« 第三次SRW 第15話 追撃戦 | トップページ | 第三次SRW 第17話 シャングリラ »

2016年12月26日 (月)

第三次SRW 第16話 サイド1の激闘

16_1 16_3 16_4 16_7何をさておいても忘れてはならない、ZZガンダムの改造。
とにかくENを5段階までは強化。
移動やビームコートでのEN消費もあるので、じきに10段階改造を考えたい。
HP・装甲・ハイメガキャノンも3段階程度は改造。
ダブルビームライフルも2段階ほど強化し、通常兵器の攻撃力も1000にはしておく。

さてパイロットだが、【幸運】習得者かレベルの遅れた者と相場は決まっている。
今は主力なのにレベルが遅れ気味なアムロを乗せる事にした。
しばらくはアムロ・カミーユ・ジュドー・クワトロからレベルの低い者を選んで放り込む事になる。

また、ブルーガーやメタスも強化しておいた。
そのメタスにルーを乗せ、リガズィは2級のパイロットを適当に乗せる。
まぁ今はコウでいいだろう。

いろいろ準備して、いざ次の面へ。
洗濯をやらされてこき使われているキャラ=スーンの文句が垂れ流されるが、特に重要な話ではない。
まぁこれも原作再現だ。

洗濯が南極条約に抵触するか否かを議論しているうち、サイド1に到着。
やはりドゴス=ギアを一目見て、艦長がバスクである事を見抜くアムロ。
甲板のどこかに「ばすくおむ」とでも書いてあるのか。

バスク「ちっ! ロンド=ベルめ、こんなところまできおったか! ロザミア! シャリア=ブル! 奴らをこれ以上近づけるな!」

近づくに決まってんだろ。
さっさと資金を吐きだしやがれ。

16_9 16_10 16_13 16_15 バスク「いいか、異星人が現れても手を出すな! ロンド=ベルを叩く事に専念しろ!」

既に異星人と友達のバスク。
そんな彼めがけてこちらは北上するのだが、敵増援の都合もあり、向かうはやや北西である。

1PP:北西へ向かうさい、敵のバイアランが移動する先へスーパーロボットを置いておく。
無論、反撃して弱らせるためだ。
初期出撃位置もあり、今回も万丈が【気合】を入れてからダイターンに担当させる。
この時、【気合】は2回入れておく。
精神ポイントの残量は気にしない。

1EP:迫る敵へ、反撃ダイターンザンバー。
一撃で2000近いダメージ。
射撃の痛い敵なので、こうして接近戦で打ちのめしておくと楽になる。

また、ロザミアとシャリアは最初から近づいてくる。

2PP:まず弱った名無し敵を倒す。
次にマジンガーZとゲッター1が精神コマンドを使ってロザミアを攻撃。
【必中】【熱血】ゲッタービームでロザミア撃破

【気合】2発+1EPで食らった敵の攻撃+2PPで味方が敵を倒した事で、万丈の気力は125に到達

16_17 16_18 シャリアのエルメスに、今必殺のサン・アタック!
シャリアをワンパンで撃破。

2ターン目から精神コマンドを多用してラッシュをかけているが、息切れの心配は無用。
この面で他に戦う必要があるネームド敵は、バスクを残すのみなのだ。

2EP敵増援1・ガトーとカリウス。

ガトー「バスク大佐の救援とは…任務とはいえ気が進まぬ」

バスク「ガトーだと!? 余計なところででしゃばりおって!!」

敵の異星人とは仲良くできるのに、同じ組織では罵りあうなんて。
まともな人なんて地球人には数えるほどしかいないんだよ……

一方、ケンプファーの集団がこちらに迫るが、大した敵でも無いので適当に反撃しておく。

3PP:弱った敵集団を粉砕。

16_21 16_22 16_25_2 16_26 3EP敵増援2・異星人軍。

ガトー「異星人か!! カリウス! まずは異星人どもを叩くぞ!!」

ハッスルするガトー。
バスクは当然、お友達が襲われそうなので止めようとする。

バスク「ちっ…ガトー少佐! 異星人などにかまわず、ロンド=ベルを叩け!」

ガトー「なんだと!? 解せぬことを…我等DCは異星人と戦ってこそ大義があるのだ!!」

あいかわらず大義を食って生きてんな、この兄ちゃん。
答えを決めつけている相手に話は通じないので、バスクも強硬手段しかない。

バスク「くっ!!…ゲーツ、ガトーをおさえろ!」

ゲーツ「ガトー!!」
ゲーツ「貴様は正直すぎたのさ! 正直者は長生きできん!」

長生きしたいゲーツはHPが8600もあるバウンド・ドックに乗っている。
よって放っておくと、HP4500のGP02に乗るガトーはじきに撃墜されてしまう。
ガトーが早死にしそうなので、モトカノのニナがガトーの救助を皆に要請。
「彼も地球を異星人から守ろうとしてる」と訴える。

