« 魔人竜生誕(電子書籍版)発売 | トップページ | 第二次SRW 第15話 激闘!ジュピトリス »

2016年4月25日 (月)

第二次SRW 第14話 宇宙へ…

14_1 14_3 14_2 14_4ついに宇宙へ出たWB隊。
ここからしばらく、宇宙マップが続く事になる。

旧シリーズでは友人関係だった甲児とマサキだが、この時点ではまだ仲良くなっておらず、揉め事手前の展開も。
というかこの時代のマサキは少々口が悪い。
素性不明の一癖ある男、というキャラだったのだろう。
後に明かされた展開だと、この時期は第二の故郷・ラングラン国が壊滅させられ、原因の一端を担うシュウを追いかけている最中なので、あまり能天気な態度もとっていられないのだ。

なお、能天気でいられないのはプレイヤー側も同じ。
宇宙マップは地上に比べて不便が多いからだ。
マップのどこにいても地形適応は「宇宙」のみで判定されるので、宇宙適応がB以下のキャラ・ユニットはパワーダウンした状態での戦闘を強いられる。
そもそも宇宙には出撃できない、なんてユニットもある。それが補給機のボスボロットなのが地味に痛い。
戦艦に搭載してのEN回復は、ターン毎に25%。補給装置なら補給機の行動を1回使うが、その場で全回復する。
つまりENの回復に時間がかかるので、ペース配分を考える必要が出て来るのだ。

こうして「宇宙へ…」といいながら、最初から宇宙空間に放り出される宇宙マップが開始される事となる。

14_5_2 14_6 14_7

マップは縦長(宇宙に縦横の概念があるかどうかは知らないが)で、敵はほぼ一方行から波状攻撃を仕掛けてくる。
よって流れは単純なのだが、敵編成がちと厄介。
襲ってくる敵の強さが、並→強→弱と、変な構成になっているのだ。

まずはドライセン部隊が突っ込んできて、トライブレードの雨を降らせてくる。
これは敵の移動距離を調べ、グレンダイザーで反撃する。
グレンダイザーは宇宙適応A(最高)で、耐久性も高い
装甲とHPを2段階も改造しておけば、ヘボ手裏剣3連発でもHPは半分以上残る。
問題は反撃手段だが、初期攻撃力が1000を超えるスクリュークラッシャーパンチが丁度3マス届くので、これを使うのだ。
ただこの武器は命中補正が低いので、モビルスーツ相手にはよく外す。
よってあらかじめ【集中】か【必中】を使う。デュークは両方使えるし、【集中】でも命中率は9割を超えるのだが、今回は【必中】を用いる事にした。

1EP、のこのこ寄ってきたドライセンに強力ブローが炸裂。
2PPにグレンダイザーのダメージを修理機で直せば、さやかやファのレベルも上がってお得。

14_8_2 14_9 14_10 14_11

撤退する敵はいないので、ゲッターGは【気合】を使用。
宇宙では大雪山おろしが使えないので、ゲッターGは普段はライガー形態で戦闘。
被弾して気力を上げるため、毎ターン、HPの多く残っている敵へ駆け寄ってチェーンアタックをブチ込むのだ。

先鋒のドライセン達は2PPで全滅。
1機はサイバスターで撃墜し、マサキの気力を上げる。

Zガンダムはウェイブライダーに変形し、次の相手であるザク3部隊の側へ。
移動力を活かし、コロニーに陣取るのだ。
ドライセンへの攻撃に参加しなかったユニットもそれに続く。

自軍屈指の脆さのユニットが敵の射程内にいるので、当然、攻撃が集中する。
だがザク3の長射程武器はビーム属性。
よってZガンダムにあらかじめ【対ビームコーティング】を装備させておくのだ。
コロニーの地形効果も相まって、攻撃は全部かすり傷。
しかもコロニーにはHP・ENの回復効果もあるので、次PPまで生き残れば実質無傷だ。
もちろん反撃でハイパーメガランチャーを撃ちまくっておく。

