« 第二次SRW 第23話 逆襲のシロッコ | トップページ | 第二次SRW 第25話 ラストバタリオン再び »

2016年5月14日 (土)

第二次SRW 第24話 ギルギルガンの亡霊

24_4 24_1 24_5 24_7 シロッコのジ・Oが思ったより安物だったので、機体の強化改造は特にしない。
この面で新ユニットが手に入るので、ここは一つ貯金だ。
また、プルをZガンダムに乗せ替える
ジュドーはZZガンダムへ戻し、カミーユはキュベレイmk2へ。

戦艦と別れて南米へ向かうWB隊。
戦艦が無い時に改造や装備変更をどうやっているのか、ちと疑問ではある。
パナマ運河に着いた所で、敵の迎撃部隊が登場。
毎度おなじみ、またハマーンである。
後半は延々とハマーンを爆破するゲームの旧第二次であるが、ハマーンも今回は気を利かせてきた。

ハマーン「さあ、そろそろ貴様らも年貢の納めどきだ。我らの最終兵器ギルギルガンの力を見せてくれる!」
ハマーン「かつて、この星を恐怖で塗り潰したギルギルガン……さぞ、戦いがいがあるだろう?」

ガンダムのキャラクターがダイナミックプロ映画のモンスターを連れてくるごちゃまぜ感も遠くなって久しい。
第四次ぐらいから、似たような人達同士で固まる事が多くなったからな……。
こうして強いペットを持ち出して得意げなハマーンとの戦いが始まるのだ。

24_2 24_9 24_10 24_13 この面は最初の動きが重要だ。
強力なボスが強力な手下とともに、東西に分かれてこちらを挟んでいるからだ。
だが初期配置が強力なぶん、敵増援は無い。
よって先ずは東西どちらと戦うかを考え、そちらへ全力を投入する。

今回は先に東側と戦う事にした。
こちらはハマーンの部隊である。
ただし東といっても、川を渡って南東へ進んではいけない。
敵部隊に配置されたゲーマルクのファンネル射程に踏み込んでしまうからだ。
よって目指すは北東より、川(おそらくパナマ運河)の北岸である。

敵部隊にはハイゴッグもいて、水中から攻撃してくる。
鬱陶しいので、これはゲッターポセイドンの大雪山おろしで一撃必殺。
移動中にギラドーガが移動後射撃で狙ってもくるが、まぁそれほどの脅威では無い。
ともかく、ゲーマルクのファンネルに注意だ。

24_14 24_15 24_17 24_16_2 注意が疎かだと、無駄にダメージを受けてしまうからな。
1マス数え間違えていきなり痛打を受けるνガンダム
切り払えよアムロ。

ハプニングはあったが、予定通りの位置に布陣した。
西から来るギラドーガを優先して攻撃。
射程外からの狙撃とスーパーロボットの接近戦で撃破だ。

川の南岸にいるバウは、川を挟んで撃ち合って倒す。
これに接近戦を挑むと、森の中から撃たれまくって面白く無い事になる。
例によってビーム兵器なので、バリアを利用すれば一蹴できる。

2EP、南にいるゲーマルクも動き出す。
向かって来る敵を倒してから、南の森内の敵に取り掛かるのだ。

24_19 24_20 24_22 24_23 森内のバウやゲーマルクを、ファンネルで狙撃。
ゲーマルクの射程内には入らないよう注意。
する事が無い機体もでてくるが、焦って突っ込んでも良い事は無い。
西からブラッガーがノコノコ近づいてくるので、それを迎え撃つ位置取りでもしておく。

ゲーマルクが森の外に出たら、時が来たという事だ。
南に渡河し、敵へ攻め込む。
もちろん先陣を切るのはサイバスター
弱ったゲーマルクへ、スーパーロボットがENを消費してでも強力な武器で畳みかける。
このゲーマルクを叩き潰したら、狙撃とMAP兵器で弱らせたバウやドーベンウルフを倒しに動くのだ。
まぁ1ターンは移動だけで終わってしまうが。
どうせ相手は弱っているので、焦る必要は無い。

