« 特撮大戦 第50話 さらばウルトラマン | トップページ | 特撮大戦 第52話 災いの流星 »

2015年7月 1日 (水)

特撮大戦 第51話 宇宙へと放つ矢

51_12 51_2 51_3タイトルは「うちゅうへとはなつや」である。
宇宙を「そら」と読むのはガンダム流であり、このゲームに彼らはいないので、間違ってはいけない。
スーパーヒーロー作戦にはGガンとWガンがいた事も、もはや遠い過去か。
と思ったらヒーロージェネレーションでまたガンダムが参入。
やっぱり彼ら抜きだと、興行的に厳しいんだろうな……。

ここはストーリー的にはオリジナル主人公とナガーが主体になる面。
だが戦闘的には、ケルバーンの群れとギガントの無限増援が数の力で雪崩れ込んでくる面である。
Lサイズ戦の準備をしっかり整えて臨みたい。

事前準備

ウルトラホーク2号のHPと運動力、耐久性を限界までフル改良。ハイパーマニューバとソウルタブを装備。
ルシファードにブースターとリロードマガジンを装備。
ファディータにブースターとソウルアフェクターを装備。
仮面ライダー1号・2号・RXにハイパーマニューバ装備。
シャイダーにEN回復キットを装備。
レッドバロンにHP回復キットを装備。スペシャルタブLとHP回復キットを装備。
ウルトラセブンにハイパーマニューバを2個装備。
イナズマンにも何か適当に装備。

ケルバーンの群れは、ウルトラマン達とレッドバロンに任せれば一方的に駆除できる。
だがここはウルトラ警備隊のレベルを上げるチャンスなので、有効に利用しておきたい。
フル改良というと金がかかるので腰が引けてしまうが、もうその程度の金は貯まっているはずだし、どうせいずれ必要になる
よってここでやってしまおう。

51_4 51_5 51_6 ACT1

街中に宇宙空間が出現
何かと突っ込まれがちなMAPだが、この異常な構成のおかげで、宇宙戦闘のできないユニットを活用できる。
宇宙適応Bが軒並み息切れしていたF完結編のスタッフにも、このぐらいの柔軟さがあれば、あれの評価も変わっていたかもしれないな。
まぁこんなMAPを作ろうと思わない方が普通だろうが……。

ストーリー的には、ナガーが空間操作能力を見せ付けている場面なので、実は特別おかしな話にはなっていない。

各種ウルトラ系組織や主人公が出る中、選択枠は4人
てつをさん・シャリバン・シャイダー・イナズマンFを選択しておく。

この面での戦闘は、大きく分けて北側・南側・中央宇宙空間に分かれる。

北は宇宙刑事の母艦とウルトラマンジャック、レッドバロンが担当。

南はウルトラホーク2号とウルトラセブンに任せる。

中央はルシファードとファディータが、無限増援と戦うのだ。

51_20 1PP:まずは南側。
ウルトラホーク2号からキリヤマをおろし、邪魔にならないよう南東へ。

ウルトラホーク3号にいるアンヌをウルトラホーク2号へ移し変える。
1機だけだとレベルを上げる事のできるパイロットは2人まで。
今後の事を考え、フルハシとアンヌを選んておく

乗せ代えたら、2号を西へ飛ばしながらソウルタブを使って気力を上げる。
ウルトラホーク2号に気力を要する武器は無いが、なにせパイロットのレベルが低い。
一撃で敵を落とせないし、相手の攻撃を避ける事もできない。
よって気力を高めて攻防ともに上げておき、力技で敵軍を粉砕するのだ。

まぁここまでやっても、最終的には撃墜されたりするが……。

51_13また、工場を自軍に使わせたいので、誰かを入れて敵に塞がれないようにしておかねばならない。
そこで丘ユリ子を工場に入れる。
その北隣に南猛。
加藤以下、他の3名は西に3マス移動。

