« WIZ7 11 ムンクハラマ地下 | トップページ | WIZ7 13 ラットキンの廃墟 »

2015年11月 8日 (日)

WIZ7 12 山河

12_1 12_2 12_3 12_4 動力を手に入れたので、船が隠されている所に行く。
ニューシティーの骨董美術館へ。

悪魔の顔の像をいじりまわさないと通路が開かないのだが、正しい順番で操作しなければならない。
そのヒントが地図のうちの一枚※ボート※にあるようだ。
もちろん、その内容はリドル(謎々)になっている。

もちろん有り難い事に、正しい順番が攻略本には書いてある
まぁ自分の頭をひねって考えるのが本来の遊び方だろうとは思うが、※ボート※の地図はこのゲームで最も長いダンジョンの一つにある
その上、地図をNPCに渡したり取り返したりするイベントまである
そもそも地図が他のNPCに取られていた場合、そいつに勝てる戦力を整えた上で相手を探して延々と徘徊する必要が出てくる。
まさに波乱万丈、真の冒険と言えよう。

まぁその時間を浮かせて動画でも見ていた方が良いだろう。
懐アニとか。
ZZガンダムって1クール目から登場するんだな。

主役機の交代劇を見た後、攻略本に書いてあるとおりに像の仕掛けをカチカチしといた。
怯え→怒り→笑い→静かな→驚き→幸福、で通路が開く。

隠し通路の奥で船を発見。
それに乗り込み、ウイカムズパワーグローブを使用する。
船のエンジンに火が入り、こちらの操作通りに水路を進み始める船。
水路を抜けると、そこは広大な海原だ。
波止場でスリに励んでいた時に何度も眺めた水平線の向こうへ、ついに進む時が来た。

12_5  いきなり訂正
水平線の彼方へはまだ進まない。
ニューシティーの壁沿いに、進路は東へ取る。
しばらく進むと左手は森になる。さらに東へ行けば、北へエリン川が見えてくる。
今回、その川を遡るのだ。

このゲームは水場用にも敵が用意されており、船に乗っていたり川を泳いだりしていても敵と遭遇する。
鳥・クラゲ・魚が主な敵なのだが、魚は水上にしか出ない事を考慮してか、一度に出てくる数が多い。
だがレッドピラニアの群れは全体即死魔法・デスウィッシュに弱く、これを1パワーレベルで叩き込めばほぼ全滅する。
数が多いので得られる経験値も多く、レベルを上げたいなら悪く無い獲物かもしれない。

12_6エリン川を遡り、ムンクハラマへの道の北側にある森へ。
ここには攻略本にも書いていない宝箱があり、中には戦士系用の重装備が眠っている。
ネットで検索して出てきた世界地図に頼り、ヴァルキリーの装備強化のためアイテムを入手。

防具が強化されるのが嬉しい。
斧も出てきたが、武器は魔剣ファングがあるので、換金アイテムとする。
これで一人は強化された……と思いステータス画面を見て、ヴァルキリーのSTR(筋力)が10から全く上がっていない事にも気づく。
WIZのSTRって、武器攻撃の命中率とダメージ両方に影響する、白兵戦用最重要パラメータだった気がするのだが。
このパーティの武器戦闘力の低さは相変わらず泣けてくる物があるな。

泣いていても仕方が無いので、さらに川を遡った。
行き止まり付近で上陸し、そのすぐ東から崖を降りて洞窟・ジャイアントランドへ入る。

12_712_8この洞窟は、その名の通り、何体もの巨人が待ち構えるダンジョンだ。
それはまぁわかってはいたのだが、もっと別の物も待ち構えていた。

入口ではよじ登りスキルの判定が要求された
そんな物は全然上げていなかったので、滑り落ちて全員がダメージを受ける

なんてこった……このスキルの存在は知っていたが、ここで判定させられるとは思わなかった。
攻略本には「ここでよじ登りスキルを使う。失敗すれば全員即死」と書いてある箇所があるので、そこでのみ判定するのかと思っていた。
その地点が別々のエリアのショートカットルートだったので「そこを使わず、面倒でも周り道すればいいか」と思い込んでいたのだ。
他にも必要な場所はあったんだな……ただダメージを受けるだけだからいちいち書いていなかったようだ。

気を取り直し、奥へ進む。
中ボス扱いの巨人の出る場所は避け、ザコ巨人やその他のモンスターは補助魔法を駆使して撃退。
まぁHP100程度なのに一撃で70ダメージ受けたりするんで、入口でのセーブは必須だが。