24_25 24_26 24_28  24_30 敵のビームをIフィールドで弾くνガンダム。
ドーベンウルフのメガランチャーはバリアを破る威力なので、反撃するかどうかは残りHPと相談。
安全に行くなら防御に徹しよう。

と余裕をかましていたら、西から来たブラッガーにボスボロットが殴られた。
位置取りが悪かったか……この面はミスが多いな。
まぁボスボロットの損傷はボスの【根性】で修復するので無問題。
旧第二次のボスは良いサポート用精神コマンドを覚えないので、精神ポイントは全て【根性】か【ド根性】へ費やす事ができる。

ブラッガーはゲッターライガーとF91で撃破。
バウやドーベンウルフはファンネルやハイファミリアで粉砕。
νガンダムは次のドーベンウルフを射程に捉えるべく移動。

ここらでZガンダムを変形させ、プルを東端の建物へ移動させる
ここにプルが入ると、隠しイベントが発生するからだ。
要するに新ユニットなのだが、これの強さは残り2面の難易度を激変させるので、何があっても入手せねばならない。
どこまでもプルが優遇されるゲームだ……当時の開発室にプルのフィギュアが飾ってあっても、自分は何も驚かない。

24_31 24_33  24_34 24_35 ハマーンのすぐ北側にいるドーベンウルフを、射程外から攻撃。
動かないのでこのまま一方的に倒す。

……と思いきや、途中で森から出てくるドーベンウルフ
決まったターン数になると動くタイプだったか。
まぁハマーンの射程外へ出てきてもらった方が都合が良いのは確か。
グレートマジンガーで撃破しておく。

ここで甲児のレベルが25にアップ
【加速】を覚えるのだが、おそらくこれが最後に習得するコマンドとなるだろう。
次はレベル30で【熱血】を覚えるのだが、【努力】無しではそこに到達し辛いのである。
まぁ修理・補給機に乗り換えてひたすら経験値だけ稼げばやれない事は無いが、今回のプレイではそれをしない事にしている。

なお修理・補給機を利用した経験値稼ぎ自体は可能だが、この作品の補給装置には弾数がある。
よって面倒で時間のかかる作業がさらに増す。
レベル99甲児のグレートマジンガーが魔神にして鬼神となる事は容易に想像できるのだが、下手すりゃ2週目クリアできかねないであろう事もまた容易に想像できる。

24_36 24_38 24_40 24_42想像の話はいい。
今は眼前の敵と戦わねば。
とはいえ、この段階では敵は片手の指で数えられるほどしか残っていないが。

ハマーンが森の中へ引き籠っているので、フィンファンネルで狙撃
硬くて回避力のある敵が有利な地形効果を利用するのに、わざわざ付き合う必要は無いのだ。
フィンファンネルの命中補正+50%があれば、森中のキュベレイといえど逃れる事はできない。たらふく撃ち込んでやろう。

……と思っていたら、すぐに森から出てきた。
気の短い女だ。
どうせビームサーベルの威力ならたかが知れているだろうと、あえて反撃を試みる。
実際、受けたダメージは3桁どまり。
だがこちらのファンネルは切り払われてダメージ無し
気の利かない女だ。

仕方ないので、いつも通りダイナミック系ロボットが飢えた犬のように群がる。
グレートマジンガーとグレンダイザーは【必中】をかけて攻撃。
この2機が精神コマンドを使うほどの敵は、この面ではハマーンぐらいで済むので。
そしてとどめは恒例のシャインスパーク。

……と言いたいところだが、気力が130に達していない。
そこでここでは【熱血】【幸運】【必中】をかけた大雪山おろしで代用する。

24_43 24_44 24_45 24_47 まぁ大雪山おろしの初期攻撃力は1780あるからな。
これはフル改造したフィンファンネルを上回る値だ。
【熱血】でダメージを倍化させれば、キュベレイのHPの半分以上を奪う事が可能である。

