« 特撮大戦 第56話 託される想い | トップページ | 特撮大戦 第58話 ファイナルミッション »

2015年7月 9日 (木)

特撮大戦 第57話 最後の願い

57_1 最終面の直前だが、難易度的には簡単もいい所な場繋ぎの面。
最終面も別に難しいわけではない。
このゲームの難易度的な山場は、この時点で既に越えてしまっているのだ。

事前準備

ファディータにブースターを2個装備。
てつをさんと一番レベルの低いライダーに、ブースターとEN回復キット装備。
あと2人のライダーのどちらかにソウルアフェクターを持たせる。
残りのライダー・ルシファード・キカイダー兄弟は適当にしておく。

敵の数は多いが、特に強敵はいない
まぁこのゲームの強敵って大半がLサイズなんだが。
敵よりも出撃や戦闘可能なキャラの制限が難しい原因なので、敵が全部Sサイズ・ボスキャラは1体・主人公と仮面ライダーが出せるこの面が簡単なのは当然なのである。

57_4 57_5 57_6 ACT1

ついにナガー戦艦へ侵入した主人公達。
これから戦艦を覆うバリアを解除すべく、動力部へ向かう。

このメンバーだけでもラスボス倒せるから、首領の部屋へ直行すればいいじゃねぇか?……というのはプレイヤーだからわかる神視点の意見であり、主人公達にしてみれば、他のメンバーも入ってこれるようにする必要があると思うのは当然の事だ。

この面はサキを目的地へ届ける事が目標。
移動後攻撃に優れたライダーを突っ込ませて敵を粉砕していくだけで終わる。
初期配置周辺にも敵増援がわくので、移動力に劣るキカイダー兄弟はそこを担当するといい。

3PP敵増援1・ギガント
もはや叩き潰すだけの的だ。

57_9 57_12 57_13 57_14 3EP敵増援2・アプファロンとギガント

4PP敵増援3・ギガント

この面のボスが彼。
アテファリナが死んだ事をロクに気にもせず、弟・タクマを敵として排除にかかる非情な兄だ。
パワーとファイトが燃え上がる。

まぁ非情だから強いかというと、全然そんな事は無いんだが。

アプファロンは最初から近寄ってくるので、相手の移動距離のちょい外で一旦ストップ。
間合いに入ったら、1号のライダーキックで撃破。
HPがたいした事無いので、接触即蒸発となる。

ここまで来ると、ワンパンで撃破されるHP量ではザコとほとんど変わらない。
なんでアプファロンのHPがこの程度なのかというと、彼はルート分岐次第で前半に登場するので、その時期戦う敵として調整されたからであろう。
PS2以降のスパロボが、設定上は同じ敵に前半登場用・後半登場用などと複数のデータを作っていた理由がよくわかる。

後はたいした敵はいない。
いや、アプロファロンもたいした敵では無いんだが。
一応、数ターンの間、敵増援としてギガントが出続ける。
歩くパンチングマシーンでしかないので、あまり使わない技の戦闘シーンでも見ておこう。

サキが上部中央の部屋に入ればイベント発生。

もう一度だけ敵増援でギガントが出る。
これを倒せばイベント。

57_17 57_19 57_18 57_21さて、動力部に着いたのでバリアの解除となる。
なるんだが、このゲームのナメた展開がまた炸裂するので困る。

まず、操作するためにパスワードが必要。
これはセキュリティ上、当然の事だろう。
誰も入れないはずなので何一つロックしてませんでした、とかやられる方がツッコミたくなる。

ここからだが……もしかしたら自分が何か読み間違えていたり、勘違いしていたりする可能性もあるので、それは先に断っておく。

というのも、このナガー要塞のバリアの解除操作をすると、いろいろあって操作盤の周辺に改造人間でも死ぬ事確定レベルの超高圧電流が流れるらしいのだ。
なお、仮面ライダーの1話で、本郷猛が改造人間になった証明として、ショッカーが彼の体に常人なら死ぬほどの高圧電流を流すシーンがあったと思うのだが……そんな彼でも耐えられない威力の電力を部屋に流すってな……。
誰も操作できねぇだろ、それは。

まぁ一応、理屈は通るのか。
地球人の戦艦を改造した物だから、操作盤そのものはあって当然だし。
でもそれに宇宙人が後から手を加えたから、意味の無い部品や地球人から見て頭のおかしい装置が残る事もありえるし。
ナガーの人達はワープで出歩くから、バリア解除の必要無いし。

外に出てからワープ装置が壊れたらどうすんだろ。
やっぱ迎えに来てもらうのか。
アプファロンが途方にくれながらアテファリナに携帯で電話したりすんのか。

とりあえず仕方ないので、バリア解除の操作をした後、あえて超高圧電流が流れる場にサキは一人で踏みとどまった

57_24 57_27 57_29 57_33人体をアース線の代わりにし、電流を他のメンバーに向かわないよう流す。
結果、犠牲はサキだけで済んだ。

人体?
そう、人体である
サキは普段から非戦闘用の融機鋼を装着し続けていた、異星の「人間」だったのである。

……別にそんな「隠されていた事実」を作らなくても、バイオ素材を使った人造人間だからアースの代わりOK!でいいのではなかろうか。
いや、そんな事はどうでもいいが。一番アレなのは、最終面1話手前でヒロイン強制死亡・離脱という事なので。

なんでこんな事に!
なぜだぁぁぁっ!
特撮大戦だからかぁぁぁっ!そうか。

次は最終面だ。はりきっていこう……。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第56話 託される想い | トップページ | 特撮大戦 第58話 ファイナルミッション »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/60673257

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第57話 最後の願い:

« 特撮大戦 第56話 託される想い | トップページ | 特撮大戦 第58話 ファイナルミッション »