« 第二次SRW 第17話 ソーラレイ発動 | トップページ | 第二次SRW 第19話 月面の死闘 »

2016年4月29日 (金)

第二次SRW 第18話 潜入!コンペイトー

  18_30 18_1 18_2 一仕事終わり、コンペイトーに帰還したWB隊。
だが敵がコンペイトーに潜入するので、それを迎え撃つという話。
よって基地内の戦いであり、地上MAP扱いである。
基地内なので戦艦は使用不可能。

まぁそれは今まで通りなので別にいい。
だが整備中なのでZZガンダムも出撃不可能
ついでに同様の理由でグレンダイザーも出撃不可能
まだサイバスターも帰還していないので、当然出撃不可能

特撮大戦じゃあるまいし、出撃ユニットを絞って難易度を調整するのはいかがなものか。
まぁ原作FC版には、何かそうせねば仕方の無い事情でもあったのかしれん。
そんな理不尽な状況の強い味方が、前面で仲間になったエルピー=プル
能力値は主役級ニュータイプに一歩劣るものの高い水準にあり、技能レベルも同様に優秀。
そして精神コマンドに【幸運】【努力】があり、入手資金も経験値も倍化させる事が可能だ。

自軍で入手資金UPの【幸運】を使える他のユニットは、ゲッターロボ・テキサスマック・戦艦の3機。
戦闘力にも優れるのはゲッターロボだけで、他の2機は資金を多くもっている強敵相手には厳しい戦いになる。
そこへ加入したプルは【幸運】を持ちながらも戦闘力も高いので、戦闘力オンリーの主役級ニュータイプ達より重宝するのだ。
プルが出演するスパロボではだいたいこの傾向があり、他者の獲得資金を倍化する精神コマンド【祝福】が実装されるまでは、毎回ニュータイプのキャラ中五指に入る有用性を持っていた。
よって強くても戦闘しか脳が無いカミーユ・クワトロ・シーブックあたりがプルに一軍席を蹴りだされるのは、そう珍しい光景でも無かった。
優遇である。そんなにプルが好きか、そうか。制作スタッフには「エルピー計画」を初版で購入した方がおられたのだろう。

だがこの作品のプルは、ダメージUPコマンドの【熱血】をクリアレベル程度では習得しないという特徴もある。
よって瞬間火力では主役級ニュータイプ達には劣る事になる。完全に一人勝ちした性能を有するわけではないのだ。
制作スタッフだってちゃんとゲームバランスを考えているという事である(「エルピー計画」を抱えながら)。

18_3 18_31 18_4 18_6 そんなわけでプルが強制出撃
まぁ彼女が出撃して困る奴もいないし。

またなぜかボスボロットも強制出撃
まぁ補給機が出撃しないと困るし。
宇宙空間に出られないから、レベルが遅れ気味になってるし。
ボスのレベルが上がる意味はほとんど無いんだけど。

先ずはゲッターGが【気合】を使用。開幕に一発入れるのはもはや恒例行事だ。
後に進軍。敵は東西に分かれているので、こちらも部隊を2つに分ける
東へはキュベレイmk2、F91、ゲッターロボG、テキサスマック、ダイアナンAを向かわせる。
西にはνガンダム、Zガンダム、グレートマジンガー、ボスボロット、メタスが向かう。

敵はハンブラビが先頭を切るが、こいつらはゲッターGやグレートマジンガーを移動先に置いて迎撃。
反撃でマジンガーブレードやチェーンアタックを叩き込んで弱らせ、次PPでとどめを刺す。

18_8 18_11 18_9 18_10 敵と接触した後は、いつもの通り、バリア持ちを敵の射程内に放り込んで反撃を繰り返す

ただしこの面から、その担当を変える事にした。
対ビームコーティングは新加入したキュベレイmk2に取りつけるのだ。
ビームガンを攻撃力1000まで、ファンネルも5段階を目標に改造・強化する。
その上でF91のHPと装甲を改造、どちらもキュベレイmk2より高くする。
Zガンダムにはハイブリッドアーマーを装備させてHPと装甲を改造、νガンダムよりは頑丈にする。

これにより、敵の攻撃優先順位は νガンダム>Zガンダム>キュベレイmk2>F91>その他……になる筈だ。
後は位置取りに気を付け、νガンダムとキュベレイmk2が囮と反撃を務める。

敵のビームを跳ね返しながら、相手のHPに応じてビームとファンネルを使い分ける。
弾数合計20発、Zガンダムとは比較にならない継戦能力・燃費の良さだ。
世界が一変しちまった……!

