« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

特撮大戦 第31話 超合金バロニウム

31_2 31_3 31_4 このゲームには悪名高いステージがいくつか……というかいくつもあるが、この「超合金バロニウム」もその一つ。
レッドバロンの装甲は「バロンニウム」が正しいらしく、タイトルの「バロニウム」は誤記らしい……が、まぁそれはあんまり関係ない。
レッドバロンが単独で戦ううえに時間制限があるので、レッドバロンが弱いままだと詰むらしいのが理由としてあげられる。

しかしなぁ……レッドバロンルートでレッドバロンを強化していなかったから詰んだ、クソゲー!とか言われてもな……。
とりあえず、一つ書かせて欲しい。

無敵のレッドバロンは無敵のレッドバロンを無敵にする手間を惜しむ誤った攻略法をプレイヤーごと粉砕する事にかけても無敵だ

まぁ攻略本を先に買わなかったんなら仕方ないな。

事前準備

レッドバロンのHPと運動力を7段階まで改良。カートリッジ2個を装備
主人公コンビにハイパーマニューバを2個ずつ装備
真理にブースターを2個装備する

準備はこれだけでいい。何も難しい事など無い。
資金も強化パーツも無いなら、もうこのゲームはやめて今一番プレイ人口の多いソシャゲでも遊んでおいた方がいい。
無敵のレッドバロンは資金のあるセーブデータを残さない者をプレステの前からどかす作業においても無敵だ

31_8 31_9 31_10 ACT1

高難易度面といっても、レッドバロンを強化してなければの話。
相手自体は全然たいした敵ではない

出てくるのはトロイホース、初期は4体で増援が2体。
それをマップ中央で迎え撃つだけ。

開始したら、まずはマップの真ん中らへんに移動する。
トロイホースが迫ってきても、焦って攻撃したりはしない。
イベント発生まで、余計な弾は使わないでおくのだ。

31_12 31_13 31_14 2EP敵増援1・トロイホース

敵が増えると、健はとっておきの秘密機能・バロンフルパワーを作動させる。
これは短時間だけレッドバロンの出力を大幅に上げるもので、ゲーム的には気力が即150になる事で表現されている。

こうなると攻撃力・防御力も激増
ちゃんと改良してあれば、トロイホースごときの攻撃で受けるダメージは1点
逆に攻撃すれば一撃必殺である。
マップ中央で敵を迎え撃つだけで、脳味噌の皺1本さえ使う事無く力づくで勝利する事が可能だ。

まぁバロンフルパワーは限界をふりきって出力を上げているらしく、1ターンの制限時間が過ぎたらレッドバロンが爆発、ゲームオーバーとなるんだが。
トロイホースが一撃で倒せないなら、クリアはほぼ不可能となる。

しかし防衛軍の自走砲ならともなく、無敵のレッドバロンなのだ。
改良していない事を想定するわけがない
自分が製作側でも、そんな前提で調整はしないであろう。
まぁゲームオーバー時の処理を、スパロボと同じ引継ぎ型にはするであろうが……。

31_18 31_21 31_23 31_24 ACT2

もちろんACT1などクリアできるに決まっているので、鉄面党の次なる作戦が展開される。
レッドバロンを健に渡して死んだはずの兄・健一郎
彼が健の前に現れ、鉄面党にレッドバロンを渡すよう要求してきたのだ。
それが断られるや、健一郎は飛龍に乗って健の前に立ち塞がる。

兄との戦いに苦悩する健は、気力が80に低下
対して敵のLサイズロボは3体
レッドバロンのHPは回復しているが、この状態では勝てない。

さらに鉄面党に協力するナガーがギガントまで放ってくる。
自軍の味方は、レッドバロン・主人公コンビ・真理で固定されているのだ。

まぁギガントがいるおかげで逆に戦い易いのだが。

31_25 31_26 開始後、タクマとサキはギガントと戦う。
ハイパーマニューバの力を信じ、正面からぶつかっていい。
もちろん、気力が溜まったら即変身だ。
間接攻撃での反撃も惜しみなく行う。

一方、二人がギガントを全滅させるまで、レッドバロンは空を飛んで敵ロボから逃げ回る
卑怯? 敵が先に卑怯な手を使っているのだから気にする必要など無い。
レッドバロンに空を飛ばせ、西に東に敵の射程外へと飛び続けるのだ。

真理は施設の制圧に向かう。
東に研究所と工場があるので、それを制圧してクリアボーナスを増額させるのだ。

3PPにはルシファード、4PPにはファディータが変身可能
こうなるとギガントはすぐに蒸発していなくなる。

31_27 31_30 31_29 ギガント全滅後が本番。

ルシファードとファディータは敵に隣接して囮となる
制圧が終わったら、真理も敵ロボットの方へ移動しよう。
ハイパーマニューバ2個装備してれば、敵ロボの攻撃命中率は「回避」を選ぶ事で一桁になる。
しかし一撃受ければ即死なので、足止め要員は多いに越した事は無いのだ。

味方が敵の動きを止めている間、レッドバロンは射程外からの間接攻撃を撃ち続け、トロイホースを倒す。
トロイホースの最大射程は2しかない。
レッドバロンのミサイルは射程5、バロンパンチは3。一方的に攻撃できる。
気力が落ちているが、ギガントを全滅させれば90以上に戻っている。
こうなるとミサイルやパンチ3発で敵を沈める事ができるのだ。

31_35 31_36 31_40 31_44 残りが飛龍だけになったらイベントが発生。
兄が鉄面党の用意した偽物だと判明する
見破られた鉄面党は、最後の手段として飛龍による自爆攻撃を慣行。
レッドバロンにしがみついた飛龍は10万度の高熱を発し、己もろとも敵を焼き尽くそうとするのだ。

まぁレッドバロンの耐熱温度は10万度を超えていたので、飛龍が溶けてもレッドバロンは無事なのだが。

敵の無駄自爆をものともしなかったレッドバロンはまさに無敵の不死鳥だ。

ステージクリア後、TDFはバロンニウムを使った新兵器開発が予定されていると告げる。
しかしそれなら戦闘機なんぞよりレッドバロンを量産して欲しいものだ。
なお、ゲームを進めてもバロンニウム製の戦闘機なんぞは出てこないが、なんとなくそれっぽそうな戦闘機は開発できるようになる。
真紅のドリル戦闘機などという頭のおかしい逸品だが、まともに運用した事はまだ無い。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月29日 (金)

特撮大戦 第30話 世紀王ブラックサン

30_3 30_4ようやくやってきた、仮面ライダーBLACK参入面
ここも初見殺しで知られた面だが、良かれ悪しかれ知名度が高いという事は、それだけ攻略法もよく知られているということ。
ならばここは近所の公園も同然、鼻歌まじりにさくさく進もうというものだ。
鼻歌も当然、仮面ライダーBLACKの挿入歌がお勧め。
これも青春、俺の青春。

事前準備

キカイダー01にハイパーマニューバとブースター
タクマにEN回復キットとリロードマガジン、サキにブースターとHP回復キット
シャリバンにHP回復キットを2個
ギャバン、シャイダー、仮面ライダーV3にHP回復キットとEN回復キット
アニーにHP回復キットとリロードマガジン
上記のキャラクターの改良を7段階まで進めておく。

攻略手順はやはりバイオ編に同じ。
難易度が高いといった所で、別に防衛軍のショボいヘリコプターを改良して戦えってわけではない。
キカイダー01や宇宙刑事に手をいれればいいのだから、むしろやらない理由が無い
これをやりたくない者が手を出すゲームでは無いはずだ。

30_8 3110 3111 ACT1

キカイダー01のみで戦うステージ。
シャリバンに関しては、友情出演で顔出しだけが役割だと思って割り切ろう。

1PP:西へ2・北へ1に移動、シャドウマンを攻撃する。

1EP:ワシビーストの攻撃のみ防御し、シャドウマンへ反撃を繰り返す。

2PP以降は東へ移動して戦う。
イチロー兄さん初期配置のちょい北東ぐらいで、残りの敵を片付ける事になる筈だ。

30_11 30_14 敵は全てゼロワンが倒す。

途中でアイテムが開発されるので、生産も忘れてはならない。

途中で来る味方増援・シャリバンは、発電所でチャージして完全回復させた後、グランドバース形態で浮かせておく。
伊賀電やシャリバンのままだと、敵がそっちに寄って行く事があり、無駄な時間がかかる可能性があるのだ。

このゲームの敵は、射程内に攻撃できる相手がいない場合、自分と同サイズの相手へ向かって行く事が多い。
逆に言えば、サイズの違う敵には積極的には近づいてこないという事だ。
覚えておけば敵の誘導もし易くなる。

何度かワシビーストやガイラー、ビジンダーの間接攻撃に晒されるが、ゼロワンに変身さえすれば、大したダメージは受けない。
ワシビーストは気力低下の攻撃を仕掛けてくるので、チャンスがあったら即ブラストエンドで葬り去る。
ガイラーとビジンダーも、接近戦ができる頃には気力充分、ブラストエンドの一撃で撃破できるはずだ。

30_18 30_19 30_20_2 3121_2 ACT2

ついに出た、昭和期最終にして最高のヒーロー・仮面ライダーBLACK。
この時代のヒーロー物の様式美であった、大ピンチからの逆転劇の達人が彼。
ならばこの面が強制大ピンチ・逆転必須の設計なのも、原作再現と考えれば納得できようというもの。
無理矢理自分に言い聞かせたら、さっそくバトルホッパーを呼び出し、乗らずに南へ突っ走れ。
でもアイテムの生産は忘れるな。

2PPに敵増援1・ギガント味方増援1・主人公コンビと風見志郎が来てからが本番。
今回はライダーマンがいないので助っ人も少ない。

まず志郎は東へBLACK の救助に向かう。
BLACKは彼と合流すべく、ひたすら南へ。
南の道を塞ぐギガントだけはENを惜しまずライダーパンチで粉砕し、他の方向からの攻撃は全て防御だ。

タクマとサキは北へ。

3EP~4PPにも敵増援2・3味方増援2・3(宇宙刑事達)が出る。
宇宙刑事は気力が溜まり次第すぐに変身。
変身解除イベントが起こるまで、弾薬を惜しまず付近の敵を減らし続ける。
とにかく倒せる敵は片っ端から倒そう。
変身解除イベントが起きるまでに、少しでも相手の数を減らすのだ。

30_27 周囲の敵が少なくなれば、ワシビーストがシャリバンに隣接する所まで来る。
この時点で倒しておけば、後々楽になろうというもの。
シャリバンクラッシュで葬り去る。

ギャバン・シャイダー・アニーも、射程2をもつギガントを優先的に倒していく。
各組織の戦闘員は、EPの反撃で次々と蒸発していくだろう。

変身解除が起きたらHP回復キットの使い時。
特に一足先に登場するギャバン・シャリバンはダメージを受け易いので、早めの回復が望ましい。

30_29 一方、ルシファードはツインリニアガンを惜しまず反撃。
気力が溜まったらメーサービットに切り替え、周囲の敵を殲滅しながら北へ進む。
結構なダメージが蓄積するが、HPはファディータが回復する。

ルシファードが射程内に笛を吹いているダブルマンを収めたら、メーサービットで一撃。
宇宙刑事の気力が変身できるところまで再調整されるので、即座に変身。
周囲の敵を蹴散らそう。

V3はBLACKに追いついたら、即回復アイテムをねじ込んで建て直しを図る。
激減したHP・ENを回復させ、BLACKは迫るサイ怪人やギガントをライダーパンチの連発で撃破。
初対面の二人だがいきなりダブルライダーキックも打てるので、それでまとめて粉砕するのもいい。
ダブルライダーは東へ進み、後輩の応援へ向かわせる。

30_32 クリア後、晴れててつをさんも仲間に。
世紀王である事に悩みを見せる光太郎を、大切なのは己の意思だと周囲が諭す。
元敵幹部のタクマも、当然会話に参加だ。

ストーリーはメタル編の方が何気に熱血度合が高く、そういうのが好きな人にはお勧め。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月28日 (木)

特撮大戦 第29話 禁じられた言葉

29_1 29_5 メタル編専用面にして、初見殺し面の一つ。
倒し易い敵から片づけるのは定石の一つだが、この面でそれをやると、またも苦行僧としての出家コースとなる。

その原因となるのがバルタン星人二代目
戦闘力が高く、気力が高まるとあらゆる攻撃を50%の確率で回避する特殊能力を使ってくるのだが、こいつらが集団で出てくる。
群れとしての総合力はこのゲームでも間違いなく1,2を争うので、こいつらがこの面最大の壁だ。

もちろん対処する方法はある。
ただどうしてもある程度の運は絡んでくるので、ターン毎のクイックセーブは忘れずにしておきたい。

事前準備

ウルトラセブンとウルトラホーク2に、ハイパーマニューバを2個ずつ
モロボシダンとシャイダーにも、ハイパーマニューバを2個ずつ装備
ルシファード・ファディータ・キタクラには、EN回復キットを2個ずつ装備させよう

ダンにカプセル怪獣を持たせたい御仁は多かろうが、この面ではやめておいた方が良い
常に原作再現に拘るようでは、迫る地球の危機には対処し難い。
甘えは捨て去れ。ゲームのタイトルはしばらく忘れるんだ。

29_6 29_8 29_9 ACT1

ステージを開始すると、アンヌ隊員とアニーが巨大化して襲い掛かってくる。
もちろん偽物なんだが、ゲーム内の人間にはそれがわかっていないので、始めは倒してはいけない

この面では、位置取りと敵を倒す順番が大事だ。
正確には、敵味方の気力に気を配る必要がある。

まずは発電所の制圧を目指す。

もし手違いで発電所を敵に陣取られたら、いっそリセットして面を最初からやり直した方が早いかもしれん。

1PP:ウルトラホーク2号を北4・東2へ動かす。
ダンを降ろして西隣へ。
ウルトラホーク3号は、2号の東2へ動かす。

29_10 1EP:宇宙用ビートルを開発する話が科特隊内で持ちあがる。
それは今やるべき事なのだろうか。
まぁウルトラ警備隊が「ここは俺達に任せろ」と言ってくれたから、基地へ帰ってきたという流れではあるが。

2PP:ダンはザラブ星人を、相手の射程外から撃つ。
もちろん無改良で気力も上がっていないので、まともなダメージは通らない。
だがこれはダンの気力を僅かであっても上げるためなので、ダメージはどうでもいいのだ。

キリヤマをウルトラホーク2号へ移し、2号は北へ3・東へ2に移動。
3号はその1マス東へ。
怪獣クラスと正面対決させると、半端な改良の戦闘機はすぐ爆発する(特に無改良の3号)。
敵の気力を上げてしまうので、敵の射程内で留まってはならない。

29_13 29_14 2EP宇宙用のビートルが完成
出発までしている。
ウルトラマンのカラータイマーが点滅するのが3ターンなので、このゲームの1ターンは1分ぐらいでは無いかと思うのだが……戦闘エリアの外では時間の流れが異なるのかもしれん。
あるいは科特隊基地周辺の方言で、宇宙とは近所の池、ビートルとは公園のボートの事なのか。
映像で宇宙のように見えるのは、ゴミの浮いた水面なのかもしれない。

