« 第三次SRW 第20話 激戦のプレリュード | トップページ | 謹んで初春のお慶びを申し上げます »

2016年12月31日 (土)

第三次SRW 第21話 恐怖!機動ビグザム

21_2 21_3 21_4 21_5最終面まで使う主力機が増えてきたので、それらを改造。
メイン武器とHP、装甲を最低3段階までは強化しておく。

それでも資金が20万ほど残った。
景気良くコンV・ライディーン・ダイターンの必殺武器を4段階目まで改造
バラ売り版は、敵は強いが実入りも大きいというバランスなので、それが楽しい所だ。

また、この面はZZガンダムにジュドーを乗せておく事にした。

気分良く次面へ。
しかしコウとニナが、昔の男関係で何か揉めている
ガトーは理想を布団にして寝ているような野郎なので、あっちは多分ニナの事など昔の話であろうが、コウの方はそう割り切れはしないようだ。
よせばいいのにレコアまでしゃしゃり出て口を挟んでくる。
こんな不毛な事をしているのも、彼らが暇を持て余しているからであろうか。
出撃しないモビルスーツの掃除ぐらいしかする事ない連中だからな。

一方、DC軍はやる気満々で襲撃してきた。
第二次以来懐かしの、ドズルが一軍を率いてきたのである。
ラサの宇宙港で負った傷も、ようやく癒えたご様子。

ドズル「これ以上ロンド=ベルをのさばらせるわけにはいかん! 総攻撃で奴らを叩き潰す!! サイコガンダムは出られるのか!?」

ハマーン「フォウの再洗脳は、まだ完全ではありません」

じゃあ名無しの強化兵でも乗せればいいだろう……。

21_7 21_10 21_11 21_12 フォウ「くっ…頭が…痛い…」

白目むいて唸っているフォウ。
こんな子をコクピットに放り込んでいて、戦果を期待できるわけがないと思うが……。

カミーユ「サイコガンダム!? まさか、フォウ!?」

カミーユもフォウの存在に気づく。
かつて貧乏時代に資金60000吐き出してくれた愛しい彼女との再会である。
もちろん今回も放出してくれるので、プレイヤー側の士気も上がろうというもの。

1PP:全軍、南西へ。
真っ直ぐ南下すると、暗礁空域に足を取られるからだ。
暗礁空域の地形効果を利用して戦ってもいいのだが、南西にいる敵は脆い相手が多いので、早めに倒しておいた方が手っ取り早い。

1EP:まず近づいてくるのは、ガザ・バウ、そして早くもサイコガンダム。

2PP:【気合】をかけたサイバスターが南西のガザ部隊にサイフラッシュ。
追いうちで倒して、自軍の気力を上げておく。

νガンダムは南東へ。
バウやサイコガンダムの射程内、暗礁空域に飛び込む。
もちろんEPで反撃を連発するためだ。

21_13 21_14 21_16 21_18 2EP:集中砲火を受けるνガンダム。
しかしバウにしろサイコガンダムにしろ、メイン武器はビーム属性。
装甲3段階改造で暗礁空域にいれば、ダメージを全てシャットアウトできる
恐れる事なく反撃を連発するのだ。

3PP:νガンダムはサイコガンダムに攻撃を仕掛け、HPをさらに削る。
他の機体は前進、弱ったバウを撃墜し、倒せないバウにも近づいてはおく。

3EP:νガンダムが反撃したり、バウを落したり。

4PP:カミーユがウェイブライダーでかっ飛び、フォウを説得する。
半ば正気を取り戻すフォウ。

アムロ「カミーユ、サイコガンダムを破壊しろ!! そのマシーンがフォウに戦闘を強制している!」

よってこの面は、サイコガンダムの撃墜とフォウの救出を両方行える
既に半壊しているサイコガンダムへ、【熱血】【必中】【幸運】【努力】ゲッタービーム!
サイコガンダムが吹っ飛び、資金60000が転がり込んでくる
やったぜ。

サイコガンダムが撃破された時、カミーユでの説得を済ませていれば、フォウが無事に救出される。
かなり有能なパイロットなので、助けておくといいだろう。
いないと困るかと言えば、全然そうでは無いのだが……。

21_19 21_21 21_22 21_23 サイバスターは南西に突撃。
円盤獣達へサイフラッシュを叩き込む。
倒せる敵から順番に撃墜し、気力とレベルを上げていこう。

