« 特撮大戦 第43話 再会 | トップページ | 特撮大戦 第45話 奇跡のキングストーン »

2015年6月21日 (日)

特撮大戦 第44話 慟哭

44_1 44_3 44_4 つ、ついに来た。
このゲームがボロクソに言われがちな理由の一つな面に。
中身は単にストーリーのメインキャラが単身で戦うという、ありがちな面にすぎない。
だがそのキャラが宇宙刑事シャリバンの脇役であり、多くのユーザーが初期レベルのまま放置していただろうというのが問題だった。
結果、リセットの連打力を鍛える苦行に励む面と化してしまい、また畑の鳥よけが増える結果になってしまったのである。

無論、今回はちゃんとベル・ヘレンのレベルを上げているので、寝転がって尻を掻きながらプレイする面となっている。

事前準備

ベル・ヘレンにハイパーマニューバとHP回復キットを装備。
シャリバンにHP回復キットとソウルタブを装備。

この面の問題を悪化させているのが、発電所や工場がどこにも用意されていないというMAP構成である。
この面を制作した時にスタッフが酒を浴びるほど呑んでいたと言われても、自分は何一つ驚きはしない。

マドーの軍師レイダーがベル・ヘレンの抹殺を目論む所から始まる。
ザコを潰して星稼ぎする軍師なんぞ、魔王サイコはさっさと首にするべきだった。
一方、ヘレンは他の女戦士と特訓中。
松原真理が急に弱音を吐くが、一応、これは原作(レッドバロン)にもあったセリフ。
やる気のあるヘレンが単身残って特訓を続ける中、事態が動く。

真理とアニーが残ってくれれば……と思ってはいけない。
どうせこのゲームの事、その時は敗北条件に後の二人も加えられてしまうだろう
結果、レベルを上げる必要のあるキャラが増えてしまうだけだ。
鍛える必要のあるキャラが一人で良かったと、己に信じ込ませる努力を怠ってはならない。

44_5 44_6 ACT1

信じる心を鍛えたら、その不屈の闘志でマドーを蹴散らすのだ。
ヘレンは一人だが、敵も数は少ないのでなんとかなる。
無論ならなければゲームオーバーなので、なんとかするしかない。

1PP:ヘレンは西に2マス移動。
川の中へ。
ヘレンの銃は水適応Bなので、水中へ撃ち込んでもそこそこ威力が出る高性能銃だ。
基本性能なら味方部隊でもかなり高い方だったりする。

レベル49でファイトローを一撃必殺確認。
後は近づく敵を片っ端から撃つのみ。
相手は水で足を取られ、なかなか接近できない。
倒せさえすれば良いマトどもなのだ。

44_7 敵を全滅させると敵増援1・ゴリビーストとファイトロー2体

同時に味方増援1・シャリバン
初期位置はヘレンの北隣。

後はシャリバンに任せてしまってもいいのだが、ヘレンの気力が上がっているので、このまま彼女で戦闘を続行した方が早い
ヘレンがその場で近づいてきたゴリビーストを撃てば、2発で撃破。
ゴリビーストは最大射程1のデクなので、何もできずに爆発する。
まぁ幻夢界を作る能力もあるのだが、ヘレンもシャリバンも幻夢界で行動できるので、何も脅威にならないのだ。

シャリバンはその場から動かず。
ファイトローを阻む壁と化し、ファイトローに肉薄された時だけ格闘で適当に戦う。
次PPにヘレンの南隣へ移動させてしまってもいい。
彼が頑張らねばならないのは、この面最後のステージなのだ。

44_11 44_13 44_14 ACT2

敵を全滅させると、戦士達に束の間の休息が訪れる。
烈隊長が彼女達に気前よく驕ってくれるぞ……伊賀電から借りた金で。

微笑ましい休暇が終わると、またマドーが訪ねて来る。
休暇が終われば仕事になるのは当たり前。
だが部下を率いてきたガイラー将軍は、ゴリビーストとファイトローを残して帰ってしまった。
彼の勤務時間はまだ始まっていなかったという事だろう。

気力含めて状態引き継ぎ
よって間合いを計ってゴリビーストを優先的に倒すと楽である。

まずは初期位置から東へ1動き、山中へ。
ここに陣取って敵を迎え撃つのだ。

44_15 44_16 EPで近づいてきたゴリビーストを銃で撃てば敵は即死。
レベル52・気力131で一撃必殺確認

こうなると後はザコ戦闘員のファイトローしか残っていない。
しかもこちらは地形効果の高い山中である。
ここまで来て負ける事は無いはずだ。

弾を惜しまず、反撃で銃を撃ちまくってファイトローを倒す。
もはや格闘だけでもクリアはできるのだが、どうせヘレンはここで最後なのだ。
さっさと敵を倒してしまった方がいい。