科特隊が公園の池で船を浮かべている相手にも、ダンは敵の踏み付けを避ける
ハイパーマニューバ2個装備すればまず踏みつぶされる事は無いが、命中率が0%ではないのも確か。
ここでダンが潰されたら、迷いなくリセットしてやり直そう。

かなり真面目な話、このゲームをノーリセット縛りでクリアしたら、世界で唯一の結果を出したただ一人の男になるであろう。
ゲームオーバーからのリトライを使えば誰にでもできる事だが、やった奴はこの世に一人もおるまい

なお、自分は強化パーツの装備し忘れやキャラの動かし忘れで頻繁にリセット・クイックロードするので、ノーリセット縛りには挑戦すらした事がない。

3PP:ダンを発電所へ入れる。レベルいっこ上がる。
ウルトラホーク2号は南へ5・西へ1に移動。
3号は2号の南1・東1へ。

3EP敵増援1・バルタン星人二代目
ついにこの面最大最強の本命が来た。
ダンはここでも回避に専念。潰されたら迷わずクイックリセットだ。

29_37 29_38 29_39 4PP味方増援1・防衛軍、主人公コンビ、沢村大
登場時、タクマへアニーのパンチラを警告するキタクラさん。
命かかっとる筈の場面で何言ってんすか。
ちょっと鈍いタクマに、焦ってとぼけるサキ。……他の場面の言動からすると、なんか逆じゃないのかとも思えるが。

沢村大が蚊帳の外なのは、いつも一緒にいるから見慣れていると思われている故であろう。

まぁパンツはどうでもいい。
敵の増援2・ギガントの方が問題だ。
こいつらがこの面の難易度を跳ね上げる元凶なのだから。

ここでダンは気力が105になっている。
変身し、セブンは北にいるバルタンを攻撃

ウルトラホーク2号はセブンの東へ2マスの場所に移動。
3号は2号の南隣へ。

味方増援は南へ回り、マップ中央の広場を目指す。
マナカ・アマモトは南へ1マス移動。
タクマは南へ2、西へ3。
大はその東隣へ、サキは大の東隣へ。
ウシオはキタクラの北隣へ。

29_16 29_19 4EP味方増援2・MAT
敵との距離が近いので、マットジャイロがいきなり攻撃にさらされる。
ここは反撃を選んでわざと落とされよう
無改良だと命中率80%以上の攻撃を連続回避ぐらいしないと生き残れないし、コレが助かっても得する事は別に無い

一方、セブンはバルタンに反撃。
2回ほど攻撃にさらされるが、アイスラッガー→エメリウム光線の順に使って、バルタン星人を倒し続ける。
敵の命中率は低い(装備で運動力を上げているので)が、やはり倒される可能性はある。
セブンが倒れたら即クイックリセット
まぁ大概は大丈夫だが。

5PP:セブンはチャージしてワイドショット、バルタン星人をまた1体撃破。
これ以降、セブンは毎手番、チャージしながらバルタンへ最優先でワイドショットかアイスラッガーを叩き込む。
ただしバルタンにしか攻撃も反撃もしてはダメだ
敵を1体倒すごとに、MAPにいる敵の気力が1ずつ上がる。
このMAPは敵が多いので、倒せるからといって手当たり次第に敵を落とすと、バルタンの気力がすぐに120を超える。
こいつらが集団で分身し始めるとまた吊るす鳥よけが一つ増える事になるので、田畑持ちの地主以外は敵を選んで攻撃するのだ。

ウルトラホーク3号は2号の北隣へ。
2号はザラブ星人でも撃っておけば、ちびちび経験値を稼げる。
同じ事を3号でやってもいいのだが、このゲームは敵を倒しきれなかった場合、得られる経験値に与えたダメージの大小が影響する。よって無改良武器だとロクな経験値が得られない。
無駄に細かい所にだけ無駄に凝るのも、このゲームの魅力の一つだ。
まぁ面倒なだけなのでやらない方がいい。

マットアロー1号と2号は東へ動けるだけ動く。

タクマ・サキ・大・キタクラは北のギガントへ向かう。
タクマは東へ2・北へ3。
大のその東隣、キタクラは大の南隣、サキはキタクラの南隣へ。
他の防衛軍は西へ向かう。

29_20 29_23 5EP:メフィラス星人が大作君に癇癪おこすイベント。

ウルトラマンのエピソードの再現面であり、メフィラス星人がこの面の黒幕。
原作通りに地球の子供へ地球を売り渡すよう迫るのだが、拒絶されるのも同じ。腹立ててどやしつけるのも同じ。
職を無くして食うに困ったオッサンでも捕まえれば、すぐに靴を舐められる勢いで買取契約できたであろうに……。
とはいえ、未来を担う子供に売り渡しを認めさせないと「地球人の心に挑戦して勝った」事にはならないのかもしれない。

6PP:マットアロー1号・2号は東へ6・北へ3に移動。
防衛軍は南へ。
これらの仕事は、主力の邪魔にならない所へ引っ込む事だ。

一方、ウルトラセブンは攻撃できるバルタンを探して戦闘続行。

Sサイズ部隊もここらで戦闘に突入。
大、北へ5マス進んでギガントと交戦。
キタクラは大の南隣で彼を回復。
タクマはキタクラの南隣、サキはタクマの南隣へ。
EPに飛んでくるギガントの攻撃は、基本的に防御/回避で身を守る

29_29 7PP味方増援3・ジャイアントロボ、大作君、科特隊、アニー

ジャイアントロボは無改良・無育成なので、戦力にしようがない。
南へ限界まで移動し、操作範囲外へ
こうなるとジャイアントロボのアイコンは黄色く染まり、自軍と認識されなくなる。
操作不能になる反面、敵軍からの攻撃優先度も大幅に低下する
射程内に捉えた敵か、ロボを目標としてロックしている思考ルーチンの敵以外は、攻撃対象として追いかけてはこなくなるのだ。
ジャイアントロボの方にバルタンが行くと倒すのが非常に面倒になるので、この方法でわざと無視してもらう。

大作君・科特隊・アニーは西へ。
近づいてくるギガントがいても、せいぜい1~2体。森の中へ飛びこんで地形効果を使いながら迎え撃てば、充分に倒せる。
それ以降は放置したままでいい。

防衛軍も西へ。ジャイアントロボの周りでお座りさせておこう。

マットアロー2号は東へ4マス動き、1号はその西隣へ。

キタクラは東へ1動き、自分のケガを治す。
大は焼結し、南へ1動いてギガントを攻撃。
タクマは大の北、サキは大の南へ。
ここからがギガントと戦うメンバーの難しいところで、シャイダーもルシファードも弾数が豊富で基本攻撃力もある間接攻撃を持っている。
よって本気で戦ってしまうと、簡単にギガントが全滅してしまうのだ。
しかしそうなるとバルタンの気力が大きく上がり、集団で分身を連発しだす
よってバルタンが全滅するまで、ギガントを倒すのは最小限にせねばならないのだ。

初プレイ時はもちろん完全にひっかけられたものよ……。

29_30 8PP味方増援4・ウルトラマン
ようやく本来の主役のお出ましだが、なんせ気力が上がっていない。
空を飛ばせて北へ2・東へ6へ動かし、敵の射程外へ逃がす。

敵増援3・メフィラス星人も来るが、こいつの能力は非常に高い。
よってしばらくは構わず、最後に準備を整えてから畳み掛ける。

シャイダーは敵を攻撃。
現在の気力と相談し、敵を倒すか殴って弱らせるかは臨機応変に。
極力倒さずにすませたくはあるが、ビッグマグナムを撃つため気力125必要だ。
ルシファードも同様、必要最低限の気力確保に努める。

ウルトラホーク3号は北へ2動く。
マットアロー1号はその南隣、ウルトラホーク2号はその南隣、マットアロー2号はその南隣へ。

9PP:各戦闘機を発電所北の道路に並べる。

ウルトラマンは東へ1・北へ7に移動。

シャイダー・セブン・ルシファードの行動は変わらず。

10PP:ここらでシャイダーのビッグマグナムが撃てるようになるので、Lサイズ敵への攻撃に参加。
反撃できないバルタンを選び、ビッグマグナムで撃ち抜いていく。
バルタンの残り数次第では、そろそろザラブ星人の数を減らし始めてもいい。

ルシファードはグラビティナパームでギガントを潰していく。
MAP武器で敵を倒しても、敵味方の気力に影響しないので、安全に数を減らしていく事が可能だ。

29_32 10EP:シャイダーがメフィラス星人の射程内にいる場合、彼が狙われ易い。
ハイパーマニューバで高めた運動力で敵の攻撃を回避する。
より危険性を減らしたければ、シャイダーと誰かの位置を入れ替えてもいい。

11PP:ここら辺からシャイダーのビッグマグナムでもバルタン星人を一撃必殺できるようになる。
レベル38・気力137で撃破確認

ウルトラマンは地上に降りて西へ1移動。

ウルトラホーク2号とマットアロー1号は施設の開放へ向かう。
マットアローで工場、ウルトラホークで研究所を担当。

セブンは偽アンヌを撃破。
ザラブ星人が正体を現す。

29_59 29_60 11EP:ウルトラマンはザラブ星人に反撃。
巨大アニーも反撃で倒す。
アニーとセブン、夢の格闘対決が見られるのも特撮大戦だけだ。
見たかった人間の数は知らんが。
巨大アニーを倒すと正体を現してバルタンになるので、PPで仕留めよう。

12PP:シャイダーのENを周囲のキャラが補充し、ビッグマグナム連発を継続。

順調にいけば、このターンでバルタン星人は全滅する。
ウルトラマンでザラブ星人を1体撃破。
残ったギガントどもも、主人公コンビが好きに蹴散らしていい。

郷さんは施設を制圧したら再びマットアローに乗せて、メフィラス星人へと向かう。

12EP:反撃を続ければ、メフィラス星人以外はここで全滅。

13PP:この面もいよいよ大詰め。
シャイダーはメフィラス星人から6マス離れた位置へ。
マットアロー1号とウルトラセブンはメフィラス星人の傍へ移動。

13EP:メフィラス星人はマットアローを狙って来る。
もちろん回避なんて無粋な真似はせず、防御を選んで攻撃を食らおう。
無改良なので、ダメージを半分に抑えても撃墜される
よって郷さんがウルトラマンジャックに変身。

29_64 29_66 29_68 14PP:シャイダー、ウルトラセブン、ウルトラマンジャックでメフィラス星人を総攻撃する。

貰える経験値を考えると、レベルの高い者で弱らせ、低い者でとどめを刺したい。
よって今回、まずはセブンがワイドショット。レベル45・気力150で約7000のダメージ。
まぁメフィラス星人も既に気力が上がっているため、反撃で倒されるんだが。
しかしメフィラス星人もボロボロに弱るので、ジャックのスペシウム光線でとどめ

ボクのセブンが倒されるのは誤った仕様でありバグなので許されないという場合、ビッグマグナムで射程外から弱らせてワイドショットを叩き込めば、誰も倒されずにメフィラス星人を撃破できる。
修理費やデスペナルティの無いゲームではあるが、まぁそっちでもいいだろう。

撃破された途端、和睦を持ちかけてくるメフィラス星人。
原作では戦闘途中で語りかけてきたが、ゲームではシステムの都合により、やられてから調子のいい事を言う奴になっている。
まぁ経験値と資金の都合で、こっちの方がありがたいのだが。

29_69 29_71 29_72 クリア後、戦いの目的について、サキがちょっと思い悩む。
フォローするタクマ。サキへの想いもちょっと見え隠れする。

「え? 人造人間の女性と?」と思う人もいるだろうが、世の中にはそういうのが好きな男がいるのだ。
人の性癖をとやかく言うべきではなかろう。

まぁ何にせよ、ソウルタブが開発できるので、忘れずにしておく

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

特撮大戦 第28話 ウルトラ警備隊7番目の男

このゲーム最強のウルトラ戦士、ウルトラセブンが仲間になる面。
もちろん攻略自体はバイオ編と同じ……ではあるのだが、前と別ルートを通っているので、ライダーマンが来ないという違いがある。
なお、その方が楽なのである……この面だけは

事前準備

出撃させるユニットは7段階目の改良にふみきる(セブンが出るからというわけではない)。
対象は主人公コンビ、V3
またワンセブンは2種のミサイルと格闘を2000以上、HPと運動力を7段階、耐久性を2350以上に改良
またいずれ必要となるので、ウルトラホーク2号も改良を行う。麻酔弾を攻撃力2000以上まで、後はワンセブンと同じ。

資金が100万ほど吹っ飛んだ

ポインターとソガにブースターを2個ずつ装備。
V3にハイパーマニューバとHP回復キットを装備。
ルシファードとファディータに、リロードマガジン・HP回復キット・EN回復キットを装備。

28_328_4 28_1 ACT1

開始後、まずはダンが顔見世。

子供の頃、ダンという青年にセブンが憑依していると思っていたが、どうも違うらしい。

まぁ今はダンの事は置いておく。
まずソガがポインターを操縦し、フルハシは同乗。
そのままMAP北西の円盤へと向かう
円盤の傍にフルハシを置いたら、ソガはそのまま工場の制圧へ。

28_2 2PPには敵増援1・デストロンと、味方増援1・風見志郎が来る。

通りすがりの少年(キカイダー01の登場人物らしい)に見られたので、彼と保護者のお姉さんに襲い掛かるミサイルヤモリ。
ソガも目撃していそうな物だが、こちらはノーカン。
そういう横暴を許すわけにはいかないので、志郎の怒りが爆発だ。

まぁ森の地形効果で身を守りながら反撃主体で戦えば、戦闘員はほどなく全滅する。

4PP、フルハシを円盤に入れる。
イベント発生、彼は消えてしまう。
味方増援2・ウルトラホーク1号も来るが、無改良なので戦力にはならない。

4EPには敵増援2・ケルバーンが来る。
たった12機なのでもっと欲しくなるが、それはこの先の面まで我慢だ。

28_7 5PPには味方増援3・ミクラス
例によってエレキングを弱らせるための捨て石になってもらう。

ここらでソガは工場に入る。
この後、改良したウルトラホーク2号に乗れば、この面では十分な戦力となってくれる。
レベルが一桁なので相手の攻撃を避ける事はできないが、この面のケルバーンはまだ非力なので、耐久性を改良してあればロクなダメージは受けない。

防御力が無力になるのは、中盤以降の怪獣クラスが相手の話。
ケルバーン戦を考えれば、むしろ耐久性は最重要項目なのだ。

28_8 ライダーマンがいないルートだと、V3が狙撃されるイベントも起きない
よって戦闘員を片づければ、V3がミサイルヤモリの相手を務める事になる。
弾切れすればデクになる相手だが、V3の能力ならばそんな悠長な話は不要。

