« ピラミッドの謎 3 | トップページ | ピラミッドの謎 4 »

2015年9月 3日 (木)

迷宮のドラゴン 7

異次元空間超えて、彷徨う主人公が辿り着いたのは1巻の山中
ゾーキス湖のそば、ニスペン実家の前である。

S20a ワープの影響で、主人公の能力値にも変化が起こっている。
元の値に関係なく原体力ポイントは26、技量ポイントは12、原知力ポイントも12、経験値は0になっている。
サイコロの出目が全て最大だった時の初期値という事だ。
巻き戻しは喰らったものの、能力的には強くてニューゲームという状態である。

所持品も変化しており、ほぼリセット。
ただし所持金と魔法の道具だけはそのまま残る
2000枚の金貨と数々の魔法が残るのはありがたいが、武具も消えたので丸腰だ。
早くゴブガブの迷宮へ行ってゴブリン達からカツアゲせねば。

とにもかくにも下山する主人公。
ゾーキス湖の傍に出る……そしてまたソーチキスに襲われる
技量ポイントが12あるので楽勝ではあるのだが、武器がないので攻撃に成功しても敵に与えるダメージは1。対して鰐の体力ポイントは16である。
面倒なので、魔法で倒してしまおう。
ただし、1ターン目に使うのは【透視の術】。鰐の胃袋まで見えるのだが、中に黒い玉が入っているのを発見できる。
なんでこんな貴重な物を鰐が食っているのかは謎。以前の犠牲者の物だろうと主人公は推測しているが、知力ポイントを枯渇させた魔法使いがたまたまこの傍を通って食われたのだろうか。
2ターン目に【星笛の術】を使い、動けなくなった鰐の腹を素手で引き裂いて勝利。
2個目の黒い玉も入手。これでサンディと合流すれば、二人でダブル稲妻の術ができるのだ。

鰐の屍を後に、ニスペンの家へ急ぐ主人公。
実はスーパーヘルメットが無ければ、2巻冒頭の魔術師爺さんに「あれ要るから」と言われて巻き戻しを喰らうのだ(戻される場所と処理は今回と同じ)。よってゴブガブの迷宮攻略は事実上必須なのである。
なお、スーパーヘルメットが無くてもゾウナに勝つ事は十分可能

ニスペンの家に着いたので、前と同じくタンスの中の小銭をポケットに入れる。既に2000枚あるとはいえ、これ以上あっても別に困る事はない。
そのうち母親のヒルダさん、そしてニスペンが帰ってくる。時間も戻ったので、主人公とは初対面。悲しい事だが、絆はこれから培い直せばいい。再び妹のコレットを取り戻しに行くのだ。

海上のフライドリルも、島で見張りをしているゴブリンも【星笛の術】で一蹴。サイコロをふる必要はないし、素手で4匹組の敵となど面倒で戦っていられない。ニスペンの家で休息したので【星笛の術】2回分の知力ポイントならなんとか確保できる。
ゴブリンから剣と鎧を奪えば、後は前回と同じだ。技量ポイントが高いぶん、前より楽に敵を倒す事ができるぐらいだ。

というわけでゴブガブは倒した。この迷宮だけで経験値が40点入ったので、技量ポイントを15、原知力ポイントを16にしておく。
再び友人となったニスペンと再び分かれ、ララッタの街へ。

この街の道具屋で金策再び。元手が前より遥かに大きいので、得る金も大きい
しかしまたもや自分の勘違い・読み落しを発見。

・ゴブガブの王冠を売ろうとした時のイベントで貰えるアイテムは「まだ持っていない物」である。
・この時【火の玉の術】【薬の術】【透視の術】を教えてもらえる。

まぁ影響は特に無いが。手持ちの玉を全部売ってから、金の限り水晶玉を買う。そしてお土産は赤い玉をもらうのだ。買い込むのが赤い玉か水晶玉かの違いだけである。
25個の水晶玉が詰まった背負い袋をかついで、進め主人公。

Photo ここから西アフブルグまで前回と同じ。
サンディが仲間になって、主人公も大喜びだ
大喜びついでで白い玉をもらう。代わりに黒い玉を渡すので、今回は恵んでもらう一方ではない。
途中のシーザスは、二人で【稲妻の術】を連発すれば2ターンで吹き飛ぶ
受けろ獅子の牙。

西アフブルグに着いたら、手持ちの水晶玉は売らずに、さらに水晶玉を買い込む
トリガーの羽根や革の盾を買ったうえで、500枚ぐらいの金貨を残して水晶玉を買い漁るのだ。

3巻には所持金を全て失うナメた強制イベントがある。
しかし条件次第で魔法のアイテムは残せるので、換金用のアイテムを今から用意しておかねばならない。
2巻に入ってからだと最適な準備ができないので、1巻のうちに準備を始める必要があるのだ。
47個の水晶玉が、必ずや終盤で役に立つ。

Photo_2 それ以外は前と同じ行動をとる。
ドラゴンスレイヤーの入手も同じ。
サンディのぶんは売るのも同じだ。
それでサンディの装備を整えるのも同じだ。
ヘルメットと水筒を買うのを忘れてはならない。
その後、ドラゴンの洞窟に乗り込んで、戦いの前に泉の水で完全回復するのも同じだ。

そしてドラゴンとの戦闘へ。
こいつにもダブル【稲妻の術】を叩きこめば、やはり2ターンで粉砕できる
サンディの知力ポイントがこの術を2発撃てる値なのも、恐らく計算の内に違いない。
泉の水で知力ポイントも完全回復しているので、後先考えずにぶっぱしよう。
必殺パワーが嵐を呼ぶぜ。
1巻最強の敵だが、完全にこちらの圧勝で終わる。

万が一、運が物凄く悪くて剣での攻撃が全然当らない時のみ3ターン目にもつれる。
だがダブル【稲妻の術】を2ターン受けたドラゴンの体力ポイントは残り8点
3ターン目、主人公が【稲妻の術】、サンディが【火の玉の術】を使えば、武器による攻撃は一切不要で終わる
ドラゴンスレイヤーは2巻でお守りと交換するためのアイテムだ。

まぁどれだけ圧勝したところで、サンディの盾と鎧が壊れる事は変わらないのだが……。

S26aS26b 愛用していたスーパーヘルメットがドラゴンの血で蘇る。
これを装備していざ2巻へ。
今度こそワルキューレの心を射止めるのだ(でも本命はサンディ)。

|

« ピラミッドの謎 3 | トップページ | ピラミッドの謎 4 »

ワルキューレの冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/61435937

この記事へのトラックバック一覧です: 迷宮のドラゴン 7:

« ピラミッドの謎 3 | トップページ | ピラミッドの謎 4 »