« 特撮大戦 第7話 チェイス!宇宙刑事ギャバン | トップページ | 特撮大戦 第9話 人造人間 »

2015年5月 6日 (水)

特撮大戦 第8話 闘姫

8_1 メタル編専用面。ナガーが暗躍する話である。
一方、アミーゴでは、ギャバンがルシファードの過去を皆に話していた。
仲間が悪の組織の幹部として星々を荒らしまわっていた事を知り、動揺する一同。

開始前の準備として、ギャバン含むSサイズ主力の武器と性能を4段階改良
ギャバンは格闘とギャバンダイナミックだけでいい……今はまだ。
前の面で消費した回復アイテムの生産も始めておこう。

8_14 8_15 8_16 ACT1

その頃、ショッカーと新人類帝国に接触する者があった。
戦闘船団国家ナガーの闘姫アテファリナ……彼女は両組織に武器商人として、戦闘機ケルバーンを売り込む。
デモンストレーションとして、ケルバーン部隊は防衛軍に襲い掛かるのだった。

この流れだと防衛軍がゴミクズのように蹴散らされそうだが、この面のケルバーンは物凄く弱く、無改良の戦車や戦闘機でカトンボのように落す事ができる。
まぁ本来、こっちの兵器を改良して戦えば楽勝な相手なので……コイツが厄介なのは、レベルで成長するタイプなので、自軍兵器の強化が追いつかなくなるという一点に尽きる。
もし自軍のLサイズ兵器の改良段階が全て共通だったら、こいつらにやられるプレイヤーなどいなかったであろう。

1PP:89戦車で南のケルバーンを攻撃。クリティカルすれば早くも一機撃墜。
F-2戦闘機は89戦車の北1東1へ移動。
90戦車、75自走砲は西へ動く。

2PP:F-2戦闘機、90戦車は南のケルバーンを攻撃。
75自走砲は90戦車の南へ。

2EP:敵の攻撃へ積極的に反撃。
もし撃墜されても、まぁ全滅しなければ、それはそれで

3PP味方増援1・ジャイアントロボと大作君。これで勝ち確定。
敵増援1・ケルバーン。死神博士と帝王バンバが無責任にけしかける。
ジャイアントロボはレーザー光線で東のケルバーンを撃墜。
F-2戦闘機は爆撃で東隣のケルバーンを攻撃。ここぐらいでしか使わない武器なので、戦闘デモは見ておくのがお勧め。
各戦車・自走砲も、生きていればケルバーンを攻撃。

4PP:防衛軍は手近な敵と戦闘続行。
ジャイアントロボと大作君は空を飛んで東へ。おそらくそちらのケルバーンが何匹か生き残っているはずだ。

8_3 8_17 8_18 5PP:ジャイアントロボをケルバーンの群れの中へ、地上を歩かせて突っ込ませる。
防衛軍の兵器は、もう敵射程の外へ逃がしてしまおう。
それが一番手っ取り早い。

5EP:ジャイアントロボがレーザー光線で反撃しまくればケルバーン全滅。
手強い相手だった(棒)

景気よく花火のごとく爆発したケルバーンが気に入って、死神博士とバンバはナガーと手を組む事にした。
まぁ自分もケルバーン好きだよ。このゲームを長く遊んでいると愛着わくし
慣れると資金の塊だし。

8_26 8_27 8_6 ACT2

今度はSサイズユニットが戦うステージ。
現場に駆け付けたアミーゴの面々に、アテファリナが立ちはだかる。
半分裸みたいな恰好をしているが、そういう意味ではないので念のため。

選択出撃はギャバンとキタクラを選ぶ。

1PP:キタクラで西のファントム兵を撃つ。
西の交差点に隼人、その北隣に本郷、東隣に烈を移動。
五郎は南3西2へ。

8_4 2PP味方増援1・主人公コンビ
ナガーへの敵意を露わにするタクマ。そんなタクマを連れ帰ろうとするアテファリナ。
この二人、実は姉弟だったりする。ナガーはタクマの肉親で構成されているのだ。

タクマは東のショッカー戦闘員を攻撃。
隼人は西のファントム兵を攻撃。
本郷は南1西1へ移動、ファントム兵を攻撃。
敵兵士を倒すうち、烈の気力が貯まる。蒸着して北3西1へ移動、戦闘員を攻撃。
キタクラは隼人と本郷の間に移動。
五郎はサナギマンへ変身、南のファントム兵を攻撃。

なお、イベントの関係で、この面ではサキを全く動かさなくて良い

3PP:ギャバンは西2で戦闘員を攻撃。
サナギマンはイナズマンへ変身、南のファントム兵を攻撃。
他のメンバーはアテファリナへ向かう。

4PP:敵兵士もいなくなる頃。
ギャバンはドルギランに乗って西へ。
イナズマンはライジンゴーを呼び出して乗り込む。
他のメンバーは徒歩でアテファリナへ。本郷と隼人は変身しておく。

8_7 4EP:アテファリナが変身する。
同時にサキが機能停止させられ、行動不可能に
アテファリナが移動を始め、接近している2号ライダーあたりが殴られるが、防御して耐える。

5PP:ここからダブルライダーは壁となり、キタクラが回復を担当する
タクマは位置合わせ。といってもアテファリナは最大射程1のダメボスなので、隣接しないよう近づくぐらいを気に留めておけばいい。
ギャバンもアテファリナに接近。近くの路上へ移動しておく。
イナズマンもライジンゴーを飛ばして接近。

8_8 8_9 6PP:イベントにより、ルシファードの最強武器・グラビティファントムが解禁される
拾ったり開発したりするのではなく、元々使えた武装の封印を解除したという形。

なお封印していた理由は、血塗られた強力な武器だからだそうである。
メーサービットまではOKという不思議な基準。初期攻撃力60以上がダメだったのであろう。
この時点の自軍Sサイズでは確かに最強威力なので、まぁ強力だから封印というのも理由づけが成り立たなくはない(次に強い武器との威力差=4)。
なお、この時点では当然無改良なので、他のヒーローの最強武器ほど強力では無い

最強武器が解禁されたので、さっそくアテファリナにぶっぱ。
2発当たれば倒せるが、命中率は100%ではないので、ルシファードだけに任せず他のキャラも攻撃。
もちろん2マス以上離れた所からだ。

キタクラが壁となったライダーを回復し続ければ、順調に行って7ターン目、運が悪くても8ターン目には撃破できるだろう。
やむなく退くアテファリナ。帰り際にサキの行動停止コードも解除してくれる。

8_24 8_25 アミーゴへ戻ってきたタクマは、ナガーの洗脳が解けた事、かつての古巣だからこそナガーを放っておけない事を話す。
烈もそれを聞き、戦いが終わるまで逮捕を保留する事にした。

再び手をとりあうヒーロー達。
彼らを次なる戦いが待っている。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第7話 チェイス!宇宙刑事ギャバン | トップページ | 特撮大戦 第9話 人造人間 »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/59877273

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第8話 闘姫:

« 特撮大戦 第7話 チェイス!宇宙刑事ギャバン | トップページ | 特撮大戦 第9話 人造人間 »