誘爆能力を持つ相手なので、V3キックを引き打ちし、2マス離れた所から一撃粉砕。

あっさり片付くデストロン。
手すきになって暇するV3。

仕方ないので味方大型増援を待つ。

28_14 28_12 28_13 9PPになって、ようやく味方増援4・選択大型1体。ワンセブン出撃。

今回はウルトラホーク2号も共に戦う
ウルトラホーク2号は1人同乗させる事ができるので、この時に志郎を乗せると、経験値が彼にも入ってお得。
ウルトラの戦闘機に乗るライダー、夢の競演である
後ろの席に座っているだけの、荷物状態ではあるが。

ワンセブンとウルトラホークで、ケルバーンを折半して落とす。
エレキングはワンセブンのグラビトン1発で蒸発。
敵を全滅させたら次へ。

2920 2921 ACT2

ライダーマンがいないので、あまり大きなドラマもなくデストロンと戦うV3。
まぁ戦いに過剰な演出もいらない。

せっかく改良したウルトラホーク2号だが、この面ではダンが乗っている。
そして強制イベントで戦闘機は排除され、ダンはセブンに変身して戦う事になる。

つまりこのACTではウルトラホーク2号は事実上戦闘不能だ。
かけた金のぶんは、後のシナリオで働いてもらわねばならない。
ともかく、ウルトラホークは西へ。イベントで排除されたらダンは円盤へ。

28_20 デストロンの方は何も問題は無い。
志郎が前ACTからの消耗を引きずっているが、回復パーツはこのために持ってきたのだ。
ルシファードやファディータがもつ回復アイテムも併用すれば、1ターンで無傷の状態になる

後はデストロン軍団に近づき、片っ端から撃破あるのみ。
ミサイルヤモリはメーサービットで撃破。
誘爆能力があっても離れて戦うのが得意なキャラには障害にはならないのだ。

まぁ使ったアイテムは工場で生産しておこう。

28_21 28_23 結局、ここはウルトラセブンがケルバーンを叩き落すのを眺めるステージとなる。

それも別に難しい作業ではなく、基本は殺虫剤をまかれた虫のごとくぼとぼと落していくのみ。
エレキングだけは寄ってきた所をアイスラッガーで倒す。

ACT2は消化試合のようになってしまったが、今回のルートでは次の面こそセブンが大活躍する。
そうしなければ苦行と化す面なので、思う存分使うとしよう。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

特撮大戦 第27話 さらばバリブルーン

27_2 あばよバリブルーン、よろしくバリドリーン。
バリドリーンの性能は戦闘機としてかなり高めであり、潜在能力は確かな物がある

はずなんだが、まぁ使わんので知らんよな。
自分も攻略本でデータを見て「確かな物がある」と書いてはみたが、実際に戦わせた事は一度しかない。
無限増援で稼いだ金で改良はしてみたのだが、一瞬で撃墜されて花火と化した

敗因を自己分析した所、おそらく原因は以下のどれかであろうと結論づけた。

最終面直前、最後のLサイズ戦闘で出撃させたので、敵が強かった
アオレンジャーのレベルをロクに上げてなかった。多分、敵より30ぐらい低かったのではないか
敵の中に鉄面党最強ロボとかいたような気がする

そんな恐ろしい敵の群れを粉砕するウルトラマン(具体的に誰だったかは忘れた)はまさに宇宙の守護神ですな。

事前準備

成長したウルトラ戦士の強さを噛みしめるのはまだ先の話。
とりあえずキレンジャーにハイパーマニューバを2個
ルシファードとV3にハイパーマニューバと回復アイテム
あとはまぁ適当に。

27_1 2810 2811 ACT1

初登場でいきなり立場の危ういテムジン将軍、最後の戦い。
ここまでにゲームで描写されていない数々の死闘があったのだ。
このゲームはこんなんばっかりだが、ここまで来ればプレイヤーも既に馴染んでいるはず。
そうでなければとっくにやめているだろうからな。

いろいろイベントデモを経た後、ケルバーンとバリブルーンの空中戦が始まる。

まぁバイオ編と同じ事をするだけだが。
最近薄々思うんだが、このブログ無駄なページばっかりだよな。

27_6 27_7 今回もキレンジャーの役目はケルバーン相手の囮だ。
ハイパーマニューバで敏捷性を上げたキレンジャーの機敏な回避。
まさに彼の独壇場と言えよう。
気力が103になったらぜひ変身。
さらに俊敏な回避力を目の当たりにできる。

経験値を持っていくのは敵の射程外からミサイルを撃つアオレンジャーだが、これも力と技と団結だ。

今回も敵の機銃はかすりもせずに大勝利。カレーを食うキレンジャーの食も進もうというもの。

27_11 27_12 ACT2

眼前の敵兵士を殴るだけの面。
わざと負けない限り、ゲームオーバーになりようが無い。

攻略本には「弾がもったいないからアオレンジャーも格闘で戦った方がいいで」と書いてあるが、別に気にしなくても良い
弾を撃ち尽くすほどアオレンジャーを使いこむ人は少ないだろうし、そこまで使いこむならリロードマガジンの1個や2個は惜しくないだろうからだ。

まぁアオレンジャーが戦わなくても、キレンジャーの頭突きだけで即終了するんだが。
弾を惜しむなら、アオレンジャーは空でも飛んでおこう。
EPの反撃頭突きでゾルダーは消滅する。

27_14 2831 ACT3

まぁこのステージはこのACTが本編で、後はオマケであろう。
ゴレンジャーとテムジン将軍の決戦である。

最も有効な攻略法は、ゴレンジャーで戦わない事ではあるが。

まぁこれはゴレンジャーを2軍落ちさせる場合の話であって、彼らを主力として使う、そのために武器も改良してあるというなら話は別だ。
このゲームにはゴレンジャールートもあるので、彼らを使いこむのは決して間違いではない。
最終面の出撃枠が5未満という不具合もあるが、ゴレンジャーは単品でも戦えるという優秀な仕様もある。
合体技とモモレンジャーの存在は男らしく忘れ去るのだ。

というわけで、今回もゴレンジャーは早々にバリブルーンへ引っ込めて南下。
3PPに来てくれる味方増援1に全てを託す事にした。

27_17 出撃するは主人公コンビ、風見志郎、ハヤタ、アニー、真理
彼らは出撃地点北の森に陣取り、近づいてきたギガントやゾルダーを迎え撃つ。
その際、射程を活かして反撃できない敵を優先的に攻撃する。
野球仮面と機関車仮面も来るが、彼らはルシファードやV3で迎撃。

まぁ黒十字軍の怪人は大した強さではないので無問題。
ここで一番手強いのは、気力がまだ上がっていないうちから戦いになるギガント達である。
真理の回復能力を有り難く使おう。

テムジン将軍はレベルと能力値こそ高いものの、最大射程3で、道を東西に行ったり来たりする奇癖の持ち主。
ルシファードが間合いを計って待ち伏せていれば、2ターンに1回、一方的に攻撃できる。
幸いこの面はクリアボーナス減額が24ターン目かららしいので、かなり悠長な戦法をとる事が可能だ。

「らしい」などと書いたのは、そこまでターン数がかさんだ事など無いので、攻略本の記述を鵜呑みにしているからである。

27_19 27_21 というわけでグラビティファントムを浴びせて撃破。

この後もテムジン将軍が無駄な特攻を慣行するイベントもあるが、まぁどうでもいいだろう。
ここからバリドリーンとバリタンクが使えるようになるが、こちらも大概はどうでもいいだろう。
性能自体は高めのメカなので、ゴレンジャーを主力にするならお勧めではある。
ゴレンジャーを主力にする事をお勧めできるかどうかと言えば(以下削除)。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

特撮大戦 第26話 怪獣総進撃

26_2 26_5 ウルトラマンジャック参入面。攻略法はやはりバイオ編に同じ。
宇宙刑事の敵組織が怪獣以上に総進撃してくるので、彼らを中心に準備を行う。

事前準備

宇宙刑事と主人公コンビは6段階目まで改良を済ませる
アニーにはブースターとリロードマガジン、ルシファードはHP回復キットとリロードマガジン
宇宙刑事3人、サキ、渡五郎はHP回復キットとEN回復キットを装備
また、グランドバースとバビロスにハイパーマニューバを2個装備。

まずはミュータント・ジミー北原の捜索話から。

2711 ACT1

近距離にいるギャル軍団が一番厄介なのはバイオ編と同じ。
よってキャラの動かし方や戦法もほぼ同じ。
最初はギャル軍団の攻撃に防御とHP回復で耐え、気力が溜まってから必殺技を連発である。

1PP:大は西に3・北に1へ。
電は北に3へ。
烈、タクマ、アニーは北に2へ。
サキはタクマの東隣へ。

1EP:基本的に、敵ザコ兵士には反撃。
ギャル軍団・怪人・幹部の攻撃には防御で対処する。

26_9 2PP敵増援1・タッコング味方増援1・MAT戦闘機が出る。
烈の解説を聞き流しながら、クタマが隣の敵兵士を攻撃。
サキが北へ2・東へ1に動いて敵兵士を攻撃。
アニーは北側の敵兵士の、できるだけ遠くの相手をブラスターで撃つ。
ここらで宇宙刑事の変身に必要な気力が溜まりだす
大は焼結し、西の兵士を撃破。
電も赤射して北の敵兵士を撃破。
烈も敵兵士を倒す。

2EP:シャイダーがギャル達の攻撃を受けるので防御あるのみ
HP半減。今は雌伏の時……。

26_12 3PP:イベントが起きてMATとタッコングは両方撤退する。
代わりにレッドキングとバリケーンが敵増援2渡五郎が味方増援2
アニーは遠くの兵士を撃つ。
シャリバンは北へ1・西に1で東の兵士を撃破。
五郎は北へ5進み、東の戦闘員を倒す。
サキを変身させ、シャイダーを回復。
シャイダーは北の兵士を撃破。
タクマも変身、西の兵士を撃破。
ギャバンはスパイラルキックで西へ2にいる兵士を撃破。
気力の溜まったシャイダーが、シャイダーブルーフラッシュで西のギャル4を撃破する。

26_13 3EP味方増援3・MATの戦闘機が3機
ファディータはアニーのHPを回復。
アニーは敵兵士を撃つ。
ルシファードは北へ3、西に2へ。
シャリバンは南へ1・西へ1に動き、シャリバンクラッシュでギャル撃破。
ギャバンは南2へ進み、ギャバンダイナミックでギャル撃破。
シャイダーは南へ1動き、シャイダーブルーフラッシュでギャルを撃破する。
五郎はシャリバンの東隣へ、MATをその北東辺りで。

4EP:レッドキングがイベントで撤退し、敵増援3。ザコ兵士ばかり

5PP:ルシファードはメーサービットでバリバリ撃破。
五郎はイナズマンFへ変身、北の森の兵士を攻撃。
シャイダーはバビロスに乗って発電所へ。
アニーをルシファードの東へ動かす。
シャリバンはルシファードの西でギャルを撃破。
ギャバンはルシファードの南へ、ファディータはギャバンの西へ。

26_14 26_15 6PP味方増援4・巨大ロボ。もちろん無敵のレッドバロンをセレクト。
サイダブラーをツインリニアガン→フィフスシャインの順で攻撃して撃破。
イナズマンFはバリケーンに隣接しながら、念力キックで敵兵士を撃破。
シャイダーは戦艦から降りてチャージ、バリケーンから5マスの位置へ。
レッドバロンはバリケーンに接近。
ギャバン・シャリバン・アニーは敵兵士の掃討を続ける。

6EP:怪獣を残していても、宇宙刑事の敵を全滅させるとクリアになる。
よって敵兵士を最低1体は残す。

26_17 26_18 26_19 7~8PPで、相手の最大射程3の外からバビロスレーザーを2発撃ち込む。
無改良でも、これで充分弱るはず。
そこをバロンブレイクでとどめを刺して、バリケーンを撃破。
クリアボーナスが増額される
パンチ一発で出番が終わるレッドバロンは無敵だ

後は消化試合同然。
ゴリビーストは宇宙刑事の必殺技で、敵兵士はイナズマンを中心に撃破。

26_22 2721 ACT2

宇宙から帰ってきたミュータントの捜索を続行。
シャイダーのみ気力が105に戻っているので注意。
シャイダーだけペナルティを食らっているのではなく、ペナルティを食らっているのがシャイダーだけで済んでいるのだと考えねばならない。
また、みなHPとENは前ACTの引き継ぎであり、消耗は回復していない。

1PP:ギャバンはドルギランに乗り、発電所に入る。
他のユニットも発電所へ向かう。

2PP:ギャバンはドルギランから降りてチャージ。
発電所からでて、ルシファードと交代する。

3PP:今度はルシファードをチャージ。シャリバンと交代。
アニーは北側の戦闘員を撃つ。
シャイダー含む他のユニットは、発電所北側の戦闘員を南から攻撃。

4PP敵増援1・タッコング味方増援1・MATの方々
タッコングはMAT隊員で囲む。
他は北上しながら、森に入らないように戦おう。

26_26 26_25 5PP:ガイラー将軍が迫っているので、ゼーバーイナズマンフラッシュで攻撃。
まぁ一撃で撃破できるだろう。

ギャル軍団は適当に必殺技で倒す。
ここまで来れば必殺技で一撃なので、一人一殺ぐらいで考えて良い。
まぁ必殺技の無いアニーは適当なザコを撃つ事になるが……。
また、シャリバンかシャイダーはタッコングから4~5マスの位置で行動を終えるよう心掛ける。

タッコングはMAT隊員で包囲。
郷さんは後にウルトラマンへ変身するので、それ以外の隊員で囲んでおく。

26_28 26_29 6PP郷がウルトラマンに自動変身
……はいいのだが、気力は105。
よってSサイズ勢で敵兵士を倒し、ジャックの気力を110に上げる。

この時、シャリバンかシャイダーは戦艦の砲撃をタッコングに叩きこんでおこう。
これでタッコングを弱らせ、スペシウム光線を撃てるようになったジャックでとどめ。
タッコングには誘爆能力があるのでMAT隊員が痛手を受けるが、彼らのこの面での仕事はタコを囲む事だけだ。
何一つ心配はいらない。

26_30 7PP:ヘスラー指揮官が迫っているが、彼の最大射程は1。
適当な間接攻撃で弱らせる。
今回はイナズマンFの超力稲妻落しで弱らせ、ギャバンダイナミックでとどめをさしておいた。

後は残った敵兵士を掃討すればクリア。
一応、経験値はアニーへ優先的に渡しておきたい。
彼女が怪人クラスの敵を倒して経験値を稼ぐのは難しいので、ザコで稼げる時に稼いでおきたいからだ。

敵を掃討すると、この面もクリア。

26_31 26_32 26_33 まぁそれでもジミーさんを助ける事はできず、彼は消えてしまうのだが。
融通の利かない軍人を地でいくサワ隊長を心の中でなじりながら、次の面へ。
終了デモで、字のみでMATと新マンの活躍が語られるので、まぁなんかいろいろ戦っているんだと納得しておこう。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

