« ニフルハイムのユリ 2 最強剣 | トップページ | イベント・ルーンクエスト »

2016年1月 3日 (日)

ニフルハイムのユリ 3 五人揃って

Photo_7 戦力が整ったので、次に行うはヒロインの奪還である。
このシリーズのヒロインと言えば、当然、表紙にも出ているエスメレー嬢に決まっている。
今回もエスメレーは敵に囚われており、こちらの救出を待っているのだ。

赤の都から南へ出て、三叉路(C11)へ。
そこから東へ。ノーム露店(F11)に着いたら、そこから北へ向かおう。
実は水車小屋(F8)から南下しても、特にイベントは起こらず露店へ出てしまう。
北上した時のみ森の中(F10)で南北に分岐、そこでさらに北上するとイベントが起こるのだ。

森の中で吹雪いてくるので・吹雪がおさまるまで、木陰で風を避けながら待つ。すると吹雪の中を歩く影が30人ほど黙々と近づいてくるので・木陰に身を潜めて彼らの通り過ぎるのを待つのだ。
514_2 なにせそいつらはグールーだし、隠れても一匹は気づいてこちらへ来るのだから。

とはいえこちらには緋色の絹布があるので、これを使えば勝率100%。
しかし、ここはあえて・逃げるを選ばなければならない。雪中を逃走すると足元が崩れ、古井戸の底へ墜落する。
だがマーリンの祝福を受けていれば、井戸の底に何かが光るのを見つける事ができるのだ。無論・井戸の底に潜って、光るものの正体を確かめる事にする。

井戸へ潜ると、別の井戸の底へワープした。釣瓶が現役なので、それをよじ登って外へ出る事ができる。
・井戸の外に出てみると、なぜか外は初夏。北に赤い瓦屋根の家が見えるので、北へ進もう。
途中に炭焼き窯があり、中から声が聞こえるので・何を話しているのか、耳を澄まして聞いてみる。どうやら中の炭が出たがっているようなので・泥煉瓦をくずして、窯の蓋を開けてやるのだ
中から炭が景気良く飛出し、火の粉を浴びてこちらの体力ポイントが5減る
炭の脱出を手伝ってやったら、また北へ。今度が西洋梨の木が実を落してくれと頼むので・梨の木を揺すって、実をふり落としてやるのだ。
梨の実が景気良く降り注ぎ、頭を殴打されてこちらの体力ポイントが5減る

そろそろ怒りが有頂天・残り体力はごく僅か。ここから北へ行くと、ついに小屋へ到着である。
入口テラスでは婆さまが編物の最中。家の中では、解放してやった炭と梨がオーブンに飛び込んでいる。婆さまが「パイができているからとってきてくれ」と言うので・パイを取りに、家に入るのだ。
今度はダメージを受ける事なくパイを取れるので、婆さまがそのパイに紅茶もつけてくれる。・西洋梨のパイと、紅茶をごちそうになる事にしよう。体力ポイントが完全回復
この婆さまこそ、山椒魚から教えてもらったヤガー婆さんである。

545ここで・別に聞きたい事はないと答えると、西洋梨のパイをくれる。これは体力ポイント完全回復のアイテム。トロール村の蜂蜜と同じ威力だ。
しかしイベントはこれで終了。実はヤガー婆さんはクリアに必須のアイテムを作ってくれるのだが、そのためにはまた井戸に潜るところからイベントをやり直す必要がある。
逆に考えると、何度もイベントを繰り返す事で完全回復アイテムの無限増殖が可能なのだが……激しく面倒である。

素直に・ユリの行方を求めている事情を話すと、バジリスクの鱗が必要だと教えてもらえる。
既に持っていればオイデ草突破用のアイテムを作ってもらえるのだが、持っていなければイベント進行は一時中断。西洋梨のパイも貰える。
土産を手に家から出ると、外はやはり冬景色。位置はV1、MAPの北東隅である。

イベントを進めるためには再訪する必要があるのだが、今度は森の井戸に潜る必要は無い。普通に南から北端(V1)へ来て家へ入っていいのだ。
さらに、バジリスクの鱗を入手せずに再訪すると、婆さまは「しょうがないね」といいつつも食料1個(西洋梨)をくれる。もちろんタダだ。回数制限も無いので、食料の無限増殖が可能となっている。家に入り直すだけなので、手間もほとんどかからない。
無から有を生み出すヤガー婆さまの物資は無限大! ステキ!

