« 魔人竜生誕(電子書籍版) | トップページ | 第二次SRW 第12話 ラサの攻防 »

2016年4月12日 (火)

第二次SRW 第11話 脅威!!究極ロボ、ヴァルシオン

11_1 11_2 11_3 ついに来た、11面。
この面をクリアすると、ガンダム・マジンガー・ゲッターの主役格3ユニットがいっせいにパワーアップするのだ。
総ステージ26面のだいたい半ばなので、ここらがターニングポイントという事なのであろう。

だが入手できる3機のうち、νガンダムとグレートマジンガーは新規入手扱い
よってまっさらの未改造での加入だ。
ゲッターロボGはゲッターロボの改造を引き継ぐのであまり金はかからないのだが、後の2機はそうもいかない。

よって資金は貯めておく。
まぁボスボロットのHPと装甲を微強化程度で。
敵に狙われない程度にタフならそれでいいのだ。

さて、新型を運搬するのはマチルダのミデア。
彼女が搬送途中で敵に襲われるステージが、ウィンキー時代では定番の一つであった。
その元祖がこのシナリオであり、WB隊へSOSが入るので、急いで駆け付ける事になる。

ただしアーガマは整備中で出撃不可
ZZとF91の両ガンダムも同様
残りのユニットだけで救出作戦に挑む。

そんな11面のタイトルは「究極ロボ、ヴァルシオン」
そう、ラスボスが顔見世するステージである。

11_4 11_5だがステージ開始直後、こちらはミデアのすぐ側に配置される。
この面は襲い来る敵を迎撃して、ミデアを守るという構成なのだ。
後の作品に比べれば、なんとも易しい面なのである。

配置されている敵も、ネームド級のいないザコばかり。
まぁもちろん敵増援としてボスクラスが出てくるのだが、当面は安心していいのは確かだ。

周囲三方向にいる敵が最初から動いて来るので、敵移動先で反撃できるようにユニットを押し出す。
森のある北東にガンダム、南西と南東にはマジンガーZやゲッターロボを行かせる事にした。
ゲッターロボは最初から【気合】を入れ、気力を高めておく。
また、ミデアは最初からHPが減っている。メタスはこれを修理だ。

敵第一波はたいした相手ではないし、ミデアに向かう事を優先する奴もいるので意外と攻撃は激しく無い。
恐れる事なく反撃を叩きこむ。

11_6_2 11_7_2 11_9 11_8_2南西から攻めてくる敵にメカ雷獣鬼がいる。
実はこの面で一番資金を落とすのはコイツ
よってゲッターロボはいきなり【幸運】を使い、この百鬼メカを倒す。

結構タフな相手ではあるが、なんと最大射程は驚きの2
グレンダイザーのスクリュークラッシャーパンチやマジンガーZのアイアンカッターで射程外から叩けてしまう。
弱った所にゲッタービームを撃ち込めば、何もできずに爆発。

愉快なメカ雷獣鬼を撃墜してショボイ資金を2倍入手しつつ、他方面の敵も攻撃。
地上をノコノコ歩いている南東の敵を後回しにし、北東のギルギルを先に攻撃する。
手強い相手でもないので、まぁ問題無く撃破。

11_11_2 11_12 11_13 第一波を殲滅する頃には、第二波も近づいている。

機械獣ジェノバM9は射程が長いので、遠距離から叩くのは無理。
よってスーパーロボで接近を挑んでからとどめを刺す方向で戦う。
この時点でゲッターロボの気力が120まで高まっていたので、大雪山おろしが大活躍だ。
ジェノバM9を一撃必殺できる。

マジンガーZ・グレンダイザーではそこまではいかないが、一撃で大幅に弱らせる事は可能。
スクリュークラッシャーパンチ+ビームキャノンや、アイアンカッター+ハイパーメガランチャーでなんとなるだろう。
場合によってはボスボロットで殴り倒す事も視野に入れる。

11_16 11_17 11_19 11_20 そして迎える5EP。
ついに出た、敵増援1・ビアン=ゾルダークの乗るヴァルシオン
名前はオープニングで登場するので、「はじめまして、諸君」でも誰だかわからない事は無いはずだ。