万丈がレベル35に到達し、【閃き】を習得
敵ボスの攻撃力がバカにならなくなるのに先んじたタイミングであるな。

4EP:円盤獣ギルギルあたりを反撃で落していると、劣勢を感じたハマーンが「キシリアに救援を求めてはどうか」とドズルに打診。
だがドズルは「DCの物笑いになるわ」と一蹴する。

5PP:ギラドーガを1機倒しつつ南下。
この面にはレベル38の名無し兵が何人もいるので、アムロはそれを狙っていく。
ジュドーは機械獣軍団を狙うため、東へ移動。

5EP:ギラドーガ達が動いて来る。
【閃き】をかけたアポリー、囮として大活躍。
彼の雄姿もそろそろ見納めだが……。

6PP:機械獣達がZZガンダムの射界に入った。
【気合】【熱血】ハイメガキャノンを撃てば、ミネルバX以外は蒸発。
ジュドー、レベル38に到達。
反応値が200になったので、2回行動できるようになった

他の敵が迫っているので、サイバスターはEN補給後、敵へ突撃してサイフラッシュ。
弱らせてから追い打ちで倒していく。
カミーユは【覚醒】を使い、敵を2体葬る。

21_25 21_29 21_30 21_31敵が8機以下になると、敵増援1・ビグザム

ドズル「むう…ビズ・ザムを出せ! わしが出る!」

ドズル「戦力をズタズタにされすぎた…ここはもうもたん。ハマーン、お前も脱出しろ」

ドズル「これは命令だ!! お前には生きてDCを再興してもらわねばならん」

覚悟を決めたドズル。
なんかDCの未来をハマーンに託しているようにも見えるが……兄上・姉上はまだご存命ですぞ。

6EP:ビグザムが近づいてくる。

7PP:レベル38の敵兵士を撃墜し、アムロもレベル38に到達。
反応値が200に達し、2回行動が可能となった。
この面で二人も2回行動ができるようになったので、戦力は大いに強化されたと言えるだろう。

カミーユもレベルが高めの敵を撃墜するが、惜しくもレベル37止まり。
後一つだったのだが。

ザコが片付いた所で、ビグザムに総攻撃。
【熱血】フィンファンネルと【閃き】サンアタックを叩きこめば10000以上のダメージを与えられる。
そこへ【熱血】【幸運】【努力】超電磁スピン!
ビグザムを粉砕し、資金75000を入手した。
恐怖どころか、ありがたくて非常に良し。

21_32 21_35 21_37 21_38 こうなると後はハマーンのみ。
「脱出しろ」と言われたハマーンだが、撃墜されるまで戦ってくれる。

実はハマーンも2回行動可能
ただし機体はドゴス・ギアだ。
ハマーン自身は強いのだが、この機体ではそんなに苦戦はしない。

よって一気に倒してしまわず、HPが残り僅かになるよう調整しながら戦う
上手い具合にHP177まで弱らせる事ができた。

8PP:ブライトの【必中】【幸運】メガ粒子砲でドゴス・ギア撃墜。
またまた高額資金60000入手
非常に実入りの良い面で助かる。

第二次の時みたいに捨てゼリフを吐いて逃げ帰るハマーン。
だが第二次と違い、やたらと出撃・撤退を繰り返すような事は無い。
後半戦までさらばだ。

21_39 21_41 21_42 21_43敵が全滅すると、カミーユがフォウに呼びかける。

カミーユ「フォウ!! 目を覚ましてくれ、フォウ!! アムロさん、フォウは!?」

アムロ「心配しないでいい、カミーユ。フォウは疲れているだけだ。しばらくそっとしておいたほうがいい」

フォウ「…う…ううん…、カ…カミーユ?」

白目をむくのをやめて、ずいぶんキラキラ目になったフォウ。
今回は撃墜しても助ける事ができたので良かった。

一方、ブライトとクワトロはDCの動きについて話し合っていた。
これでDCはしばらく派手な動きもできないだろう、と考えるブライトに、クワトロは懐疑的だ。

クワトロ「いや、それはどうかな? ドズルの部隊は確かに弱体化したが、まだ、キシリアの部隊がある。バスクがはたしてどう出るか…」

ギレン直属の部隊は無いのか?

ともかくステージクリア。
資金は再び結構な額になっていたが、ここは一旦貯金だ。
すぐに新機体が加入するからである。

|

« 第三次SRW 第20話 激戦のプレリュード | トップページ | 謹んで初春のお慶びを申し上げます »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/69059070

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第21話 恐怖!機動ビグザム:

« 第三次SRW 第20話 激戦のプレリュード | トップページ | 謹んで初春のお慶びを申し上げます »