« 第二次SRW 第6話 敵要塞を破壊せよ | トップページ | 第二次SRW 第8話 マ=クベの罠 »

2016年4月 1日 (金)

第二次SRW 第7話 決闘!!ラインX1

7_1 7_2 7_3 7_4 マジンガーZから出演、ラインX1がボスキャラを勤めるステージ。

敵基地内での戦いになるが、旧第二次は屋内に飛行専用ユニットは出撃できない仕様となっている。
よって戦艦は出撃できないし、メタスも変形不可能。
ゲッターロボはゲッター1に変形しても、空を飛べずに強制的に地上戦闘だ。
よってこのステージ、エルメスがあっても出撃させる事はできない。

しかしララァに【幸運】は使わせたいので、乗り換えを行う。
彼女をF91に乗せ、玉突き状態で他のパイロットも乗り換え。
モビルスーツパイロットで一番レベルの高いアムロは今回留守番である。

いざ、基地へ。
先に入ったマサキがいるが、尋ね人のシュウがいないので顔見世だけして出ていく
この頃のマサキは、地上の情勢は結構どうでも良かったのだ。

マサキが消えても敵は消えない。
同じマジンガーキャラのあしゅら男爵に連れられ、ローレライが登場
彼女は亡き父の作ったラインX1の電子頭脳であり、父のライバル・兜博士が作ったマジンガーZを倒して父の優位性を示したいらしい。

なお、彼女のセリフを見ると「サイボーグ(改造人間)」「アンドロイド(人造人間)」を勘違いしているように見えるが……。
原作漫画版だと人工物100%だったようだが、アニメだと人間の娘さんを改造した設定だったのだろうか?

調べ直しでもするのか、あしゅら男爵は帰ってしまった
シリーズの後続作品と違い、第二次だとあしゅら男爵とはほとんど戦わない。
ジェリドの顔は飽きるほど見るのにな。

7_77_8

7_9_27_10_2この面には敵増援が無い。
よって初期配置の敵だけを見て、ペース配分する事できる。
HP減少で撤退する敵もいないので、ゲッターロボは最初から武蔵に【気合】を使わせて戦う事にした。

西へ進軍し、先ずはマラサイ・ズサの部隊と戦う。
敵の移動先にゲッターロボとマジンガーZを置いておけば、敵は移動後に貧弱なビームサーベルで斬りかかってくる。
かすり傷とともに、被弾する事で気力が上昇
ゲッタードリルや光子力ビームで反撃すれば、敵のHPは半減。
マラサイは2PPで全滅である。

位置調整・反撃での削りを行えば、ズサも次のPPで消滅。
ここで【幸運】を使い、ララァが最後の稼ぎを行う
高額資金を落とす敵がいないので、こんなしょっぱい相手に【幸運】を使わねばならないのが悲しいところ。
レベルが上がって【てかげん】を修得したが、使う機会は無い

7_12 7_13 7_15 7_14 通路を北上すると、次はメカザウルス・サキとの戦闘。
これも移動先にゲッター・マジンガーを置いて反撃で削り、モビルスーツで撃ち抜けば問題無い。

まぁ弾丸が惜しくてハンマーでブン殴った場面もあったが。
HPが残り100点少々の時ぐらいでないと使わない武器だ。機会があった時ぐらい拝んでやろう
テム=レイの親父も草葉の陰で喜ぼうというもの。
この世界でアムロの親父が、どこで何してるのかは知らんが。

また、気力が溜まったので大雪山おろしが使えるようになる
被弾による気力上昇は1発1点でしか無いが、毎ターン積み重ねれば侮れない値にはなる。

通路の角を曲がるあたりで、ガザ部隊とぶつかる。
マジンガーZとゲッターロボはメカザウルスとの戦いで離れていたので、襲われるのはガンダム達
まぁしょせんザコのビームサーベルなので、ダメージは気にせず反撃のビームライフルを叩きこむ。
Zガンダムに押し込まれていたシーブックの頑張りに期待だ。

