« WIZ7 8 虫人 | トップページ | WIZ7 10 ゴーンの砦 »

2015年11月 1日 (日)

WIZ7 9 ダーンの塔

9_19_3_2 9_4_2 9_6 惑星ガーディアの原住民・ダーン族。
魔法を得意とする彼らの本拠地が、ここディオニスセウスである。
この塔は仕掛けが多く、かなり込み入ったダンジョンとなっているのだ。

と書いてから思ったが、このゲームで入り組んで無いダンジョンはほとんど無いな。
アンパニのアクパイルぐらいか、迷う部分の無い土地は。
最大の経験値稼ぎポイントもあそこにあるというし、このゲーム最大の味方はあのサイ獣人どもなのかもしれん。

一方、ダーン族はどちらかというとプレイヤーキャラクター達にとって敵対種族であろう。
なにせ商店を利用しようとすると、それだけで金をとられるのだ。
初回だけとはいえ、買い物の許可に金が要るとかナメている。
その商店にほぼ必須のアイテムが売られているのもナメているし、それが消耗品で複数個買う必要があるのもフザケている。
このナメた商店でジョンガパウダーを3回ほど購入(一応、1回の購入で3つぐらいくれる)。足りなくなったらまた来よう。最後に意味も無くブチ殺すかもしれんが。

商店は入口のすぐ西にある。そこを出たら1階の探索開始。
入口の東にある隠し扉を開けて、先へ進む。
この塔は階層ごとに敵が変わり、下の方では弱い敵しか出ないので助かる。

この階にはまだ大した仕掛けは無い。
踏み込むと毒ガスが出る罠が通行必須の場所にあるので、購入したジョンガパウダーを壺だか祭壇だかみたいな場所で使用。これをふりまく事で、罠が作動しなくなる。
このギミックはこの塔のあちこちにある。
またゴールデンアイドルというアイテムを探し、これも別の祭壇に置かねばならない。こうする事で、行く手を塞ぐ格子が開くからだ。
このギミックもまた塔のあちこちにある。
この繰り返しで上へ登って行く……のだが、ご丁寧に、各階で別の仕掛けが+αされているのだ。

1階のゴールデンアイドルは、ダーンスピリットというモンスターが守護している。
まぁそんなに手強いモンスターでも無く、普通に勝利。
コイツがドロップするディアムの灰もまた必須アイテムなので、何気に重要アイテムを2個も持っているのだ。

9_7 9_8 9_9 そしてふざけた事に、この塔の各階層では、次の階への階段を使うのに金を払わされる
これはダーンの仲間と認められるために払う税金。
上層に行くほど高い階級が必要となるので、金額も上がる、という理屈。
なのに敵モンスターもダーン族いっぱいじゃねぇか。仲間と認めてねぇだろ。内心はともかく表面上ぐらい隠せよ。

各階段、金を取られるのは初回だけなのが唯一の救いか。
そうでなければまだここには来なかったであろう。

2階は「聖なる秩序の寺院」。
落とし穴で埋まった広間があるので、決められた順番で歩こうというギミックがある。
秩序というのは、おそらくその順番の事を示しているのであろう。

かなり入り組んだ手順で歩かねばならないが、どうやらゲーム中にヒントは無いらしい。
もちろん攻略本に全面的に頼るのだ。
このゲームやってると、自力攻略させる気が制作側に全く無かったであろう事は想像がつく。
もう最初から攻略本ごと包んで売れば良かったんじゃねぇかな。

個人的にこのゲームに一番付属させるべきだったと思うのは、最初からエンディングデータが入っているムービー観賞モード
まぁ当時はそういう機能がついたゲームなどほとんど無かったはずだが。

またダーンのKUSO坊主に金を払い、3階へ進む。

9_11 9_12 9_13_2 9_18_3 3階は「永遠の夜の寺院」。
まぁダークゾーンで覆われた階という事だ。
このゲームには現在座標を確認する手段がマップキットしか無いので、これを持っていないパーティはここで熱い苦行に励む事になる。
そんな奴がここまでこのゲームを進めたのなら、もう現世から離れてしまっているのでは無いかと思うが。

