« WIZ7 9 ダーンの塔 | トップページ | WIZ7 11 ムンクハラマ地下 »

2015年11月 3日 (火)

WIZ7 10 ゴーンの砦

10_1 10_25 10_26 ダーンの塔から道を辿り、南へ。
途中には催眠効果のある花粉が漂う花畑が行く手を遮る。
ここは「マインドコントロール」を修得したキャラクターがいないと、全員が眠りこけてしまい、通行する事ができない
ダーンの塔でパーソナルスキル修得のイベントをこなし、初めて使えるようになる道なのだ。

その道を通ると、ゲームスタート地点付近へ着く。
ニューシティーはすぐそこだ。

帰還後、まっすぐ回復の泉へ。
ここでマナストーンへチャージ開始。できるだけ高いパワーレベルで惜しみなく魔力を注ぎ込む。失敗してアイテムが消えた時のため、セーブは必須。
使用回数を99にし、以降はこれによる補給にも頼るのだ。

またせっかくヴァルキリーに転職もできたので、その装備も整える。
防具屋で少しでもマシな装備を購入。
武器は魔剣ファングを入手したものの、もう片方の手にも武器か盾が欲しいところだ。

ニューシティーにある銀行で、ポイズンダガーを入手。
ワンド&ダガーのスキルは上げていないが、武器を振り回していればある程度はすぐ上がるだろう。
ついでに後々必要になるカッパーペニーも拾っておく。

10_28 10_27全員が修得できるパーソナルスキルは2種類。
そのどちらも修得したので、後の4種類を集める事にした
どれも1品物のアイテムで身に着けるので、習得者が一人に限られる物ばかりだ。

レベル的に、次に向かうはゴーン族の砦
だがその前に、ムンクハラマにもう一度行く。
ゴーン族の砦を攻略するのに有用なアイテムを買うためだ。

そのため、この町の南東にある薬屋へ行かねばならない。
だがその道は、最初閉ざされているのだ。

先ず町の北にある井戸で4枚のコインを入手。
そのコインが鍵となる扉が町のあちこちにあるので、それを開ける。今通るのは一か所だけだが、コインが荷物を1個埋めるし、どうせいつか通るのだから、今のうちから開けるだけ開けておく。

それから町の北東にある小部屋群を通り、南東へ行く道を開けねばならない。
だが途中にあるスロットマシーンを回し、特定の出目を揃えないと道は開けないのだ。
もちろん出目は複数の種類があるし、何が出るかはランダムだし、ハズレが出れば落とし穴が開いて地下へシュートされ、無駄に戦闘と回り道(しかもここへ戻ってくるだけ)を通る羽目になる。

もちろんセーブ&ロードで当りが出るまで粘った。
相変わらずナメた話だ。

その先でようやく薬屋へ入る事ができる。
ここでファイヤーボムの薬を6個ほど購入、全員に1個ずつ持たせた。
ここにはMP回復薬も売っているが、もうマナストーンがあるので不要だ。

ここから町の南東へ行けば、扉を開けて町の中央へ道を繋げる事ができる。
そこで気づいた。
この町の中央にある水路を泳げば、小部屋やスロットマシーンを無視して薬屋へ来れたんじゃないのか
水泳スキルなら、転職を繰り返していた期間に全員が上げてあったのだが。

攻略本はスロットを回すルートで書いてあったんだよな……。
やはり初プレイは効率なんて考えられるもんじゃない。

10_2 10_3 10_5まぁ目的の物は手に入れたのだ。ならば成功ではないか。常に百点の成功など求めるから、無駄な苦労をするのだ。
よってニューシティーで回復した後、改めてゴーンの砦へ向かう。

以前、ゴーンの番人に止められた道から西の森の中へ。
北西へ探索してゆけば、森の中の空き地に地下へ降りる梯子が見つかる。
こいつらゴーン族は、わざわざ地下に王宮を作っているのだ。

先ずは西側へと進み、地下へどんどん降りていく。
出てくるゴーン族の兵士達は、全体即死魔法のアスフィジェーションやデスウィッシュに弱く、この2つを1パワーレベルで飛ばせば、どちらかにひっかかって御くたばりになる。
6人全員がどっちかor両方を使えるので、ローテーションでぶっぱすれば数だけは多い雑兵どもがまとめて屍だ。

