« 特撮大戦 第48話 覚醒のRX | トップページ | 特撮大戦 第50話 さらばウルトラマン »

2015年6月29日 (月)

特撮大戦 第49話 大海戦

49_1 49_6 49_7 49_8ここは鉄面党との決戦面。デビラー博士も自信作のキングデビラーを送り込んでやる気満々である。
まぁキングデビラーはパイロット搭乗型のロボットでは無いので、博士は乗り込んだりしないのだが。

なぜかレッドバロンがナガーとの戦いで消耗した事になっており、そこへ攻勢をかける事を決めるデビラー博士。
原作だとこの前の話でレッドバロンは片腕が外れるほどの激戦を行っており、その場面でのセリフを原作から流用・改変して使っているため、セリフが微妙に合わなくなっているようだ。

まぁ鉄面党の情報網だって完璧じゃないだろう。
たまには誤情報で早とちりする事ぐらいあっていいだはずだ。
ついでに戦艦大和の大軍もこの面で攻めてくる。
まぁ裏で糸を引いている奴がいるのだが、そいつも何か誤情報を掴んで攻勢をかけているのかもしれない。

事前準備

レッドバロンを9段階改良。ハイディフェンサーとソウルタブを装備。
ルシファードにハイパーマニューバを2個装備。
ファディータにブースターとソウルアフェクター装備。
ダンにソウルタブを装備。ウルトラセブンにユシマダイオードとハイパーマニューバ装備。

決戦ステージだからなのか、この面もやけに極端な作りになっており、初見殺しの位置に出てくる敵増援がいくつか仕掛けられている。
だがこの面の良い所は、準備さえできていれば一転して超楽勝なうえにかなりの資金が稼げるボーナスステージへと変わる事だ。

49_3 49_4 49_5_3CT1

キングデビラーを迎え撃つレッドバロン。
だがキングデビラーの攻撃は必中即死
まぁボスも時間稼ぎを指示しているし、勝つ必要はない。
勝ちたくてもキングデビラーは無敵モードでダメージを与えられないのだ。

とりあえずレッドバロンはMAPの南側に位置取り、敵を南へ引き付ける

1EP敵増援1:ギガント
さらに味方増援1:主人公コンビ

主人公コンビも南へつつ、ギガントに攻撃されたら反撃で倒して行く。

2EP味方増援2・ウルトラホーク2号
これも南へ飛び、敵を誘導するのだ。

49_1249_15_2 49_16_3 49_17_2 敵増援2:アイアンロックス

この面で最大の敵がきた。
怪獣クラスの能力を持っているのに14機の数がわく。
最大射程5をほこり、攻撃力も命中値も高い。
こんなもんの射程内に迂闊に飛び込むと、集中砲火で木っ端微塵にされること請け合い。
幸いアイアンロックスは移動後に使える武器が無いので、6マスほど離れながら動けば安全である。
この大群を、できるだけ南へ寄せていくのだ。

じきにキングデビラーがレッドバロンに肉薄してくる。
主人公コンビでギガントを全滅させたら、アイアンロックスは放置して、レッドバロンがバロンブレイクでキグデビラーを攻撃。
敵へのダメージは0、必中即死の反撃で倒されるレッドバロン
だがこれで次面へ続くので、これでいいのだ。

レッドバロンも偽者だった事がすぐにわかるしね。

49_1849_1949_20_3 49_21_3 ACT2

ここがこの面の本番。

キングデビラーもアイアンロックスも全て倒す事になる。

本番前で気合が入った鉄面党、SSIの一員・大作を拉致に成功。
ゲームだとその場面がはしょられているので、どうやったのかわからないがいつの間にか捕まっている大作隊員……という流れになっている。
大作隊員を人間爆弾にしてSSI爆殺をもくろむデビラー博士。
ザンボット3にも人間爆弾はあったが、レッドバロンの方が先らしい

敵味方の位置は前ACTの引き継ぎ

まず敵増援が来るまで、南で待機。
レッドバロンはじきに一時消えてしまう。

2EP味方増援1・ウルトラ警備隊と防衛軍
アイアンロックスを南へ誘導しておかないと、彼らは登場と同時に砲撃で粉砕されてしまう
彼らもこの面では大事な仕事があるので、倒されないに越した事は無いのだ。
また、ダンの戦闘機は真っ直ぐ工場へ向かおう。
主人公コンビも北上、決戦の地は北だ。