44_19 44_20 44_21 敵を全滅させると、軍師レイダーが突然現れ、不意打ちでベル・ヘレンに致命傷を負わせる
シャリバンが駆け付けた時には既に虫の息。
彼の腕の中で、女戦士は息を引き取るのであった……。

ベル・ヘレンはここで死ぬ
ヘレンを育てないと詰みかねないが、勝利の後ここで死ぬのだ。

戦闘で倒されたらゲームオーバー。
戦闘で生き残って強制イベントで死亡・離脱。

どうせ絶対に死ぬのになんで勝つ必要があるんだコノヤロー。
プレイヤーがそう思っても許される展開であろう。

今のスパロボだったら、ヘレン敗北で死亡イベント。
ヘレン勝利で生存・その後も仲間として残るという処理をされるであろうが……。

44_22_2 44_24 ACT3

休暇の終わったガイラー将軍が次の相手だ。
怒りに吠えるシャリバンがそれを迎え撃つ。
怒りに燃えるプレイヤーとのシンクロもバッチリだ。
燃える理由はちょっと違うであろうが……。

1PP:まずはグランドバースで東へ8マス移動。
この面はシャリバン一人で戦うので、位置取りは重要である。

2PP:シャリバンになって東へ2・北へ1移動。
水辺での戦い方も、もうすっかり御馴染みであろう。

2EP:反撃で周囲のファイトローを全滅させる。
気力120になる。
これでシャリバンクラッシュが使えるようになる。

3PP:西へ2・北へ1の水中へ。
じりじり動きながら、戦うに相応しい場所を確保するのだ。

44_25 44_26 3EP:ガイラー将軍に攻撃されるので、シャリバンクラッシュで反撃。
反撃は結構痛いが、水の中なら倒されるほどではない。
残念な事に、将軍のHPが3残ってしまった。
もう一段階改良しておくか、ソウルタブをケチらず使っておけば一撃必殺もできたが……まぁこの程度なら誤差の内であろう。

4PP:瀕死のガイラー将軍を倒す。
ただの格闘とかで充分。

残りはファイトローなので楽勝。
途中で幻夢界がMAP中央に発生したりするが、まぁ戦闘には全く影響が無い。

44_30 44_31 戦いが終わり、慟哭する伊賀電。
幾多の仲間に見送られて、理不尽なイベントに葬られた女戦士が永遠の眠りについた。
ベル・ヘレン、安らかに眠れ……。

2択の相手・ライダーマンは、生き残れるうえに超強力なパーツを開発できるというのに……。
この仕様を決めた人はちょっと反省した方がいい。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第43話 再会 | トップページ | 特撮大戦 第45話 奇跡のキングストーン »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

まぁドラマ的にはこのステージ嫌いではないんですが、誰が「ベル・ヘレン」が単独で戦いそして撃破されてはいけないMAPなんて予想できたでしょうか?(普通はいねぇよなぁ・・・よっぽどキャラに思い入れがあって育てて無いと でもこの女優さんに限らず昭和の戦う女性キャラは結構好きです松原さんしかり志保美さん最高w)
>怒りに燃えるプレイヤーとのシンクロもバッチリだ。燃える理由はちょっと違うであろうが……。
まさにこれです。私も怒りに燃えて意味も無く赤射を繰り返しながらACT3をクリアしたものです。
ただほんとにライダーマンのルートと違い得るものが無いのが厳しい(開発はよっぽどメタル系は嫌いなのか?)ですね。

投稿: 黒衣 | 2015年6月23日 (火) 02時24分

この面も、逃げ回ってるうちにシャリバンが来るようにしておけば、さほどとやかくは言われなかったんでしょうな。
あちこち調整がザルな作品だというのは、まぁ間違いではないでしょう。
なんとかこのルートの利点を考えようとして「ベルヘレンは改良費がかからない」を思いつきましたが、正直、自分でも無理があると思います。

投稿: 松友健 | 2015年6月23日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/60440367

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第44話 慟哭:

« 特撮大戦 第43話 再会 | トップページ | 特撮大戦 第45話 奇跡のキングストーン »