特撮大戦 第25話 ゼーバー新たなる力

25_1 25_3 新人類帝国、最後の戦い
デスパー軍団との戦力欲しさにイナズマンと手を組もうと持ちかけるあたり、やはり自前の戦力にはあまり自信がなかったのであろうか。
新組織が登場した時、旧組織がビビって腰がひけるのは伝統みたいなもんかもしれないが。
ブラックサタン首領もデルザー軍団の足音だけでうろたえてたもんな。
元締め一緒なのにな。後付けだから仕方ないけど。

事前準備

攻略自体は例によってバイオ編に同じ。
主人公だけ違うので、タクマにハイパーマニューバとリロードマガジン
サキにブースターとHP回復キットを装備。

開始前のデモでイナズマンがイナズマンFにパワーアップ。
最強武器が追加され、BGMも変化する。

2510 2511 ACT1

渾身の最後っ屁・日本沈没作戦を始める帝王バンバ。
日本を支配しきれないから、支配できる範囲以外は消してしまおうとはなかなか見事な逆転の発想。
バンバの世界征服作戦が実現したとして、世界が元の何割残っているのかは興味深いところだ。

1PP:イナズマンFは北東の工場へ。
まずはそこの制圧から始めるのだ。

1EP敵増援1・ファントム兵、帝王バンバ
イナズマンFに早くもファントム兵が押し寄せてくるが、当然反撃で倒し続ける。

25_5 2PP敵増援3・ファントム兵
こちらにも味方増援1・防衛軍、主人公コンビ、選択5人
バイオ編同様、宇宙刑事3人+アニー+志郎を選ぶ。

イナズマンF、東に1動きファントム兵士を攻撃。

防衛隊は射程を活かし、反撃できない相手を銃撃。
東周りに工場へ向かうので、途上にいるファントム兵を優先的に撃つ。
手が空いた隊員は工場へ近づいておくが、トゲバンバラからは4マス以上離れておく。

宇宙刑事3人は、初期配置北東の行き止まりへ
ここで変身して空輸するのが、戦場への近道だ。

アニーは北へ1・西へ3に動く。お任せと本人は言ってるが、バンバ戦を任せるにはレベルが低い。
よって研究所付近のファントム兵を撃ち続ける事にしてもらう。ザコだけはお任せ。
タクマはアニーの北隣、サキはタクマの北隣へ。

志郎、男は一人、北4東2へ。
男は一人でゆくものさ。

2EP敵増援2・ギガント
新人類のミュータントがイナズマンFの方へ移動を始める。
反撃は基本的に格闘で。

25_8 25_9_2 3PP:イナズマンFの傍へトゲバンバラが迫っている。
移動後攻撃できないので、迫ってきただけだが。
遠慮なく超力稲妻落しでトゲバンバラを撃破。彼の戦いは迫っただけで終わった。

防衛隊は工場へ。
邪魔な兵士をどんどん撃つ。

ここらで宇宙刑事も気力が105にはなっている。
変身、その後は母艦で北東へ

志郎は東へ、タクマは研究所南の道を通って東へ。

アニーは北西へ向かい、敵の射程内に飛びこむ。これ以降、彼女は毎EPにファントム兵の臭い息を浴び続け、バードニアブラスターで弾を気にする事なく反撃し続ける事になる
敵の攻撃力は大した事無いが、大して強く無いアニーにはそこそこの痛手、しかも多数。
よってサキはアニーの回復役を担当するのだ。

25_14 4PP:道を塞ぐファントム兵を防衛隊で倒し、キタクラが工場を制圧。
これで工場付近の敵増援は止まる。

気力が貯まっているので、シャイダーがシャイダーブルーフラッシュでイツツバンバラを撃破
空から飛び降りてきた宇宙刑事に何をする暇もなく一刀両断されるイツツバンバラの最期。無常。

ギャバン・シャリバン・V3・ルシファードは、移動先の敵を攻撃しつつイナズマンFに合流。

5PP:イナズマンF・ギャバン・シャリバン・シャイダー・・V3・ルシファードは周囲の敵を蹴散らす。
ギガントには少し強めの武器を使ってもいい。

キタクラは戦車に乗り、それにブースターを2個装備。
他の隊員を乗せて西へ走る。

アニーはトリガーハッピーを続け、弾が無くなればリロードマガジンを使用。
ファディータはその治療に専念する。

6PP:イナズマンF・ルシファード・ギャバン・V3は帝王バンバへ向かう。

シャリバンとシャイダーは研究所付近に残った敵を掃討へ。

キタクラ戦車も西へ。ただし敵の射程内には入らない。今回のプレイだと戦車が無改良だしね。

25_19 25_21 25_22 7PP:帝王バンバ撃破部隊は位置取り。
イナズマンFは相手から5マス目、ルシファードとV3は5~6マス目へ。
ギャバンはドルギランに乗って、すぐ傍まで飛んで行く。

研究所に向かった部隊は、ここから10PPまでの間、期間は短くとも無限増援で稼ぐ
よって制圧は10ターン目、それまでは沸いたファントム兵をただ倒し続けるのみ。

その間、8~9PPでゼーバーイナズマンフラッシュを2発食らわせると、帝王バンバは瀕死になる。
9PPにV3反転キックで帝王バンバを撃破
撃破されたバンバは正体を現し、火炎ファイターが登場。
ルシファードは相手から4マス目へ。

25_25 9EP:火炎ファイターがルシファードを狙って来たので、グラビティファントムで反撃。

敵の気力はリセットされているので、攻撃力は大した事がない。
反面こちらの気力はMAXの150。防御力は最大。
ルシファードのバリアで火炎ファイターの攻撃を無力化、ノーダメージに抑えた。

このゲーム、実はバリアのエフェクトが豊富なので、機会は少ないがぜひ見ておきたい。
反撃のグラビティファントムで敵のHPがごっそり減る。
バンバの最期も秒読み開始。

25_27 25_28 10PP:ファントム兵を倒し続け、アニーのレベルが28まで上がる
今回通るルートだと、アニーが強制出撃する面が後にある。
少しは彼女のレベルを上げておいて損は無いはずなのだ。

用が済んだので研究所を制圧。
戦車に乗ったままだと制圧はできない事にだけ注意。

火炎ファイターはV3キック、ギャバンダイナミックと連続で叩き込んで撃破
レベルは高い敵なので、経験値は結構くれる。

25_29 捨てゼリフを残してバンバ死亡。

なんか差し違えても攻撃するような事を言っているが、このまま爆発して消えるので気にしなくていい。

おそらく、原作ではそれに近い流れだったのだろう。
今度見て確かめてみようかと思う。

今は無敵のレッドバロンの方を見ているのでちょっと後回しな。
あのロボット、原作だとかなり強いようだ。まぁまだ序盤だからかもしれないが……。

25_30 25_32 ACT2

ついに登場、デスパー軍団。
まぁステージデモだとACT1の前に出てはいたのだが。
超能力を封じる道具でバンバを捕えるという、強いんだか道具頼りなんだかよくわからないイベントだった。
手合せとしてはここが初、その強さやいかに?

というわけで適当に殴りあう。
ザコ兵士3体のうち、反撃もあわせれば1体は倒せる。

25_34 そこで荒井さんが来て終わり
とりあえず退却、勧められるまま荒井さんの家へ引っ越しする事にした五郎。

原作だと、ここで登場人物がほぼ一新されたらしい。
昔の仲間は何してんだよ、というのは仮面ライダーBLACKとRXでも感じた事だが、この当時から同じだったのか。

まぁウルトラマンの防衛軍なんて番組毎に変わってるしね。
やはりあれは頻繁に組織の解体・再編成が行われているという設定なんだろうか。
宇宙ステーションや海底基地みたいな大がかりな施設も、その度に変えているわけか。
まぁ前の組織の施設の名札を貼り変えるだけかもしれないが。

なおこのゲームでは、荒井さんはアンチデストロン同盟の肩書も持っています。
彼が原作でインターポールに所属していた事から付け加えられた設定らしい。
アンチデストロン同盟も、原作ではデストロンハンターだったようだが、このゲームではアンチショッカー同盟から移行した組織という事になったので、この名にしたようだ。

細かい所でなんとかクロスオーバーしようという努力が窺えて、涙。
後半はそれさえも消えるので、やはり涙。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

特撮大戦 第24話 復讐の戦旗

24_2 24_6ウルトラマン初登場面でスペシウム光線を使った事により、宇宙刑事ルートに分岐。
ここでベル・ヘレンが登場である。

まぁこのキャラ知らんけど。
攻略本によると、シャリバンのファンなら育てずにいられない重要なキャラクターらしい。
このゲームでも相当に重要なキャラである事は確かだ。
なにせ彼女が仲間になるルートを通ると、後半に彼女が単独で戦う面に進む
この時に彼女のレベルが低いと苦行僧としてまたもや出家する羽目になるので、ある程度の準備をしておかねばならないのだ。

事前準備

宇宙刑事と主人公コンビにブースター・ハイパーマニューバ・回復アイテムを装備させる
武器・性能は6段階目まで改良

また、ブースターとハイパーマニューバを1個ずつは空けておく
これはステージ開始後に使うためだ。

24_4 24_5 ACT1

マドーを追って地球へやってきたベル姉弟。
彼女らを保護した伊賀電は、姉弟もまたイガ星人の末裔である事を知る。
負傷して動けない弟・ビリーのため、助けを呼びに行く電。
もちろん、その悪いタイミングでマドーがやってくる

そんなわけで初期出撃はベル・ヘレン一人
単騎で突撃して敵を蹴散らす場面だな!」と勘違いした者は、増援を含む敵集団にリンチされてゲームオーバー画面を眺め、我に返らねばならない。
それはヒーローにして主人公がやる事であり、ここでなら宇宙刑事の仕事であり、ベル・ヘレンは助けられる側の女性なのである。
それを理解したらベル・ヘレンは南下。
水場(海?川?池?)を渡って工場を目指すのだ。

24_11じゃぶじゃぶ泳いで工場へ入る。
そこでブースターとハイパーマニューバを装備
ステージ開始後でも、工場に入ったキャラは装備を付け替えられるのだ。
活用する機会の少ないシステムだが、初登場キャラにアイテムを持たせたい時には有用である。

装備を整えたら、次に向かうは発電所だ。

そうこうしているうちに、味方増援でシャリバンも駆けつけてくる
ついに登場、我らがヒーロー。地形効果と回復アイテムを使えば、そのまま敵を全滅させる事ができる。
颯爽と現れピンチの女性を救い、悪を蹴散らす大活躍!

……を、この面に初めて来たプレイヤーは皆やっただろうが、前述したようにベル・ヘレンのレベルをある程度上げておかないと後々面倒な事になる。
そしてこの面は、彼女のレベルを上げ易い数少ない修行場なのだ。

ヒーロー大活躍なんて話はしばらく忘れよう。
シャリバンはグランドバースでベル・ヘレンを追う。

24_9 グランドバースは移動中、ベル・ヘレンが敵に接触されないよう、敵の進路を妨害する。
戦いは彼女が発電所に入ってから行うのだ。

その際、発電所に入る直前に移動力ギリギリのところで一旦止まるといい。
そうすると敵を1方向に誘導できるので、迎撃し易くなる。
特にゴリビーストの接近を遅らせやすくなるのが地味に大きい。
その後に発電所へ侵入。

グランドバースは発電所の傍、敵が来る方向に浮いておく。
このステージの戦闘は大半をベル・ヘレンにやらせるのだが、シャリバンにもまた重要な役目があるのだ。
いつでも敵と交戦できる位置にいなければならない。

ファイトローがベル・ヘレンの射程内に来たら戦闘開始。
自手番には遠くにいるファイトローを優先的に撃ち、近くのファイトローは敵手番に反撃で倒す。
ガイラーもすぐに近くへ来て攻撃してくる。一撃で35~40のダメージを受けるが、HPに余裕がある時に反撃しておく。
弾もHPも回復できるので、倒されない範囲で積極的に戦うのだ。

24_14その間にシャリバンはファイトローを1~2体倒しておく。
気力120になったらゴリビーストにシャリバンクラッシュ

ゴリビーストには幻夢界を生み出す能力がある。
この幻夢界、元の地形を上書きで変えてしまうため、これを発電所に使われると、補充・回復が行えなくなるのだ。

これをやられてしまうとベル・ヘレンはそれ以上戦えなくなる。
それを防ぐのが、このステージでのシャリバンの仕事だ。
ゴリビースト自体はシャリバンにとって大した敵では無いので、シャリバンクラッシュのワンパンで粉砕できる。
これが終わったらシャリバンはグランドバースに乗り、次のACTまで寝ているだけでいい。

24_15 ガイラー将軍は強敵だが、少しでもレベルを上げるためベル・ヘレンで倒す。
発電所で回復を繰り返しながら戦えば十分に可能。
基本は反撃でのみダメージを与え、あと一撃で倒せる所まで追い詰めたら自手番でとどめ
相手のレベルも能力も高く、ベル・ヘレンはアニーぐらいの能力しかないので、本来は命中率も微妙な値になる。
だが工場で装備したハイパーマニューバで命中率を上げていれば、安定して攻撃をヒットさせる事ができるはずだ。

実のところ、ベル・ヘレンの銃は基本性能が結構高め
気力不要の間接攻撃武器としてはトップクラスの強さになる。
しかもベル・ヘレンの成長タイプが「武器:成長/性能:成長」なので、初登場のこのステージから既にある程度の威力になっている。
ファイトローとの戦闘で気力を上げ、攻撃を安定して当て、回復をちゃんと行えば、幹部クラスの敵を倒す事も問題なく可能だ。

ガイラー将軍にとどめを刺す前に、忘れず回復しておく。
15ターンほどでクリア。

24_17 24_18 ACT2

1度で引っ込むほど物わかりの良いマドーではない。
景気よく再戦開始。
後に敵味方とも宇宙刑事とその関係者が入り乱れるので、割と本当に楽しいステージである。

ベル・ヘレンの気力は引き継ぎ
レベルも前のステージでそれなりに上げてあるので、位置取りさえ間違えなければ、前ACTほど逃げ回らなくて済む。

1PP:ベル・ヘレンは西2へ。
水中で敵の攻撃を凌ぐ戦法で身を守るのだ。
味方増援もこの近くに来るので丁度良い。

24_22 24_23 24_19 24_21 1EP敵増援1・マクー、フーマ
彼らはかつてバード星が捨てた秘宝・魔人クリスタルを追って来たのだ(原作のギャバンでは魔人兜だったらしいが、ゲームではなぜか変更されている)。

持つ者は無敵となるため、多くの戦乱を呼んだ魔人クリスタル。
当時のバード星人はそれを地球に捨て、バード星に知性と平和をもたらしたのだ。
今、それを知ったマクーとフーマが、クリスタルに魔手を伸ばす!