このヴァルシオン、最終面に出る時と変わらない強さで登場。
当然、レベル・機体・強化の全てが必要なレベルを満たしていないはずなので、ここで戦うべき敵ではない。
当然のように7PPに帰っていくので、ここは大人しく見送ろう。
戦場から遠く離れた場所に出るので、わざわざ仕掛ない限りは戦闘にならない。

まぁこの面も、ヴァルシオン撃破を意識して改造・育成・戦法を最適化すれば撃墜できるのかもしれないが。
あんまりキツイ事を四苦八苦しながらやるのも好きでは無いので、通常攻略として見送る事にする。

よって周囲のメカザウルスと平和に戦闘。
タフなゼン以外はすぐに倒す事ができる。

7PP・味方増援1:マサキのサイバスター
魔装機神もここで味方に加わる。これで第二次の各作品主役メンバーが出揃った
なお、ビアン博士はここで初めてサイバスターを見たと言っている。
だが次作に博士が作ったロボットに、サイバスターの武器をコピーした武装があるのだ。
ここで初めて見た武装を、この面から後半戦が終わるまでの間にほぼ完全に再現したという事になる。
流石は首領兼開発者であるな。

11_21 11_25 11_28 11_29 そんな博士に加勢すべく、敵増援2:キャプテンラドラがメカザウルス・シグに乗って登場。
お供も当然メカザウルス。
だが本人含めて3機だし、彼に任せてビアン博士は帰ってしまうしで、こちらもほっと一安心。

彼は恐竜帝国から旧第二次大戦への唯一の参加者なのだが、他の方々はどうしたのだろうか。
そもそも恐竜帝国はどういうスタンスでこの世界にあるのか
地上侵略をせずに、地下に領土のある変わった国として存在しているのか。
地下資源の所有権であちこちと揉めてそうだ。

だが恐竜帝国がゲッター線に恨みがあるのは、この世界でも同じらしい。
ラドラはゲッターロボへ敵意満々で向かってくる。
彼をゲッターロボで倒せばイベントがあり、後の面で敵増援で出てきた彼が戦わずに帰ってしまう
が、別に帰ってもらう必要も無いので、総攻撃して普通に撃破しておいた
最大射程が5なので、6マス目から【熱血】ハイパーメガランチャーで狙撃すれば、楽に倒す事ができる。

ラドラを倒せば、残るは固めのメカザウルスのみ。
固めといってもたかが知れてるので、9PPに殲滅してクリア。

11_32 11_33 敵を全滅させたら、マチルダから補給物資を受け取る事ができる。
彼女との受け答えはアムロが担当しているが、まぁ原作の繋がりだろう。
第二次のアムロは初代ガンダムの顔グラなので。
旧シリーズのアムロが続編ごとにどんどん老けたのも、今となっては懐かしい話だ。

強化された機体を受け取ったWB隊、次の目的地は宇宙
ここからDCの本部がある月へ乗り込むのだ。
そのために宇宙への発進港がある、チベットのラサ基地へ。

もちろんその基地はDCの物なので、制圧して使うつもりなのだ。
必要な物は敵から奪え。時はまさに世紀末(発売:1999年)。

|

« 魔人竜生誕(電子書籍版) | トップページ | 第二次SRW 第12話 ラサの攻防 »

第2次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

ホワイトベース隊の頃から敵から物資を頂くスタイルなんですね‥。今となっては2クール相当のボリュームというのも逆に新鮮ですね。

投稿: 野良猫 | 2016年4月12日 (火) 22時46分

第四次以降、50話はあって当然のようになりましたな。
まぁリメイク第二次は毎話結構手を焼くので、やってるとあまり短くも感じないのですが。
やはり強い奴1機でカタをつけるような作りになっていないのが良い所。
現代基準だと悪い所扱いされるやもしれませんが。

投稿: 松友健 | 2016年4月14日 (木) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/64933716

この記事へのトラックバック一覧です: 第二次SRW 第11話 脅威!!究極ロボ、ヴァルシオン:

« 魔人竜生誕(電子書籍版) | トップページ | 第二次SRW 第12話 ラサの攻防 »