なんでこんなキツイ所へこのタイミングで来たかというと、もちろんパーソナルスキル習得のためである。
この洞窟の一画に、レッドローズという花が生えているのだ。
水路を泳いで取りにいかねばならないが、我慢して入手。
花をつんだら即、この洞窟は脱出だ。

……が、入口でまたよじ登り判定が必要となる。
しかも今度は登る方なので、失敗すると、全員がダメージを受けた上でやり直しとなる。
全員スキルは無いので、ダメージをドカドカ受けながら成功するまで粘るしかない。
死人が出たらリセット。
何度目かわからないぐらい登り直し、なんとか地上へと戻れた。

12_9 12_10_2 既に疲労で(プレイヤーが)ぐったりしているが、まだ帰還するわけにはいかない。
この傍にもう一本、花が生えているからだ。
もちろんそれも必要なのである。

洞窟からぐるりと回り込み、東にある山の入口へ。
魔女の山と呼ばれる山で、また花一本だけ詰みに行くのだ。

で、山と言うだけあってよじ登りが各所で要求される
ゲーム的には複数階層のダンジョンとして作られているのだが、階層を移動する度によじ登りである。
当然、失敗するとダメージを受けるし、その場で下へ落ちる事になる。

出てくるモンスターも厄介で、巨人や2ヘッドライオン、巨大トカゲなど。
何が厄介かというと、数は少ないがタフで馬力のある連中なのだ。
防具の薄い連中が範囲魔法を重ねがけして戦うタイプのパーティなので、こういう相手とは相性が悪い。
仕方ないので補助魔法を重ねがけしつつ、貧弱な打撃でチマチマと戦う。

落下のせいで常に満身創痍だし、敵は相性が悪いしで、心休まる瞬間が全く無い。
1階層移動する度にセーブは必須。
魚の群れが1ターンで蒸発する川が早くも懐かしい。

艱難辛苦の末、パープルプラムの花を入手。
やっとニューシティーへ帰る事ができるぞ。
また延々とよじ登り判定を繰り返して山を下りる必要はあるが。

山を下りた頃には、MPスッカラカンである。
よじ登りスキルは登攀に成功すれば上昇するようで、この時点で10ちょっとまで上がっていた。
だがここで一番必要なのはMP回復手段であろう。
マナストーンが無ければ「詰んだ」と言ってやめていたかもしれん。

12_11 12_12 12_13  船でニューシティーの波止場へ帰還。
回復の泉の水をガブ飲みし、マナストーンへチャージもしておく。
不要なアイテムを叩き売ったら、次のエリアへ。

アンパニのテレポーターでアクパイルへと赴く。
残りの花は、この町の北・トラモンテンの森にあるからだ。
見事に分散して配置されているので延々と彷徨わねばならないが、今度は登攀させられずに済むはず。

実際に歩いてわかったが、敵はジャイアントランドや魔女の山より弱い。
一撃で最大HPの6割も7割も減らされるような事は無い。

先ずは北西の隅へ行き、ホワイトダリアを入手。
途中で魔女の亡霊を見かけたが、イベントをこなすためのアイテムを持っていないので見ただけで終わる。
アイテムがジャイアントランドにあったのだが、あれ以上奥に進むのは今の自軍にとって自殺にしかならない

12_14_212_15次は入口近くまで引き換えし、東へ向かう。
行き止まりのブルーミシアを入手。
また途中まで引き換えし、別の道を突当りまで進んでイエローリオンを入手。
これが最後の花だ。

これで必要な物は揃った。
しかしムンクハラマの地下以降、どんどんキツくなっている気がしてならない。
まぁパーティバランスが悪いのであろう。
6人中5人が盗賊なので。
むしろこれで楽だったら驚きである。いや、頭の中の計画ではずいぶん楽だった筈なのだが……。

12_165つの花を調合すれば、パーソナルスキル・スネークスピードを習得できるポーションが完成である。
この調合レシピは、本来、ムンクハラマのイベントを全て終える頃に手に入る物だ。
だが必要な物と調合手順さえわかれば、その前に行う事ができる。

スネークスピードはSPD(素早さ)を高める効果のあるスキルらしい。
敵より先に行動できるようになれば、戦闘も優位に進められるというものだ。
このパーティが不足しているのは他の部分な気もするが、それを考えても仕方が無い所までは来ているので、次のパーソナルスキル入手に動こうと思う。

|

« WIZ7 11 ムンクハラマ地下 | トップページ | WIZ7 13 ラットキンの廃墟 »

Wizardry7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/62400319

この記事へのトラックバック一覧です: WIZ7 12 山河:

« WIZ7 11 ムンクハラマ地下 | トップページ | WIZ7 13 ラットキンの廃墟 »