« 決闘 | トップページ | ブラッドソードリプレイ4-1 リアル発掘成功 »

2016年9月 1日 (木)

次作予告

次回作の予告が幻想迷宮書店に出ましたので、ここでも告知させていただきます。

作品タイトルは「バリアントナイト―魔眼の騎士―」でございます。

ようやくタイトルを発表できる所まで来たか……。
この作品の一番の目玉は、編集者が発売を諦めなかった事以外に無いな。
正直、出ると思わなかった。
まぁここまで来たら発売はするだろう。明日自分が車にはねられようがトラックにはねられようがニンジャに首をはねられようが、とりあえず出す事はできる所までは来ている。

一応ヒロイックファンタジーなので、モンスターも出るし戦闘もある。
戦闘はサイコロを2個ふっていろいろ足したり比較したりする昔ながらのやり方なので、まぁそのつもりでよろしくお願いする。

自分が好きなもんでね。
TRPGなんかで、サイコロふって戦闘するのがな。

ただパラグラフジャンプは使わない事にした。
あれも大好きなんだが、電子書籍とは正直相性が悪い。
それでも1~2箇所は使おうか……と思わなくもなかったが、現時点で編集者へ送っている原稿には本当に一つも無い。
このまま行けば全くの皆無だな。何一つ隠された物の無いノーガード戦法である。
そういう意味でも、自分にとって初めての試みである。
戦闘を全勝ちにすれば絶対に最後まで行けるぞ。やったな。キャラクターシートの存在は忘れていいぞ。

ともかく、80~90年代のファンタジーゲーム全盛期を生きた人間として、剣と魔法のファンタジー世界を舞台にした作品を作れた事は嬉しい話だ。
編集者も「正統派ファンタジー・ゲームブック」と予告文に書いている。

まぁどういう定義で「正統派」なのかは、自分にも全くわからないのだが……。
主人公はダンジョンをうろつく冒険者では無いので、ウィザードリィ的な意味での正統派では無い事は確かだ。
WIZは小説がドカドカ復刊されたんで、十分足りているとも言えるしな。

もう少し制作が進んだら、また何かしら事前情報を出そうと思います。
よろしくお願い申し上げる。

|

« 決闘 | トップページ | ブラッドソードリプレイ4-1 リアル発掘成功 »

バリアントナイト」カテゴリの記事

コメント

ついに来たか…!おめでとうございます。

投稿: たろう | 2016年9月 2日 (金) 11時39分

ありがとうございます。
少しでも品質を上げるべく、最後まで手を尽くそうと思います。

投稿: 松友健 | 2016年9月 2日 (金) 20時06分

初めまして、striderと申します。
長年のゲームブックファンです(おっさんですという意味です。申し訳ない)
魔人竜生誕、夢幻の双刃 とても面白かったので 
次回作出ないかな?このまま時代の闇に沈むのは惜しいな~と思っていたところ
嬉しいニュースです 
松友さんの書くファンタジー 早く読んでみたいですね
楽しみにしていますので、頑張ってください。

投稿: strider | 2016年9月 9日 (金) 12時14分

初めまして、松友健です。
私の作品を楽しんでいただけたなら嬉しい限り。
次作も完成まで頑張りたい所です。

とりあえず編集者は物凄く頑張ってくれました。スゴイ。

投稿: 松友健 | 2016年9月 9日 (金) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/67292971

この記事へのトラックバック一覧です: 次作予告:

« 決闘 | トップページ | ブラッドソードリプレイ4-1 リアル発掘成功 »