« 第三次SRW 第6話 ガトー襲撃 | トップページ | 第三次SRW 第8話 超電磁ロボ コン・バトラーV »

2016年12月10日 (土)

第三次SRW 第7話 シーサイドパニック

7_1 7_2 7_3 7_4 ついに日本へ着いたロンド=ベル。
いよいよ大地をゆるがす超電磁ロボの登場である。
長浜ロマンロボ、いよいよ加入。

……と思いきや、沖縄で海水浴をする話が始まった。
隊員達とて人間、休息は当然必要だ。

わかるけど。
君の言う事もわかるけど。
それは今する事なんかいな。
スーパーロボット増やしてから泳げばいいじゃねぇか。
海水浴話を作った所で、女の子の水着イラストが挟まれる時代でも無いだろうに……。

だが休息と決まったなら仕方が無い。
仕方なくメンバーの半数は海で泳ぐ事にした。
焦れているプレイヤーの心情を他所に、軽いナンパ男まで登場。
そうそう、こういうノリは80年代にはあったもんだ。

これがスーパーロボット大戦史における、ガンダム0080のバーナード=ワイズマン君の初登場である。
輝かしすぎる。
シナリオの再現はいっさいされないままザクマニア化された事は、もはや年寄りの間では伝説だ。
付け加えるなら、原作にいた主人公的存在のアルは、中断デモメッセージのみの登場だった。

ブライト「くっ……考えるのは後だ」

いい加減に話を進めたいので、異星人軍が仕方なく攻めてきた。
そういうわけなので休憩に出なかったメンバーだけで応戦だ。

なお、ファは休憩班なので、5PPまで出撃する事はできない
よってこの面ではメタスに別のキャラを乗せておく。
モビルスーツ系の居残り組は、アムロ・コウ・レコア・リュウ・ハヤト・エマ・キース・スレッガー。
今回はレコアにしておいた。

7_6_2 7_6 7_9 7_11 沖縄を模したMAPで戦闘。
北東に見えるのが沖縄市街なのか。
利用できる位置ではないが、沖縄市民にとってはその方が良いだろう。

敵は南北に分かれている。
北の敵を攻撃にいく部隊と、南の敵を迎え撃つ部隊に分けるといいだろう。

北に向かうはゲッターロボ。
バドの移動先+3マスの位置に置く。
メタスとZガンダム、適当なモビルスーツ2機ほどをその後ろへ。
他のモビルスーツはすぐ側の森へ。

1EP:飛んでくるバドの弾に、トマホークを投げ返すゲッター1。
食らう攻撃は気力上げに役立つと考えろ。
バドは弱いので、無改造トマホークブーメランでもそこそこのダメージを与えられる。

2PP:チェンジゲッター2・スイッチオン。
次のメカザウルスの移動先へ動きつつ、ドリルストームでバドを1機撃墜。
メタスで修理し、後続のモビルスーツは移動後のメカザウルスを射程に捉えられる位置へ。

2EP:迫る敵へゲッター反撃。
バドが後ろの脆いモビルスーツに漏れるが、これにも反撃。
苦戦しつつもコウが弱ったバドを撃墜。
出番があるうちだけでも頑張れウラキ。

南の海からも敵が迫ってくるが、これは戦艦と森の中のモビルスーツに頑張ってもらう。

7_127_133PP:Zガンダムのハイパーメガランチャーが火を吹く。
これにゲッターのパワーが加われば、硬いメカザウルスの撃破も容易だ。
3つの力が一つになれば、一つの正義が百万パワー……なら4つ・5つと加わり続ければ、さらに上がる事は明白。

なお、メカザウルス・ザイは隣接した空中の敵に攻撃できない
この手の「射程の穴」を持つ敵は時々いるので、利用するとそこそこ便利。

森の近くのズゴックは、モビルスーツの集中砲火で沈めておく。

3EP:生き残ったメカザウルスが後方に流れる。
Zガンダム(アムロ)ならば、まぁそうそうやられはしない。
メタスに一匹流れてしまったのはちと誤算だったが……。
HPと装甲も強化はしているのだが、修理・補給機は狙われ易いようで、脆さが同程度だと先に狙われる事があるようだ。

4PP:北からのメカザウルスはここで全滅。

4EP:海から来た敵と戦う、森の中のモビルスーツ部隊。
ネモ(エマ)が瀕死にされる

7_16_27_175PP味方増援1
海水浴メンバーから選択できるので、マジンガーZとアフロダイを先ず選択。
後はまぁ、レベル順とか機体のHP順とか適当に。

この面にも敵増援はある。
その出現条件は、敵の数が一定以下に減ること
森の側にいる敵を戦艦と森の中のモビルスーツで倒せば、敵増援が出現する。

敵の増援はDC部隊。
それを率いるのは黒い三連星
まさかこいつらも海水浴に来ていたのか。
彼らのナンパは成功したのだろうか。

DCはもともと異星人と戦うための組織なので、彼らも異星人と戦うロンド=ベルを見て逡巡する。
実際、後には三つ巴状態で戦うステージもあるのだ。

7_18 7_19 7_20 7_21_2 マッシュ「異星人どもの方はもうカタがつきそうだぜ。なら、ロンド=ベルの相手をしてやろうや」

……結局はそうなるか。
だがゲーム的には、資金と経験値を横取りされなくて好都合ではある。

なお、黒い三連星の名はこの世界でも高いらしく、キースが弱音を吐く。
彼のセリフから、ガトーはこの世界でも「ソロモンの悪夢」と呼ばれていた事が明らかになる。
第二次のソロモンにいなかったのは、彼が別の土地に赴任した後だったからなのだろう。

