« 第三次SRW 第10話 勇者ライディーン | トップページ | 第三次SRW 第12話 宇宙へ »

2016年12月15日 (木)

第三次SRW 第11話 うわさの破嵐万丈

11_36 11_3 スーパーロボットが続々参入する大放出セール。
トリを飾るのは、今ではすっかりお馴染みとなった、快男児・破嵐万丈とダイターン3

……なのだが、ステージ開始後はやたら機嫌の悪いカミーユがファを苛つかせている場面から始まる。
まぁ「機体の調子が悪い」と言われたから整備員に丸投げしているだけと言えばそうなのだが。
しかし流れ的にフォウの事で苛立っているのは、木石でも無ければわかること。

レコア「……カミーユ、あなたの気持ちはわかるわ。でもね、ファだって、あなたのこと心配して言ってるのよ。分かってあげなさい」

だからといってこういう余計な口を挟むのはどうか。

こうしてダイターンも万丈も、話題にさえ全く出てこないまま、ダイターン加入ステージが始まった。
まぁこの当時、マニア以外はみな忘れてる作品だったと思うしね。仕方ないね。多分。

11_37 11_4 11_5 11_7戦いの舞台は香港。
第二次でフォウが貧乏なWB隊にお金を恵んでくれた場所だ。
Zガンダム原作際限のため、ここでフォウが再びサイコガンダムに金塊積んで来てくれるのだろう。

ジェリド「いいところであったぜ、ロンド=ベル! このギャプランなら、パワー負けはしない!」

お前かよ。
しかもギャプラン……そこはサイコガンダムで来いよ。
ドゴス=ギアもいねぇじゃねぇか。バスクはどうしたんだ。

カイ「くそっ! またDCかよ! あいつらいつの間にこんなに力をつけたんだ!?」

セイラ「ギレン=ザビの演説のせいかしらね…」

演説に扇動されてギャプランをジェリドに捨て値で売った奴でもいたのか。
そいつにサイコガンダムを買ってもらえば良かったのに。

敵は貧しいステージだが、自軍は景気良く17機で出撃
実はこの作品、中盤あたりが一番出撃可能数が多いという特徴がある。
この時期、自軍はまだ強化が中途半端なので、その救済措置なのだろう。
出撃数の半分は戦うにも厳しい弱小機体が占める事になる……が、彼らも使いよう次第で十分役に立つ。

端的に書けば、敵の的になるためのデコイだ。

1PP:射程8のガブスレイが、いきなりこちらを射程内に捉えている
よって彼らの射程外に出て、敵を待ちかまえる事から始める。
また修理・補給の要となるブルーガーはGMにも劣る耐久性の貧弱機なので、位置には常に注意だ。

2~3PP:市街地で泥臭く撃ち合い・殴り合い、敵の数を減らしていく。
ガブスレイとドライセンは、毎ターン1機ずつは撃破していく。
一気に全部を撃墜するのは難しいので、欲張らずに1~2機ずつだ。
無論その間はこちらの弱小機体が狙われるが、それは計画のうちである。
頑張れコウ=ウラキ。

【根性】や【ド根性】で精神ポイントを使い切ったモビルスーツは、さっさと戦艦へ放り込む。
またブルーガーがどうしてもドライセンのトライブレードから逃れられそうにない場合、戦艦へ放り込んで必要になってから出すのもテだ。
どうせ修理・補給が仕事なのだから、気力が低下しても気にする必要は無い。

11_8 11_9 11_10 11_11 3EP:初期配置の敵は全て動き出す。

4PP:【気合】も使えば、ここらから大雪山おろしや超電磁スピンが使えるようになる。
超電磁スピンはEN200消費の超ハイコスト武器だが、敵の数を減らしたい時は惜しまず投入した方がいいだろう。

