« 特撮大戦 第49話 大海戦 | トップページ | 特撮大戦 第51話 宇宙へと放つ矢 »

2015年6月30日 (火)

特撮大戦 第50話 さらばウルトラマン

50_1 50_2 50_3ウルトラマン決戦……というか退場面
攻略法はバイオ編とまぁだいたい同じ。
攻略法よりも、セーブデータを残しておく事を忘れないようにする。

事前準備

ハヤタにソウルタブ、ウルトラマンにハイパーマニューバとユシマダイオードを装備。
ダンにソウルタブ、セブンにハイパーマニューバとHP回復キット装備。
ファディータにソウルアフェクターとEN回復キットを装備。
ルシファード・RX・宇宙刑事にEN回復キットを装備。
ジェットビートル2号にブースターを2個装備。

スペシャルタブLを忘れずに開発しておく
開発できたら、このステージ中から生産はしておきたい。
2~3個ほど作っておくと、後の面がとても楽になる。

50_4 5111 ACT1

ケルバーンの大群が来る。
同時に怪獣達も来る。
味方は後で来る

強制的に後手へ回らされるのも、このゲームでは日常茶飯事。
だいたい、先制攻撃大好きでいつも敵の基地を強襲する事に血眼になってるヒーローってあんまりいないだろ。
次に怪人が暴れるまでは仕事か特訓でもしておいて、事件が起こったら出動というのが普通だと思うし。

ウルトラ系組織やゴレンジャー等、職業軍人の方々が遅れて来るのはいかがな物かと思わなくもないが。
まぁどこか別の場所を警備してたから時間がかかったんだろ、多分。
役人だから、上から担当地域を言い渡されたら厳守だろうし。
そもそもゴレンジャーは枠キツイから強制出撃ぐらいでしか使わないしな……。

1PP:ジェットビートル2号は工場へ。
味方増援出現地点付近へ移動。

50_6 1EP敵増援1・ケルバーン、ギガント
敵はきっちりとうじゃうじゃわく。
資金が稼げて嬉しいね。

味方増援1・防衛隊
もはや敵とのレベル差が絶望的な域になっており、ギガント1匹に皆でかかってもゴミクズのように蹴散らされるのみ。
まぁ彼らは武装しただけの一般人であり、怪人に殴り飛ばされる警官や怪獣に吹っ飛ばされる自衛隊のポジションなので、舞台世界を上手く演出しているとも言える。

別の場所に味方増援1・主人公コンビ、選択5枠

もちろんこっちが主力。
光太郎・ダン・シャリバン・シャイダー・そしてアンヌ隊員を選択。
メタル編だと終盤にウルトラ警備隊の強制出撃があるので、それまでに少々経験値を稼いでおきたい。

ジェットビートル1号は撤退。
まぁいても役に立つかどうかというと否だし。

味方増援はいきなりギガントに攻撃される
主力部隊のみが反撃。
防衛隊は防御の一手。
それでもやられる奴が出るだろうが、まぁそういう物だと思っておこう。

50_8 50_10 2PP:防衛隊の生き残りは東へ逃げる。
その場で壁になって敵の足止めもできはするが、この面でそれが必要かというと、否だ。

味方増援はソウルアフェクターでまとめて気力を上げる
この時にハヤタ(ジェットビートル2号)も巻き込む。

その後、ビッグマグナムを使うシャイダーを西寄りに。
ジェットビートル2号は工場へ。
アンヌも工場へ。

光太郎はバイオライダーになって北西へ。
防衛隊と入れ替わるような位置を目指す。
防衛隊とギガント以上の戦力差がギガントとてつをさんにあるので、これでこそヒーローの頼もしさを実感できるというもの。

50_9 3PP:ハヤタはウルトラマンに変身。
工場から1マス西に出て、以後、そこから光線技で狙撃する。

アンヌは入れ替わりで工場に入る。

セブンも変身。
彼は北西から来たケルバーンに突っ込んで戦う。

シャリバン・シャイダーは母艦でケルバーンを撃つ
ここまでレベルが上がっていると、無改良の戦艦砲でもケルバーンを一撃必殺できる。
ただし敵に攻撃されると一撃必殺されるので、位置取りには注意。
ルシファード・ファディータ・防衛隊の生き残りを、怪獣の足止めとして上手く活用したい。