だがマップキットと攻略本があれば迷う事は無い。
この階には回復の泉もある。この泉はこの塔を攻略する上での最重要ポイントだ。

さらにパーソナルスキルの習得イベントもある。この塔に来た理由の半分はこれだ。
ダーンの修行者達のいる部屋へ行き、ビーストキーを入手。
それで開く格子の向こうで、サイビーストという虫と戦闘。ビーストなのに虫かよ。
ディープフリーズを連発して撃破すれば、虫の断末魔を聞いてフラグが立つ(意味不明)。
その後、修行者達のいた部屋へ戻ると無人になっており、ここで瞑想するとマインドコントロールのスキルを得られるのだ。

瞑想に失敗すると眠ってしまうだけでスキル習得はできないようだ。
だが再挑戦は可能なので、その場で「休息」コマンドを選び、全員で睡眠。
即座にキャンセルして休憩取りやめ。
運が良ければ寝た奴が目覚めているので、また瞑想に挑戦。
寝ている間に敵に襲われる事もあるので、セーブ&ロードも併用。
なんとか全員にスキルを習得させる事ができた。

なおガーディアに着いてから「休憩」コマンドで睡眠をとるのは、これが初めてである。
回復量がみみちいのにリアルで時間がかかって敵に寝込みを襲われる危険まであるとか、やる意味が無い。
よってこのゲームは回復の泉を拠点に動き回って進める事になるが……本当に初見殺しの仕様しか無いゲームだ。

習得スキルを確認しているうちに、メンバーの一人がヴァルキリーへの転職条件を満たしている事に気づいた。
何時の間に……しまった、もっと早く気づいていれば。レベルが上がってから3000点ぐらい経験値を得ているので、今転職すると少し無駄が出てしまう。
だがこの時点でレベル10。次まで経験値19600点以上
今やった方がいいだろうと考え、ヴァルキリーへの転職を実行。
ダンジョンの真っただ中でもクラスチェンジできるのは、このゲームの数少ない良い仕様の一つであろう。
まぁ近くに商店も武具入りの宝箱も無いので、ニューシティーへ戻るまで、盗賊時代の防具をそのまま使う事になるが。
武器はスキル100パンチで戦っていたので、こっちはそのまま使えるのが救いだ。

9_21 またKUSO坊主に金を払い、4階「大気の気まぐれの寺院」へ。
ここはワープゾーンを飛び石伝いに使って進むフロア。
途中に宝箱もあるが、戦士系の武具は入っていなかった。
どんどん金額を釣り上げる坊主に殺意を抱きつつ、5階へ急ぐ。

そして5階「脅威の倉の寺院」。
ここが現時点での最終目的地であり、この塔はおろかこのゲームでも屈指のKUSOエリアだ。
なにせこのフロアのギミックは、回避・解除不能のダメージをひたすら食らって耐えるという強制苦行寺なのである。

まずフロアのかなりの部分を水路が占めている
このゲームの水路は水泳スキルが10未満だと即死、それ以上だとスタミナを消費(水泳スキルで軽減できるがゼロにはできず、最低でも最大値の1割ほどは消耗する)というもの。
スタミナが無くなると強制的に睡眠・行動不能となるので、スタミナ回復魔法を連打しながら進まねばならない。

またこのフロアには宝箱が多数ある。
必須アイテムが入っている物もある(しかも複数)ので、何個かは絶対に開けねばならない。
だが全ての宝箱に罠が仕掛けられており、このフロアの罠は解除に使う指先技スキルの高低に関係なく絶対に発動するようになっているのだ。
罠の種類はランダムだが、当然のように即死級の凶悪な物も含まれている

このゲーム、製作者でもリセット連打しないとクリアできねぇだろ……。

ここまで来ると敵も強力になっており、ゴースト系のモンスターにでも遭遇したら余力など考えてはいられない。
何人か恐慌・混乱させられ、戦闘が終わるとまた状態回復にMPを消費し、場合によってはリセットかけた方が早い有様。

