« 第二次SRW 第8話 マ=クベの罠 | トップページ | 第二次SRW 第10話 マリオネット・フォウ »

2016年4月 5日 (火)

第二次SRW 第9話 復讐の風

9_1 ホンコンへ向かう事にしたWB隊。
だが雪辱を目論むマ=クベが決戦を挑む。
26話中2話で彼がメインを張る謎の優遇ぶり。

それに備え、味方を改造だ。

加入したグレンダイザーのHPと装甲を2段階改造。
武器は命中補正+45%をほこるダブルハーケンを3段階。
最強武器のスペースサンダーはまだ使えないので、最大火力にはやや難があるが、現状の自軍では最も頑丈な機体なので主力の一角となる。

ボスボロットもHPと装甲を改造。
最大射程1だし、とにかく狙われないように。

あとテキサスマックもちょっと強化。
コンプリートボックス版だと金が無さすぎてコイツまで強化する余裕が無かったが、バラ売り版なら少々いじってもなんとかなるだろう。

9_2_2 9_39_7_2 改造を終えると、こちらの進路にマ=クベが立ちはだかる。
復讐の風は熱い風。追て、追って追い詰めて。
だがなぜか一人だけしかいない。
もちろん、増援を近くに隠しているからだ。

よって最初はマジンガーZ・グレンダイザー・ゲッター2を初期位置からほんの少し東へだし、他のユニットはその西側で待ち構える。

1EPに敵増援1。モビルスーツと機械獣・メカザウルスの、ごく普通の敵部隊だ。
初期位置で待っていたなら移動後に攻撃してくるので、命中補正の高い武器で反撃しておく。
PPに弱った敵を叩けば、ズサやギルギルといった御馴染の敵はほぼ壊滅。
ここまでは特に気を付ける事は無い……が、2EPに敵増援:誘導ミサイルが出る。
こいつらはクセの強い敵なので、対処法にちょっと注意が必要なのだ。

9_5_2 9_4 9_13 9_8_4 誘導ミサイルの運動性は、第二次で唯一の3桁・100
自軍最高の機体が50の作品で、である。
運動性は命中・回避に影響するので、コイツの攻撃を回避するのはほぼ無理。
なのに攻撃力はかなり高く、ハイパーメガランチャーと同等。
またこちらの攻撃も当り難い。
最大射程は1しか無いが、飛行ユニットで移動力も高いので、狙われた機体が集中攻撃であっさり沈められてしまうのだ。

だがしかし、このミサイルは地上に攻撃できない
よってミサイルが来たら自軍機体を地上に下ろせば、被害を受けなくなる。
戦艦だけは地上に下ろす事ができないので、戦艦がミサイルの移動範囲に入る前にミサイルを全て落とすか、戦艦を地上ユニットで囲むかする必要はあるが。

また装甲とHPは無いも同然なので、攻撃が当りさえすればどの武器でも倒せる
よって命中の高いニュータイプ達が、命中補正の高いバルカンで攻撃すれば、次々と叩き落とす事が可能だ。
テキサスマックのマックライアット(命中補正+60%)に集中をかけるのもいいだろう。

地上にいる他の敵は、ゲッターロボとマジンガーZ・グレンダイザーが相手をする。

9_6 9_9 9_11 4PP、味方増援1:ジュドーとZZガンダム
機体の不調でハイメガキャノンは封印状態
そのぶん基本性能が良いのでまぁ弱くは無い。

出現位置から南下させれば、すぐに自軍と合流できる。
その間にガンダムがやられそうになっているが……さすがにそろそろ力不足か。
まぁ一度にあまり多くの敵を相手にしなければ大丈夫なので、位置取りにだけ注意だ。

ミサイルの対処にさえ気を付ければ、そう手強い相手はいない。
ニュータイプ達がミサイルをバルカンで粉砕し、メカザウルスやガザはゲッター・マジンガー達が撃破。
6PPには、残りはマ=クベだけになる。

9_14 9_17今回のギャンは最初から平地にいるので、面倒な誘いだしは不要。
6EPあたりから動き出すので、移動後位置を調べてZガンダムに狙撃の準備をさせる。
スーパーロボットはその側で待機だ。

グループ某NEのK松氏が「バトルテックに持ち込んだら自爆同然」と評した盾が魅力のギャンに、射程外から【熱血】ハイパーメガランチャー。
弱った所を【必中】をかけたブレストファイヤーやスクリュークラッシャーパンチで叩き、とどめは【幸運】大雪山おろし。

またもや資金15000を入手
なお、残りがマ=クベだけになった時点でする事の無くなる機体も多い。
これらはボスボロットに補給しておいてもらおう
ボスのレベル上げに役立つ。

9_18_2 9_19_2 原作での断末魔をあげ、マ=クベは退場。
もちろん続編には元気に出て来るので、このセリフはただ敗北を悔しがっているだけだ。
それがわかっているのだろう、ブライトの反応も物凄く素っ気ない。

まぁギャンの魅力って盾ぐらいしか無いし、仕方ないな。

なお「バトルテックに持ち込んだら自爆同然」の盾だが、それは弾薬を収納している場所に火器の攻撃を受けたら誘爆するというルールがあるから(らしい)である。
だが、ガンダムの世界には誘爆を防ぐ予防技術がある……と仮定すれば、別に問題ない筈だ。
ガンダムレオパルドが火炎放射器で炙られてるシーンで全く誘爆しなかったので、この仮定は正しい筈だ。
ガンダムヘビーアームズも敵のビームをバカスカ喰らってたと思うが、やっぱり誘爆してなかったので、とにかく仮定は正しいのだ。
初代ガンダムとその後のガンダムって世界違うだろって言う人もいるだろうが、スポンサーの玩具会社がそんな区別してるわけがねぇ。
だいたい初代ガンダムになら予備マガジンに引火して爆発した奴が映像内にいたのかよ。いねーだろ。
ギャンの盾を見て「これなら防御しながら敵を攻撃できる! 凄いや!」と感心した子供だった以上、バトルテックに屈するわけにはいかねーんだ。

一度だけ遊ぶ機会があったのに見逃しちまったのが今でも悔やまれる。無念。

|

« 第二次SRW 第8話 マ=クベの罠 | トップページ | 第二次SRW 第10話 マリオネット・フォウ »

第2次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/64818253

この記事へのトラックバック一覧です: 第二次SRW 第9話 復讐の風:

« 第二次SRW 第8話 マ=クベの罠 | トップページ | 第二次SRW 第10話 マリオネット・フォウ »