よってハマーン撃破。
またもや捨てゼリフを吐いて逃走。
しかもこの面のハマーン、なんとアイテムとして【ハロ】をドロップしていく
今までの屈辱を、操縦席でハロを膝の上に乗せて抱えて癒していたらしい。
部下に見られたら首つり物だ。
通信用モニターのスイッチを切り忘れていなかったかどうか、他人事ながら少々気になる。
まぁそんな事故を食い止めるためにも、ハロをWB隊が取り上げておくべきであろう。

この作品の【ハロ】は運動性強化系最強のパーツ
作中、ここでしか手に入らない貴重品だ。

ハマーンを撃破すると、東側は無人になる。
西側からバウとゲーマルクが迫っているので、矛先を変えてこれを迎え撃とう。
カミーユがレベルアップ、最後の精神コマンド【覚醒】を習得した。
行動回数を1回増やす強力なコマンドではあるが、消費値60が重くて、精神ポイント最大値が低いまま終わる今作では使い辛いのが残念。

24_5624_57 24_48 24_53 いよいよ残るはギルギルガンのみ。
HPはキュベレイの1.5倍近く、そう簡単には倒せない相手だ。
武器もなかなか強力で、命中補正がかなり高いせいで【閃き】を使わないとまず回避できない。

だが、空を飛んでいて地形効果を利用しない
相手のいる場所を気にしなくていいのは楽な話だ。
最大射程も7なので、2機のファンネル持ちユニットなら射程外から撃ち抜ける。
さらにパイロットが人工知能改なので、他ユニットが倒されても気力が増減しない
よってここまでの戦いで気力の上がっている自軍が押し気味に交戦できるのだ。

ファンネルで狙撃しながら間合いを詰める。
敵の射程内に踏み込んだら、極力地形効果を活かして被ダメージを抑える。
また、ゲッターロボは地中に潜らせて温存しておく。

【熱血】も併用したファンネルが何度も炸裂すれば、17000のHPも意外と早く底が見える。
トドメは【幸運】【努力】を使ってプルがぷるぷる。

24_58 24_61 24_62 24_64 ついにギルギルガン撃破。
くれる資金は48000となかなかの物だ。
落すアイテムも【メガブースター】であり、かなり有用。
強さとの比率で考えると、お得なボスユニットだったと言えよう。

が、旧シリーズ恒例、メカギルギルガンとして復活
本来はこれがシリーズ初なので、アムロもびっくり。
ニュータイプでも見抜けまいって所か……まぁ意思とか思考とかのある敵じゃなさそうだしな。

装甲とHPがアップした上に、HP回復能力まで得たギルギルガン。
ゲッターを温存したのはこのためだ。27000のHPが毎ターン2700回復するので、大威力の攻撃で迅速に葬る必要がある。
武器性能も当然アップ。
最強武器・メガグラビトンウェーブの命中補正+90がなかなか愉快。
まぁボスキャラの攻撃がほいほい避けられるわけねーだろっていうのは当然の事か。

24_6624_67 24_71 24_72 大HPに回復能力とくれば、1ターンで撃破するのが最適解。
しかしこの作品の味方攻撃力ではなかなか難しい話。
よって2ターンで撃破する事を狙う

長引けばそれだけ敵の攻撃も受けるのだが、相手の気力はリセットされているので、意外と被ダメージは低い。
周囲が山地で地形効果も高いので、実はキュベレイのファンネルからよりも受けるダメージは下なのだ。

そしてゲッターロボGはシャインスパークを叩き込んでおく。
この時、敵への与ダメージを確認しておくこと。
まぁ6000点ぐらいには達するだろう。

EPの敵攻撃は、付近の適当なモビルスーツが狙われてくれる。
防御しておけば無問題。

最後のターン、グレートマジンガー・グレンダイザー→ファンネルの順で攻撃を乱れ撃ち。
敵HPが熱血シャインスパークでの撃破圏に入ったらシャインスパーク。
同時に【手加減】もかけておく

なにせ敵パイロットは人工知能改。
【手加減】の成否は技量値で決まる。
ここまでレベルを上げてきた竜馬の技量値は人工知能改のそれを上回るため、この攻撃でメカギルギルガンのHPを10にする事が可能だ

