« 特撮大戦 第33話 良心回路 | トップページ | 特撮大戦 第35話 カゴの中の小鳥 »

2015年6月 6日 (土)

特撮大戦 第34話 暗闇への序曲

34_1 34_4 懐も暖まってきた所で、エンジンも暖まってきた。
次はダークの最期である
このゲームのSサイズ組織の常でラスボスは自動進行で息絶えるが、まぁプロフェッサーギルは戦闘能力のある人では無いので仕方が無い。

攻略はバイオ編と全く同じ。
一応主人公コンビも出るのだが、進行に影響があるかというと、別に無い。

事前準備

キカイダー兄弟、主人公コンビ、仮面ライダーを7段階まで改良
キカイダー達にはHP回復キットも持たせておく
後はまぁ適当でいいだろう。サキにEN回復キットを持たせておくぐらいか。

開始すると、ハカイダーが勝手にすると言ってダーク基地を飛び出す。
その後、ビジンダーの言に混乱し、プロフェッサーギルをブチ殺しに戻ってくるので、確かに勝手にしすぎている
キカイダーが倒されるイベントをはしょったせいで、勝手にもほどがある事になっているな……。

あとワルダーがちょっと出てたはずだが、メタル編だと後々嫌でも顔をあわせるので、今は忘れておいていい。

34_5 3511 34_7 ACT1

最初はハカイダーから逃げ回る事から始まる

この不毛な鬼ごっこも、これが最後だと思えば名残惜しくもなろうという物。
まぁ自分はならないが。

ギルがむかつくという理由でハカイダーが勝手に帰る頃、敵増援1・ダーク部隊が登場。
無論、キカイダー達はそちらへ向かう。
移動しながらHP回復キットを使っておこう。

5EPになれば、味方増援1・主人公コンビ、本郷、隼人、志郎、マリが来る。
マリ以外は全員強いので、何も考えず西へ。
全員でダーク基地を包囲するのだ。

キカイダー兄弟の方にはダークロボットも向かっているが、わざわざ手助けを必要とする程の敵ではない。

34_10 34_11 34_12基地を包囲したら、アンドロイドマン狩りに移行。
無限増援で20ターン目まで稼ぐ

アンドロイドマンは戦闘員にしては固めではあるが、この時点のヒーロー達の格闘で叩き割れないほどではない。
まぁ気力次第なところもあるが、無限にわく敵を潰していると気力はすぐにMAXまで高まる。

20ターン目にダーク基地へ入り、クリア。

基地内部で白骨ムササビに倒されているハカイダーと遭遇。
ライダー達に光明寺博士の蘇生(脳味噌移植手術)と救出を任せ、キカイダーはムササビと戦うために再度外へ。

白骨ムササビもやっぱり光明寺博士が作ったのだろうか。
こいつもいずれは良心回路を入れて正義の人造人間にするつもりだったのだろうか。
「チェインジ! 1・2・3! トゥ!」と叫んで凛々しい青年が白骨ムササビになるような設計も考えられていたのか。
まぁカイメンよりは有り得そうだが、もっと下の比較対象を持ち出して誤魔化したところでやはりおかしい気はする。

34_13 3521 ACT2

初期出撃キャラは気力・状態ともに引き継ぎ。

よってキカイダー兄弟の気力はMAX、周囲に出るアンドロイドマンごときに負けようが無い。

キカイダーとビジンダーは北へ、ゼロワンは西へ。

1EPに敵増援1、アンドロイドマン
一方、味方にも増援1、南光太郎。ライダーマンが仲間にならないルートなので、一人で駆けつけてくれるのだ。
まぁ戦力的には十分以上なのだが。このACT、怪人クラスの敵は白骨ムササビしかいねぇし。

2EPに味方増援2・ゴレンジャー敵増援2・アンドロイドマン
ゴレンジャーはいきなり敵の真っただ中に出るので、いきなり攻撃を食らう。
自フェイズになり次第、アオレンジャーにバリドリーンを出させ、全員それに退避。

その間に、キカイダー兄弟が反撃しまくって味方の気力を上げる。
味方というかてつをさんのというか。

34_17 アンドロイドマン相手なら、この時点でのビジンダーも十分な戦力になる
もちろん無改良なので基礎性能はガタガタだが、前ACTから気力引き継ぎなので、ザコ戦闘員相手なら問題なくなっている。
周囲には森や山地といった防御効果の高い地形も多く、身を守るのに不自由はしない。
あとは持ち前の射程の長さを活かせば、安全に周囲の敵を倒していく事が可能だ。

まぁビジンダーの手を借りないと厳しいかと言えば、そんな事は全く無いのだが。
使える物を使わない理由も無いしな……。

キカイダー達がアンドロイドマンを倒していると、ててつをさんの気力が上がる。
変身・仮面ライダーBLACK!

34_2134_20 4EP、光明寺博士復活。
ご高齢なはずだが、脳移植にも無事に耐えられた。
まぁ改造人間や人造人間を造れる世界の技術力なのだ、移植手術の1つや2つ、設備させあればできて当然なのだろう。

ムササビもここらで撃破。
BLACKの傍まで近づいてきたので、ライダーキックで一撃必殺。

後は消化試合。
アンドロイドマンがもう1回わいて出ていたが、ゼロワンが右から左に殴り飛ばせばすぐに辺りは更地になる。

てつをさんが基地周辺に残っていた敵を一掃して5PPにクリア。

プロフェッサーギルが、辺りが無人になってから自爆。
ワルダーが出てきてすぐに犬に追い払われる
まぁここらはそんなに重要な事でもない。

34_23クリア後、選択肢によるルート分岐。
阪田アキが帰マンルート、佐原ルミがワンセブンルートだ。

帰マンルートの特典は、ジャックやゴレンジャーに追加武装がある事。
ワンセブンルートの特典は、理不尽な強敵と戦わされる事である。
どういう基準でこんな選択肢を作ったのか、少々興味がわく所だ。

今回は「佐原ルミの誕生会へ行く」。
実はライダーマンを仲間にしていれば、そこまで悪いルートでもない。
今回は仲間にしていないだけだ。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第33話 良心回路 | トップページ | 特撮大戦 第35話 カゴの中の小鳥 »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/60255160

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第34話 暗闇への序曲:

« 特撮大戦 第33話 良心回路 | トップページ | 特撮大戦 第35話 カゴの中の小鳥 »