49_24 49_26 49_27 一方、鉄面党とSSIの戦いも急展開。
彼らは彼らで佳境を迎える。

大作隊員は砂浜でSSIの皆と再会。
しかし人間爆弾にされた後で、会話は筒抜けにされているので、砂浜に文字を書いて状況を伝える。

それで助けられるのか……と思いきや、敵基地の入り口を伝えた後でデビラーに気づかれ、爆破スイッチON。
皆と距離をあけていたので、犠牲は大作一人で済んだ……って死ぬんかいな

地上での戦いなど知らぬがごとく、敵増援1・ケルバーン2
防衛隊やウルトラ警備隊の戦闘機で壁を作りながら工場の方(東)へ後退し、ケルバーンの移動を遅らせる。

49_9 4EP敵増援2・キングデビラー

この面の味方で、キングデビラーの攻撃に耐えられるユニットはほぼいない。
よって位置に注意する。
キングデビラーは間接攻撃をもっておらず、最大射程は1。
だが攻撃力は非常に高く、食らえばたえられるユニットも少ない。

自軍に突っ込まれると大変なので、足止めはハイパーマニューバ2個装備のルシファードに担当させよう。
ルシファードが押しつぶされたら、リセットするか他の味方を出すか、だ。

49_29 49_31 49_32 49_33 味方増援2・レッドバロン
新兵器もあるが、まぁ使うのはケルバーン相手ぐらいのもの。
作中で流星群を吹っ飛ばしていたレインボーマーカーの威力の低さに涙。
流星群まとめて1機扱いでHP2000ぐらいだったのかもしれん。

SSI隊員達は鉄面党の地下基地へ潜入開始。
あちらはあちらで大変だが、こちらもこちらで大変なので、地上の戦闘に専念しよう。

5PP:レッドバロンは空を飛んで内陸へ。
海岸線からは6マス以上、デビラーからは2~4マス離れた位置をキープする。
キングデビラーに隣接していいのは囮のルシファードだけだ。

ダンは工場で飛行機から降り、ソウルタブを使いながら、海岸線から6マス以上、デビラーから2~5マス離れた位置へ。

海岸線から5マス以内にいると、アイアンロックスの放火を受ける。
だがアイアンロックスは稀有な海専用ユニットなので、海岸線から6マス離れてしまえば何もできないのだ。

49_34 49_38 6PP:ダンはウルトラセブンに変身。

ここでキングデビラーを粉砕する。
エレクトリッガーとワイドショットをたて続けに撃ちこむのだ。
最大射程1のキングデビラーは為す術なく撃破される
この面最大の敵にして鉄面党の切り札・キングデビラーの最期だ。

後は工場周辺のケルバーンを片付けたら勝利確定
海岸線から6マス以上の距離を保ちつつ、ウルトラセブンとレッドバロンで片付ける。
いくら強化型の2とはいえ、今さらケルバーンに負ける事も無いはずだ。
レッドバロンの新兵器が威力的に丁度良いので、ここで見ておくといいだろう。

49_39 49_40ケルバーンを片付けたら、後はアイアンロックスを始末するのみ。
しかしこいつらは絶対に勝つ事ができるうえ、一体ごとに60000以上の資金をくれるボーナスキャラなのだ。

レッドバロンは工場に入れ、ユシマダイオードを2個装備
後は射程6になったレッドバロンとセブン海岸線から6マスの位置に並べ何もできないアイアンロックスに射撃大会開始。
敵の攻撃はこちらに届かないので、勝率100%
もしユシマダイオードLを3個も作っていなくても、この面の工場で生産すればいい。

またアイアンロックスは誘爆能力があり、倒すと周囲のユニットにダメージを与える。
よって攻撃力の高いセブンが先にアイアンロックスを狙撃して倒し、隣にいて弱ったアイアンロックスをレッドバロンがエレクトリッガーで粉砕するといい。
地形適応の関係で、攻撃力3000程度ではHP満タンのアイアンロックスを倒しきれないが、敵の誘爆能力を利用すれば一撃必殺の圏内に入る