地下で鍵やらアイテムやらを入手。
武器庫でたくさんの武器が拾えるが(そりゃ武器庫だからな)、貧弱な安物ばかりでひたすら荷物枠を圧迫する。
まぁ要らない物ばかりなので、邪魔になったらトコロテン式に捨てていけばいいのだが。
しかしゴーン族は設定上、ガーディア原住民4勢力の中では武闘派であり、彼らの領土が間にあるのでムンク族とダーン族は仲が悪いけど大きな抗争に至っていないという事なのだが。
ゲームの数値的には4勢力で一番弱いのがゴーン族というのが、なんともはや。

武器庫はどうでもいいとして、すぐ傍の部屋で必須の鍵や必須のアイテムが手に入る。
その中の一つがムンクの腸の瓶詰。原住民の臓物がアイテムで後々悪魔召喚の道具に使うとか、さすが海の向こうの人の思考は違うと感心。日本人には攻略情報無しのクリアは無理だ。
いやまぁ、海の向こうでも無理だったろうと思うが。

10_7 10_8 10_9通行用のアイテムを入手したら、入口まで戻って北へ。
シケた宝箱やスイッチで開く隠し扉を探しつつ、先へ進む。

鏡を拾って光線を反射し、奥のスイッチを動かす仕掛けがある。
なるほど、と思った数秒後、人肉食って槍ふりまわす原住民が光度感知機能で作動する装置を設置していた事に気づく。
まぁどうせ魔法でなんとかしてる設定なんだろうが。

実際、魔法を使えるゴーン系モンスターは意外と多いようだ。
時々BLD.フラッシュで目潰しを食らったりもするのだが、どうせ魔法で戦うんだからと放置して自然回復に任せたりもする。
でもサイレンス(沈黙)とかホールド・モンスター(麻痺)とかは行動を妨害されるんで厄介。よって元バードだったキャラにリュートを弾かせて睡眠を仕掛け、他のキャラで即死魔法を叩き込む2段構えの戦法を多用する。
先に即死魔法が炸裂したらリュートが無駄になったりもするが、まぁ保険でやってると考えれば悪く無い無駄だ。

魔法の光度感知装置の後に、檻の向こうで猿にレバーを握らせている装置を発見。
もちろん猿相手なので、バナナを見せるとレバーを開けて飛びついて来る。
成程、道理でバナナが地下の倉庫にあったわけだ。
これ考えた奴は酒のんで仕事していたのではないかと思う。
しかも猿が出て行った後、その部屋からゴーン兵が出てきて戦闘になる。
部屋の中に衛兵がいるなら猿に開閉装置を握らせる意味は何なんだ
この部屋の兵の知能ではレバーを上げ下げするのが難しいので、兵よりは賢い猿にレバーの動かし方を覚え込ませたのか。
これ考えた奴は酒呑みすぎじゃないかと思う。

このゲームは、理不尽な所とおかしい所でできている。
正確には、理不尽な所とおかしい所だけでできている。

10_10 10_11 10_13 10_14 なんだかんだで王様の部屋へ着いた。
ストーリー的には、この王様への伝言を受けたので訪れている事になっている。

よって王様と面会し、彼へ「ダータエン同盟は破られた」事を伝える。
ゴーン族には裏切り者がおり、王に仕える魔術師を暗殺したり、ボエリガード大尉がサヴァント兵に捕まるよう内通したりしてるようなのだ。
ダータエン同盟がどういう物なのかこちらにはわからないが、王は鍵をくれる

なお、ここへ来るまでに時間をかけすぎると、ゴーン王が殺されている場合があるらしい。
時間経過とともに事態が変化するのもこのゲームの特徴で、当時としては珍しい、まだ画期的なシステムだったようだ。

日本でもCD媒体のゲームが主流になる頃に、ゲーム機の内部時計を利用したゲームも出てきたと記憶している。
スパロボF完結編にも、プレイヤーの誕生日を祝ってくれるイベントがあったはず。
あの作品にはそんなもん入れるならもっと調整すべき点が(以下削除)。

もらった鍵は地図が入った宝箱を開ける物。
だが箱は既に開けられ、地図は持ち去られていた
王が殺される時間と地図が持ち去られる時間にラグがあるという事か。
まぁ転職にも放浪にも時間をかけたからな。どうせ必須では無いアイテム、どこかの徘徊型NPCにくれてやってもいいだろう。

しかし既に地図が持ち去られ始めているという事は、この先の地図もだいぶ取られている気がする。
地図系アイテムは入手ごとに数千~1万ほどの経験値が貰えるので、こちらが取るに越した事は無いのだが。

