« WIZ7 24 竜王 | トップページ | WIZ7 26 決戦準備 »

2015年12月 8日 (火)

WIZ7 25 ファンハウス

25_1  25_16 25_3_2 25_4_2 アイテム購入資金の目標額まであと一息という所まで来た。
だが同じ場所で延々と同じ事を繰り返しているので、飽きが激しい。
レベル自体は上がるのだが、スキルや魔法は既に必要な物を揃えてしまった後なので、パワーアップの実感もできない領域へ踏み込んでしまっている。

というわけで気分転換も兼ね、ずっと敬遠していたダンジョン・ファンハウスへ突撃だ。
このゲームをプレイするのはこれが最後になる可能性が非常に高いので、一度は足を運んで見るのもいいだろう。

まず鍵となるアイテム・レッドラバーボールを持って行く。
ブラインドメイスを倒した時に1個入手してあったので、荷物置き場から拾っておく。

また、ラットキンの廃墟内で浮遊の薬・フェザーウェイトも購入。
売人は支離滅裂な片言しか喋れない、正確な表現の憚られる相手だが、この薬は気持ち良くなるための物では無いので安心していい。
まぁトぶための薬であるのは確かなのだが……。

必要な物を用意したら、いよいよファンハウスへ突入。
レッドラバーボールは入口の鍵であり、そこに設けられた人面の鼻に突き刺すための物だ。
こうして鍵が開き、中へ入る事ができるようになる。
ラットキンから毟った毛玉で代用できないのかと思わなくも無い。

25_6 25_7 25_9 25_10入ったフロアには、さっそく今後の必須アイテムが2個も用意されている。
このエリアの必須アイテムの多さは、軽く眩暈を覚えるほどだ。しっかり集めていきたい。

まずはウッドジュエル
つまりは木の棒であろう。
こういうアイテムを見る度に、今まで使っていたクォータースタッフや不要なスタンロッドで代用できないのかと考えてしまう。
まぁ穴に突っ込んだり何かの支柱に使ったりするので、太さ・長さの都合があるのだろう。

もう一つはブラックピラミッド
名前からして霊的な力を秘めた何かであろうという事ぐらい、誰でも推測できるはずだ。

だがそれは間違いで、実はただの重りである。

梯子を降りて進むと、地下にてシーソーを発見。
この上に垂れている鎖へ、ピラミッドを括り付けるのだ。
だがこれだけではシーソーを使えない。ここからしばらくシーソーを稼働させるための準備へ奔走する事になる。

25_13 25_19 25_20 25_22 だがシーソーの準備に忙しいパーティの前へ、ゴーン族のガリエラが現れた
彼も地図を求めてここへ入り込んだのであろう。
ならばと協力し、手持ちの地図を全部叩き売ってやる
もちろんその直後に呪文の絨毯爆撃も叩き撃ってやる。
魔法抵抗力とHPが高いのガリエラ自身は、ケーンオブオープスでメッタ斬りだ。
地図は無事に戻ってきた。良かった。

おかげでついに目標金額まで金が貯まった。
100万以上の金を稼ぐのは流石に長くかかった
ありがとう、ガリエラ卿。

しかし今はファンハウスの突破だ。ガリエラ卿の犠牲を無駄にしてはいけない。
ハンドルを拾ったりチェーンを巻き上げたりして、重りをシーソーへ叩き込む下準備をする。
途中で不死モンスターの軍団が邪魔をしかけてくるが、今さら遅れをとるような相手でもない。
というかラスボスと戦おうかというレベルでゲーム中盤あたりのダンジョンへ来ているので、戦闘は全部消化試合だ。

鍵を拾ってから、来た道を戻る。ラバーバンドを拾わなければならない。
6でもゴム紐を集めるイベントがあった気がするが、なぜこのゲームのスタッフはゴムが好きなのだろうか。
実家が中東でゴム農園でもやっているのだろうか?