ステーションホーク1号を、南へ4・西へ4マス移動。
ウルトラホーク3号を南へ1マス移動。
宇宙から入る道を塞ぎ、ギガントをMATへ近寄らせないようにしておく。

次は北側。

郷さんのスペースアローはサキの南隣へ。
サキはソウルアフェクターで周囲の皆の気力を上げる。
北側のSサイズ勢は全員変身。

アラシの宇宙用ジェットビートルは、北へ2・東へ3マス移動。
イナズマンFはそれに乗せてもらう。

宇宙刑事は母艦に乗って、ライダーは徒歩で西へ。
ジェットビートルは適当に北西へ避難しておく。

ルシファードは南へ5・東へ1に進み、宇宙を目座す。

51_14 1EP敵増援1・ケルバーン
MAPの南北にケルバーンの群れが出現。
ここまで来ると、強化型のケルバーン2も普通に混じっている。
移動力が高いので一気に近づいてくるが、手間が省けたと思って喜ぼう。

味方増援1・防衛軍
戦力としては無価値だが、ケルバーンの移動を望みの位置で止める壁にはなる。

時々、攻撃をひきつけて尊い犠牲にもなってくれる。

51_17 51_15 2PP:宇宙刑事は手近なケルバーンへ母艦で砲撃。
周囲3マス以内を、ケルバーンよりケルバーン2を優先して攻撃する。

ライダー達はケルバーンへの囮。
彼らをちゃんと改良し、ハイパーマニューバもつければ、命中率はほぼ無。

一方、南側。
MATは既にケルバーンに張り付かれている。
丘ユリ子はマットジャイロに乗り、南隊員を乗せて東へ。
他のMAT隊員も東へ逃げる。

51_7 入れ替わりにウルトラホーク2号が工場へ
以後、ここで弾・HPを回復しながらケルバーンを落としていく。
しかしフル改良してあっても、いずれ撃墜される確率が高い

その時のため、ダンはあらかじめウルトラホーク2号の傍へ寄っておこう。
ただしケルバーンの射程内には入らない。
彼の戦いはもっと後の話だ。

イナズマンFはジェットビートルで南側へ運び、対岸へ飛び出す
そのままMAT隊員を襲おうと迫るギガントを迎え撃つのだ。
ギガントさえ倒せばいいので、ENを惜しむ必要も無い。念力キックを連発しよう。
レベルの遅れているイナズマンも、これでそこそこ強化される。

51_16 ルシファードとファディータは宇宙空間へ。
そこでギガントを叩き潰す。

この二人の宇宙適応は最高のA
宇宙空間でも普段どおりの性能を発揮してくれる。
ファディータは非力なのでギガントを一撃必殺するのに必殺技を必要とするが、ルシファードなら気力さえ上がってしまえば格闘でもなんとかなる。
気力が上がりきるまでは、ツインリニアガンやメーサービットを使えばいい。

なお、なぜか宇宙刑事達はさほど高い宇宙適応をもっていないので、地上での戦いを任せた方が良い。
宇宙を管轄にしている刑事であり、宇宙空間で戦う刑事ではないという解釈なのだろうか。
まぁ自分も原作をよく覚えてはいないので、宇宙刑事が宇宙空間で戦ってたシーンの有無はよくわからんが。
でも異次元空間の映像の中に、モロに宇宙っぽい場所もあったような気はする。

51_18 2EP:悩めるプレイヤーの元へ、味方増援2・無敵のレッドバロン
無敵のレッドバロンは宇宙空間でも無敵だ
しかし戦うべきケルバーンは南北の地上方面にいるので、この面のレッドバロンも地上で戦うのだ。
まぁレッドバロンは原作で時々宇宙戦闘してたけど、ちょっと小競り合いしてはすぐ地上戦に移行するパターンばかりだったからな。

3PP:レッドバロンは飛行形態をとり、北へ。
ケルバーンの射程外、着地可能な位置へ動く。

宇宙刑事の母艦にケルバーンが肉薄した場合、あえて防衛軍の戦闘機を敵射程に入れると、そちらが生贄になって母艦が助かる事もある。
しかしシャイダーは素直に母艦から降る方が良い
降りたらLサイズの敵を攻撃できないシャリバンは、敵の射程外へ退くのか囮を呼んで砲撃を続けるか、度胸で決めよう

