« WIZ7 7 道確保 | トップページ | WIZ7 9 ダーンの塔 »

2015年10月30日 (金)

WIZ7 8 虫人

8_1 アクパイルから帰還した一行、回復の泉で力を取り戻したら、再び東から街を出る。
だが次はムンクハラマへは行かない。
エリン川を渡る手前の、三叉路を北へ向かうのだ。

その先は原住民・ゴーン族の戦士達の領土
そこには番人がおり、ここへ来る者を足止めしている。
だがニューシティーで助けたボエリガード大尉の手紙を彼に渡せば、以後、ここを通してくれるようになるのだ。

倒して通る事もできるようだが、まぁ無駄な手間とレベルが要求されるだけらしい。
このゲーム、あちこちで通行のためのアイテムが必要となるが、理論上はその半分ぐらいを無視して力づくで突破もできるようだ
回復魔法を連打しながら海を泳いで越えるような、無意味な苦行を厭わなければ……らしいが。

番人と別れてから東の森へ踏み込めば、ゴーン族の砦へ行ける。
適正レベルの攻略なら、ニューシティーの次はそこを訪れるべきとの事。
だが今は砦を無視。森の中の道をひたすら北上する。
パーソナルスキルをできるだけ早くそろえる計画はまだ捨てていない。

途中で出る敵は、下位のゴーン族や鳥・虫類。
アクパイルへの道とはうって変わり、1パワーレベルの全体即死魔法でほぼ壊滅するような話のわかる奴らだ。
6人全員がその手の呪文を修得済みなので、ローテーションを組んで魔法を使っていけば、2~30回の戦闘を無補給でこなす事ができる。

これだよ! これを目指していたんだよ! やっと成立したよ!

8_28_3 8_6 8_7 快進撃は続くよどこまでも。
このゲームを始めて、思い通りに進んでいるのはスターターダンジョン以来だ。
つまり大半が何かに躓いている事になる。

それでもゴーン族の領土を抜け、北側にある三叉路を西へ。
次の町・ニクタリンスへ到着した。

ここは宇宙人のティーラング族が拠点にしている町である。
ここでティーラング達から仕事を請け負ったり、彼らの持つアイテムを入手したりできるのだ。
やはりティーラング族は悪役サイドの扱いなのか、彼らを手伝うイベントより、倒したり物を奪ったりするイベントの方が多め。

町へ着いたら、ティーラングのボスであるエイチジェン・ラに会う。
会うといっても窓越しではあるが、そこで伝言を頼まれた。
このニクタリンスにも転送装置があり、彼らの依頼を受ける事で使えるようになる。
ここのテレポーターが、ここに来た目的の1つ目だ。

そしてそれが使えるようになれば、もう彼らと仲良くする必要は無くなる。

転送装置の先は、おなじみニューシティー。
ティーラングのシュリティスさんに伝言を教えたところ、どうもアンパニ族への攻撃指令だった模様。
お前らも手伝えやと仰られた。

もちろん素直な我がパーティは快諾
アンパニのロダンさんをブチ殺して証拠の品を持ってこいとの事。

まぁいつかやるかもな。
期限決められてねぇから100年後とかでもいいと思うし。

回復の泉に寄ってから、再度ニクタリンスへ。
エイチジェン・ラが次の任務(ラットキン族から地図ガメて来い)を言うので、これも快諾だ。
まぁ200年以内には。

ラットキンの本拠地・ファンハウスは、攻略本の地図を眺めているだけで眠たくなる、このゲームでも最も面倒な場所らしい。
しかも奥には地図こそあるが、それは必須アイテムではない
なんじゃそりゃ。

8_8 8_9 8_11 ニクタリンスを南から出て、荒野の道を進む。
ここらになると、また敵が手強くなる。ただアクパイルへの道と比べれば、同等かあそこよりは下という感じはする。

敵の中にはティーラングの下位階級もいるようだが、彼らは総じて火領域に耐性が無いので、NCL.ブラストで景気よく吹っ飛んでくれる。
それだけでアンパニの獣どもよりは好感がもてるという物だ。
ただ時々出る2ヘッドライオンは頑丈で面倒

やはり獣はダメだな……と思いつつ道を進めば、ヘラゾイドがティーラングに襲われているイベントに出くわす。
実はこれがここに来た目的の2つ目
彼女をぜひ助けよう。

出てくるティーラングどもは、ここまでに戦った連中より上位の者が混じっている。
今までと同じつもりで戦ったところ、なんとか勝ったがパーティが半壊させられて死者まで出た
こりゃあかん。リセット。

数回の試行錯誤の末、NCL.ブラストのパワーレベルを上げて全員でブチ込むというただの力押しが最も有効だと判明。
地獄の爆発の中、ティーラングどもは灰塵と化した。
汚ねぇ花火だ。MPもかなり消費しちまったぜ。

助けられたヘラゾイドのジャン・エッテから、お礼の品を貰う。
これで得られるヘラゾイドのペンダントは、後々、パーソナルスキルの修得アイテムと交換してもらえるのだ。
洋の東西を問わず、ヒロイックファンタジーの主人公は女を助けて特典を得る物なのであるな。

襲われている少女を助けたら損ばかりするRPGがあっても、誰も喜ばないのは確実だし。

8_12 一旦ニクタリンスへ引き返し、転送装置でニューシティーの回復の泉へ。
万全の状態にしてから、再度、ニクタリンスから南下だ。

やがて原住民の一つ・ダーン族の本拠地である塔が見えてくる。
このダーンの塔こそ、ここへ来た目的の3つ目、そしてパーティを大きく強化する場所なのである。

なのであると断言して書いたが、ここへ来るのは初めてなので、実際にどの程度の強化でどの程度楽になるのかはわからない
まぁ今まで通り、必要な物だけとってさっさと出るとしよう。

もし今回のプレイが詰まるとしたら、ここか海の向こうだろうという予感はするんだがな……。

|

« WIZ7 7 道確保 | トップページ | WIZ7 9 ダーンの塔 »

Wizardry7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/62258041

この記事へのトラックバック一覧です: WIZ7 8 虫人:

« WIZ7 7 道確保 | トップページ | WIZ7 9 ダーンの塔 »