バイオライダーはギガントを倒しながらさらに北西へ。
北西のSサイズは彼一人で十分。

3EP:シーゴラス撤退。

50_12 50_15 4PP:そろそろ一方的な間合いを維持するのも難しい。
シャイダーは母艦から出て、ビッグマグナムでHPの低い怪獣から狙う。

シャリバンはセブンや他のキャラに守ってもらいながら、射程内のケルバーンを落とそう。

アンヌはウルトラホーク2号に乗る
ウルトラマンの影からケルバーンを落としてレベルを上げるのだ。
レベル差が大きいので、敵を1機落とせば1レベル上がる。
まぁじきに落とされてしまうだろうが、なにせデスペナルティの無いゲーム。
経験値を稼いでからなら倒されても構わない。

4EP:反撃を駆使してギガント全滅。
無限増援……らしいが、今回も1回しか発生しなかった。

50_14 50_18 50_19 5EP敵増援2・シーモンス

シーモンスを倒すと敵増援3・シーゴラス
同時に味方増援2・MAT

マットジャイロをシーゴラスから5マス東へ。
隊長をおろしてシーゴラスから4マス東へ。
上野隊員をシーゴラスから3マスの位置へおろす。

次PPに追加武器・レーザーガンSP-70で攻撃。
必中即死なのでシーゴラス撃破。
クリア。

この新兵器、ステージ中のセリフでは数日の開発期間が必要と言っているのだが、ステージ中にできてしまう
この面は数日かけて戦っていたのかもしれん。1ターンが1日とかか?
まぁこの作品の時間管理は聖闘士星矢のそれと同レベルなので、高まれ俺の小宇宙。

シーゴラスが爆発すれば、お馴染みのイナズマンが津波を跳ね返すイベント。
ジャックは出ただけ。
とりあえず「なにィ!?」とか「バ、バカな……」とか眉間に汗流して呟けば、なんだか大層な事態に思えるはず。凄い小宇宙だ。

50_21 50_24 ACT2

ゼットン星人が射殺され、ゼットンが乗り込んでくるステージ。
ゼットン星人の罪状は不法侵入。
異国人が軍事基地に勝手に入ってしまったら、そういう事も起こりえるのだろう。

ゼットンは無敵
射殺される危険を犯さず、コイツに初めから頼るべきであったな。

ムラマツキャップでゼットンに攻撃すれば、反撃の必中一兆度火炎でキャップが葬られる。
人間が耐えられる温度では無い気もするが、小宇宙でジェット気流のバリアでも張れば一命をとりとめる事はできるのだろう。
まぁ一兆度というのは後年の後付設定らしいので、この時はそこまで致命的な威力では無かったのかもしれん。

小宇宙が高まってハヤタがウルトラマンに変身。

50_25 50_26さて始まる、無敵状態のゼットンと負けるまで戦う塩イベント。

まぁよほどの事が無い限り、ゼットンのENが尽きる前には倒される事ができるはず。

レベル99にしていた人はそうでもないだろうが……。
まぁ戦車に乗りすぎると後々困るという事だ。
レベルアップの抜け道の先にも罠が仕掛けられているなんて、まさに真剣勝負だNE!

だが製作側がユーザーから見えようがない所に罠を仕掛けるのは、果たしてフェアと言えるのか。
そもそも危機をすぐに無敵モードで演出しようとする悪癖はどうか。

50_29 50_32 50_34 50_35 ウルトラマンが倒されると味方増援・科特隊

アラシのペンシル爆弾で攻撃すれば、必中即死なのでゼットン撃破。
クリア。

ゾフィーが迎えに来るので、ウルトラマンは光の国へ帰って行く。
ナレーションでは、この先で迫る危機に「来てくれるかもしれない」と曖昧な書き方をしているが、もちろん来ない事は先刻ご承知の通り。
まぁ地球の危機は地球人の手でなんとかしろと、原作ウルトラマンでも言っていた。
資金にも余裕が出てきているので、地球人と金の力でこれからの危機に立ち向かうのだ。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第49話 大海戦 | トップページ | 特撮大戦 第51話 宇宙へと放つ矢 »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/60560553

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第50話 さらばウルトラマン:

« 特撮大戦 第49話 大海戦 | トップページ | 特撮大戦 第51話 宇宙へと放つ矢 »