« 特撮大戦 第42話 剣豪ワルダー暁に死す | トップページ | 特撮大戦 第44話 慟哭 »

2015年6月19日 (金)

特撮大戦 第43話 再会

43_3 この面にだけ出てきて消えるマクー最後の幹部・サンドルバと戦うマクー決戦面。
この組織最強最後の敵は、能力的にはマドーやフーマの幹部と同程度~僅差で上かも、というぐらい。
つまり今まで何度も交戦してきた連中と似たり寄ったりなのである。

なお、マクーは他の幹部がユニット化されていない。
つまり、他の組織なら既に遭遇した幹部クラスの敵が、今さら出てきただけである。

まぁ弱くは無いので、それなりに気を付けて戦おう。

事前準備

主人公コンビと宇宙刑事の改良を10段階まで進める。
ギャバンにソウルタブとHP回復キットを装備。
シャリバン・シャイダーにHP回復キットとEN回復キットを装備。
タクマにリロードマガジンとハイパーマニューバ装備。
サキにHP回復キットとソウルアフェクターを装備。
アニーとベル・ヘレンにリロードマガジンとハイパーマニューバを装備。

父を求めて捜索を続けるギャバンは、サンドルバがいる鬼首島へ行く事にした。
なお攻略的にはバイオ編とほぼ同じ。

43_4 43_5 ACT1

サンドルバはマクー城で寝てるのか、顔を見せない。
とりあえず代理のバッファローダブラーが出てくる。

コイツとも結構長い付き合いだが、親しき仲にも礼儀あり。
ギャバンは手を抜かずに渾身のワンパンをブチ込む事にした。

1PP:北に1・東に1へ移動。
木立の地形効果を利用して立て籠もる。
戦闘員・クラッシャーへの攻撃はEPの反撃を利用して行うのだ。

2PP:バッファローダブラーを近づけさせないため、西のクラッシャーを倒さずに残す。
他はEPで反撃。

3PP:気力が溜まるので蒸着。

3EP:引き続きクラッシャーの殲滅に励む。
バッファローダブラーからの攻撃は防御。

43_6 43_9 43_10 4PP:バッファローダブラーにギャバンダイナミック。
ワンパン撃破。

敵を全滅させると、囚われていた父と感動の対面。
瀕死の父を救出し、病院へと運ぶギャバン。
よくわからない少女も見舞いに来るが、彼女は原作での関係者のようだ。
ホシノスペースカノンという物を巡る話に関わってくるらしいのだが、そこら辺がゲームではごっそりはしょられているので、父の初登場した知人でしかなくなっている。

まぁエピソードの取捨選択はあって当然、優先度の低い物もあるだろう。
例:クライシス帝国の大半。フーマのクライマックス

43_12 43_13 ACT2

サンドルバ氏の失脚イベント。
首領である親父の立場が強すぎるので、親子喧嘩にさえならない。

そこをなんとか親父に頼み込んで、サンドルバ氏は最後の戦いの許可を貰う。
なおゲームには登場しない幹部に、母親もいるらしい。
実は家族経営なマクー。アットホームな職場だNE!

そんなマクー一家の庭に、ずかずか乗り込んでいく宇宙刑事たち。
まぁ犯罪者の家に刑事が踏み込むのは仕方の無い事だ。
逮捕する気まったく無しで最初から武力で鎮圧・殲滅するのだが、これはバード星では合法なのだ。
むしろ推奨されているフシがある。
なにせバード星は平和と知性の星だ。凶悪な敵組織を殲滅する強大な武力で平和を守る必要を知的に理解しているのだ。

まぁ特撮大戦世界だと、ウルトラマンワールドの銀河も同じ宇宙にあるのでね。
バリアと破壊光線を使いこなす宇宙恐竜を持ってくる宇宙人とかがゴロゴロいる世界なら、どんだけ強力な武力があっても過剰とは言えないだろう。

43_14 1PP:この鬼首島でも知的に武力を行使せねばならない。
サキがソウルアフェクターを使い、皆の気力を上げる。

シャリバンは即座に赤射。
いきなりカマダブラーを撃破。
知的に判断した結果、攻撃範囲にいる怪人は生かしておかない方が良いという判断。

シャイダーとルシファード、ファディータは東側へ。
アニーとベル・ヘレンは西側へ。
二手に分かれて知性で鎮圧。

2EP:ギャバンの父死亡。
怒りに燃えるギャバンも駆けつけてくる。

43_18 43_19 43_20 3EP味方増援1・ギャバン敵増援1・サンドルバ

ついにマクーとの戦いもクライマックス。
ギャバンはHP回復キットを使いながら南下し、味方と合流。

シャリバン・シャイダー・ルシファード・ファディータは、立ち塞がる敵を蹴散らして北上。
ギャバンと合流して戦えば負ける事は無い。
サンドルバの最大射程は4なので、上手く間合いを調整すれば、ルシファードのメーサービットで一方的に弱らせる事ができる。
そこへ宇宙刑事の必殺技を叩き込めば、確実に撃破だ。

43_17_2 ベル・ヘレンとアニーの東組。
こちらは怪人クラスの相手がいないので、苦戦する事は多分ない。
まぁ二人とも決して強くは無いので、楽勝ともいかないかもしれないが。
木立の地形効果を利用し、銃の弾を惜しまなければ、負ける事は無いだろう。

経験値はベル・ヘレンへ優先的に与えておきたい
この面の直後に、強制出撃する面があるからだ。
それに備え、ベル・ヘレンはクリア前にリロードマガジンで弾を補給しておく。
多少弾が残っていても、こんな安いアイテムを惜しんではいけない。
それは知性的とは言えないのだ。

43_21 43_22 その後、メッセージデモのみでドン・ホラー死亡。
まぁ最期が描かれただけ、労力は割いてもらった方だ。
マクー壊滅

また一つ、悪が滅んだ。
だがギャバンの戦いはまだ続く。
だが次の面は出撃できるメンバーが固定されているので、続いてはいるけどそこに出る事はできない。
まぁ後に嫌でも駆り出される面が待っており、その面はこのゲーム屈指の酷い面なので、ギャバンの闘志は決して無駄にはならないのだ。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第42話 剣豪ワルダー暁に死す | トップページ | 特撮大戦 第44話 慟哭 »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/60423505

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第43話 再会:

« 特撮大戦 第42話 剣豪ワルダー暁に死す | トップページ | 特撮大戦 第44話 慟哭 »