« 第三次SRW ユニット・キャラ 1~4話 | トップページ | 第三次SRW 第6話 ガトー襲撃 »

2016年12月 6日 (火)

第三次SRW 第5話 ガンダム強奪

5_1 5_2 5_3 5_4 ドゴス=ギアのおかげで多少は資金も貯まった。
これで機体の改造を進める。

改造するのはやはりマジンガーZとゲッターロボ
そしてメタスと戦艦である。
HP・装甲・主要な武器を、まぁ2段階ほども改造しておけば当面なんとかなるだろう。

Zガンダムも忘れずに改造。
最優先でEN、とりあえず5段階
これで地面をノロノロ歩いていれば、無補給で5発はハイパーメガランチャーを撃てる事になる。

そして乗り換え。
アムロはガンダムMk2に、乗機をとられたエマをガンキャノンに、カイをネモに乗せる。

準備を終え、トリントン基地へ着いたロンド=ベル。
基地にいたシナプスさんと情報を交換。
謎の敵はやはり異星人らしい。
まぁビアン博士が来る来ると騒いでいたから、さほど驚くもんでもない。
こうして始まる次ステージ、異星人はほとんど関係なく、ガンダムが万引きされる話である。

盗人が忍び込んでいるとも知らず、新型ガンダムを見せてもらうブライト達。
この世界では、GPシリーズはF91より新しい機体なのだ。
性能的には完全に劣っているが、これは性能の絶対値よりも特化した能力のために造られたからだと考えるべき。

5_5 5_6 5_7 5_8 見学中のロンド=ベル達に声をかけてくる新人登場。
ウィンキー時代のアイドルの一人、コウ=ウラキ君である。
ウィンキー時代のスパロボプレイヤーならば、誰しも彼の不遇な思い出を延々語る事ができるのだ。
鉄也の不遇はギャグのネタみたいに扱われるのに、マジで憤ってもらえるコウはとても幸せ者だと考える事ができるだろう。
能力的にも幸せなら、言う事は無かったのだが……。

そうして皆でガンダム見学している中、ついに盗lっ人が一機持ち出す。
ウィンキー時代はずっと禿だと思われていた事で有名な、アナベル=ガトー氏である。
原作の彼は「ソロモンの悪夢」と異名をとっていたが、この世界では第二次スーパーロボット大戦でソロモンに居なかったので、別の場所で悪夢と呼ばれていたのだろう。
そんな彼も歪んだマニア道に堕ちてしまい、新型ガンダムを店頭から盗み出すような悪党に成り下がってしまった。
同じマニアとして非道な行いを許しておけないので、コウが威勢よく出撃する。

まぁ威勢だけ良くても、レベルも能力値も機体も全部貧弱なのだが……。
さらにロンド=ベルは出撃準備をしていなかったので、味方初期配置はコウだけだ。
敵は盗人ガトーとその友達がわらわらいるというのに。

しかしまぁ、ガトーはひたすら逃げていくし、他の敵は離れているし、味方もじきに来るしで、実の所焦る必要は全く無い。

5_9 5_10 5_11 5_12 2PP:味方増援1・モンシアとキース
まぁこいつらが来たからといって、何か変わるわけでもないんだが。

3PP:味方増援2。
肝心のロンド=ベル隊
がようやく来てくれる。
とはいえこの時点ではガトーは遠くに逃げており、どうにかできるものでもない。

しかしコウ・モンシア・キースでガトーの逃げ道を塞ぎつつ邪魔する事で、本体がガトーに追いつく事もできるようになる。
そうすればGP02を撃墜する事も可能だ。
だがそんな事をしても、GP02はやはり奪われてしまう。
高額資金を落すわけでもなく、強化パーツを持っているわけでもない。
要するにしんどいだけで益はほとんど無いのだ。
誰だ、こんな仕様にした奴は。

というわけでガトーは放っておく。
南から来たガトーの仲間どもには、Zガンダムと他2~3機だけ向かわせる。
ガトーが逃げ切ると同時に撤退する連中なので、逃げる前に何機かは倒しておくのだ。

出会い頭に【熱血】ハイパーメガランチャーでカリウス撃破
シケた金とリペアキットしか落さない、貧乏な奴だ。
ガンダムを盗んだのも、おおかた金目当てなのだろう。
連邦への武器にするなら、真っ先に狙うべきはゲッターロボGだろうからな、この世界なら。

5_15 5_18 5_19 5_20 5EP:敵増援1・異星人
ガンダム盗人で騒いでいるうちに忘れられていた人達が急いで駆けつけてきた。
自己主張がしたいのか、彼らも新型ガンダムが欲しいのか。

まぁ彼らは基地やその周囲の森で、地形効果を使いつつ迎え撃つ事にする。
実の所、大した機体は無い
案外、慌ててやってきたせいでロクな機体を用意できなかったのかもしれない。

一方、砂漠の真ん中で奮闘するカミーユ。
砂に足をとられて敵の移動力は下がり、頭数のわりに飛んでくる攻撃は少ない。
その攻撃も命中率は3割程度。
HPに余裕があるうちは反撃し、途中からは防御だ。
次のPPで弱った敵にトドメをさし、たいした事の無い資金と経験値を少々稼ぐ。

……つもりだったが、ガトーがMAPの端まで逃げたので、DC部隊は撤退
GP02の移動力を読み間違えちまったようだ。
倒せたのはカリウス機だけで、他は無駄に疲労しただけで逃がしてしまった。
まぁ序盤の敵が出す資金なんぞ知れてるので、やり直す気にはならないが。

奪われたGP02を見送りながら、その装備を推測するアムロ。
核を積んでるのって、見ればわかる物なのか。
特殊なスーパーロボがゴロゴロしている世界なら、形だけで武装を見抜くのは大変そうな気もするんだが。

「あのスラスターと全身の装甲、特殊なシールド……もしや……変形して別のガンダムとグレート合体するつもりでは? 多分あいつは腰と足」

こんな推測は成り立たないのだろうか。

5_22 5_23 5_25 5_24 異星人軍は貧弱なので、地形効果を使えば倒すのは容易。
6PPで全滅させ、クリア。

ステージ終了後、シナプスの計らいでコウとキースがロンド=ベルに配属される
彼らの乗機として、ガンダムGP01とガンキャノンも入手

残念ながら、二人ともシナプスが推すほど強力なパイロットでは無いが。
機体も「無いよりは気持ちマシ」程度である。

あまり頼りにならない戦力に困ったブライト、ここは一つ日本へ向かう事にした。
なぜかあの国にはスーパーロボットがごろごろしているからだ。
何機かは一緒に戦ってくれるだろう、というクレバーな予想である。

この面には大金を落す敵がいないので、ちっとも儲からなかった。
毎ステージ、ドゴス=ギアが出て来て欲しい所である。

|

« 第三次SRW ユニット・キャラ 1~4話 | トップページ | 第三次SRW 第6話 ガトー襲撃 »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/68706986

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第5話 ガンダム強奪:

« 第三次SRW ユニット・キャラ 1~4話 | トップページ | 第三次SRW 第6話 ガトー襲撃 »