« 特撮大戦 第51話 宇宙へと放つ矢 | トップページ | 特撮大戦 第53話 セブン暗殺計画(前編) »

2015年7月 2日 (木)

特撮大戦 第52話 災いの流星

52_1 52_2 52_3ついに来た、大鉄人17の決戦面。

レッドバロンもジャイアントロボ(使ってないが)も健在な中、ワンセブンだけが雄々しく散っていく。
流れる涙は、この悲劇に対する物か、この理不尽さに対する物なのか。

事前準備

ワンセブンのHPと運動力を9段階改良。スペシャルタブLとハイディフェンサーを装備。
ダンにソウルタブを、ウルトラセブンにハイパーマニューバを2個装備。
ウルトラホーク2号に、スペシャルタブLとハイパーマニューバを装備。
郷さんにブースターを2個装備。
89戦車にもブースターを2個装備。
ファディータにソウルアフェクターを装備。
イナズマンFにユシマダイオードを2個装備。
ルシファードと宇宙刑事に、なんか適当に装備。

ナガーが次元歪曲フィールドを準備しているうちに、地球側はブレインに匹敵する人工知能・ビッグエンゼルを開発。
そこへブレインが総攻撃を仕掛けてくる。

52_4 52_5 52_6 5311 ACT1

フルハシ隊員がウルトラマン3人への信頼を口にするが、この面では別々のACTに一人ずつ、2人しか出てくれない。
ウルトラマンにも彼らの都合があるのだ。
地球人の力でできる所までは頑張ろう。

1PP:ワンセブンは空を飛んで発電所へ。

ウルトラ警備隊は南へ。
ワンセブンと合流するのだ。

2PP:ウルトラホーク2号は南下。

ダンは降りてソウルタブを使う。

入替に三郎君をウルトラホーク2号に乗せる。

3PP:ダンはワンセブンから南へ2・東へ2マスの位置へ。

ウルトラホーク2号はダンの西隣へ。

他の連中は南東へ押し込む。

3EP:ブレインが撤退し、敵増援1・ケルバーン

52_9 52_11 4PP:射程内に入るケルバーンが出て来るので、ワンセブンはスペシャルタブLのバグ技で気力を150にする
その後、ミサイルで適当に1機落としておく。

なお、バグに頼るのが嫌なら、ソウルタブで代用しても構わない。
何も問題無く進める事ができるだろう。

4EP:ワンセブンがハーケンキラーに攻撃される。
防御しておけば倒される事は無い。
命中率1%の反撃なんぞを血迷って選ばないように注意。
計算上、ワンセブンのレベルが99でも命中率は一桁%にしかならないらしいが、ワンセブンのレベルをそこまで上げた事が無いので確認はしていない。

52_12 52_13 52_14 5PP:ダンはセブンに変身。
地球人の力でやれるだけの事はやったのだから仕方がない。
ワイドショットでハーケンキラーを狙撃する。
レベル68+ハイパーマニューバ2個でも命中率80%に届かない事を確認。
ナメんな。

まぁ命中はしたので良しとしておく。
セブンなら当たれば倒せるし。

ワンセブンは仕方なくチャージしながら、腹いせに他のブレインロボを優先的に狙ってグラビトン。

ウルトラホーク2号はスペシャルタブLで気力を150にし、ケルバーンを撃ち落とし始める。
バグ技に頼るのを嫌うなら、いっそ麻酔弾を徹底改良しておいていい
メタル編なら決して無意味でも自己満足でもない改良である事が、後の面でわかるだろう。

ハーケンキラーさえ倒せば、後は特に難関もなく、8PP辺りで敵を全滅させる事ができる。
ワンセブンをチャージしてから最後の1機を落し、このACTはクリア。

52_15 52_16 ACT2

ブレインエリアのイベント。

ブレインは無敵だし近づくだけでイベントで終了だしで、何も捻る余地が無い。

まぁ次ACTのために、山上でじりじりと近づいておこう。

三郎君の言葉に背中を押され、ブレインエリアに踏み込むワンセブン。
そして行動不能になるワンセブン。
指示を出した子に「どうしたんだ?」と今さらな事を言われるワンセブン。