ただ敵に混ざっているブラッガーS1は、武器が非ビームで攻撃力も高いので注意だ。
アムロが上手く回避してくれる事を祈りつつ、行動は【防御】を選ぶ。
コイツはグレートマジンガーがサンダーブレイクをブチ込んで弱らせ、他のユニットでトドメを刺した方がいいだろう。
幸い、甲児は【閃き】が使える。無傷での撃破も運次第で可能だ。

18_13 18_12 18_14 3PPあたりで、ドーベンウルフが通路まで来て攻撃してくる。
このユニットは移動後に有射程の武器を撃ってくるのだが、幸い、それはビーム兵器。
バリア持ちの囮がいれば、逆に格好の反撃の的である。

この面も敵の資金がショボく、ドーベンウルフが一番マシな金を落す。
【幸運】をかけて落せば12000の資金をくれるので、これで自分を慰めるのだ。
一応、増援と合わせれば2機出てくるので、多少の小銭にはなる。

だからDCはサイコガンダムを量産して投入しろ

なお、移動後武器は隙だらけなドーベンウルフだが、バリアをブチ破る威力のメガランチャーや非ビーム兵器のインコムなどを持っており、足を止めてまともに撃ちあえば強敵である。
射程外の攻撃や移動後への反撃などを使って弱らせたら、こちらに接近し次第、最優先で倒してしまった方がいい。

18_15 18_16 18_18 18_19 東側にはグレミーの乗るバウがいる。
「機動戦士ガンダムZZ」の中ボスだった彼だが、スパロボではいつも微妙な強さである。
まぁグレミーに鬼のような強さが欲しいか、というとNOではあるが。
原作のグレミーは、一目惚れした女の尻を延々追いかけまわしたり、洗脳で妹を二人も作ろうとしたりと、正直な表現が憚られる奴だった事を思い出す。
彼といいマシュマーといい、どうしてガンダムZZは美形キャラをイロモノにしたがるのか。

そんな彼のバウが弱いわけではないのだが、武器はどうせビームだ
ドーベンウルフを片づけるまで、放置して反撃だけを叩き込んでいればいい。
かつて洗脳して妹にしていたプルのファンネルがぷるぷると火を吹き、HPを順調に削られるグレミー。
余裕をもった進軍をしていても、5PPには弱った彼に集中砲火を浴びせて撃墜できる。
資金はショボいので、レベルを上げたかったシーブックで撃破。

5EPに敵増援1:ラカン=ダカラン率いる部隊が来るが、増援出現前にグレミーを撃墜していると、ラカンの呆れたセリフが出る。

18_21 18_22 18_23 18_24 増援部隊にも特に強敵がいるわけではないので、間合いを測りながら進めば苦戦はしない。
いきなり移動してくるドライセンのトライブレードをνガンダムが受けてしまうが、防御さえしていればPPに修理できる程度のダメージだ。
そのうえアムロがニュータイプの意地で91%の命中率を避けたので、被弾は一発で済んだ。

部隊を合流させたら、囮・反撃はνガンダムに務めてもらい、キュベレイmk2は敵の射程外から狙撃する役目にする。
ドーベンウルフもザク3も最大射程は
キュベレイmk2のファンネルはニュータイプによる補正もあってに達するので、敵増援部隊に一方的な攻撃を加える事ができる。
ラカンのドーベンウルフにも【幸運】【努力】をかけて撃墜。

主力を3機も封印されるロクでも無い面だったが、敵はショボいし新加入のプルとキュベレイが強いしで、難易度は低かった
まぁプルがぷるぷるする面だと考えればいいだろう。

18_25 18_26 18_29 一仕事終わった後、ヘンケンが顔を出す。
WB隊の働きにより地球の戦いも一段落したので、応援に来たらしい。

彼といっしょにマサキも合流。次面からは再びサイバスターのサイフラッシュが火を吹く。
ZZガンダムとグレンダイザーも復帰するので、再びフルメンバーで戦う事ができるのだ。

また、この面でバイオニックコンデンサーを拾う事ができる。
これはENの最大値を上げてくれるアイテム。
もちろん、ENを消費する武器で戦うユニットにつけるのだ。
というわけでF91に装備。無補給でヴェスバーを6発撃てるようになったので、今後はほぼ全弾ヴェスバーをぶっぱできるだろう。
キュベレイmk2を囮にしながら。

|

« 第二次SRW 第17話 ソーラレイ発動 | トップページ | 第二次SRW 第19話 月面の死闘 »

第2次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
読み応えがあっておもしろいblogですね。
特撮大戦の記事も休日に一気読みさせてもらいました。
本文の中での的確なツッコミがウケます。
まるで自分もプレイした気分になれました~
今後も楽しみにしてますので、応援させてもらいます(^^)

投稿: 28番 | 2016年5月 2日 (月) 00時30分

お久しぶりです!
グレミ―の完璧発言はプルシリーズを12体以上作って全部動かせてますから、まぁ自信になるのでは。

クインマンサに載らないグレミ―はダメですな(弱いし金にならない)

投稿: ベルゲルミル | 2016年5月 2日 (月) 12時41分

>28番 殿
はじめまして。お褒めに預かり恐悦至極。
特撮大戦は自分がここ10年で一番面白かったゲームですので、まぁ気楽に書きました。
こんな所でよろしければ、今後ともどうぞよろしく。

>ベルゲルミル 殿
お久しぶりです。
そういえばプルシリーズなんて者もいたはずですな。
グレミーのスパロボでの弱さは、ジェリドやギュネイに相当する程度の扱いだと考えれば、なんとなく納得できるような気もしないでもありませんな。

投稿: 松友健 | 2016年5月 2日 (月) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/65212053

この記事へのトラックバック一覧です: 第二次SRW 第18話 潜入!コンペイトー:

« 第二次SRW 第17話 ソーラレイ発動 | トップページ | 第二次SRW 第19話 月面の死闘 »