25_23 25_24 25_25 25_26 ゴム紐を拾ったら、次は扇風機だ。
停止している扇風機を見つけ、ゴムバンドをセット
すると扇風機が稼働するので、シーソーへ引き返す。

シーソーまで戻ったら、フェザーウェイトを一気飲み。
一瓶でパーティ全員にいきわたる、高性能な薬である。
回復ポーションも全部この仕様だったら、このゲームの難易度ももう少しマシになるのだが。

薬の効果で体を軽くした一行、ついにシーソーへ乗り込む事になる。
するとピラミッドが落ちてパーティを上へ跳ね上げ、扇風機の風が吹き付ける所まで飛び上がり、軽くなった重量で風に乗って空中を横移動
着地した場所は、めでたく未侵入エリアの端っこである。

飛行の魔法でもあれば、こんな面倒な手順を踏まずに済む物を……。
このゲームの浮遊魔法が、落下ダメージの無効化以外には使えない事が悔やまれる。

25_28 25_30 25_31そこから奥へ進むと、ラットキンのヤクザの一人・バルローンのシマがある。
とはいえ、クリアには別に関係の無い、横道のイベント専用の人なようだが。

まずバルローンはPCらに仕事を依頼する。
引き受けると、ティーラングの宇宙船の発着時間を教えてくれと頼まれるのだ。

もう調査してあるので、いきなりそれを教えてしまう。
これでイベントは次のステップへ。

彼は宇宙進出を考えているらしく、処分したい荷物があるので買わないかともちかけてくる。
4万ゴールド払うかどうか聞かれるので、アイテムが欲しければ払うしかないようだ。
もうこのダンジョンで入手できるような武具は要らないのだが、どんな物なのか攻略本にも書かれていない。
興味があったので購入する事にした。

今度は組員のラツプーティンを探し、彼に上納金を払えと言われる。
もう死んでるよソイツ。自分らが殺したんだけど。
この場合、イベントはどうなるのか?
進行しなくなるのか、バルローンに攻撃されるのか?

結果:上納金はスキップしてイベントが進んだ。

構成員を血祭りにあげた方が一方的に得なのか……。
このゲームらしいと言えばその通りだが。

こうして通路が開くので、その通路の隠し扉を開ける。燭台がそのスイッチだ。
奥に宝箱がいくつかあったので、さっそく開けて見ると……。

……まぁ、微妙な物しか無いな。
後に、ここで入手した物を全部叩き売ったところ、だいたい4万Gほどになった。
損もしていないが得もしていない
時間をかけて進行させる必要は全然無いイベントであった。
まぁここまで進めるのは今回が初めてだから、詳細なんてわからねぇし。

25_33 25_37 25_40 25_41 気を取り直してどんどん進める。
行き止まりにある昇降機を見つけ、そこへ乗り込んだ。
すぐ下の階の入口には、格子が降りていて入る事ができない。
仕方なくそのまま乗っていると、台のバランスが崩れて投げ出され、さらに下の階へ強制的にシュートしてくれる
浮遊魔法でダメージ自体は回避できる……が、攻略情報無しで進めていたらそんな事は絶対にしてないだろうな、これは。

仕方ないので落ちた先を調べてまわる。
ペインテッドボールが見つかるので、それを拾っておこう。

奥に的の見える穴の手前まで来たら、そこがボールの使い所だ。
セーブした後、的めがけてボールを投擲。
見事命中すれば、昇降機の先にある格子が開く

命中しなかったら?
もちろんやり直しだ
ボールは投げてしまったので、入手した場所へ延々戻ってまた拾い直す必要がある。
的に当たるかどうかはランダムであり、完全に運らしい。