言葉と精神論では、巨大ロボの背中を押すのも限界があったようだ。
もうウルトラマンに物理的に押してもらうしか無いな……。

52_17 5331 ACT3

ブレインとの最終決戦。
ウルトラ警備隊は今日の仕事が終わって帰宅したので、防衛隊が代わりに出撃。

いや、無敵のレッドバロンを呼ぼうや……。
なおブレインエリアは生身のウルトラマンなら問題ないと思うが、実は搭乗操縦式のレッドバロンも設定上問題無いはず。
この世界だとジャイアントロボとワンセブンにしか利かない能力なので、そんなに困った機能でもない気がしてきた。
原作だと人類唯一の守護神・ワンセブンに致命的ならば、絶大な能力だったのであろうが……。

ダメ押しとして、ゴキの巣ひっくり返したかのごとくケルバーンがわいてくる。
2EP敵増援1・ケルバーン
4EP敵増援2・ケルバーン
6PP敵増援3・ケルバーン

52_19

とりあえずウルトラマンの事ばかり考えずに、人類の手でできる所まではする。

まずキタクラさんの飛行機を工場に放り込む
2PPに工場へ入る事ができるはずだ。

3PPに89戦車に乗り換えて、味方増援出現地点付近へ移動
Lサイズ敵はLサイズ味方ユニットへの攻撃を優先しがちなので、キタクラさんの身の安全を計り易くもなる。
このACT、なぜかキタクラさんの撃墜が敗北条件なのを忘れがちなので注意。

ケルバーンは味方の戦闘機がひきつけてくれるだろう。
ただし砲撃を受けると一瞬で爆発するので、敵の射程内で動きを止めてはならない。

52_21 52_20 52_22 6PPにサワ隊長特攻イベント
おかげでブレインに隙が生じ、ワンセブンが機能を取り戻す。
三郎君が乗り込み、晴れて搭乗型ロボとなる。

味方増援1・ワンセブン

このイベントの後、追加で敵増援4・ギガント

主人公コンビと選択5人も味方増援1で出現
宇宙刑事3人・郷さん・イナズマンFを選択。

敵は多いが怪獣・怪人クラスの相手はいない。
ここまで来ると勝ったようなもの。

52_25 52_28 52_27先ずはソウルアフェクターで皆の気力を上げる。

郷さんは戦車にダッシュして乗り込む
その戦車は工場へUターン。

他のメンバーは西へ動き、戦車がケルバーンに囲まれないようにする。

7PP:戦車は工場の入口から7マス東へ。
そこから郷さんが工場へ駆け込む
ブースター2個・移動力合計7の力を見よ。
ついでにルシファードも、工場入口から5マス以内へ入っておく。

8PP:郷さんがマットアロー1号に乗り込む
それからケルバーンと戦闘開始だ。
マットアロー1号は無改良だが、セブンからハイパーマニューバ2個をはぎ取って装備すれば、ケルバーンからの命中率は4割をきる。
後はレベルと気力の高さで、結構戦えるはずだ。
必殺技を追加されなかったジャックは燃費が悪いので、変身前にできるだけ敵を減らしておきたい。

ついでにルシファードも同乗させ、経験値のため寄生を狙う

シャリバン・シャイダーは母艦に乗り、ケルバーンを狙撃。

ファディータ・ギャバン・イナズマンはケルバーンを足止めしながらギガントを駆逐。
射程5になった念力キックは非常に便利。

一方、ワンセブンは山上で周囲のケルバーンを殲滅開始。
気力も地形効果も高いとあれば、負ける事は無いはずだ。

8EPマットアロー1号があっという間に撃墜される

ルシファードはロクに経験値を貰えなかった……。

まぁ郷さんがジャックに変身したので、後は任せよう。
地球人の力でできるところまではやった

9PP以降、ジャックと宇宙刑事の母艦でケルバーンを掃討。
全機燃費は劣悪だが、3人で協力すればなんとでもなる。
不安ならジャックが発電所に飛び込み、そっちへ敵を引き付けてもいい。