なお、王が生きていた場合はイベント後に徘徊型NPCとなる。
宝箱の部屋を出て歩いていると、すぐに彼と再会した
要らない荷物が多いので、彼に売りつける事にする――彼は全NPC中、最も高値でこちらの品を買い取ってくれるらしいのだ。
売るのはこの砦で奪った数々の武器やアイテムだ。盗品を金払って買い戻してくれるとは、さすがは王様というべきか。
裏切った奴らはこういう所が嫌だったのかもしれないな。

10_15 10_17 10_18 砦の捜索は終わらない。
入手すべき物がまだあるからだ。

ここまでで入手した鍵をもって、地下牢へ。
隠された穴へ飛び降りて地下を通り、今は亡きゴーンの魔術師・ムラカトスの遺品をもらいに行く。
ここは手強い相手との2連戦が起こる場所でもある。

一つ目はシャドウ・ガーディアン
強力な呪文を叩き込んでくる強敵で、ここで詰まる人も当時多かったというハマリポイントの一つらしい。
だが我に策有り
アンデッドモンスターを即死させるDIS.アンデッドの呪文が低確率で効くというのだ。
その魔法なら、このパーティには使い手が5人いる。全員が可能な最大パワーレベルで叩き込めば、低い確率を手数で引き当てる事も不可能では無いだろう。
もちろんセーブ&リセットは使うが、詰むような事は無いはずだ。

食らえ! 我が渾身の一撃を!

1戦闘目の1ターン目の1発目で効いた
シャドウ・ガーディアン撃破。宙を裂く渾身の空振りが残り4連発。

作戦は大成功である。
たまには自分だって運の良い時があっていい。

10_19 10_20   その後、ムラカトスの亡霊と会う。
シャドウ・ガーディアンと同じ顔をなさっているが、まぁ亡霊系モンスターのグラフィックが1種類しか無いしな。
個別グラフィックを用意してもらえるような重要NPCでは無いと制作側が判断したのだから仕方が無い。

こうして盆栽ツリーというアイテムを入手。
これはこの先のダンジョンへ入る鍵となる物なのだ。

そしてその先で第二の強敵が待っている。
スペクトラル・レイヴンの大群がいるのだが、この戦闘直前に強制発動の罠が叩き込まれ、こちらは沈黙状態にされてしまうのだ。
数で攻めて来る敵の大群に範囲攻撃強制封印で戦えってさ。
これ考えた奴はアル中なんじゃないかと思う。

しかもこちらは魔法攻撃主体のパーティ、相性が悪いなんてもんじゃない。
だが我に策有り
だからこそ、この砦へ来る前にムンクハラマで攻撃用アイテムを買い込んだのである。
沈黙させられても魔法の効果を持つアイテムなら威力を発揮するので、群がる敵へ火炎瓶を投げつけて焼き払うという計画だ。
卑劣な罠など恐れるに足らず。

戦闘開始。
沈黙の罠が発動。だが罠の効果を受けない者もいるようだ。必ず沈黙するのではなく、運が良ければ影響を受けない者もいるらしい。
実際に罠を食らったのは……誰もいなかった

全員、普通に戦えるわ

NCL.ブラストの爆炎が吹き荒れ、小賢しい鳥どもは灰塵と化した。
作戦は結果的に大成功である。
たまには自分だって運の良い時があっていい。

10_2110_24奥の宝箱からパワージェムを入手。
これはパーソナルスキル・パワーストライクを習得できるアイテムである。
残念ながら消耗品なので、習得できるのは一人だけだが。
また鍵も手に入る。
この砦にも実は回復の泉があり、ここで入手した鍵で開く格子の向こう、なんと入口のすぐ傍にあるのだ。
大概のパーティはここまででボロボロに疲弊しているだろうから、次のエリアの前にここで回復していけという事だろう。
まぁ施設と位置の問題で、ここの泉にお世話になるのはおそらく1度こっきりだろうが。

盆栽とパワージェム(パワーストライク)を得たら、この砦のイベントは終了だ。
次のエリアへ向かうため、一度ニューシティーへ戻るとしよう。

|

« WIZ7 9 ダーンの塔 | トップページ | WIZ7 11 ムンクハラマ地下 »

Wizardry7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/62324235

この記事へのトラックバック一覧です: WIZ7 10 ゴーンの砦:

« WIZ7 9 ダーンの塔 | トップページ | WIZ7 11 ムンクハラマ地下 »