3EP度胸の結果、グランドバースが落ちた

4PP:ウルトラホーク2号奮闘の結果、フルハシのレベルが20以上まで上がる
しかしボロボロなのでHP回復キットを使っておいた。

51_21 51_22 レッドバロンはここでスペシャルタブLを使用。
このパーツはその名前からわかる通り、ライダーマンが開発してくれるハイパータブと同じ特性を持つ
つまり敵が射程内にいれば、アイテムを選択→武器を選択→キャンセルを行う事で、気力とENを何度でも増やせるバグ技が使えるのだ。
しかしあちらと違って、上昇量は20点。ENの回復目的ではそうとうな回数の作業が必要。
面倒なので、気力を150まで上げるアイテムだと割り切った方がいい。
このアイテムはLサイズユニット用なので、使える場面が限定されているのだが、なにかと厳しいLサイズ戦が助かると考えると非常に有用なアイテムなのだ。

これで気力を最大まで上げてから、レッドバロンはケルバーンと戦闘開始
敵の真っ只中へ突っ込み、反撃も併用する。
上がりきった攻撃力により、武器はほぼなんでもケルバーンを落とせるので、追加された新兵器を鑑賞しておこう。

シャイダーはビッグマグナムでレッドバロンを援護。
ケルバーン2を優先して狙う。

ライダー勢や生き残った防衛隊は、東へ逃げてレッドバロンに全て任せてしまう。
無敵のレッドバロンの戦いを思う存分眺めよう。

また、このへんからギガントの無限増援で稼げる
ギガントを全滅させる度に、ナガー戦艦の周囲にギガントがわくのだ。
それなりの資金を持っているので、どんどんおかわりしていこう。

51_8 4EP:アテファリナが再び顔出しする。
しかしセリフのみのイベント
内容もたいした事じゃない。
彼女もついでに戦場へ出てくれれば、ライダー系ユニットもヒマにならずにすんだのだが。

また、ウルトラホーク2号がケルバーン2を3機残して力尽きた
ケルバーン2は気力が上がると一段強力な武器を使ってくる。
耐久性をカンスト2550まで上げていてもそれなりのダメージを受けてしまうので、回避できないと辛いのだ。
まぁここまで戦えば十分

51_26 5PP:ダンはセブンに変身。
ウルトラホーク2号に代わり、南のケルバーンと戦闘開始。
数はもう少ないわ、セブンが避けて当てて強いわで、まける要素は全く無い。
適当に殴ってビーム撃ってりゃ次PPまでにケルバーンは全て蒸発する。

北側はレッドバロンがボロボロになりながらも殲滅完了。
半端な気力で交戦開始していたら爆発していた所だった。
まぁレッドバロンが敵のクリティカル等で倒されても、その頃には南同様、ケルバーンも残りカス状態になっているだろう。
そこへ郷さんの戦闘機を突っ込ませてウルトラマンジャックになれば、南同様に更地と化す。
今回はその必要も無かった。
レッドバロンは半壊しても無敵だ。

51_10 51_27 5EP:今度はアプファロンが世間話に来る。
もちろん来るだけで、彼も戦闘には参加しない
してくれればダブルライダーキックの出番もあったのだが、彼はそのまま帰ってしまうのだ。

仕方ないので、ルシファードとファディータでギガント潰しにしばし興じる。
ナガー戦艦は無敵なので倒せない。
この戦艦がMAP東端に到達すると、この面は終了。
進行方向に回り込んで進むのを遅らせつつ、わくギガントを倒し続ける。

10EPにナガー戦艦がMAP東端に到達するように調整。
これでクリア。

51_28 51_30 51_31 次元歪曲フィールドは消え、街は元に戻る。
ナガー戦艦は地球に近づき、防衛軍からのミサイル攻撃を受けた。
もちろん通用せず。
決戦は地上へと持ち越されたのだ。

ウルトラホーク2号の性能をフル改良したが、費やした金額はこの面で稼げた。
メタル編はバイオ偏より金がかかるが、金も稼ぎ易いようなのだ。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第50話 さらばウルトラマン | トップページ | 特撮大戦 第52話 災いの流星 »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/60575648

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第51話 宇宙へと放つ矢:

« 特撮大戦 第50話 さらばウルトラマン | トップページ | 特撮大戦 第52話 災いの流星 »