いくら当時の地球が大した文明の無い星だったからって、そんな物騒な物を捨てるのは感心しませんな……結局、現代の宇宙刑事が尻拭いさせられるから困る。

時を超えた壮大なとばっちりが迫る中、ベル・ヘレンは一人、敵の攻撃を回避して耐える。

2EP味方増援1・主人公コンビ、シャイダー登場。
いきなり変身。クライマックスなので出し惜しみは無しだ。

3PP:主人公コンビとシャイダーは東へ。しかしまだ攻撃はしない
敵兵士を薙ぎ倒すのは、味方が揃ってからにした方が効率よく気力を上げられる。

3EP:不思議時空発生。
とはいえこのステージの味方は誰も困らないのだが。

4PP味方増援2・シャリバン。とりあえず味方の方へ動かしておく。
幻夢界も発生。誰も困らんが。
シャコモンスターが近づいているので、ベル・ヘレンはそれを撃ち抜く。

4EP味方増援3・ギャバン。敵増援2・マクー。これで敵味方が出揃った。
マクー空間発生。誰も困らんが。
ここから、敵戦闘員を反撃でのしていく。
不思議獣バリバリが上陸して攻撃してくるので、反撃を叩きこんで弱らせておく。

24_30 24_29 5PP:ベル・ヘレンが弱ったバリバリを倒す。
味方は位置を調整し、次ターンにガイラー将軍へ挑む準備。

なお、魔人クリスタルをダブルマンの一人が入手したのだが、何一つ問題なく粉砕する事ができる。
呆気にとられたギャバンだが、すぐに察した……あんまり長い間放置されていたので、クリスタルが力を失っていたのだと

整備や調整の必要な物だったのか、魔人クリスタル……。
魔法的な何かだと思ったが、そうでもなかったのか。いくら魔法でも5000年は保てないという事なのか。
なんとも腰砕けな話だが、一応、原作再現らしい。
まぁ物騒な物は少ないに越した事は無いのだ。

24_31 6PP:ガイラー将軍を倒す。
レベルを上げるため、できればベル・ヘレンで倒したい。
宇宙刑事やルシファードの必殺技を1発叩きこめば、気力の高まったベル・ヘレンの銃撃で倒せる所まで弱る

宇宙刑事やルシファードは強敵を必殺技で倒してレベルを上げる事もできるが、ベル・ヘレンはそうはいかない。
そもそも彼女に出撃枠を割ける機会が多くは無い。
少ない機会を逃すと、後が面倒になるのだ。

後は残っている敵兵士を掃討すれば、無事にクリア。

24_32 24_33 上手くいけばベル・ヘレンのレベルは35まで上がる
この時だけとはいえ、自軍で最高のレベルだ。

残念ながら、弟さんはここで自動的にお亡くなりになるが……。
彼のユニットデータを作る労力は惜しかっただろうし、原作で死んだキャラは基本的に死ぬ作品なので。

原作での悲劇を回避するルートがある、というのが、スパロボシリーズの売りの一つとして既に知られていた時代のゲームなのだが……。
残念ながら、その仕様はこの作品に引き継がれなかったのだ。
この弟さんの死に、きっとジャイアントロボも涙している。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

特撮大戦 第23話 侵略者を撃て

23_1 23_4 みんな大好き・バルタン星人が出て来る面。
ただし一つ間違うと半端無く出てきて押し潰されるので注意。
やはり物には限度という物があるのだ。

事前準備

改良を6段階目まで行う
ここで対象となるのは、主人公コンビ、風見志郎、伊賀電、沢村大、無敵のレッドバロン
無敵のレッドバロンとウルトラマンに、ハイパーマニューバとHP回復キットを装備
ルシファードにブースターとリロードマガジン、ファディータにブースターとEN回復キット、V3にブースターとハイパーマニューバを装備
シャイダーにハイパーマニューバを2個装備
またグランドバースにハイパーマニューバを2個装備する
さらに防衛隊員達にリロードマガジンを持たせておこう

23_2 ACT1

まずは前哨戦、ゴレンジャーvs野球仮面が率いる黒十字軍。
武器が無改良でも負ける相手ではないが、戦闘できる場所が狭い事には注意したい。

1PP:大太、北2西1で北のゾルダーを攻撃。
明、北2東1へ移動。

1EP:バルタン星人が笑う。
ゾルダー達には積極的に反撃していこう。

2PP:大太、変身。東のゾルダーを攻撃。
ゴレンジャーはキカイダーと並んで低気力で変身できるので、ちょっと交戦するとすぐ変身できるのは助かる。
明、北2東へ。
剛、北2へ。
健二、北3へ。
松山、北2へ。

3PP:明変身、東のゾルダーを攻撃。
健二、南1東5で北のゾルダーを攻撃。
松山も変身、東3で東のゾルダーを攻撃。
キレンジャー、東3で東のゾルダーを攻撃。
剛は東3へ。

4PP:キレンジャー、東1で野球仮面に隣接。

23_8 以降はアオレンジャーが野球仮面の射程外から間接攻撃を撃ちまくる
弾数は気にせず、使える武器で一番威力の高い物を優先的に撃つのだ。
一方、キレンジャーは防御。攻撃させてもいいのだが、反撃は結構痛い。

野球仮面のHPが減ったら適当なキャラでとどめ。
とはいえ攻撃力と気力の関係で、アカレンジャー・アオレンジャー・キレンジャーの誰かで倒す事になるだろう。
上手くゾルダー撃破の配分を調整して全員の気力を上げていれば、ゴレンジャーストームで一撃必殺もできるのだが……なにせモモレンジャーが攻撃力低すぎてなかなか敵を倒せず、正直面倒。
まぁキレンジャーで倒しておくのがお勧め
彼のレベルを高くしておけば、後の面で僅かに恩恵もある。

23_12 23_13 ACT2

今度こそバルタン星人との戦いが待ち受ける。
とはいえ、戦闘の大半はやっぱり黒十字軍が相手なのだが。
しかし脅威度は真逆なので、注意すべきはバルタン星人……というよりこのゲームの特色そのもの

ゴレンジャーは気力を引き継ぎ、HPは回復。

1PP:ゴレンジャーは南の黒十字軍と戦闘しながら、ゴレンジャーストームの布陣を整える。
3×3の範囲内に全員が揃い、中央のマスに誰かがいる事が条件。

防衛隊は2名を西の研究所へ、3名を工場へ向かわせる。
ただし工場へ向かうチームは西周りで近づく。

2PP味方増援1・主人公コンビ+3名
もちろん準備しておいた志郎・大・電を選択。
志郎と電は北へ、主人公コンビと大は西へ。
防衛隊は移動を続けるが、工場へ向かうチームは、工場から来たゾルダーを迎え撃つ布陣を曲がり角で組む。
ゴレンジャーはゴレンジャーストームで野球仮面を撃破。

3PP:ゴレンジャーは周囲の生き残りゾルダーを片付け、北上。ビルが邪魔なら空を飛んでもいい。
他のヒーローは気力も溜まっている頃なので変身、特にシャイダーはこの後も優先的に敵を倒して気力を上げる
V3とシャリバンは工場の方へ。

23_16 23_17 3EP:バルタン星人との話がこじれる。
移民を希望するには、ちと数が多すぎたか。
だがバルタン星人も生活がかかっているので、巨大化して出撃(敵増援3)。

問題はこのバルタン星人、無限増援としていくらでも出て来るのだ。
倒しても増えるし、毎EPにも勝手にわいてくる。

そんなバルタン星人無限増援の停止条件=黒十字軍を一旦全滅させる事
こちらのLサイズ戦力は、その後に発生するイベントで来る
つまりバルタン星人を増殖させる事ができるのは、こちらのLサイズ戦力がいない間だけだ。
彼らで稼ぐためには頭数を増やしてからイベントを発生させねばならないのだが、彼らの戦闘力はかなり高く、数を増やすとこちらのLサイズ戦力は一方的に粉砕されてしまう
そのうえ気力120以上で、全ての攻撃を50%の確率で自動回避する「分身」能力まであり
群れで出る敵としての強さは、このゲームで間違いなく1,2を争うのだ(同じぐらい強く1,2を争うのはバルタン星人Jr)。

なお、この増援停止条件は、当然ながら特にヒントは無い
そんな事をいちいち教えてくれるゲームでは無いのだ。

一方、実は黒十字軍の増援も無限増援
その停止条件=施設の制圧。
ゾルダー達は気力さえ高まれば防衛隊員の無改良銃でも倒せるぐらい弱い。
稼げる金額はバルタン星人の10分の1ほどだが、10倍の数いても余裕で蹴散らす事が可能

よってこの面、無限増援で無限稼ぎができる面なのだが、その対象はバルタン星人ではなく黒十字軍のゾルダーなのだ。

4PP:防衛隊でゾルダーを駆逐しながら、V3は工場へ近づく。シャリバンはV3と分かれ、工場の北の通りを目指す。
主人公コンビとシャイダー、ゴレンジャーはバルタン星人出現地点へ。
シャイダーは気力がまだ溜まっていない場合、あえてバルタン星人の射程内(4)へ踏み入れるのもあり。敵の攻撃を回避する事で気力を上げるためだ。
西へ向かった防衛隊は、一人を研究所へ、もう一人を発電所へ。

5PP:V3は機関車仮面をきりもみキックで撃破。

その北に増援2で出たゾルダーをシャリバンで片付けると、バルタン星人以外は全滅する。
そうするとイベント発生、ウルトラマン登場。バルタン星人の20億詰め円盤を探し出し、躊躇する事なく撃墜。
派手な人数整理が冴え渡る。おかげでバルタン星人の無限増援も止まる。

チャンスは一気につくもの。味方増援2で巨大ロボも1体出せるので、無敵のレッドバロンを選ぶ。

23_29 レッドバロンはバルタン星人の生き残りと戦うために北西へ。
シャリバンはグランドバースに乗って移動、それに加勢する。
バルタン星人の能力は高いので、気力の上がっていないレッドバロンが正面から攻めるとあっさり負けてしまう
よってバルタン星人が接近してきたら位置を調整し、シャリバンはグランドバースで5マス目から攻撃。
グランドバースにハイパーマニューバを2個装備したのはこの時のためだ。敵の能力が高いので、無改良では命中率がおぼつかない。パーツで合計30上げれば6段階目まで改良したのと同じ効果、安定して当てる事ができるのだ。
後は弱ったバルタン星人をレッドバロンで攻撃すればいい
位置調整が難しい場合、あれてレッドバロンをバルタン星人から4マス以内にいれ、5マス目にグランドバースを置く。
敵の攻撃は痛いが防御さえすれば一撃で倒されはしないので、レッドバロンに囮ととどめを兼任させる事が可能なのだ。
2体も倒す頃にはレッドバロンも相当に痛んでいるが、どうせ無限増援ゾルダー潰しが始まればする事が無くなる
それまで生きていればいい……というかバルタン星人さえ駆逐できればブッ壊されてもいいので、気にせず危険な戦闘を挑もう。
肉を斬らせて骨を断ち己の骨まで砕けるレッドバロンは無敵だ

23_25 23_26一方、ウルトラマンはゴレンジャー・シャイダーと組んで戦う。
ゴレンジャーをバルタン星人の4マス以内にいれ、ウルトラマンは5マス離れた所から攻撃。
バルタン星人さえいなくなれば、ハヤタの状態でゾルダーを撃つ仕事しか残らないので、ENなど気にせず一番強い技を撃ちこめばいい。
ゴレンジャーは5人もいるので、バルタン星人を倒すまで十分持ちこたえてくれる(運の悪い奴が吹っ飛ばされながら)。
シャイダーも敵の射程外からビッグマグナムで狙撃しよう。

ビッグマグナムを結構な高段階まで改良すれば、バルタンを一撃必殺しながらシャイダーにEN回復キットをねじこみ、かなりの数を捌く事もできる
まぁゾルダーを利用する方が簡単で敷居が低いのだが。

バルタン星人を全滅させたら、施設の傍でゾルダーの無限増援(敵増援4)を潰す作業開始。
部隊を適当に東西にわけ、研究所と工場の周囲に集めよう。

23_33 23_32 23_34ゾルダーを全滅させる毎に、研究所には2体、工場には3体の敵増援が出現。
これを2チームに分かれて潰し続ける
片方を制圧して片方だけで稼ぐ手もあるにはあるが、どちらも周囲が狭く、多人数で戦うのは難しい。
EPの反撃もあわせれば、毎ターン10~15体は倒せる。
ステージボーナスが減額されるのは21ターン目以降なので、ゾルダーを潰しつつ20PPに制圧し、20EPにクリア。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

特撮大戦 第22話 天使?悪魔?ビジンダー出現

22_3_2 ビジンダー初登場。
メタル編ではキカイダーのストーリー再現面が多いので、彼女とは何度もつきあう事になる
しかしそんな彼女、仲間になるまでに何度か共闘するのはいいんだが、成長タイプの問題で攻撃力・性能ともに初期値のままやってくる
仲間になる前なので、改良もできなければ強化パーツをつける事もできない
戦闘員とタイマンをはっても負けてしまうのに彼女が倒されるとゲームオーバーになる面もあり、多くのプレイヤーに戦いの厳しさを教えてくれたようだ。

まぁ彼女はシャドウが作った刺客だったので、こちらに厄介なのは当たり前。
女子供には弱いゼロワンの弱点をついて生まれ、仕様はどうにもならないプレイヤーの弱点を突いて抉ってくれる、戦闘力以外は強大な悪の女戦士なのだ。

事前準備

キカイダー01とキカイダーを5段階改良
アイテムはHP回復キットとEN回復キットを装備させておく

例によって攻略はバイオ編と同じ。
なにせキカイダー兄弟のみで戦うので、どちらの主人公を選ぼうが変わる事はない。

22_4 ACT1

シャドウの誇るハッタリロボ・これまでブーメランが無敗だった赤面ガメの舞台。
こいつが出演した話を自分は未視聴なのだが、彼が只者では無い事だけはわかる。
共通ルートに1スタージ用意されているのも当然と言えよう。

レベルが遅れ気味のゼロワンのレベル底上げがなされるので、ゲーム的にも割と真面目に意味がある。

これまでブーメランが無敗だった赤面ガメは移動しない。
ターン数をかければ動くのかもしれないが、5ターンで終わるステージなので関係ない。
このカメの最大射程は4なので、5マス以上離れてシャドウマンを全滅させる。

場所はイチロー初期位置の南1・東2がいいだろう。
すぐにシャドウマンが囲んでくれるので、反撃で殴りまくる事ができる。

気力が溜まったら即変身。
変身するとシャドウマンから受けるダメージは1になる。
変身前なら3点ぐらいのダメージは受けていたので、これで安心度も3倍だ。
ゼロワンはこの時点で100を超える最大HPがあるので、半分居眠りしながらでも勝てるぞ。

2PPに変身可能、3PPにはシャドウマン全滅。
4PPには赤面ガメから5マス離れた場所に移動し、5PPにこれまでブーメランが無敗だったカメをブラストエンドでワンパンキル。