超電磁スピンを放ったら、すぐにブルーガーを隣接させる
もちろん、次ターンに即補給だ。
ブルーガーを攻撃できる敵がいない事にだけ気を付けろ。

4EP敵増援1・異星人軍。
こちらの初期配置西側にわき、DCと挟み撃ちするような恰好で出て来る。

ジェリド「来やがったか、異星人ども! ロンド=ベルもろとも、血祭りにあげてやれ!」

言葉どおり、DCと異星人は互いを敵とみなして交戦もする
だがどちらも脆い敵を狙うルーチンは共通なので、近づくとだいたいこちらの弱小機体を仲良く攻撃してくる。
敵同士をぶつけようにも地上機体は移動を制限させる場所も多いので、こちらはマイペースに近くの敵から倒していった方がいい。
まぁザコ同士は適当に潰しあってくれるので、それは横目で眺めておく。

11_15 11_16 11_17 11_19 5PP味方増援1・ダイターン3(破嵐万丈)。

万丈「世のため人のため、DCの野望を打ち砕くダイターン3! この日輪の輝きを恐れぬのならばかかってこい!!」

ブライトが反応しているのも、当然、同じ声優が演じていた関係であろう。
そのセリフから、名前はこの世界でも知れ渡っていた様子。

東から来るDCは、ディジェ(アムロ)、Zガンダム(カミーユ)、ライディーンで迎え撃つ。
ライディーンは射撃武器・ゴッドゴーガンがまずまず優秀なので、この時期、モビルスーツとともに敵を待ち構えるのに適した能力があるのだ。
西側はマジンガーZ・ゲッターロボ・コンVが担当。

コンVは補給を受ける。
ブルーガーは周囲を戦艦とモビルスーツで囲んで守り、移動後に射程のある攻撃をできる敵機を優先的に撃破していく。

気力があがったので、ライディーンもゴッドバードを使い始める
市街地の上で戦うようにすると、ENを回復しながら戦えるので、ゴッドバードも余分に一発ぐらいは打てる。

6PP:ジェリドとカクリコンも近くに来た。
放っておくと名無し兵より大きな被害を与えて来るので、早めに始末しておきたい。

11_20 11_2211_2511_23_5 よって【熱血】ハイパーメガランチャーでジェリドを撃破
いつもどおりカミーユに何か食ってかかっていたようだが毎度の事だ。
奴の言う事など、機体の落とす資金程度の価値しかない。

カクリコンもゴッドバードで粉砕しておいた。
もういっぺん入院してくるといいだろう。

旧第三次は命中補正の優秀な必殺武器が多い
ゴッドバードもその一つで、驚愕の+70%を誇る。
この時期の敵相手ならほぼ必中武器なので、気力が高まり次第どんどん使っていきたい。

7PP:西側にいた戦艦の周辺に敵がいたので、MAP兵器を発射。
残った敵をスーパーロボットで叩き潰し、異星人軍は壊滅
円盤獣ゴスゴスだけちょっと強敵だが、それさえ倒せば大した敵でも無い。

だがゲッターの精神ポイントやコンVのENが尽きてしまった。
精神ポイントはともかく、ENはブルーガーがなんとかしてくれる。
期間限定のボスボロットも活用したいところ。

いずれ離脱するキャラに経験値を与える事には拒否感を持つ人もいるようだ。
だが補給機を下げてまで経験値を与えたいキャラとなると、この時期の3級モビルスーツパイロットにはいない。
どうせレベルの高い敵からは経験値を多く貰えるシステムなのだ。後からレベルの遅れを取り戻す事はさほど難しくは無い。
お別れするまで、ボロットには毎回出撃してもらおう。

11_27 11_24_2 11_28 11_30 セイラが撃墜された……かと思いきや、ギリギリで踏ん張る。
まぁここまでよくもった方だ。
戦艦も少し離れているし、のそのそと戦場から歩いて離れるしかないな。