この世界のガトーの輝かしい戦歴(想像)

ソロモンで名無し連邦兵(乗機はたぶんGM))を多数撃墜。
ザコ兵士から「ソロモンの悪夢」と呼ばれて嫌がられる。
上から転任命令が届く。
ホワイトベース隊と入れ違いになる。
ヘンケンの部隊と戦う。
ヘンケンを苦戦させるが、ブライトがラー・カイラムで横槍を入れる。
【必中】メガ粒子砲を食らって退散。
機体の修理中にビアン総帥が倒される。
DC残党として暮らす。
ガンダムを盗む事を思いつく。

彼もいろいろ苦労しているんだ。
まぁこの面にいない奴はどうでもいい。
よってマジンガーZを北東へ向かわせる。
ゲッターは相変わらず敵の移動先で待ち伏せ。

スーパーロボで待ち伏せてEPに敵を弱らせるのは、中盤までの定石なのだ。

5EP:反撃連発。
悪を倒すぞゲッタードリル。

6PP味方増援2・ディジェ(フォウ)
第二次でサイコガンダムの爆炎に消えた彼女だったが、元気にやっていたようだ。
おそらく脱出ポッドはホワイトベース隊が回収し、病院へ放り込んでいたのだと思われる。

彼女は南に向かわせた方がいいだろう。
エマがいい加減弱っているので、戦艦に放り込んでおく。

7_22 7_23 7_24 7_25 北と南、とりあえず手の届く敵を倒す。
南の敵は、ガンダムMk2(カミーユ)と味方増援のディジェ、そして戦艦でなんとかなるだろう。

6EP:ここを凌げば山を越える。
南のジャラガ達はカミーユが相手をする。
北から来る黒い三連星はスーパーロボットで受け止めて……なのだが、PPの戦闘の都合もあり、全てのモビルスーツを守る事はできない。
防御で亀になるのだ

7PP:ここで全力を入れる。
【熱血】大雪山おろしでオルテガを撃墜。
【熱血】ハイパーメガランチャーでマッシュを撃墜。

分ける必要があるのかどうか疑問の残るセリフを吐いて、黒い三連星は残り1機。

ガイアには【必中】ブレストファイヤー。
これで三連星全滅。

……と思いきや、HPが僅かに残ってしまった。
残り257点、はてどうしよう?
コウにトドメをささせれば良いわけだが、命中率が微妙だしな……。

※コウのレベルは一桁なのにガイアが23もある。
レベル差が悪いのであって、コウの責任ではない。

7_26 7_27 7_28 7_29アフロダイAのさやかが【必中】を使える事に気づいた。

【必中】おっぱいミサイルが直撃。
黒い三連星のリーダー・ガイアを撃破。

ガイア「おのれっ!! おぼえておれよ!」

まぁ当分覚えているだろう。
あまり良く無い意味で……。

南のジャラガ達に戦艦のMAP兵器をブチ込めば、後は弱った敵が数機残るのみ。
全滅させてクリア。

終了後、バーニィのナンパに乗りかけていた事を非難されるクリス。
他人が横から何か言う事ではないと思うが。

クリス(なんだか……以前にあったことがあるような人だった……)

これも原作が関係するセリフなのだろうか。
0080も未見なのでいまいちわからぬが。
まぁガンダム作品を全部見た事のある奴は多分おらんので仕方の無い事だ。

7_30 7_32 7_33 8_1 ヘンケンがまたもや登場
というかフォウを連れてきたのは彼だ。
ヘンケンの部隊に所属し、あっちで戦っているとの事。

そんなヘンケン、自部隊に誰か回せないかとブライトに打診する。
ブライトはアムロかカミーユにしようかと、最大限の配慮を示すのだが、ヘンケンは
「そんな貴重なエースを要求しているわけではない」
「エマさんあたりで……」

と、こちらも有り難い配慮を見せる。

うむ、良い大人の社会だ。
なのにエマはご機嫌悪し。

エマ「……エースパイロットでも貴重な戦力でもなくて申し訳ありませんね! こんな私なんかが役に立つんですか!? ヘンケン艦長?」

じゃあアムロやカミーユをまわせっていうのかよ
それ凄い損害なんだけど。
大人の社会もヒステリーの前にはブチ壊しだな。
そりゃエマを要求したのはヘンケンの個人的な感情なのは一目瞭然だが、怒る事ではないだろう……。

なお、この話はリュウとハヤトが出向するという事で解決した
エマの個人的な感情により、7話で強制的にお別れ。
二人が必要でも何でも無いパイロットなのが逆に物悲しい。

なお、こちらの部隊に移籍しないのでフォウもお別れだ。
しかしディジェは置いていってくれるので、戦力はアップする。
エマをヘンケンにやるからフォウと交換してくれんものか……。

フォウは去ったが、コウのレベルは9まで上がっていた。
3から始まった彼も、それなりに逞しくなったものだ。
まぁそれなりで止まってしまうのだが……。

次がようやく、本当にコンバトラーVが加入する面である。
よって資金は温存だ。

|

« 第三次SRW 第6話 ガトー襲撃 | トップページ | 第三次SRW 第8話 超電磁ロボ コン・バトラーV »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/68786822

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第7話 シーサイドパニック:

« 第三次SRW 第6話 ガトー襲撃 | トップページ | 第三次SRW 第8話 超電磁ロボ コン・バトラーV »