赤面ブーメランは負けてない。負けたのは赤面ガメだ。

22_8 ACT2

メタル編のヒロイン・マリが満を持して登場。
いきなり真価を発揮しており、マリは無改良なので戦わせると死ぬ
ただこのステージは彼女もまだ本気ではなく、敗北条件に「マリが倒される事」は無い
よって開始直後に地獄ガッパに突っ込ませて短時間だけ機能する囮にし、捨て駒にしている間にイチローがシャドウマンと安全に戦う戦法も一応ある。

まぁカメのおかげでゼロワンのレベルも上がっているのだ。
敵の気力をわざわざ上げてやる必要も無い。
よって彼女とと共に戦う事にする。

22_1022_14_2 22_11

マリは工場に入れ、イチローで蓋をする。

イチローの状態はリセットされており、気力は低下しているがHPも回復している。

よって工場入口を塞いだままシャドウマンと戦い、気力を上げる。
地獄ガッパから攻撃を受けてしまうが、回復はマリが工場でアイテムを装備し、マリがイチローに使う事で行える。
そもそもそこまでHPが減る事もないだろう。
地獄ガッパから受けるダメージもたかがしれているのだ。

地獄ガッパは誘爆能力を持つが、次のACTへ進めば、キカイダー01のHPは再び回復する。
よってこの能力、このACTでは意味なし。遠慮なくブラストエンドを叩きこんで撃破。

22_16 22_17 2231 ACT3

絶対自分は倒されない状況でカッコよく登場・ハカイダー。
自分もこういう男になりたいものだ。

まずは南下して、広い場所へ向かう。
イチローは気力引き継ぎなので、いきなり変身させていい。

2EPに敵増援1・アンドロイドマン

3EP、移動している間に時間切れがきて、ハカイダーは交戦前に帰ってしまう。
ここからが本番。

4PPに敵増援2・ダークとシャドウの部隊
ダークはキカイダーを、シャドウはゼロワンを優先的に狙う傾向がある。
広い場所に陣取れば、どちらの部隊も一緒くたに向かってきてくれるので迎撃し易いのだ。

カイメングリーンを倒すと味方増援1・マリ
マリ登場後、赤面ガメと地獄ガッパも動き出す。
マリはやはり真のヒロインで、びっくりするほどの弱さでゼロワンの近くに出現、混戦状態の敵に殴りまくられて爆発してしまう。
このステージでもやはり敗北条件にはなっていないので、安心して見捨てていい。
まぁ遠くへ逃がしてしまうべきだとは思うが……。

22_19

だがマリが来るのはカイメングリーン撃破後なので、逆に言えばカイメングリーンを放っておくと来ないということ。

マリが来るまでは動かない赤面ガメと地獄ガッパへ、こちらから近づき、移動しながらアンドロイドマンとシャドウマンを倒して気力を上げる。
接近したら、赤面ガメと地獄ガッパをデンジエンドとブラストエンドでワンパン。
最後にカイメングリーンを撃破
こうする事で、マリが登場後に即ステージ終了。
マリは全く戦闘することなく、登場して即その場に倒れて悶えて苦しむイベントに突入となる。
もちろん、マリのボタンは勝手に解決する

ちと移動が面倒でターン数もかかるが、クリアボーナス満額には余裕で間に合う。
こちらの戦法で戦うのもお勧めなのだ。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

特撮大戦 第21話 ライダー3号その名はV3!

ショッカー首領がまた組織の看板をはりなおす面。
このゲームではデストロンで店仕舞したが、もし仮面ライダーSPIRITS名義でライダーが参戦していたら、10回ぐらい社名変更ステージが繰り返される所であった。
まぁその場合はGOD~バダンは全て1面1組織、出ては終了するパターンが延々繰り返されたであろうが。

ステージタイトル「人か野獣か?!密林から来た凄い奴!
ACT1:アマゾンライダーがカニ獣人&ゲドン戦闘員と戦う。味方が合流。
ACT2:十面鬼&
カニ獣人&ゲドン戦闘員と戦う。十面鬼死亡。ゲドン壊滅。
ACT3:ゼロ大帝がガランダー帝国を旗揚げ。ゼロ大帝&カニ獣人&ギガントと戦う。ゼロ大帝死亡。ガランダー滅亡。アマゾンが仲間になる。

なんだ意外といけそうだな。

幸い、この面はもうちょっとまともに展開される。

21_4 2111 ACT1

ショッカーの改造人間は人の生き血を集めれば生き返るそうな。
ガニコウモルしかいないんで、そいつが集める仕事をやらされる事になった。
当然、本郷達に殴られるのも仕事のうちだ。

ガニコウモルは2EPまで動かないので、南東の森へ避難。
できるだけ地形効果で身を守りながら、寄ってくる戦闘員達を倒して気力を上げる。
まずサキの気力を108以上にして変身すると、ファディータは有射程の回復技を使えるので、森の地形効果で身を守りながら本郷やタクマを回復できる。

21_12 途中でハイパーマニューバの開発が終わるので、忘れずに生産開始。
運動力15上昇は局地的に威力を発揮する。
ゾーンキャンセラーはメタル系主人公だと趣味アイテムなので、金が惜しければ開発しなくていい。

気力が溜まったらガニコウモルへ必殺技を叩き込む。
敵の射程外からならなお良し。
グラビティファントムで一撃必殺。
6ターンで終了した。

21_13 21_14 21_15 2121 ACT2

アンチショッカー同盟とゲルショッカーが裏でいろいろやってると、隼人がついに帰国する。

ゲルショッカーが本腰を入れて最終決戦。
わらわらとショッカーライダーがわいてくる。
突入するヒーロー達も、最初から変身するほどの気合い充分。

なのになぜダブルライダーと主人公コンビしかいないのかは謎。
宇宙刑事にも声かけようや。

まぁこのゲームで誰それがいないと言いだすとキリが無いので、4人でゲルショッカーとの決戦に挑むしかない。

今回は戦力を分散させず、ACT1同様に南東の森を拠点に敵を迎え撃つ。
その際、ダブルライダーは毎回隣接させておく。

21_19 ダブルライダーの気力が115になるまでは、ショッカーライダーの攻撃からは防御しつつ、戦闘員を攻撃。
ダブルライダーキックさせ使えるようになれば、そこからはワンサイドゲームに近くなる。
ルシファードの気力も115を超えたら、メーサービットも用いてショッカーライダーの撃破がさらに加速する。
まぁとにかく、森から出ないで戦おうという事だ。

敵が残り少なくなったら、ダブルライダーは敵増援1を待ち伏せすべく研究所の傍へ。
研究所の入口をダブルライダーキックの射程に入れたら、残っていた戦闘員を倒す。

21_22 21_23 21_26 そして現れる敵増援1・ヒルカメレオンと戦闘員

もちろん容赦なくダブルライダーキックを叩き込み、何もさせずに撃破。

待ち伏せと狙撃ばかり繰り返して滅ぼされたゲルショッカー。
首領もそんな会社には見切りをつけ、新団体旗揚げを宣言。
首領の名誉のために記せば、デストロンはこのゲーム中でもかなり息の長い方の組織になる。
ルート次第では最終決戦をやらずに終了するので、その場合、このゲーム終了後も首領はどこかに落ち延びる事になるのだ。

21_29 21_28 ACT3

こうして出発した新組織・デストロン。

初陣は家族を殺された風見志郎VSハサミジャガー。
まぁ手動で進める強制敗北イベントなわけだが……デストロン最初にして最後の勝利なので、戦闘シーンぐらいは見ておく事にする。

ただの人間の風見志郎に、ハサミジャガー渾身の攻撃で勝利。
この時間が永く続けば首領も幸せだったが、残念ながら相手は敵にしてはいけない男(全盛期)であった。

21_32 2141 ACT4

デストロンを追ってきたダブルライダーが風見を改造。

そこへ強襲をかけるデストロン。
ダブルライダーが敵に囲まれた所からステージ開始。

しかし2PPに味方増援がくる。
ダブルライダーはいい加減レベルも上がったので、このACTでは全く戦わせない事にした。
味方増援1は主人公コンビに加え、選択8人。
宇宙刑事3人、アニー、五郎、キタクラ、真理、ハヤタをセレクトする。

出撃後は東西から来る敵を迎え撃つのみ。

じきに風見志郎=仮面ライダーV3も登場。
水中に入って周囲の敵と戦う。
宇宙刑事のうち一人は母艦に乗ってV3の応援に向かう。

戦闘員を積極的に倒していれば、4PP以降あたりで必殺技を撃てるようになる。
カメバズーカは位置的に川に入り易いが、水中でも威力の落ちない超力稲妻落しで粉砕しておこう。

21_39 せっかく勝利に酔ったハサミジャガーも、水中・2マス離れて打ち込まれるV3反転キックには為すすべ無し。

同じ土俵に立たれた途端に無改良のV3に倒されるハサミジャガー。
まぁ当時あちこちで悪人・悪怪人をしばき倒していた人が相手だからね、仕方ないね。
そんな人が相手だと知っていたら、ハサミジャガーだって何かしら対策したであろう(例:荷物をまとめて田舎に帰る、等)。

こうしてゲルショッカーとの決戦、デストロンとの前哨戦は終わった。
後輩の誕生を目にし、ダブルライダーは外国へと旅立つ。
戦いは新たな局面を迎えようとしていた

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

特撮大戦 第20話 想い出の母

20_1 20_2 イナズマンの新必殺技フラグを立てるためのステージ。
お母ちゃんと会ったりもするけど、絶対に死んじゃうのだ
キャラの死亡離脱については原作に忠実なゲームなので仕方ないのだ。
一部の敵幹部は描写を変更しててでも抹殺される念の入れようらしいのだ。

クライシス皇帝とかレッドバロンの宇宙人とか、一部黒幕は生き残るのにな。
ユニット化とか決戦ステージの用意とかが面倒くさかったのはわかるけど。
生き残る奴がちょっと違うんじゃねぇのかと。

事前準備

タクマにブースターとリロードマガジン装備
サキにハイパーマニューバとEN回復キット装備
渡五郎にブースターとEN回復キット、ライジンゴーにブースターを2個装備

20_4 20_3 ACT1

荒木博士って人が新人類に襲われているので保護せねばならない。
まぁやる事もその手順もバイオ編と同じだ。

サキと五郎は初期配置周囲のファントム兵を殲滅。
その後にライジンゴーに二人とも乗り、空を飛んで研究所へ。

スタート直後から、タクマは一心不乱に研究所を目指す。
バラバンバラをここに入れるとイナズマンがFに強化されるフラグが消失してしまう。
仮面ライダー勢の強化と違い、イナズマンの強化はこのキャラの使い勝手を大きく左右してしまう。
最大射程4と5、最強武器の攻撃力差20には別キャラと言っていい違いがあるのだ。

20_5 20_12 20_6 バラバンバラは移動を優先するため、近くに行っても自分からは攻撃してこない。
その横を通り抜け、研究所入口の南マスに立ってしまえば、このACTはほぼクリアしたも同然

目的地へ入る道が無くなったら、バラバンバラはその周囲を意味もなくうろうろし出す。
そんなバラバンバラを横目に、タクマはルシファードに変身。
他の二人を待ちながら間接攻撃を撃ち込む。
追いついたイナズマンが弱ったバラバンバラにとどめを刺せば、このACTは無事にクリア。
後にイナズマンがFに強化される事が決まる。

20_8 20_9 20_13 2021 ACT2

研究所から少し離れた場所で、五郎はバラバンバラが母だった事を知る。
その頃、研究所には新人類の援軍が迫っていた。
タクマとサキは2人でそれを迎え撃つ。

まぁ気力引き継ぎなんで楽勝だが。
怪人クラスが最初から傍にいて、増援はザコ兵士ばかりなのだ。

味方2人はいきなり変身、二手に分かれて怪人に近づく。
ご丁寧に、トゲバンバラが射程3、イツツバンバラが射程4。敵の射程外から撃てといわんばかりだ。
トゲバンバラにファディータ、イツツバンバラにルシファードを向かわせる。
まぁ負ける事は無い。

敵増援も数だけは多いが、どうせファントム兵士。
弾使うのも勿体なくなるんで、ENがきれるまではグラビティナパーム撃ちまくるべし。
そのうちバンバがイナズマンを連れてきて、バラバンバラと内輪もめした挙句に決別してくれる。

20_21 20_22 一応、バラバンバラは強制的に操られていたという説明もなされる。
強制でないと言う事きいてもらえなかったのか。
他のミュータントにも本当に従ってもらえてるのか、怪しくなってきた。

後に戦闘員にまで離反者が出るし、帝王を名乗る割にはバンバは人望の無い男だ……。

怪人二体を倒せば、後は敵兵士を掃討するだけ。
気力低下効果のある臭い息も、既に変身している今となってはほぼ無意味。
あまり使わない武器の戦闘シーンでも見ておくよろし。

20_7 20_28 20_30 助ければわかる事だが、この面の荒木博士が狙われたのは、良心回路を制作できる人だかららしい。
新人類にそれを依頼したのは、ダークのプロフェッサーギルである。
漫画版で共演した事もあり、イナズマンとキカイダーは微妙に縁のある作品だ。
特にリメイク漫画作「イナズマンVSキカイダー(THE END OF KIKAIDER-02)」では、その共演を主軸に加えての再構成がなされていた。
プロフェッサーギルがいないと新人類帝国も無かった、ぐらいに関わってきていたのだ。

そんなに縁のある作品なのに、なんでこのゲームでは同時に出撃させてもらえない面ばかりなんだか。
そもそも出撃機会が限られているキャラ、ちと多すぎ。
毎シナリオ巨大ロボが出撃できて敵増援でケルバーンが飛んでくるようにしていれば、作品の評価も少々違ったと思うのだが。

とりえあず博士にハイパーマニューバLを開発してもう。
4個ほどあると、Lサイズ戦闘が楽になるので。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

特撮大戦 第19話 ブレイン暴走

大鉄人17の参入面。

またジャイアントロボとレッドバロンのルート分岐もある。
バイオ編でのプレイ時はジャイアントロボルートを選んだので、今回はレッドバロンルートへと進む事にする。
レッドバロンルートはGロボルートに比べ、得られる資金に乏しく経験値もあまり稼げない
また理不尽な罠も待ち受けており、難易度も悪い意味で高い。
さらにメタル系主人公の専用面ではジャイアントロボの強制出撃する面がある逆は無いため、戦力への利点も薄い。
レッドバロンに追加武装が得られるのはこのルートだけだが、得て有用な物かというとそうでもない
まさに特撮大戦の精神が具現化したようなルートなので、一生に一度くらいは進んでみるのもいいだろう。

19_1_3   19_2_4 19_3_3 事前準備

レッドバロンのENを2段階、HPと運動力を5段階、耐久性を7段階改良
ENはエレクトリッガーにしか使わないが、これは消費90もの大技。ENは255でカンストするので、195以上に改良しても3発撃つ事はできない。よって185で最後までOK。
耐久性も2550でカンストするので、2400でいい。後にハイディフェンサーLを開発すれば、それを装備(+150)して最大値にする事ができる。
HPと運動力はいずれもっと上げる必要が出てくるが、資金の問題もあるので現時点で必要な程度にしておけばいい。