いや……それが本当だからって、泥棒は正当化できんだろ
盗んだガンダム返させろや。

しかしまぁ、いろいろと言いたい事がないでも無いが、ルート分岐の都合でガトーは助ける事にする。

16_27 16_28_2 16_29_2 16_31 4PP:ここで部隊を南北に分ける。
数はだいたい二分。

北はコンVを中心に、ブルーガーも入れておく。
南はZZと、【閃き】の使えるモビルスーツを混ぜる。

敵をMAP兵器に巻き込むため、ZZガンダムは前面へ。
【閃き】をかけたモビルスーツがそのすぐ後ろや横に立つ。

4EP:ガトーが異星人を攻撃。
異星人はHPの低いロンド=ベルのモビルスーツを攻撃。

5PP:まずガトーを救う。
ゲーツを攻撃するのだが、MA形態のバウンド・ドックは最大射程1のBAKAユニット。
しかも一撃入れると、ヘボダメージだろうが外れようが、長生きしたいゲーツはさっさと逃げてしまう。
よって2マス以上離れているヘボモビルスーツが適当な射撃武器を撃つだけでいい。

ゲーツ「ちっ! ジャマが入ったか…」

ゲーツ撤退。

ガトー「ロンド=ベルに助けられたとは…!!」

ガトーも撤退。
どちらともそんなにやる気はなかったようだ。
まぁ日本人が働き過ぎなだけで、ガイジンはこんなもんかもしれん。
これじゃ、俺……残業をしたくなくなっちまうよ……。

16_32 16_34 16_36 16_37 でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない。
南からの異星人が固まっているんで、【熱血】ハイメガキャノンをぶっぱだ。
ことごとく蒸発していく敵部隊。

おかげでアムロのレベルも31へ。
ライバルのシャアを抜いたぞ。
餌食になる敵部隊がいればアムロだって成長しますよ、クワトロさん!

とりこぼした敵が一機いたが、ゴッドバードでワンパン撃破しておいた。
暇になった他の機体は、北上した部隊との合流をめざしチンタラ移動開始。

北上した部隊はぶつかる敵を倒して、ドゴス=ギアを目指す。

ドゴス=ギアは暗礁空域を挟んで北にいるので、近づく時に足をとられがち。
よって敵の砲撃で狙われ易い。
ここは適当なモビルスーツを囮にしておくといいだろう。

5EP:囮のコウ、なんとか回避成功。

6PP:またせたな、バスク。
【熱血】【幸運】【努力】超電磁スピンが炸裂。
やったぜワンパン資金が60000

残った敵はゲッタービームやサンアタック、【熱血】をつかった攻撃でバンバン落す。
無事にクリア。
自分で吹っ飛んだのはコウが乗るリガズィのガワだけで済んだ。
リガズィはマジで使える機体。

16_38 16_39 16_40 16_41戦闘が終わると、合流する機体が1機。
調査を終えたレコアが戻ってきたのである。

レコア「…ルナツーの調査中に捕まってしまって、なんとか脱出してきたの。ルナツーにはもう、敵はいなかったわ。引き揚げた後だったみたい」

というわけで、ほったらかしにしてきたルナツーは放置していい事になった。
一安心していると、ジュドーがZZで勝手に出て行ったと報告が入る。
シャングリラに行った敵がいるので、地元民のジュドーとしては放っておけないのだ。

というわけで、この面終了後のインターミッションではZZの改造ができない
資金は大事に残し、次の面へ急ごう。

|

« 第三次SRW 第15話 追撃戦 | トップページ | 第三次SRW 第17話 シャングリラ »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/68980287

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第16話 サイド1の激闘:

« 第三次SRW 第15話 追撃戦 | トップページ | 第三次SRW 第17話 シャングリラ »