« 第三次SRW 第8話 超電磁ロボ コン・バトラーV | トップページ | 第三次SRW 第10話 勇者ライディーン »

2016年12月13日 (火)

第三次SRW 第9話 紅の翼

9_1   9_2 9_3_2 9_5_2 新ユニットが入るのではなく、マジンガーZが強化される面
マジンガー単機で戦う場面が出てくるので、回復アイテムを装備して出撃だ。
アフロダイAにもリペアキットを持たせておきたい。

もちろん他のユニットにも出番はあるので、強化を忘れてはいけない。
忘れてはならないのが、加入したばかりのコン・バトラーV。
HPと装甲とEN、超電磁ヨーヨーも2段階ずつ改造する。

光子力研究所へ立ち寄る事にしたロンド=ベル。
甲児とさやかは他メンバーより一足先に向かう事にした。

研究所へ着くと、弓教授が二人へ渡す物があると告げる。
だが贈り物を受け取るより先に、ブロッケン伯爵が襲撃をかけてきた

ブロッケン「なんだと!? なぜここにマジンガーZが? まあいい、光子力研究所もろとも、叩き潰すまでのこと!!」

留守を狙ってきたつもりだった様子。
ずいぶん長いこと留守だったはずなのに、なぜわざわざこのタイミングで鉢合わせするのか。
多分、現地の事を何も調べずに来ているのだろう。
70年代はそういう事が許される時代だったのかもしれん。

というわけでタイトルでバレバレの贈り物・ジェットスクランダーを貰えるのはステージ終了後だ。
ステージ中にデモつきでスクランダークロスするのは第四次からの話である。

9_26 9_6 9_7 9_8 マップは南北に広いが、戦うのは南側だけだ。

1PP:マジンガーとアフロダイは南西に向かう。
味方増援がそこに出るからだ。
初期配置の敵ぐらいならマジンガーが回復アイテムと精神コマンドを使うだけでなんとかできなくも無いが、危ない橋を渡るメリットはあまり無い。

1EP:敵は全て最初から動いて来る。
グールは弱くて修理装置つきのアフロダイを狙おうとしてくるので、気を付けて動かさねばならない。

3PP味方増援1・ボスボロット。
第二次において超重要ユニットだった、補給装置もちの登場
だが無改造という事もあり、この面では敵の攻撃範囲に踏み込むと集中攻撃で粉砕されてしまう。
仕方が無いので、光子力研究所の上めざして逃がしておこう。

この辺から交戦せざるを得なくなる。
マジンガーは森の中へ踏みとどまり、機械獣達を迎え撃つ用意。
アフロダイはさやかに【閃き】を使わせ、南西へ逃げ続ける。

3EP:闘えマジンガーZ。
閃けアフロダイA。

4PP:西の森や山地へ駆け込み、そこへ立て篭もる。
この場は生き残る事を優先。
アフロダイは毎ターンの【閃き】を忘れてはいけない。

9_9 9_10 9_11 9_12 5PP味方増援2・ロンド=ベル隊。
マジンガーの周囲へ駆けつけ、弱った敵から撃破していくのだ。
マジンガーZはゲッターロボとともに、グールのHPを削っておく

5EP敵増援1・あしゅら男爵と機械獣・メカザウルス
ダイナミック系の敵は一まとめにされてるっぽい感じだ。

タイミングと位置的に、モビルスーツが狙われるのは避けられない。
まだHPには余裕のある時期なので、強気にいく。
ブロッケンに狙われたクリス機が1300ダメージを食らい、400ダメージをお返しする酷い場面も。
だがこれで減ったグールのHPが、ゲッターロボの必殺圏内に入った。
やったぜクリス。

6PP:マジンガーやコンV、アムロやカミーユやその他で、適当に倒せる相手を倒す。
ただしタフな敵も多いので、下手に攻撃するなら地形効果の高い場所へ駆け込むのを優先すべき。
特にザコのクセにHPが5500ある、メカザウルス・ゼン2
こいつは最大射程が3しかないので、壁をやるモビルスーツを適当に宛てがったら、4~5マスの位置に他の機体を並べるのだ。
次のターンに一斉砲火を浴びせれば、まぁなんとかなるだろう。

9_13 9_14 9_16 9_18 ゲッターはブロッケンのグールを狙う。
【熱血】【幸運】【努力】ゲッタービームがブロッケンのグールを撃破。
獲得資金45000。
これだよ。こういうのを待っていたんだよ。
シケたガトーの部隊とは大違いだ。

あしゅら「ブロッケン伯爵め、大きな口をたたいておきながら、このザマか!」

ブロッケンが撃墜されると、あしゅら男爵が彼をなじる。
まぁアフロダイやクリスのNT-1しか狙ってなかったもんな。
だがそんなあしゅらも、すぐに同僚の後を追う事になる。

7PP:ここらでコンVの気力が溜まる。
【気合】→【熱血】【幸運】超電磁スピンを、あしゅらのグールへ叩き込め!
一撃必殺。
あしゅら男爵のグールも45000の資金となり果てた。

この面だけで10万の収入。
これだよ。こういうのでいいんだよ。

後は名無しの機械獣・メカザウルスばかり。

HPがヤケクソに多いゼン2も、マジンガーやゲッターが攻撃すれば毎ターン1体ずつ潰していける。
アムロやカミーユは【熱血】を使って戦う。
回避力の低い敵ばかりなので、アーガマの砲撃もバコバコ当たる。
コウもたまに頑張る

僅かに敵が残ってしまったが、もうここらで趨勢は決まった。

8PP:残敵を掃討。
ステージクリア。

9_19_2 9_21 9_22 9_23 クリア後、弓教授にギャラを要求する甲児。
働いて報酬を得るのは正当な権利だ。
よってマジンガーにスクランダーが装備され、以後、空を飛べるようになる。

この時「新しいジェットスクランダーを用意してある」と教授が言う。
という事は、第三次のスクランダーは第二次の物とは別物という事か。
そこまで酷使されていたとは思わないのだが……。

ついでにアフロダイAもダイアナンAに強化。
HPと装甲、移動力までアップだ。

さて、資金は沢山手に入ったが、金は節約しておきたいところ。
次の面で新ユニット・ライディーンが手に入るからだ。
その存在は、弓教授も知るところであったらしい。

そして当然、ボスとボスボロットも加入。
補給機が入り、部隊も充実……と思いきや、ブライトは次に宇宙へ出るまでの間しか同行を許可しないときた。

ば、バカな……第二次での彼の活躍を忘れたのか……。
無能にも程があるだろう……。

まぁ原作SFC版のボロットには補給装置が無かったので、戦力的な価値はゼロ。
記憶容量ももったいないのでスポット参戦に甘んじていたという、その名残なのだが。

リメイク版なら気にせず同行させても良かったと思うがな……。
3級量産型モビルスーツよりは遥かに役立つのは間違いないのだし。

資金は13万以上。
悪く無い額だ。
次はムートロン研究所である。

|

« 第三次SRW 第8話 超電磁ロボ コン・バトラーV | トップページ | 第三次SRW 第10話 勇者ライディーン »

第3次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/68805192

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次SRW 第9話 紅の翼:

« 第三次SRW 第8話 超電磁ロボ コン・バトラーV | トップページ | 第三次SRW 第10話 勇者ライディーン »