次にレッドバロンの武器も改良。
バロンブレイクを8、バロンミサイルを6、バロンパンチを5段階改良
通常武器の攻撃力は1900~2000は欲しい。これぐらいあれば、ケルバーンを一撃で粉砕する事ができる筈だ。

面クリア後に気づいたが、最強武器のエレクトリッガーの改良を忘れていた
それでもレッドバロンは無敵なのだ。

後はシャリバンとシャイダーの武器も5段階まで改良。装備はハイパーマニューバとブースター。
ハヤタにもブースターを装備させておく。

こうして資金の6割が吹っ飛んだ
レッドバロンは財布の紐に対しても無敵だ。

19_5 19_6 19_7 1911 ステージ開始前の選択肢は、当然レッドバロンを選ぶ。
タクマがかつて空軍パイロットだった事も語られる
スパロボに出演したら元戦闘機乗りにでもなるのだろうか。
OG1では以外と便利なユニットではあったが。

ACT1

レッドバロンの話をしているとどこかの博士が襲われたらしく、巨大ロボが悪さしだした。

1PP:タクマは北へ、サキは南西へ。

19_9 1EP敵増援1・ゲルショッカー戦闘員。射程が3もあるので、変身するまでは反撃できない事も多く、なかなか面倒な相手。

2PP味方増援1・本郷。近くのサキへ応援に回す。

2EP敵増援2・ガニコウモル、ゲルショッカー戦闘員
ガニコウモルを倒せばクリアボーナスが増えるが、すぐに撤退してしまうので、普通のプレイではほぼ無理。よって放っておく事にする。

3PP味方増援2・南三郎君と防衛軍の面々
三郎君は移動力が低いのでヘリに乗せたいが、ゲルショッカー戦闘員が邪魔な位置にいる。
これを戦車で撃ちぬき、道をあけてから三郎君をヘリへ。
ヘリは西の建物を超えたあたりへ。
ローラーロボットにうろうろされると邪魔なので、手の空いた戦車を隣接させ、足止めの囮にしておく
タクマとサキの気力が溜まって変身できる頃なので変身。
本郷は北西へ向かう。

19_11_2 3EP:ルシファードもファディータも射程が長めなので反撃がはかどる。
初期の戦闘員は全滅するころ。
囮の戦車が生き残るかどうかは運次第。

4PP味方増援3・ワンセブンと選択4人。ハヤタ・伊賀電・沢村大・アニーを選択。
ワンセブンはローラーロボットへと飛んで行く。
ハヤタは研究所の制圧へ、宇宙刑事の3人は北の広場で敵と交戦。

4EP味方増援4・防衛軍追加人員(サワさんとか割とどうでもいい方々)。
敵も増援3・ゲルショッカー戦闘員
ルシファードとファディータが惜しみなく反撃すれば、MAP北東と南西のゲルショッカー戦闘員はすぐに一掃できる。

5PP:宇宙刑事は変身できるころ。ビッグマグナムでローラーロボでも撃っておく。
ちと気力が足りなかったか、今回はHPを少し残されてしまった。

19_13 19_12 5EP味方増援5・選択した巨大ロボ。
今回なら無敵のレッドバロン

ようやく本番が来た。
敵にも増援4・ハリケーンロボットとローラーロボット

6PP:ビッグマグナムでローラーロボにとどめ。
ゲバコンドルをシャリバンクラッシュで粉砕。
無敵のレッドバロンはハリケーンロボと戦闘開始。

19_17 6EP:ハリケーンロボの攻撃をバロンバリアで防げたりする。
あまり見ない特殊能力なので、一見しておくのも一興。

原作では一話から使っていたが、レッドバロンのバストアップが機体に重なって敵の攻撃を跳ね返していた。
どういう原理で何を描写していたのか、自分の頭では理解できなかったのが悔やまれる。
レッドバロンは前衛表現においても無敵。

このゲームで採用されている、光の壁で身を守る描写もあるらしい。
そちらは未見だが、まぁ正解のセレクトであろう。

7PP:ハヤタが研究所に辿り着く。制圧。
残敵掃討してクリア。

19_19 19_20 次々に正義の巨大ロボが現れたと言われる。
バビロスも含まれているのだろうか。ロボ形態になってないけど。

また佐原博士も開発者に加わってくれるのだが、車両しか設計しない人なので、全く使えない
多人乗り戦車を作れるので、無限増援で無茶苦茶な資金を稼げば異常レベルアップで難易度ブチ壊しもできるのだが、そういう事でもしないと出番の無い博士なのも確かだ。
まぁ車両や戦闘機専門の博士はみんなそうなのだ。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

特撮大戦 第18話 五つの星が集う時

ゴレンジャーが加入する面。
それ以外は特筆する事の全く無い面だが、なぜかほぼ意味の無い選択肢だけは多め

事前準備

いらない
準備できるのが主人公コンビだけで、彼らが相手をするのはザコ兵士のみ。
タクマにブースターを2個つけて無駄に7マス歩けるユニットに仕立て上げる等の無意味な調整をしておいてもいい。

18_1 18_3 開始すると、アミーゴに機関車仮面が来訪。

一応、ゴレンジャー原作にあった、怪人がヒーローのたまり場へ水をもらいに来るシーンの再現らしい。

機関車仮面が足に地底探査機をつけているのを見て、よからぬ事を企んでいるのでは……と推測する本郷猛。
建築業者の地質調査だろう、と思ってもらうには、機関車仮面の風体は少々怪しすぎたようだ。

この格好で町中を走って、この格好で食事に来るという事は、機関車仮面は変身能力を持っておらず、プライベートもこの姿で暮らしているという事だと思うが……黒十字軍の怪人達はこの組織の技術や待遇に納得しているのだろうか?

なお、本郷猛はこの面では戦ってくれない。
よからぬ企みを察知はしたが、あくまで察知しただけなのだ。

18_8 18_9_2 18_10 18_11 一方、街中を歩く主人公コンビ。

機関車仮面の走る音が聞こえた時に選択肢。
ここで「まさか……こんなところにSLなんて」を選べば、ちょっとの間、機関車仮面を放置して散歩を続ける事になる。

この場合、サキがおやっさんから聞いた「都庁ロボ」の都市伝説を真に受けて二人で行って見る、という謎のイベントへ。
なぜこんな会話をわざわざ入れたのかは全く不明。
もっと入れるべき物が多くある(例:テストプレイ期間)ゲームだが、まぁそこら辺は今さら言っても仕方の無い事だ。

結局は機関車仮面に遭遇する事になり、戦闘マップへ。

18_12 18_13 18_14 18_15 ACT1

戦闘マップへ移行しても、なお選択肢あり。
しかし「放っておく」を選んでも、結局は無視しておけずに戦う事になる。

なおこの前の会話パートでの選択肢次第では、機関車仮面の初期配置が少々ずれる。
だが北に数マス変わるぐらいで、戦闘への影響は全く無い
この面の選択肢の意味は本当に不明だ。

攻略法はバイオ編と同じ。
この面はゲーム中でも屈指の楽勝面であり、出てくる敵を適当に殴っていればじきに終わる。
一応、敵増援1のゾルダー達を倒すのを味方増援1・ゴレンジャー登場後まで遅らせる事でゴレンジャーストームを使い易くはできるが……。

機関車仮面は最大射程1で攻撃力も低いというやる気の無い怪人であり、気力が溜まったアカレンジャーが防御と引き打ちを繰り返すだけで楽勝できてしまう。
気力が溜まったキレンジャーなら、何も考えずに殴りあうだけで勝ったりする
すぐにザコ兵士が全滅して5対1になるのに、そのうちの1人にさえ倒される怪人を送り込んだ黒十字軍。
本気で地下の調査しかやらせるつもりが無かったのであろうか?

18_20 18_21 まぁ5人全員に経験値が入るので、お決まりのゴレンジャーストームで倒しておいた。

戦いが終わり、ゴレンジャーも自軍に加わる事が決まった。
正直、彼らの活躍の場は少ないが、それでも心強い仲間である事は確かなのだ。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

特撮大戦 第17話 ウルトラ作戦第一号

ウルトラマン参入面。
攻略自体はバイオ編と同じだが、ルート分岐に関わる一点のみが異なる。
後々に大きな影響を及ぼす分岐なので、全力で不利になる方へ進むのだ。

17_1 17_4 事前準備

タクマ・サキ・五郎にハイパーマニューバ装備
タクマにはリロードマガジン、サキと五郎にはEN回復キットも
気力低下攻撃をしかけてくるファントム兵の一団と戦うので、被弾回数は少なく抑えたいし、敵の数が多いので、弾薬やエネルギーの回復は用意しておきたい。

開始すると、謎の光球(ベムラーとウルトラマン)が目撃され、科学特捜隊の出番となる。
同じ場所でたまたま新人類の活動が目撃されたので、イナズマンも近くに調査に来ていた。
別の用件で来た者同士が関わり合いを持たないのは、ごく当然というもの。

それでいいんか。

17_7 17_11 ACT1

ファントム兵士達と戦闘。

五郎はイベントですぐ動けなくなるので、あらかじめ北東へ逃がしておく。

数も質も大した奴らではないので、タクマとサキが殴りかかれば余裕。

こいつらの臭い息には気力低下の効果があるので、運が悪いとなかなか気力が溜まらず変身できないが、まぁ倒される事はまさか無いだろう。

というかここで勝てないなら明らかに何かを致命的に間違えているので、最初からやり直した方がいい。
というかこのゲームから手を引いた方がいい。

ファントム兵を全滅させると、毒にやられた五郎を連れて一旦帰る事になる。

17_15 17_141721_2 ACT2

敵の毒の詳しいデータが無いので解毒剤が作れないから適当な毒草をイチかバチか食わせてみよう、というクールな展開で五郎の治療を行う事になった。

そんなナニかの外れた話に公務員がつきあってくれるわけもなく、奇跡の生還を遂げたハヤタ達科特隊が湖の捜索を開始する。

その横にタクマとサキもやってきた。
五郎に毒を食わせ、後は天に祈るのみ。
そうすると2人は暇なので、新人類へのお礼参りぐらいしかやる事が無いのだ。

17_16 とはいえ、最初は敵と交戦しない
ファントム兵を倒すのは、味方増援のイナズマンとウルトラマンが来た後にした方がいい。
スペシウム光線を使いたいならなおさらの事だ。
科特隊のアラシとイデは、敵増援のベムラー出現に備えて湖へ踏み込んでおく。

味方に奇跡の生還を遂げたイナズマンとウルトラマンが出現するころ、敵にもトゲバンバラとベムラーが出る。
ここからが本番。

タクマとサキは変身し、イナズマンとともに敵の射程内に踏み込んで反撃を繰り返そう。
一方、ウルトラマンはベムラーから4~5マスの位置へ離れ、代わりにベムラーの3マス以内にイデとアラシを入れる。

17_17 ファントム兵を倒して味方の気力が上がれば、トゲバンバラとベムラーに強力な武器を叩き込む事ができる。

特にベムラーへのとどめがスペシウム光線か否かでルート分岐が発生するので、それには注意だ。
スペシウム光線だと後に宇宙刑事ルート、他の武器だと仮面ライダールートになる。
もちろん仮面ライダールートが正解で、宇宙刑事ルートはこのゲーム屈指の外れなので、正気の人間ならばこの面のスペシウム光線は禁じ手とせねばならない。

今回はもちろん使っておいた
だいたい正気の人間が2015年にもなってこのゲームをプレイするわけねぇだろ。
リメイクされたドラクエ遊んどけって、な?

17_20 こうして戦いは終わった。

ウルトラマン=ハヤタという事に薄々気がつく主人公達。

思えばこの面はハヤタと五郎、奇跡の生還を遂げた男の話だったのであるが……奇跡の質が違いすぎ

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

特撮大戦 第16話 不思議界

バイオ編ではシャリバン初登場面の「幻夢」へ進んだが、今回はシャイダー初登場の面へ来た。
両方を比較した場合、こちらの方が面倒ではある

動き難い。自軍の進行方向を遮るような形で異空間が形成される。

味方と合流し難い。初期配置の本郷、それ以外の味方、増援で来るシャイダーが、それぞれ離れた場所へ出る。
合流したい所だが、それらの真ん中あたりに敵や異空間が配置される。

敵が強い。怪人クラスの敵が、不思議界の方が多め。

・敵兵士の無限増援ポイントが両方にあるが、不思議界の方が利用し難い位置と距離にある

16_2 16_4 不思議界の方に進むメリットはほとんど無いが、怪人クラスの敵が多いので、経験値はこちらの方が稼げる
あとクビライの顔がなんとなく愛嬌がある気がする。多分気のせいだが。
ともかく、メタル主人公の方がバイオ主人公より有利な数少ない面なので、はりきって準備にとりかかる事にする。

事前準備

サキにブースターを装備させ、主人公コンビとギャバンに回復アイテムを用意
五郎にはハイパーマニューバとブースターを装備する

侵略の手始めとして、街中へ不思議ソングを流すフーマ。
この組織の最も大きな要素の一つなので、採用しないわけにはいかないのだ。

なお、同じぐらい大事な要素として、首領の片腕たる最高幹部が女装したオカマという事があるのだが、こちらは残念な事にこのゲームではほぼ無視に近い扱いである。

16_9 16_10 ACT1

相棒が行方不明になって落ち込み、一人で街を流離っていた本郷猛。
間の悪い事に、そこへフーマが不思議ソングを流し始めた
演歌だったら良かったのだが、これでは仮面ライダーも戦わざるをえない。
人が落ち込んでいる時に、あんまりふざけた事しちゃいけないんだ。
まぁフーマの方々はあれで大真面目なのだが……。

味方の出撃は本郷、主人公コンビ、烈、五郎。
なぜキカイダーがハブられているのかは謎。

1PP:本郷のいる場所はじきに異空間に呑まれる。よって本郷は東へ。
烈は北3東2へ向かい、主人公コンビも後を追う。
五郎は南東へ向かおう。

1EP:敵は全く動かない。フーマの方々は地球人から見るとちょっとアレな人々なので仕方がないのだ。

16_5 16_11 2PP敵増援1・マクー。新型怪人・ダブルモンスターのサイダブラーが出来たので、お披露目をかねて侵略に来たのだ。
ギャバンがやる気を出し、イベント変身。さっそく北4東1へ行き、ミラクラーを攻撃しよう。
サキは北1東3、タクマはサキの南1東1で、それぞれ東側の敵兵士を攻撃。
本郷は西にクラッシャーが来るので、それを攻撃。
五郎は一人黙々と歩き続ける。とりあえずMAPの南で、東へ向かう。

2EPマクー空間発生。この面にバイオ主人公で来ると、ギャバンがなにかと孤立させられがちになる。
メタル主人公の数少ない利点を活かし、スクラム組んで戦うのだ。
とりあえず敵兵士には反撃で。