特に問題無く、ガザ隊は全滅した。

7_17 7_18 7_16 7_19 ラインX1に向かう最後の障害は、壁の向こうにいるジェノバM9の部隊。
この作品は壁を貫いて射撃ができるので、壁向こうに配置された長射程ユニットはなかなかに面倒。

なんで壁をブチ抜けるのかだが、まぁ弾は通ってもロボットは抜けられない程度の隙間があるんだろ、多分。
壁を格子状にする意味は、浅学な自分にはわからんが……DC基地は風通しに気を配る事が設計の基本思想にあるのかもしれん。

ジェノバM9の射程は6。よって通路南の壁際は射程の外だ。
南の壁に沿って進み、東から回り込む。
この時、カミーユとシーブックの機体は通り道に残して行く

8EPからジェノバM9は動き出すのだが、隣接した相手への攻撃は弱いので、マジンガーZとゲッターロボで接近戦を挑む。
そうすると簡単に倒せる……のだが、ジェノバ同士の間合いがなかなか計算されており、次のジェノバM9の射程に入るようになっているのだ。
そこで、最初のジェノバを倒すと同時に、残り2機のジェノバの射程内に踏み込んで、カミーユとシーブックがそれぞれ1機ずつ受け持つ
相手は硬いマジンガーやゲッターを無視し、射程に入ったガンダムどもへ銃撃開始。

EPに攻撃されるので反撃する→次のPPで【熱血】を用いた最強武器を叩きこむ。

この戦法で残り2機のジェノバを撃破。

7_22  7_23_2 7_24 7_25 ラインX1が動き出すのは10EP以降。
マジンガーZとゲッターロボだけで充分な相手だが、せっかく時間に余裕があるので、念のために全機合流。

ラインX1が移動してきたら、反撃で大雪山おろしを叩きこむ。
次PP、ブレストファイヤー1発分のENをこの時のために残しておいたマジンガーZが攻撃。
ローレライが父の遺志を語るが、特に気にせずトドメはグッターロボで
これでようやく、ゲッターロボの各パイロットのレベルが11になり、隼人が【幸運】を使えるようになる
有用なアイテムのハイブリッドアーマーも入手できて、実りの多い相手であった。

このアーマー、やはりラインX1の装甲板を剥がした物なのであろうか……。

板金をひっぺがされたラインX1は、グレンダイザーが囚われている場所も教えてくれる
もちろん、次はそれを救出するのだ。

7_26 7_27 7_28 7_29 この基地に囚われていたらしいボスとボスボロットも救出
しかしまだパイロット・ユニットとしては登録されない。

基地を出ると、ララァが離脱すると言い出す。
これから向かう先にシャアがいるだろうから、戦うのが忍びないそうだ。
今さらな気もするが、昔の男にビーム砲を撃ちこんで嬉々としている女も嫌な物なので、艦を降りる事は許可された。

なお、なぜかエルメスも持っていかれる
ララァの私物だったのか……?

付け加えるなら、シャアはこの先に出ない
旧第二次における出番は、既に終わっているのだ。
続編の第三次になるとまたDC軍として出て来るので、どこか他所に転勤して元気にやっているのであろう。

まぁまぁ有能な削り役がいなくなった所に、ヘンケンが合流。

・Zガンダムに追加武器のハイパーメガランチャー
・マジンガーZに飛行装置・追加武装のジェットスクランダー
・お金と強化パーツ

これらプレゼントを持ってきて、男前な所を見せてくれる。
戦闘には参加しないが、まぁ能力値はあまり男前でもなさそうなので……。
一応、WB隊とは別に戦っている設定ではあるのだ。

|

« 第二次SRW 第6話 敵要塞を破壊せよ | トップページ | 第二次SRW 第8話 マ=クベの罠 »

第2次スーパーロボット大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/64750951

この記事へのトラックバック一覧です: 第二次SRW 第7話 決闘!!ラインX1:

« 第二次SRW 第6話 敵要塞を破壊せよ | トップページ | 第二次SRW 第8話 マ=クベの罠 »