3PP、弱ったザク3部隊へサイフラッシュを浴びせれば敵はまとめてボロボロ。
不気味に寄ってきたサイコガンダムmk2も巻き込んでおく。

14_12 14_13 14_14 14_15

ザクのうち1体には、ゲッターライガーが【手加減】をかけたチェーンアタックを叩きこむ。
【手加減】は、敵に撃墜するダメージを与えても、敵の技量がこちらより低ければHPを10残すという精神コマンド。
瀕死になったザクを、テキサスマックで【幸運】を使って撃墜
テキサスマックも宇宙適応がBでパワーダウンしており、元々非力なのでロクなダメージを叩き出せない。
宇宙での資金稼ぎはゲッターGに助けてもらう。

資金7500を入手。
この面の敵は資金に乏しい相手ばかりで、この金額でも2番目に高額なのだ。

一番高額にして、唯一数万単位の金を落としてくれるのがサイコガンダムmk2。
だがこのターンでは撃墜できないので、相手にせず近くのザク3を全滅させる。
Zガンダムに囮を続けてもらえば、サイコガンダムmk2から大きな被害は受けないので無問題。
リフレクタービットはビーム属性では無いのでビームコーティングは無効だが、まぁコロニーの地形効果があるので、防御しておけばダメージは知れてる。

14_16 14_17 14_18 14_19 さらに敵が迫っているので、まだサイコガンダムmk2の相手はできない。
安住のコロニーから飛び出し、過酷な宇宙で囮を続けるZガンダム。

過酷なトライブレードをカミーユの【切り払い】技能で凌いだり、過酷なリフレクタービットに防御で亀となったりと耐える。
まぁ反撃を諦めて防御に徹すれば、撃墜される事は無いだろう。

見事、HPの5割以上・ENの8割以上を消耗しながらも生存。
もちろん予定通りだ。
予定通り、Zガンダムは戦艦に放り込む。しばらく回復させねばならん。

ザクだのドライセンだのには、サイフラッシュで先制攻撃・他ユニットで追撃の黄金パターンで攻撃。
ここでマサキのレベルが上がり【気合】を修得した
今後は敵の撃墜を待たずにサイフラッシュを使う事が可能。

このターンは1機でも敵を減らしたいので、グレンダイザー・グレートマジンガー・F91あたりは最強武器にENを費やして敵を叩く。
5PPには、周囲の敵はサイコガンダムmk2を残して全滅。

14_20 14_21 14_22 いよいよサイコガンダムmk2へ攻撃開始。
敵のHPは12000
これを一気に粉砕するためには【熱血】を用いたシャインスパークが必要だ。
このタイミングでそれを実行するためには、ゲッターGの計画的な気力上昇が必要とされる。
ここまでの敵のかなりの数を、、ゲッターGで倒さねばならないだろう。

よって発想を変え、【熱血】もシャインスパークも使わない事にした。
別に1ターンで倒さないといけない理由は無いのだ。
また、この面はサイコガンダムmk2以外にHPが一万以上ある硬い敵はいない。よってENを多めに消費した所で困る事も無い。

チェーンアタック・スペースサンダー・サンダーブレイク・ヴェスバー辺りを撃ち込めば、1ターンでHPを半分以上減らす事ができる。
つまり2ターンで倒せるという事だ。

もちろんそのぶん反撃も受ける。
だが宇宙適応Aのスーパーロボットなら、ちゃんと装甲を改造しておけば1000前後のダメージで済み、別に深刻な被害は出ない。実はサイコガンダムmk2のパイロット・ロザミィは性格が【普通】であり、味方(こちらの敵)を何機撃墜しても気力が変動しないのだ。
この程度のダメージなら修理機の経験値も稼げてお得だと、前向きに考えよう。
モビルスーツには痛い攻撃力ではあるが、F91にシーブックを乗せておけば、【閃き】を使って敵の反撃を絶対回避にできる。

14_23 14_25 14_26 5EPに敵増援1:ザクレロ軍団
しかし遠く離れた位置に出るので、即座に脅威となる相手ではない。

よってサイコガンダムmk2に攻撃を続け、6PPに撃墜する。
前PP同様に攻撃を叩きこめば、サイコガンダムmk2の撃墜は確定事項。
最後は【幸運】を使ったゲッターライガーで撃墜。
75000の資金と強化パーツ・メガブースターを入手
どちらもかなり役立つので、有り難く使わせてもらおう。