水を泳いで宝箱の前でセーブ、凶悪な罠を食らったらリセット、耐えられる罠なら我慢してHPや状態の治療。
敵が出たらほぼ毎回全力投球。
こうでないと進めないが、これではまともに進む事などできない

よってこの階ではMPの温存など全く考えず、とにかく力押しで進める。
そしてMPが僅かになったら、迷う事なく3階へ引き返すのだ。もちろん回復の泉へ行くのである。
各階段で金を取られるのは初回だけだし、3階・4階とも道さえわかればそんなに長々と歩かねばならないフロアでも無い。通常エンカウント率が低いゲームである事が、ここで助けになっている。
補給地点との往復を繰り返し、3回・4回に分けて奥まで進むのだ。

9_22フロア東側のエリア、東中央の宝箱の前でセーブ。

これに必須アイテムは入っていないが、マナストーンが低確率で出るらしいので、ひたすらリセット&ロード。
何度やり直したかよくわからないが、ついに目当ての石を入手した。

この石はMP回復アイテムなのだが、何回か使用できる回数制の道具だ。
そしてこのゲームにはアイテムの使用回数を増やす魔法・リチャージがある。その魔法は魔術師・僧侶両系に含まれているので、我がパーティは既に習得済である。
事実上、何度でも使えるMP回復アイテムという事になるのだ。

まぁリチャージが失敗するとアイテムが消滅するし、レベルの高い魔法なので回復地点でないと連発できないのだが。
その回復地点が3階にあるしな。

9_25そしてついに今回の最終目的へ。

東側のエリア、南壁の中央に、攻略本にも載っていない隠し扉がある。
その向こうには格子があり、西側エリア北の宝箱にある鍵で開く。
その奥にある宝箱を開けるのだ。

箱には罠がかかっておらず、既に誰かが開けたかのようなメッセージが表示される。
だがそれとは裏腹に、中身は貴重品でいっぱいなのだ。
おそらく「罠のかかっていない宝箱」を開けた時に表示できるメッセージは限られた数少ない物しか用意しておらず、仕方なく状況的におかしい事を承知でセレクトされたのであろう。
というのもこの宝箱、どうやらPS版にしか無いらしいのである。

中身はPS版でのみ戦える隠しボス(キャラ自体は原作PC版にもいるが、戦闘はできないらしい)がドロップするのと同じ物だ。
数ある地図の中で唯一の必須地図、※レジェンド※
クリアまで通用する威力の魔剣・ファング
あとはランダムでアクセサリーが1~3個出るが、どれも防御効果はゲーム最高峰の物ばかりだ。

なぜこんな宝箱がここに用意されたのかはわからない。
PC版と違って6からの引き継ぎが出来ないので、救済措置として付け加えたのだろうか。
それにしてはわかり難い場所にある。これを発見した人はリアルサイオニックで超能力魔法が使えるんじゃないかと疑わざるを得ない。現実では有り得ないとわかりつつ、じゃあPS版WIZ7を購入してここまで苦行を進めつつ全ての壁を叩いて調べてまわったユーザーがいて外に情報を発信する所までやったのか、と考えると、超能力者の方がまだ居そうだという結論になる。

まぁ元PS版WIZ7制作班の一人が漏らした、とかが一番現実的か。

ここでもリセット&ロードを繰り返し、全てのアイテムが出るまで粘った。
前衛3人のAC(防御力)が一気に4~5点強化される。
ヴァルキリーには素手より強力な武器をようやく装備できる。
※レジェンド※の地図はこれで2枚目となった。一枚しか要らんが。

全員がパーソナルスキルを2種習得した事、偶然だがまともな前衛職に転職できた物が出た事も合わせ、貧弱な盗賊団がようやく強化され出したと言えよう。
ここで一旦、ディオニスセウスは終了。
そろそろニューシティーへ戻るとする。

|

« WIZ7 8 虫人 | トップページ | WIZ7 10 ゴーンの砦 »

Wizardry7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/62306335

この記事へのトラックバック一覧です: WIZ7 9 ダーンの塔:

« WIZ7 8 虫人 | トップページ | WIZ7 10 ゴーンの砦 »