« 第三次SRW 第18話 コンスコン強襲 | トップページ | 第三次SRW 第20話 激戦のプレリュード »

2016年12月29日 (木)

第三次SRW 第19話 ソロモンの悪夢

19_2 19_4 19_5 19_6 加入したνガンダムをさっそく強化。
まず最重要なのはフィンファンネルの攻撃力
残り資金とも相談し、4段階まで改造しておいた。
またビームライフルも1段階だけいじり、攻撃力1000にしておく。
HPと装甲は、今は1段階ずつの強化に留めた。

さらにメタスのHPと装甲も4段階目の改造を施す
これで大概のモビルスーツよりは狙われ難くなる。
また、前の面でリガズィがもう1機もらえていたので、これにはアポリーを乗せる。
もちろん【閃き】とガワを利用してのデコイが仕事だ。
レベルは加入時の24から全く上がっていない彼も、まだしばらくは現役で頑張ってくれる。

クワトロのレベルが30で止まっていたので、彼をZZに乗せ替え。
そろそろコイツのレベルも上げんとな。

強化を終えたらステージ開始。
レコアとカミーユが仲良くクワトロに食ってかかっているが、彼らは腹が減ると何かに怒り始める人達なので仕方がない。

レコア「私、思うんですけど、大尉って、泣く事があるんですか?」

クワトロ「ん?」

カミーユ「…冷たい人ですね。レコア少尉、あなたに話したい事があったんじゃないですか?」

クワトロ「…人の心の中に踏み込むには、それ相応の資格がいる…」←DVE。声付き。

この「とにかく俺の考えを察しろ」という態度を互いにやってる感じの不毛さ加減はいかがなものか。
だが初代~ZZが大好きなこのゲームのスタッフがこう描写しているのだから、多分Zガンダムってこういう作品だったんだろう。

不毛な事をクワトロの部屋でやっている時、異星人とDCはもうちょっとマシな話し合いをソロモンでやっていた。
異星人の幹部・ヴィガジと、DCから派遣されたバスクの会談である。

ヴィガジ「…あれがDCとやらの代表か…たいした奴でもなさそうだな。我々もなめられたものだ」

あまりマシではないかもしれないな。

19_12 19_13 19_14 19_16 バスク「私はDC第2遊撃軍司令官、バスク=オム大佐である。前回より伝えているように、全地球人類の代表として、貴公らと交渉に来た」

おお、バスクが全人類の代表をしていたとは知らなかった。
まぁDC内の「ゼンジンルイ」とかいう労働組合の代表でもやってるのかもしれん。
戦艦から吐き出す60000の資金でそこの票をかき集めてきたのだろう。

会談は「ロンド=ベルをやっちまおうぜ」という方向で円満に進む。
共通の敵があると結束も固め易いものだ。
だがもちろん、気になる所は指摘もする。

ヴィガジ「交渉成立だな。ただ…気になるのだがな。貴公らDCは内部対立があると聞くが…?」

バスク「心配無用だ。すでに手はうってある」

まぁどうせロクでもない手だろう。

バスク「……(フン、その大きな態度も今のうちよ)」

会談中でもいずれ相手をやる気満々のバスク。
まぁこいつらがいつまでも仲良くすると思ったプレイヤーなど、ただの一人もいないだろうが。
そんな仲良し会談の場へ、ロンド=ベルも到着。

メキボス「ここはゆっくり高みの見物としゃれこもうぜ。ムダに戦力を使う事もなかろう」

ヴィガジ「しかし、協定の手前、多少は援護してやらねばな」

というわけで、この面では異星人四天王と戦う必要は無い。
DC軍と異星人軍が両方いるので敵の数は多いが、代わりに敵増援は無い。

19_1719_19_2 19_23 19_24_2 1PP:いつも通り、スーパーロボットを前に出しつつ敵の移動先へ。
【気合】をいれるのも忘れない。

1EP:反撃あるのみ。
どんどん弱らせるのだ。

2PP:弱った敵にトドメを刺す。
弱っていない敵は射程外から攻撃して弱らせ、後に撃破。
初期配置近くの敵は、射程・HPともに大した事が無い敵が多い。

2EP:ここでガトーが乱入
帰還を告げるセリフはDVEで声つきだ。

ガトー「ソロモンよ、私は帰ってきた!!」

バスク「ガトーだと! 何しに来おった!?」

もちろん邪魔をしに来たに決まっている。

ガトー「理想も持たずに何が政治かっ!」

相変わらず理想を吸っていきてんなコイツ。
顔カットインつきでアトミックバズーカをぶっぱ
これが理想だ!
なお理想核弾頭はメチャ派手な爆発エフェクトを炸裂させるが、効果範囲は見た目より小さい。
敵軍密集地帯へ撃つものの、実際に撃破されるのは3機だけだ。
SFC版ではもっと多くの敵が吹っ飛んでいた印象があるが、記憶違いだろうか。
まぁ会談の嫌がらせには十分かもしれん。

バスク「な…なんだと!! ガトー、貴様!!」

ガトー「私はこれより、一人で異星人と戦う。貴様等の力など借りずにな!」

という事は、補給・修理・整備なんかは全部自腹でやるのか。
ドゴス=ギアを数隻かっぱらい済みなのかもしれんな。
カリウスがこの場にいないのは、屑屋に売りに行っている最中だからかもしれん。