実はこの面のロザミィ、カミーユで説得できるようだ。
だがその場合でも、味方になるのはこの面限定の事らしい。
そんな難味の薄い加勢をされても仕方が無いので、お金を貰っておく事にした。
よりカミーユの役に立ててこそ、自称だけ妹のロザミィも喜ぶというもの。
どの程度喜ぶのかは撃墜しちまったんでわかりようも無いが、まぁそれで誰が困るというわけでもない。

14_24_2 14_32 14_27 14_29 この面で最強の敵・ロザミィのサイコガンダムmk2を撃墜すれば、いよいよ大詰め。
ハンブラビとザクレロの連合部隊を迎え撃つ。

ハンブラビにはヤザンとその部下が乗っており、全機がネームド敵
HPは5000も無いが、3機いるので総合値は高い。

だがこのハンブラビ、武器はビームガンしか無いのだ。
その最大射程は4。
移動後には使えない
ビーム属性なので、ビーム用バリアが有効とくる。

さらに凄いのは、増援のザクレロも驚愕の低性能だという事だ。
なにせ最大射程は
攻撃力が高い拡散ビーム砲を使ってくるのだが、高いといってもザクレロの所持武器内の話で、この面では最弱クラス。
そのうえビーム属性なので、ビーム用バリアが有効である。

ハンブラビの射程内にνガンダムを置き、ZZガンダムを前面にだし、戦艦も隣に置く。
EPにはビームの嵐が降り注ぎ、Iフィールドやビームコートの表面であっさり弾かれる
クリティカルを警戒して防御を選択していれば、事故の可能性は全くのゼロ。
安全と安心はとても大切だ。

14_33 14_35 14_36 14_37 誘導も足止めも容易いので、7PPに自軍主催のMAP兵器大会を開催
ZZガンダム・戦艦・サイバスターをフル稼働させれば、3連発を叩きこむ事ができる。
マサキは【閃き】を使えるので、1発だけなら自軍MAP兵器を範囲内でいなす事も可能だ。

ザクレロのHPは1500しかなく、3連発どころか1発目も耐えられない。
誰に経験値を与えるかを考えてぶっぱしよう。
というか、何のためにあるんだ、この機体は。

まぁザクレロが強大な脅威のスーパーロボット大戦がやりたいかというと、もちろん否定するのだが……。

死にかけのヤザン機ハンブラビを、前PPで戦艦から再出撃していたZガンダムで狙撃。
反撃と削りばかりで、あまり経験値を稼げていなかったカミーユをレベルアップさせておく。
部下の二人も適当に始末し、敵全滅。

14_38 14_39 敵がいなくなったので、WB隊はソロモン基地を制圧した。
そもそもこの面、月へ行くための足場としてソロモンに立ち寄ったのが発端なので。
しかし名前が気に入らないという話になったので、新しい名前をつける事にした。

命名:コンペイトー

これはガンダム世界で行われた改名らしい。
そもそもソロモン基地自体が、小惑星ごとガンダム世界の存在なのだ。
ファが名づけたというのは、多分この世界での話であろうが。

しかしファの国籍が謎になっておるな。原作からして、名前は中華系のようだがコロニーに住んでいるようでもあった。それが日本の御菓子の名前を持ち出して、敵基地の占拠も大好きという変なキャラ付までされるとは。
土地転がしで食ってるコロニー在住の中国人一家の、和菓子好きな娘さん……とかいう斬新な設定にでもしたのか。
どんな層を狙ったのかよくわらないが、ヒロインとしてはまぁそれでいいかとも思う。

|

« 魔人竜生誕(電子書籍版)発売 | トップページ | 第二次SRW 第15話 激闘!ジュピトリス »

第2次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/65035182

この記事へのトラックバック一覧です: 第二次SRW 第14話 宇宙へ…:

« 魔人竜生誕(電子書籍版)発売 | トップページ | 第二次SRW 第15話 激闘!ジュピトリス »