52_32 52_33 52_34ブレイン以外の敵を全滅させるとクリア。

ブレインエリアを破ってブレインを撃破する手段は、己の特攻しかない。
そう判断し、ワンセブンは三郎君を離脱させてブレインとともに消滅するのだった。

セブンとジャックにW光線技を叩き込んでもらうとかできなかったのか。
ついそう考えがちだが、地球のコンピューターにとって、ウルトラ一族はどこからか助っ人に来てくれてるけど身元は未確認の宇宙人でしかないので「今この場でブレインを消滅させる手段」としては考慮の外だったのだろう。

「ウルトラ戦士が複数で出てきてくれた時にたまたまブレインがすぐ傍に出現する機会が今後いつかあるかもしれないから、それまで気長に待とう
こんな判断をくだす人工知能があったら、そっちの方が仰天ではないだろうか。

こうしてワンセブンは永遠のナンバーとなった。
それからまたナガーななんかいらん事しに来そうだが、まぁそれはまた後の話。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第51話 宇宙へと放つ矢 | トップページ | 特撮大戦 第53話 セブン暗殺計画(前編) »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

ワンセブンラストステージお疲れ様です。
私はこのステージがこのゲームで一番好きなステージです。
理由はワンセブン原作に近い設定である事と初見で辛酸を舐めまくった事ですかね。又、準備していればワンセブン無双が出来る事かな。
ACT1のハーケンキラーですが、対ワンセブン兄弟用に作られただけあって、脅威の回避能力(ちと過剰ですが)を持っていて原作を知っている人は納得(?)ですね。まぁ特段の高速移動するわけではないのですが今までのブレインロボよりは運動性は良く、ワンセブンのグラビトン発射動作が意味不明な位遅いのでまぁ当たらないのは納得(どうしてそんな設計にしたんだブレインw)です。セブンをここで(セブン繋がり?)出撃可能としたのは作成者の善意(?)と観ています。
問題はACT3。キタクラ撃破がゲームオーバー条件である事と増援のケルバーンの数が厄介。ワンセブンを適当改良や経験値稼いでなかったり、ここまで無理やりリセット技で来ていると地獄を観ますwまぁ戦車や戦闘機を鬼改良してれば問題ないですがそこまでは初見レベルでしている人はまれでしょうから・・・。防衛隊の面々=レッドマフラー隊と脳内変換している私にはこのステージはかなりしっくり来ますね。
普通にやってると工場はケルバーンに包囲されるので、ワンセブン発電所篭城その他はキタクラ援護って感じで初見はクリアしたかなぁ。
2週目以降はワンセブン・防衛隊を大活躍させてクリアするのが癖になりましたが。
最後に いや、無敵のレッドバロンを呼ぼうや……。<まさにその通りなんでここで出撃できないのか・・・悔やまれる (あぁレッドバロンは搭乗系ロボだからブレイン攻撃できるかw)

投稿: 黒衣 | 2015年7月 5日 (日) 00時40分

なるほど、ハーケンキラーにワンセブンの攻撃が当たらないのは原作再現なのですな。
このゲームの制作班は「原作で勝てなかったんだから勝てなくていいだろ」と割り切りすぎに思いますが。

>2週目以降はワンセブン・防衛隊を大活躍させてクリアするのが癖になりましたが。

この面に限らず、このゲームはその面の主力を大活躍させてクリアするよう設計はしていると思うのですよ。
ただそれに補助輪が一切なく、設計に沿わないプレイをしている者へ手を差し伸べていないだけで。
だからこのゲームの知識をもてば、一気に別世界へ駆け上ってしまえるのですな。
それを面白く感じられるなら、このゲームは決してクソゲーでは無いと思います。

投稿: 松友健 | 2015年7月 5日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/60586981

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第52話 災いの流星:

« 特撮大戦 第51話 宇宙へと放つ矢 | トップページ | 特撮大戦 第53話 セブン暗殺計画(前編) »