なぜ【手加減】するかというと、ゲッターGにもプルにも【幸運】を使う精神ポイントが残っていないからである。
よって三人目の【幸運】使いでトドメをさすのだ。

テキサスマックがゴットゥーヘール
メカギルギルガン撃破。

落す資金は54000
基本形態と合わせて、なんと102000の儲けである。
かつてこの星を恐怖で塗り潰したという話は、金目当ての乱獲で醜い紛争が各地で勃発でもしたという事ではなかろうか。
もしかしたらシロッコが歪んで嫌な奴になったのも、飼っていたギルギルガンが乱獲で失われた幼少体験があったとかいう理由かもしれん。

幼シロッコ「ぼ、ボクのギルギルガンを殺すなんて~! これでは人に品性を求めるのは絶望的だ……。資本主義の豚どもは粛清される運命なのだ!」

だが入手できるミノフスキークラフトはまたも貴重なアイテム。
金になりそうな貴重品をドロップするのでは仕方がないとも言える。
飯を食わねば人は死ぬのだ。

24_74 24_75 24_80 24_77 金目の物を漁っていると、ブライトが追いついて合流した。
ヘンケン部隊との共闘により、敵部隊を叩いてきたらしい。
それもシロッコの反乱でDCが混乱したからだと言う話。
しょうが無いので、WB隊の面々は廊下で悪口を言うのはやめてやる事にした。

そこへプルが建物から見つけたモビルスーツを持ち帰ってくる。
本来の持ち主が誰か知らんが、ここはDCの勢力圏下らしいので、どうせハマーンあたりだろう。
ならば無断で使っても怒られる事はあるまい。

という事でクインマンサ入手。
リメイク版旧第三次の中ボス級データをそのまま使われているので、味方が使うには破格にして異常な性能。
耐久性が自軍最強で、初期攻撃力1400のファンネルを20発撃てるという、何かが狂った能力を有する。
残り2面、存分に使うとしよう。
おかげでZガンダムはここでお役御免となる。

またハマーンから取り上げたハロはグレートマジンガーに装備させる
これで移動力と命中率を底上げできた。
もう一つの装備アイテムをバイオニックコンデンサーにする事でEN値もアップ。
これによりサンダーブレイクを無補給で4発撃てるようになる。

いよいよ最後の戦いに相応しい戦力になってきた。
しかしまぁ、コンプリートボックスでのうんざりするほどの苦戦は何だったのかという思いはあるな。
入手資金50%アップがいかに世界を変えるのか、という事であろう。

|

« 第二次SRW 第23話 逆襲のシロッコ | トップページ | 第二次SRW 第25話 ラストバタリオン再び »

第2次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
いつも楽しませてもらってます。
あと2面ってのが、物語を追うなかで早く見たいような、でも連載にケリがついてしまうのが悲しいような……(*_*)
ぜひともスパロボ系の連載続けて下さいね!

投稿: 28番 | 2016年5月14日 (土) 21時18分

クインマンサ懐かしい!カミーユ乗せてた記憶がありますが今思うとプルの方が原作のイメージに近くてよかったかも?

投稿: 野良猫 | 2016年5月14日 (土) 21時41分

28番 殿
お褒めにあずかり恐悦至極。
しかし続けるにしても、はて、何をした物やら。
まぁおいおい考えるとしましょう。

野良猫  殿
ゲーム的な話をすれば、誰を乗せても大差無いユニットですな。
なにせ旧第二次のモビルスーツ乗りは、ファ以外全員が一級のニュータイプですので。
まぁZガンダムを使わなくなるでしょうし、カミーユが乗り換える事が多そうではあります。

投稿: 松友健 | 2016年5月15日 (日) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/65444394

この記事へのトラックバック一覧です: 第二次SRW 第24話 ギルギルガンの亡霊:

« 第二次SRW 第23話 逆襲のシロッコ | トップページ | 第二次SRW 第25話 ラストバタリオン再び »