8PP:レズンのギラドーガが交戦範囲に入る。
この面で最後に戦う事になるネームド敵は、だいたい彼女になるだろう。

ゴッドバードを叩きこんだら、僅かにHPが残った。
アムロでとどめ。
まぁ特別に苦戦する事も無く撃破。

9PP:残敵を掃討してクリア。
最後の敵を倒す前に、ブルーガーに誰かを修理か補給させておき、経験値を稼いでおく。

アムロで最後の敵を倒し、レベルを21にしておいた。
これで精神ポイントが80になり、一面に2回【熱血】を使える。

助っ人に来た万丈は、このままロンド=ベルへ参加する事になった。
自分から出向いて加入してくれるのは、新規組だと彼だけのようだ。
まぁメガノイドが敵として採用されなかったので、暇していたんだろう。
じゃあ今まで何してたんだって話になるが。

第二次時代の過ごし方

・コンV:キャンベル星人と戦っていた
・ライディーン:WB隊とは別にDCと戦っていた(作中の会話より)。妖魔帝国も相手をしていた
・ダイターン:不明

機体種類だけは多い妖魔帝国を少し削って、メガノイドに分けてやれば良かったのに。
中ボス級の敵幹部がいなかったのが災いしたか。
ドラクエ3のバラモス的な奴がいないもんな、ダイターン。
コロスとドン・ザウサーは、ドラクエ2のハーゴンとシドーっぽい立ち位置だったし。

11_31_2 11_32_2 11_33 11_34_2 戦闘終了後、作戦会議。
謎の異星人について。

十三「異星人! キャンベル星人か!?」

キャンベル星人も宇宙人だと認識されていたのか
なぜか南原コネクション以外は対応してなさそうだが。

小介「いえ、この異星人はキャンベル星人よりも格段に手強そうです。なぜなら、彼らは実に巧妙な作戦を使っているからです」

こんな事を言われて死体蹴りされるガルーダ。
キャンベル星人といえばまずガルーダなのにな。
あいつは本当はアンドロイドだよとか、後期に出て来るジャネラ一味が本当にキャンベル星人なんだよとか、そんな事実を述べたところで、コンVの敵=ガルーダというのが世間の認識であろう。
今世紀の漫画やパチのPV見ればはっきりしている。

ビアン博士から無視されたガルーダの供養のためにも、謎の異星人をのさばらせるわけにはいかない。
敵の拠点がルナツー宙域だと推測したロンド=ベル隊は、再び宇宙へ向かう事にした。

ブライト「シャンハイの支援組織、カラバと合流し、ブースターを利用して宇宙に出る」

いつの間にできたのかよくわからないカラバの助力を受け、目指すは謎の敵拠点。
コン・バトラーV、ライディーン、ダイターン3の新加入スーパーロボットが揃うと、このゲームは一気に楽になる。

|

« 第三次SRW 第10話 勇者ライディーン | トップページ | 第三次SRW 第12話 宇宙へ »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コンVライディーンダイターンあたりは幼少時に再放送で観まくっていた記憶があるので、このところのリプレイはテンション上がりまくりです。
これだけ早くに加入してくれるなら第三次プレイしてみようかな。

投稿: 野良猫 | 2016年12月15日 (木) 23時10分

まぁこんな事を書くのもなんですが、今からPS実機でやるのはあんまりお勧めできませんな。やはりローディング時間が難点。
しかしPSPかVITAにフルインストールすればSFCと同じような感覚で遊べるローディング時間になると、攻略サイトで見ましたな。
PSの3分の1、PS2高速モードの半分ほどになるとか。
昔のクラシックなSRPGに抵抗が無ければ、環境次第で今から遊ぶのも悪くないかもしれません。
今なら攻略サイトなんかもありますしね。

投稿: 松友健 | 2016年12月16日 (金) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/68852486

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第11話 うわさの破嵐万丈:

« 第三次SRW 第10話 勇者ライディーン | トップページ | 第三次SRW 第12話 宇宙へ »