そんなガトーは核を撃ったらさっさと帰っていった。
本当に邪魔だけしに来たようだ。

19_27_2 19_31_2 19_33 19_36 ヴィガジ「…バスク大佐、この始末、どうつけるつもりかな?」

 

バスク「ぐっ…わかっておる!! ここはわしの力でロンド=ベルを食い止めてみせるわ!」

なんか追い詰められているバスク。
だがこちらとしては知った事ではないので、ブライトが「チャンスだ! 一気に叩け!」と指示を出す。

なんだか大荒れしそうな流れだが、このEP、敵は動かない
バスクの決意が彼の配下に伝わるまで、もう1ターンかかるようだ。

3PP:部隊を東へ進める。

4PP味方増援1・サイバスター(マサキ)。
「面白そうだから手伝う」という動機で参戦。
当時はこういう性格だったのだ、彼は。

なお彼の言う「ちょっとしたゲスト」とは、原作SFC版の前に発売された「ヒーロー戦記」というゲームへの出演である。
そのゲームでのモビルスーツグラフィックのいくつかは、SFC版第三次へ流用されていたらしい。

さらにサイバスターを見て、洸から一言。

洸「オレのライディーンとタイプが似てるな…」

メタセリフというか、制作側からのセルフつっこみというか。
ライディーンとダンバインがサイバスターのモデルというのは、今では知られた話だ。

サイバスターに合流を急がせ、自軍は東でムサイ周辺の敵を倒す。
ムサイは【熱血】【幸運】ゲッタービームで撃破。

モビルスーツ部隊は北上。
νガンダムとスーパーロボットは東へ進み続ける。

4EPヴィガジが撤退。
ソロモンへ引っ込んでしまう。

ヴィガジ「さて、ではソロモン内部で待たせてもらうとするか」

ルー「中に入っていったわね。ついてこいって事かしら?」

まぁそういう事だ。
もしガトーが来るのがこのタイミングで、ソロモンへ核を撃ちこんでいたらちょっと面白かったかもしれん。

「待たせてもらうとするか」

核撃

以後消息不明

残念ながらそうはならないので、先ずはソロモンの外にいる敵を倒すのだ。

19_38 19_40  19_43_2 19_42_2 5PP:修理と補給を繰り返すうち、マリが全ての精神コマンドを習得した。
【補給】は終盤の難易度を大きく変えるコマンドである。

ムサイがもう1機いるので、こちらは【手加減】ゲッタービームでHPを10にする。
トドメは【幸運】をかけたブライトで。

周囲のバスクを倒しつつ、南北に分けた部隊をさらに前進させる。
νガンダムは南の敵の射程内、暗礁空域に入る。
クワトロのZZガンダムは北部隊の先頭を飛ぶ。
ガブスレイの射程に入ってしまうが、ビームコートがあるのでまぁ構わない。

5EP:νガンダム、反撃を連発。
装甲は1段階しか改造していないが、暗礁空域で被ダメージを下げているので、Iフィールドで敵のビームはシャットアウト。
敵の命中率も下がるので、被弾回数そのものも少ない。
よって遠慮なく反撃を撃ち返せる。

クワトロも北で敵のビームを浴びているが、ZZガンダムにはビームコートがあるので、防御していれば軽傷しか受けない。

6PP:ようやく追いついたサイバスター。
出会い頭に【気合】をいれたサイフラッシュ!
弱った周囲の敵にトドメをさしていく。

以後、この黄金パターンは最終面まで続く

19_45 19_46 19_47 19_48 気力は十分。
バスクのドゴス=ギアに【熱血】【幸運】【努力】の超電磁スピン!
いつも通りワンパン撃破、資金60000入手
もはや定番の行事みたいになっているな。

HPが8600もあるロザミアのバウンド・ドックを、サンアタックとゴッドバードで撃破。
洸のレベルが上がり、全ての精神コマンドを習得
最後のコマンドは【熱血】。
これで火力が格段にアップした。

νガンダムは【熱血】フィンファンネルで、HPが減っていないバイアランを撃破。

北の敵がZZの近くに集まったので、【熱血】ハイメガキャノン発射!
一掃。

だがまだ名無し兵士のバイアランと、ゲーツのバウンドドックが残っている。
もっと上手くペース配分できれば、このターンでクリアできていたかもしれないが。

6EP:バイアランに反撃を続けるνガンダム。
ここでバイアランは全滅。

19_49 19_50 19_52 19_53 7PP:独り残ったゲーツを、ゴッドバードとサンアタックで撃破。
今度は万丈のレベルを上げておく。

クリア後、サイバスターの解説が入る。
なにせオリジナルメカで、この当時はユーザー側へ資料も情報もほとんど出していなかったのだ。

ここにも「ヒーロー戦記で話した気がするな」と、前作品の宣伝が入る。
スタッフも前作品に思い入れがあったのだろう。
南光太郎が全然性格の違う別人になっているゲームだったが……。

ここまでで資金が34万貯まった。
まぁサイバスターへの強化で吹っ飛ぶが。
強化してから、ファが第二次でコンペイトーに名前を変えたのに誰もそう呼んでくれないソロモンへの突入である。

|

« 第三次SRW 第18話 コンスコン強襲 | トップページ | 第三次SRW 第20話 激戦のプレリュード »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69030964

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第19話 ソロモンの悪夢:

« 第三次SRW 第18話 コンスコン強襲 | トップページ | 第三次SRW 第20話 激戦のプレリュード »