まぁ今回は1食ぶんだけタダメシを貰っておいた。実はそんなに沢山の食料は必要無いからだ。

婆さまに飯をタカったら南下。ひたすら南下。
アンヌーンの東(V11)からさらに南にはポピーの花畑が広がっている。・このまま南へ進むを選べば、ポピーの魔力により眠らされ、ティルトが1機撃沈。ただしちと特殊な処理があり、この罠に1機放り込んでおくと後々役に立つ。
キーNo26=眠りについたティルトの体力ポイント(18)

498_4 花畑に1機放り込んだら、再開はアンヌーンの東(V11)から。

そこから西へ進み、アンヌーンの東門から中へ入ろう。
目指すは船着場(Q14)である。

そこには貴婦人号というヨットがあるので・ヨットの中を調べるのだ。
甲板に料理があったり、船倉に寝台があったりするが、もちろん罠なのでノータッチ。
船倉から外に出ると、ヨットは勝手に船出している。

・ヨットに乗ったまま様子を見る・ヨットのへさきに立って船の行方を見届けると、東の岬の入江に入る。
そこはどこかの洞窟の入口。
ここまで来たら・ヨットから桟橋に降りるを選び、ヨットが停泊した洞窟へ乗り込むのだ。

645_3284_21 洞窟に入ったら、663番の牢屋を目指す。
次ページへ選択肢が跨っているので見落としがちだが、・西端の牢のなかを調べると、捕まっているプルーグが一人見つかる。
彼に話を聞けば、ここはメレアガントの娘婿アクロスの城である事、じきに闘技場のグリフィンと戦わされる事を教えてもらえる。その後、彼を牢から出してやろう。横柄に武器を貸せと言ってくるので、黒小人の剣を渡すのだ。もちろんこの武器は今後使えなくなるが、見返りはそれ以上に大きい。

牢からさらに東へ進めば、行き止まりの235で濃霧の呪文が手に入る。
消費は少なめ・効果は火炎武器以上の優秀な呪文だが、霧を見通す黄色水晶が無いと自分も目くらましされて効果が無いというナイスな呪文だ。
入手するための障害は特に無いが、使うかというとそうでも無い呪文である。

その後、行く場所は696の闘技場しか無い。
そこではグリフィンがけしかけられて戦闘になるが、プルーグを助けていると彼が加勢してくれるので、敵の戦闘力が低下する。

本来のグリフィン:攻撃ポイント10・体力ポイント10・ダメージポイント4
加勢ありのグリフィン:攻撃ポイント9・体力ポイント7・ダメージポイント3

加勢ありならば、魔法で補助する必要は無い程度の敵となった。
戦闘開始。クラインの助力ありカレードウルフを2連発。無傷で撃破。

672_3 2 グリフィンに勝利すると、新たなエリアへと移動できる。
とはいえ、行くべき場所はただ一つ。東へ直進し、玄関ホールへ向かうのだ。

エルクの娘が縛り上げられているので・娘の側に行く
娘の顔はエスメレーの物で、彼女はケガをしているが、連れのプルーグがそれに斬りかかろうとする。
ここで・プルーグを押し止めて、なぜ彼女を殺そうとするのか聞くと、娘は化け物の変装だと訴える。すると偽エスメレーがげらげら笑って正体を現し、プルーグはあっさり叩きのめされてしまうのだ。

イベントで強制敗北したプルーグを尻目に、カレードウルフで斬りかかろう。この敵・アクロス相手に魔法を使うと、詠唱の隙をつかれて即死させられてしまうのだ。
前作のボスの技を次作の中ボスが使うという、わかりやすい強大感演出である。
一方、武器で挑んだ時の戦闘力は攻撃ポイント9・体力ポイント9・ダメージポイント=こちらの武器ポイント。実は加勢無しグリフィンの方が強い
まぁとち狂って「逃げる」を選ぶと、どんどんパワーアップしておいかけてきて、最後には前作ボスのバンパーより強くなったりするのだが。

戦闘開始。初っ端に1発だけ食らったが、後は3連続で攻撃成功。撃破。

勝利後、アクロスは灰になる。改めてプルーグは仲間に。
おいら、あんたの道連れになることに決めたぜ。あんたについてけば、けんか相手には不自由しなさそうだからな」という事だが、これが彼ら的に精一杯の親愛のしるしらしい。
という事でプルーグは名無しのまま仲間に。これにより戦力ポイントが1増加。武器ポイントは渡した武器の武器ポイントと同じだけ増加
という事で、今後はクラインと合わせて武器ポイントは7点増える事になる。つまりカレードウルフの一撃で敵に10点のダメージを与える事ができるようになった。
この威力だと、1発で大概の敵は死ぬ。2発で全ての敵が死ぬ。

