノンで攻撃。
8機中6機を巻き込めるし、【熱血】を使えばそのことごとくは蒸発する。
漏らしたうちの一機は、νガンダムが南下して【熱血】フィンファンネルで撃破。
これで残りは1機なので、後のターンですぐに始末できる。

残る敵が倒しきるには大変な微妙な間合いにいる。
ここはサイバスターを近づけ、森の中へ。
Nアーガマは敵をMAP兵器に巻き込める位置へ移動……撃つのは次ターンだが。

29_20 29_21 29_22 29_24 3EP:敵の集中攻撃を受けるサイバスター。
だが森の地形効果とビームコート、5段階改造した耐久性があれば、モビルスーツ中心の部隊相手になら余裕で持ちこたえる事ができる
ただし敵を撃墜しないよう、HPの少ない相手にはあえて防御で亀になるのだ。

4PP:NアーガマのMAP兵器射界にいる敵のHPを削り、ブライトが【必中】【幸運】ハイパーメガ粒子砲で敵部隊を粉砕。
さらばセシリー。
ありがとう、合計33600の資金

メカザウルス・シグが残っていたので、これはスーパーロボで撃墜。
このターンで敵を全滅させてクリアもできるが、せっかくなので敵増援を待つ事にした。
南にいるズメズメにあえて攻撃させず、ターン終了。

5PP:サイバスターに補給したマリがレベル45に到達。
マリが2回行動可能になる。
これでブルーガーの生存能力も大きく高まった。
普段は戦艦に収容され、必要な時だけ飛び出してまた引っ込む……という事が可能になるからだ。

ズメズメを倒すためのνガンダムだけ残し、ZZも北上。
他の機体は敵増援の方へ少し移動しておく。

29_25 29_26 29_29 29_30 5EP敵増援1・ザビーネの部隊。

ザビーネ「ぶざまだぞ、ドレル!」

ドレル「ザビーネか…よけいな手出しは無用だ!! この程度の奴ら、私の部隊だけで…」

ザビーネ「貴様一人でかなう相手だと思っているのか? 相手の実力をみくびるな!!」

既に撃墜されたドレルに、それを指摘して罵らないザビーネは何気にいい奴になっている。
だが倒すのに遠慮をする必要は無い。
とりあえず移動してくる奴らの攻撃は防御して凌いでおこう。

6PPMAP兵器をここぞとばかりに連発。
この時、奥にいて攻撃の届き難い敵を優先して範囲に入れる。
ZZガンダムも補給してもらった後で、弱ったヤクト・ドーガをハイメガキャノンで撃破。
サイバスターとヴァルシオーネも巻き込む形になってしまったが、両方とも【閃き】が使えるので、敵だけを一掃する事が可能だ。

地形効果もあり、ザビーネ機はMAP兵器だけでは倒しきれなかった。
よってヴァルシオーネの【集中】ハイメガキャノンで粉砕。

29_35 29_34 29_36 29_38 後はMAP兵器の外にいた名無し兵達が少々残るだけ。
フィンファンネルや【熱血】ハイパーメガランチャー、スーパーロボの必殺武器を叩きこめば、殲滅は容易だ。

第二次ではグレートマジンガー・νガンダム・ゲッターロボGを持って来てくれたマチルダ。
現在は既にそのうち2機があるので、今回はゲッターロボGのみ……と思いきや、持ってきたのはダブルスペイザーである。

グレンダイザーと合体できる強化メカで、これによりグレンダイザーは複座機として活用が可能。
マジンガー系のキャラが乗換できるので、活用の幅は広い。
デュークは決して弱いパイロットでは無いが、精神コマンド質がイマイチで、【熱血】【閃き】【加速】【幸運】等が欲しいキャラである。
ダブルスペイザーに乗せるキャラで、それを補う事ができるという寸法なのだ。

……とまぁ、有益な機体ではあるのだが。
流石にゲッターロボGと比べると、どうにも残念感が拭えない……。

まぁ運搬役のマチルダに文句を言っても仕方が無い。
彼女をハワイまで送るがてら、ロンド=ベルは次のシナリオへ進むのだ。

|

« 第三次SRW 第28話 オデッサ・デイ | トップページ | 第三次SRW 第30話 妹よ! »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69243626

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第29話 マチルダ救出作戦:

« 第三次SRW 第28話 オデッサ・デイ | トップページ | 第三次SRW 第30話 妹よ! »