そりゃ攻略本も「セーブ&リセットでなんとかしろ」と書くわな。

当ればそうメッセージが出るので、昇降機へ急ぐ。
一応、ここらで真ん中ぐらいには達したのか。

25_42 25_46 25_49 次はウォータースライダーへ挑戦。
その次は人間ロケットだ。
このダンジョンは遊園地か何かをイメージしてあるのかもしれない。

先ずはロープ&バーを用意。
それを落とし穴にひっかけ、紐を下へ吊るす。
後に水流を5ヶ所あるレバーを上げ下げして操作し、穴の下の紐へ到達できるコースを作るのだ。

と、書けば簡単そうではあるが、これノーヒント手探りでやるんだよな、本来は。
製作会社は10年遊べるゲームを目指してくれたのかもしれん
残念ながら、ワゴンに飾られ10年のゲームになってしまったが……。

ウォータースライダーを抜けたら、先でブラックボールを入手する。
人間ロケットは上層階から重りを落とす事で作動するので、この玉を上へ持って行くのだ。
なんかシーソーと同じ事を繰り返している気がするが、それは間違いである。

打ち上げ先の移動用手がかりを用意せねばならないので、さっきのウォータースライダーの要素も一緒に繰り返すのだ。
過去の経験を複合させてまで無理矢理活かそうとしてくれる、製作会社の心意気が眩しい。
眩しすぎて二度と見てくれない者が続出したかもしれんが……。

25_52 25_54 25_56 25_57 上層階から玉を投入。
さらに木の棒を壁の横穴へ差し込む。
玉と棒と穴の好きなダンジョンもあったものだ

準備ができたら、打ち上げ機へ戻る。
ナイスなタイミングで玉が落ちてきて、スイッチへ激突。
パーティ全員、はるか上へと発射。

途中の壁から、自分達が差し込んだ棒が突き出ている。
それを掴んで横移動すると、ついに最終盤のフロアへ到達できるのだ。

長めのフック付きロープでもあれば、なんとかなりそうなギミックが多いな。
だがガーディアには縄に鉤をつけるなどという文化は無い。
込み入った仕掛を素直に黙々と潜り抜けるのみ。

25_58 25_59 25_60 25_61 しかし最後のお宝を入手するために、あと一つ解かねばならない仕掛けがある
宝箱への道を阻む格子をあけるため、6本の槍を決められた順番で動かさねばならないのだ。

この順番にはヒントがあり、ティーラングの女王・エイチジェンラから教えて貰える
本来はニクタリンスの次ぐらいに来るダンジョンなのであろう。

まぁその回答も、素直に攻略本だのネットだのを見た方が早いが。
この槍の順番自体はヒントから導き出せる物なのだろうが、他がちょっと厄介すぎる。

そんなわけで宝箱に到達。
開けてみると、※ボート※の地図がまだ残っていた。
長いダンジョンだけあり、奪取されるまでの時間は長めに設定されているのだろうか?
あるいは単に運が良かっただけか。
まぁ必要な資金がもう貯まった以上、徘徊型NPCに売りつける必要も無いので、この地図に使い道は全く無いのだが。

ファンハウスを脱出すると、そこは魔女の山近くの野外である。
船は離れた所に置いてあるので、ニューシティーへ川を泳いで帰らねばならない。
地味に面倒。

25_62 懐かしのニューシティーへ戻ったら、ダンジョンで拾った物をパルクの店で処分。
ガリエラ卿が亡くなったのが不味かったらしく、店主の態度が硬化している。

いつものようにフルパワーチャーム連打+外交術で仲直りしておいた
やはり平和が一番だ。

次は天空の都市で、能力値アップアイテムの爆買いである。
まぁ上げる能力値も、もうKAR(運)ぐらいしか残っていない。
そしてその値が何に影響しているのか、実はよくわからないのだが。

|

« WIZ7 24 竜王 | トップページ | WIZ7 26 決戦準備 »

Wizardry7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/62825394

この記事へのトラックバック一覧です: WIZ7 25 ファンハウス:

« WIZ7 24 竜王 | トップページ | WIZ7 26 決戦準備 »