« 特撮大戦 第26話 怪獣総進撃 | トップページ | 特撮大戦 第28話 ウルトラ警備隊7番目の男 »

2015年5月26日 (火)

特撮大戦 第27話 さらばバリブルーン

27_2 あばよバリブルーン、よろしくバリドリーン。
バリドリーンの性能は戦闘機としてかなり高めであり、潜在能力は確かな物がある

はずなんだが、まぁ使わんので知らんよな。
自分も攻略本でデータを見て「確かな物がある」と書いてはみたが、実際に戦わせた事は一度しかない。
無限増援で稼いだ金で改良はしてみたのだが、一瞬で撃墜されて花火と化した

敗因を自己分析した所、おそらく原因は以下のどれかであろうと結論づけた。

最終面直前、最後のLサイズ戦闘で出撃させたので、敵が強かった
アオレンジャーのレベルをロクに上げてなかった。多分、敵より30ぐらい低かったのではないか
敵の中に鉄面党最強ロボとかいたような気がする

そんな恐ろしい敵の群れを粉砕するウルトラマン(具体的に誰だったかは忘れた)はまさに宇宙の守護神ですな。

事前準備

成長したウルトラ戦士の強さを噛みしめるのはまだ先の話。
とりあえずキレンジャーにハイパーマニューバを2個
ルシファードとV3にハイパーマニューバと回復アイテム
あとはまぁ適当に。

27_1 2810 2811 ACT1

初登場でいきなり立場の危ういテムジン将軍、最後の戦い。
ここまでにゲームで描写されていない数々の死闘があったのだ。
このゲームはこんなんばっかりだが、ここまで来ればプレイヤーも既に馴染んでいるはず。
そうでなければとっくにやめているだろうからな。

いろいろイベントデモを経た後、ケルバーンとバリブルーンの空中戦が始まる。

まぁバイオ編と同じ事をするだけだが。
最近薄々思うんだが、このブログ無駄なページばっかりだよな。

27_6 27_7 今回もキレンジャーの役目はケルバーン相手の囮だ。
ハイパーマニューバで敏捷性を上げたキレンジャーの機敏な回避。
まさに彼の独壇場と言えよう。
気力が103になったらぜひ変身。
さらに俊敏な回避力を目の当たりにできる。

経験値を持っていくのは敵の射程外からミサイルを撃つアオレンジャーだが、これも力と技と団結だ。

今回も敵の機銃はかすりもせずに大勝利。カレーを食うキレンジャーの食も進もうというもの。

27_11 27_12 ACT2

眼前の敵兵士を殴るだけの面。
わざと負けない限り、ゲームオーバーになりようが無い。

攻略本には「弾がもったいないからアオレンジャーも格闘で戦った方がいいで」と書いてあるが、別に気にしなくても良い
弾を撃ち尽くすほどアオレンジャーを使いこむ人は少ないだろうし、そこまで使いこむならリロードマガジンの1個や2個は惜しくないだろうからだ。

まぁアオレンジャーが戦わなくても、キレンジャーの頭突きだけで即終了するんだが。
弾を惜しむなら、アオレンジャーは空でも飛んでおこう。
EPの反撃頭突きでゾルダーは消滅する。

27_14 2831 ACT3

まぁこのステージはこのACTが本編で、後はオマケであろう。
ゴレンジャーとテムジン将軍の決戦である。

最も有効な攻略法は、ゴレンジャーで戦わない事ではあるが。

まぁこれはゴレンジャーを2軍落ちさせる場合の話であって、彼らを主力として使う、そのために武器も改良してあるというなら話は別だ。
このゲームにはゴレンジャールートもあるので、彼らを使いこむのは決して間違いではない。
最終面の出撃枠が5未満という不具合もあるが、ゴレンジャーは単品でも戦えるという優秀な仕様もある。
合体技とモモレンジャーの存在は男らしく忘れ去るのだ。

というわけで、今回もゴレンジャーは早々にバリブルーンへ引っ込めて南下。
3PPに来てくれる味方増援1に全てを託す事にした。

27_17 出撃するは主人公コンビ、風見志郎、ハヤタ、アニー、真理
彼らは出撃地点北の森に陣取り、近づいてきたギガントやゾルダーを迎え撃つ。
その際、射程を活かして反撃できない敵を優先的に攻撃する。
野球仮面と機関車仮面も来るが、彼らはルシファードやV3で迎撃。

まぁ黒十字軍の怪人は大した強さではないので無問題。
ここで一番手強いのは、気力がまだ上がっていないうちから戦いになるギガント達である。
真理の回復能力を有り難く使おう。

テムジン将軍はレベルと能力値こそ高いものの、最大射程3で、道を東西に行ったり来たりする奇癖の持ち主。
ルシファードが間合いを計って待ち伏せていれば、2ターンに1回、一方的に攻撃できる。
幸いこの面はクリアボーナス減額が24ターン目かららしいので、かなり悠長な戦法をとる事が可能だ。

「らしい」などと書いたのは、そこまでターン数がかさんだ事など無いので、攻略本の記述を鵜呑みにしているからである。

27_19 27_21 というわけでグラビティファントムを浴びせて撃破。

この後もテムジン将軍が無駄な特攻を慣行するイベントもあるが、まぁどうでもいいだろう。
ここからバリドリーンとバリタンクが使えるようになるが、こちらも大概はどうでもいいだろう。
性能自体は高めのメカなので、ゴレンジャーを主力にするならお勧めではある。
ゴレンジャーを主力にする事をお勧めできるかどうかと言えば(以下削除)。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第26話 怪獣総進撃 | トップページ | 特撮大戦 第28話 ウルトラ警備隊7番目の男 »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/60133877

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第27話 さらばバリブルーン:

« 特撮大戦 第26話 怪獣総進撃 | トップページ | 特撮大戦 第28話 ウルトラ警備隊7番目の男 »