城の周囲のポピーも、アクロスの死とともに枯れ果てた。ニフルハイムのポピーは、アクロスが維持担当していたのだろう。
アクロス撃破により、経験ポイントが2点増加
キーNo16=40

花の城を出ると、そこはMAPの南東隅(V11)。アンヌーンのすぐ東だ。
西に進んでアンヌーンを通り抜けねばならないが、途中の料理屋(O12)には寄っていこう。食堂に入ったらカウンター席に座る。
飯も酒も代金は金貨1枚で、飯は体力ポイントが回復するが酒には何も効果が無い。よって頼むのは飯一択。花の城で受けた僅かなダメージが回復すると、横に座っていたエルクの導師が話しかけてくるので・魔法のユリを探して旅をしている事情を話してみるを正直に選ぶのだ。
すると導師二人はアクロスの下まで案内しようと申し出てくる。そいつをさっき仕留めて来たんだが……と思うだろうが、安心して案内してもらっていい。彼らはメレアガントに敵対する者を外へおびき出して始末したいだけだからだ。
よって案内してもらうと戦闘になる。彼らは
攻撃ポイント8・体力ポイント4・ダメージポイント3攻撃ポイント9・体力ポイント4・ダメージポイント4の二人組。現時点では全く問題にならない。

戦闘開始。右から左に一撃必殺。体力ポイントの倍以上のダメージを受け、敵二人は粉々に。

彼らを倒すと小瓶を落す。これは中に入れた液体が何度でも使えるようになるという、何気に凄いマジックアイテムだ。
食料となるサトウカエデの蜜を容れれば、食料が無限になる。ヤガー婆さんの家で百往復しなかった人は、この瓶を入手する事で旅の食糧事情を永久解決できるのだ。
他に聖水やブランデーを容れる事も可能だが、使用頻度を考えると食料が最適解であろう。猫がまた糖尿病になる日も近い。

なお、このアイテムを入手しても何のフラグも立たないので、この小瓶も金のある限りいくつでも入手できる。とはいえ一個あれば十分な物なのが残念。

導師から瓶をカツアゲするために、またアンヌーンの外へ出てしまった(U11)。改めて西へ向かって街を通り抜けよう。目指すは竜を倒した湖(I8)。
ただしダメージを受けていたら、クリープの風呂(M8)へ寄り道して癒しておく。代金の食糧は無限にあるので、実質使い放題だ。

湖の南岸(I8)に着いたら、北上して湖を渡る。
初めてここを通過する時のみ、釣人のカワウソが干したナツメをくれる。これは結構有用な回復アイテムなので、ありがたく貰おう。残念ながら無限に増やす事はできないが。

69_3 湖を渡ってさらに北上。ポピーの花園(I5)にて、ついにガラスの棺で眠るエスメレーを発見する。
ポピーの魔力で眠らされていたのだが、アクロスが倒されて魔力が失せたので、彼女を解放できるようになったのだ。もちろん目覚めさせるしかない。

ガラスの棺の蓋を開けると、ポピーの甘い薫りが、一瞬ふわりと立ちのぼり、寒空に消えてゆきました。棺の外の冷たい空気にふれて、エスメレーはじきに目を覚ましましたが、長いこと棺のなかで眠っていたためか、まだ足元が少しふらつくようです。

ついに目覚めたエスメレー。ここでポピーの魔力で眠ったティルトの体力ポイント(キーNo26の数値)が、現在のティルトの体力ポイントに加算される。上限を超えるなら、それが新たな上限値となる
ポピーの魔力が失せたので、過去のティルトも目覚めたという事をこういう形で表現したのだろう。これにより現在のティルトの体力ポイント最大値が33となった。
キーNo1=100

ここでブランデーがあれば、気つけとして彼女に飲ませてやれる。
そうするとエスメレーの表情にもだいぶん生気が戻ってくるので、経験ポイントを4点獲得。……どういう事だ? 寝ぼけた少女に酒を盛ってパワーアップとは……絵師が変わった事によりエスメレーが前作からはるかに大人びた事と、何か関係でもあるのだろうか。
ともかく、この経験値により戦力ポイントが5まで上昇である。

こうしてまたもや5人パーティが結成。
今回はここで一息つく。

|

« ニフルハイムのユリ 2 最強剣 | トップページ | イベント・ルーンクエスト »

ニフルハイムのユリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/63253159

この記事へのトラックバック一覧です: ニフルハイムのユリ 3 五人揃って:

« ニフルハイムのユリ 2 最強剣 | トップページ | イベント・ルーンクエスト »