大技を連発するので、セブンもレッドバロンもENがすぐ枯渇する。
だがこれは工場でEN回復キットを生産し、生き残った戦闘機がENキットをピストン輸送して補給すれば解決する。

何もできない戦艦大和を片っ端から沈めるバチあたりなこのボーナスステージは、自分的にこのゲームで五指に入る愉快な面である。

49_42 49_44 49_46負けるわけがないのでクリア。
セブンのレベルが48→64に。
もっとおかわりさせてくれてもいいぐらいだった。

一方、鉄面党も最期の時を迎えた。
SSIの手により基地は爆発、デビラー博士も隊長の手で倒された。
だが隊長はデビラー博士を追うため、脱出用の宇宙船に乗り込んでしまっていた。
宇宙船は何処かへ向かう。隊長の手には、レッドバロンの秘密が隠されたマイクロフィルム入りの時計が。
レッドバロンの機密を宇宙船の行き先にいるであろう敵の黒幕に渡さないため、隊長は宇宙で自爆して果てた

なお、デビラー博士の後ろにいた黒幕・宇宙鉄面党と首領ギラスQは、このゲームでははしょられているので出てこない
まぁ出てこないという事は居ないという事だろう。
この世界の鉄面党は、どこかの宇宙人が現地人に作らせた組織だったんじゃないか。
多分そいつもどこかの面でウルトラマンに倒されていると思うが……。

49_48 49_50 なお、アイアンロックス軍団をけしかけてきたのはミミー星人という宇宙人である。
地球人を煽るような事を言っておいて、それ以上の攻撃はせずに沈黙。後の面でも出てこない。

撤退するまぎわに何か言わないと気が済まなかったという事だろう……。
まさかこいつが鉄面党の黒幕だったのか。
だったらこの大敗で諦めたという事か。

また、自軍には三神博士が就任する。
彼の開発できるパーツ「スペシャルタブL」は今後の要となるので、2~3個は作っておくべき。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第48話 覚醒のRX | トップページ | 特撮大戦 第50話 さらばウルトラマン »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

レッドバロン決戦ステージ堪能しました。
超楽勝なうえにかなりの資金が稼げるボーナスステージ<攻略方法が判明していればその通りなのですが、初回プレイ時はここで地獄を観ました。
始めに南に敵を引き付けるってのが鍵ですね。後、ユシマダイオード。ユシマダイオードが必須面ってがほとんどなかったので作成してなかったりしてすごい苦労したの覚えています。
レッドバロンはフル改造していたのですが、射程が足りずにアイアンロックスに文字通り死闘を演じました。
キングデビラーは射程が1ってのが判ればいくら攻撃力が高くても対処は簡単でしたね。
記憶では、セブンとレッドバロン意外は主人公を除いてほぼ全滅した筈です。(なんせセブンの回避を信じて攻撃→倒せなかったらレッドバロンで止め 生き残った防衛隊面々をおとりで散らして・・・まさに苦行僧と化しました)
レッドバロンメインステージはどうしてこう極端なのが多いのか・・・。レッドバロンを選択しない人が多いのもうなずけました(当時は)

投稿: 黒衣 | 2015年7月 4日 (土) 23時23分

ウインキー時代のスパロボでもあった事ですが、敵増援の位置が卑怯なので難しいという面ですな。
しかしこの面、確かに攻略法がわからないと酷いのですが、アイアンロックスが上陸できないというのが絶妙な設定になっているのも確かです。
なんせ海岸線に近づきさえしなければ、足りないパーツをいくらでも作れるという。
しかしまぁ、回答を1個用意したから探し当てろ、できなかったら苦行しろというのは、仮面ライダーへの懐かしさで手にしただけのプレイヤーには不意打ち以外の何物でもないのも事実ですな。

投稿: 松友健 | 2015年7月 5日 (日) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/60505718

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第49話 大海戦:

« 特撮大戦 第48話 覚醒のRX | トップページ | 特撮大戦 第50話 さらばウルトラマン »