16_12 3PP味方増援1・シャイダー。ついに来た青い宇宙刑事、イベントで不思議ソングの発生源を破壊。
味方増援がさらに来る。こちらは選択5人。キタクラと真理、レベル低めの防衛隊員を3人選ぶ。

味方が出そろったら、ギャバンが東へ進んでミラクラーを攻撃。
タクマは変身、北1東1でミラクラーを攻撃。
五郎も気力が溜まっているので変身、北2東4でミラクラーを攻撃。
防衛軍がサナギマンと合流すべく、後を追う。
シャイダーは南4西1へ。味方と合流するのだ。
本郷もライダーに変身し、東へ進んでおこう。
サキも変身、ルシファードの南隣でミラクラーを攻撃。

3EP敵増援2・フーマ。ギャル軍団は怪人と同等の戦力、それが5人も出る。不思議獣バリバリも出るので、怪人6体とほぼ同じだ。
ルシファードはシャコモンスターに攻撃されるので、メーサービットで反撃しておこう。
他、敵兵士にも基本は反撃で戦う。

4PP:不思議時空が発生する。おかげでMAP北にいた1号ライダーが他の味方と全然合流できない。
シャコモンスターが瀕死で生き残っていたので、ファディータのデストロイヤーブラストで撃破。
イナズマンは東1で北のミラクラーを攻撃。
シャイダーは西へ動いてミラクラーを攻撃。
ルシファードは北のサイダブラーを敵の射程外から攻撃。弱った所でギャバンでとどめ。
1号ライダーはそろそろする事が無いので、周囲の異空間が消えるのをなんとなく待つ。

4EP:不思議獣バリバリにギャバンが攻撃されたが、ギャバンダイナミックで反撃して粉砕しておいた。

5PP:シャイダーも気力が溜まったので、南4東1へ移動、ギャル2をシャイダーブルーフラッシュで撃破。
主人公コンビはシャイダーの方へ移動し、合流を目指す。
ギャバンも東へ動いてダブルマンを攻撃。
イナズマンはシャイダーの南2へ移動、念力キックでミラクラーを倒しておく。
防衛軍は東へ進みながら、敵兵士を適当に倒していく。キタクラだけ、制圧のため研究所へ。

16_17 6PP:シャイダーが弱っていたので、ファディータで回復しておいた。
そのシャイダーは北のギャル1をシャイダーブルーフラッシュで撃破。
イナズマンはヘスラー指揮官の南1西1へ移動し、念力キックでHPを削る。そこをギャバンがギャバンダイナミックを叩き込み、撃破。

7PP:ファディータは東へ。
シャイダーは北1東2へ。
防衛軍は南東に迫っている敵兵士達を倒しに行く。
ギャバンはドルギランに乗り、MAP東にある工場へと向かう。

敵の無限増援が未制圧の施設に出るので、皆で工場の入口を目指すのだ。

8PP:ファディータがフィフスシャインでシャコモンスターを撃破。
シャイダーはギャル4をシャイダーブルーフラッシュで撃破。
1号ライダーは北東へ。

8EP:最後のギャルを、1号ライダーが反撃のライダーキックで粉砕。

9PP以降:後は工場の入口に集合、敵兵士を潰し続けるのみ。
初期配置の敵を全滅させるのに10EPまでかかった。
初期配置から遠いのでやや時間がかかったが、後は20PPまでミラクラーを倒し続ける。
20PPにキタクラで施設を制圧し、20EPに反撃で全滅させてクリア。

16_22 クリア後、シャリバンも味方に合流する。
これで3人の宇宙刑事が揃った。
今回のプレイでは宇宙刑事の話が展開するルートに進むつもりなので、彼らには大いに活躍してもらわねばならない。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

特撮大戦 第15話 ゲルダム団

組織を潰しては建て直す事で有名な仮面ライダー第1期首領が、初めて組織を潰される記念的なシナリオ。
シナリオタイトルが初めて再建した組織の名前なのも、かの首領を讃えての事である。
無論、書きながらリアルタイムで考え付いたでっちあげなので信じないように。

15_1 15_2 事前準備

ダブルライダー、主人公コンビ、ギャバンを5段階目まで改良
おかげで資金が25万をきる
バイオ編に比べてえらい金欠である。
我慢して回復アイテムでも装備しておこう。

ステージを開始すると、ショッカーが次の作戦を始めている。
また死神博士が怪人のトレーニング講師として、おやっさんのスカウトを目論む。
すぐにわかる事だが、大金を積んだりするわけではなく、拉致して強制労働させるのだ。
金にあかせてやりたい放題……というのは悪役の定番ではあるのだが、死神博士ともなれば、払わずにすむ金は出さずに済ませるのであろう。
彼が幹部になれたのは、案外そういう所にも理由があるのかもしれない。

15_3 1510 ACT1

資本主義のブタどもは他所に、ガラガランダは地道に毒テロを目論んでいた。
そういうのはリアルに許されない事なので、本郷と一文字はそれを阻止する。

まぁこのACTの攻略法はバイオ編と同じだ。
より正確に記すなら、この面の攻略全般はだいたいバイオ編と同じだ。

これがここ10年のスパロボぐらい、主人公が戦力の中心なら、主人公ごとに変わったりするのだが。

……んな事もねーか
味方15機とか20機とかのうち1機が違うぐらいで攻略法が様変わりしたりせんよな。
どの主人公機でも「ゼオライマーがMAPを横断する」な攻略法がほぼ最適解な作品が2つぐらいあったりしたしな。
ルートで激変、というなら、旧第3次が一番変わったのかもしれん。

1520 1521 ACT2

戦闘員を殴っているといつの間にかACT1終了。
次なるACT2は地獄大使の処刑場周辺で、ショッカー軍団と戦うのである。

ここもバイオ編と概ね同じ。
本郷・隼人はサイクロンの東に位置どって攻撃をずっと回避。
ガニコウモルをダブルライダーキックで粉砕したら、またずっと回避。
味方増援が来てからザコを一掃し、味方の気力を早々に上げる。

ザコを倒すタイミングで気力を操作するのは、このゲームの攻略における初歩テクニックだ
特にメタル編では重要となる面があり、ここに気をつけているかどうかで楽勝か苦行かのリアル分岐が発生する。
キャラゲーSLGはヌルいもの、という法則など、本来この世には存在しない。
そうした方が客が喜ぶからそうする作品があるだけで、このゲームは違うのだ。
それにこのゲームだって攻略法を見抜いてしまえばヌルくて睡眠がはかどるレベル。見抜けなかった者がバルタン星人の光線で吹き飛ぶのはあくまで仕様だ。別に死ぬわけじゃない、安心して吹き飛べ。

15_16 15_17 味方増援はルシファードとイナズマンを、北と西の施設へ分けて向かわせる。
防衛隊員を4名だし、2名ずつ同行させておこう。
怪人の射程内に放り込めば、怪人は防衛隊員を攻撃するので、その隙にルシファードとイナズマンは間合いを調節。自ターンに敵の射程外から必殺技を一方的に叩き込んで撃破だ。
怪人の攻撃がクリティカルしたら、防御していても防衛隊員がやられてしまうかもしれないが、なに、2名ずつ向かわせておけば1名減っても施設の制圧に問題は無い。

施設を制圧、敵を全滅させてクリア。
遠くにある発電所を忘れがちなので注意。

1530 15_22 15_23 ACT3

イカデビルが顔見世するイベントステージ。

幕間のデモで、トレーニングという単語をやたらと見る事ができる。
昔の仮面ライダーが特訓を好んでいた事の再現なのであろう。

仮面ライダーBLACK・RXにおいて、各軍団の戦士がしょっちゅう「我が部隊最強の戦士」と隊長に紹介されていた事はファンの間では現総理の名前より知られた事だが、その答えもここにあるのだろう。
後半に出る奴ほど訓練場で長く鍛える事ができるので、前回最強だった奴より強くなってから作戦に従事していたのだ。
つまり毎回最強の戦士が出る事に何の不思議も無いのである。
何もできずに一方的に倒されたガイナカマキルも、長いことランニングと腕立て伏せ頑張っていたんだと思うよ。

1540 1541 ACT4

このゲームに出演できなかったガイナカマキルの悲しみを他所に、ショッカー最後の戦いが始まった
まぁここもダブルライダーキックと戦闘員の撃破タイミングで突破するACTで、ACT2の焼き直しみたいなステージなのだが。

とりあえずイカデビル出現直後が最大の山場。
ライダーの片方が熾烈な攻撃にさらされるので、回復アイテムは惜しまないでおこう。

味方増援が来たら、後は押すだけ。
ギガントの群れも変身さえすれば敵では無い。

15_29 メタル編なら、ここでタクマからギガントの解説も少し入る。
あれがナガーの主力商品とのこと。

しかし武器商人が来たので応対してみたら、4足歩行の怪物の群れを見せられる客の気持ちは……。

いや、この世界の宇宙の犯罪組織はマクーだのマドーだのなので、地球のヤクザがチャカを見る程度の反応が普通に返ってくるのかもしれない。
似たような「商品」を売っている会社も、あちこちにあるのだろう
巨大化できる種族なら、怪獣を引き連れて来たりするのも日常茶飯事だしな。
やはり異文化の理解は難しいのだ……。

15_30 15_32 ACT5

新団体・ゲルショッカーがついに旗揚げ。
とりあえずダブルライダーに勝負を挑む事にしたようだ。
戦闘員を連れてこないあたり、直前での敗因を踏まえたと見える。

まぁバイオ編同様、水の中で迎え撃とう。

なおメガドライブという往年のゲームハードで「ベアナックル」というベルトスクロールアクションゲームのシリーズがあったのだが、それの3で主人公の一人・アクセルの移動攻撃「グランドアッパー」が、自分にはどうしても「ゲルショッカー!」と叫んでいるように聞こえてならなかった。
まぁ一番よく使うのがサイボーグの爺さんなので、大きな問題では無いのだが……。

今回はガニコウモルへのとどめは2号でおこなう。
これにより次の面が分岐
シャイダー初登場面へ進む事となった。
まぁ分岐するのは次面だけだし、それ以外の大きな変化は無いのだが。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

特撮大戦 第14話 ダブルライダー改造大作戦

1号・2号ライダーがパワーアップ。
面自体も簡単で、ちょっとしたボーナスステージである。

事前準備

この面で出撃するのは、主人公コンビ・ダブルライダー・イナズマン・ギャバン・キカイダー兄弟。
彼らの武器・性能を4段階までは改良しておく
まぁ武器は格闘と最強必殺技で充分だ。
キカイダーのサイドマシーンにはブースターを2個つけておく
サキとイチローにも1個ずつブースターをつけておこう。
後は各人、回復アイテムを装備。

またハイパーマニューバSの開発も始めておく
レベルの遅れたキャラが怪人クラスの敵に安定して攻撃を命中させるのに、運動力+15は非常に大きい。

14_2 14_3 さてストーリーが始まれば、流れ自体はバイオ編と同じ。
ただしダブルライダーにMAP武器を誤爆(のふりを)する役目はルシファードが行う。
暇なサキはボケ役である

つかこのヒロイン、真顔でボケる役をよくやらされているような気がするのだが。

だがショッカーも忙しいので彼女にはつきあってくれず、ダブルライダーの再強化が始まるのだった。

14_8 1411 ACT1

肝心のMAP攻略だが、ここもバイオ編と同じである。
ただルシファードは射程が長いので、細部にごく小さな違いをつけておいた。

開始直後、ルシファードとギャバンが東へ、イナズマンとファディータが北へ向かう。

EPの反撃は、ENや弾薬を惜しまず一撃必殺を心がけるのは同じ。
この面の戦闘員は射程が3あるので、早く全滅させようと思ったら格闘だけでは無理なのだ。

14_7 味方増援のキカイダーをキカイダー01は、北へ向かった2人を手伝わせる。
ファディータが臭覚の話をひっぱるが、攻略には全く関係ない。

ルシファードとギャバンは、戦闘員を蹴散らしたら南東と北東へ別れて進む
敵増援へ先制攻撃をかけるため、あらかじめ近づいておくのだ。
今回はルシファードを北側、ギャバンはドルギランに乗って南側へ回る事にした。

2EPに敵を全滅させれば、めでたくクリアボーナス増額

イベントが発生し、敵増援1・ゲバコンドルと戦闘員

14_16_2 4PPに味方増援3・ダブルライダー敵増援2・ショッカー怪人と戦闘員
失敗した戦闘員は処刑!と死神博士が言うが、この作戦で失敗したのは死神博士自身なのでは……?

初期配置付近の怪人達は、ファディータ・イナズマン・キカイダー01を南下させて迎え撃つ。
気力が充分なので、必殺技を出会い頭に叩き込める。
苦戦する要素は特に無いはずだ。

ルシファードはメーサービットでハチ女を撃破。
ギャバンはドルギランから飛び降り、クモ男をギャバンダイナミックで一刀両断。

キカイダー?
ハカイダーがもうじき出るから、サイドマシーンを呼び出して逃げる準備だ。

ダブルライダーは森にはいってダブルライダーキックを連発。ゲバコンドルもサソリ男もロクな事はできずに砕けるのみ。

14_22 また、今回キカイダーを離れた所に逃すと、ハカイダーは射程内にいたキカイダー01を銃で撃ってきた
キカイダー01は耐久性が高く、気力も戦闘で高まっているので、防御していれば致命傷にはならない。
傍にいたファディータで回復すれば、被ダメージと回復量がほぼ平行線で粘り放題だったため、今回はキカイダー01を手足の生えた的にしておく事にした。

ハカイダー、時間切れで撤退。

こうして強化改造を終えたダブルライダー。
次はいよいよ現ショッカーとの決着。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

特撮大戦 第13話 父よ

13_2 13_5 烈が父親の手がかりを求めて戦う面。
自ら同行を言い出すタクマの男気に、古き良き時代を見た。

ゲーム的には経験値を稼ぐチャンスが多く、それを有効活用したいところ。

事前準備

ライジンゴーにブースターを2個装備
後は各キャラに回復アイテムでも。

13_3 13_6 ACT1

伊賀電=後のシャリバンが顔見世。
まぁマクーのせいですぐに死にかけるのだが、そうでないと後のストーリーに繋がらないから仕方がない。

戦闘そのものは、森の地形効果でダメージを押さえつつ敵を殴るだけ。
ダブルマンを倒すとクリアになってしまうので、先にクラッシャーを全滅させておく。

敵の数が少なく、変身できる頃には決着がついているが、まぁこのACTの敵に変身しないと勝てないなんて事は無いだろう。
主人公コンビとギャバンのレベルをそこまで低く抑えてこの面へ来るのは、もはや縛りプレイの域である。
多分それ、このゲームのLサイズ戦闘のどれよりも面倒くさいと思うよ、マジで。

13_11 13_10 敵を退けたら、烈は電をバード星の病院に送る事にする。

マクーによって重傷を負わされ、妙な細菌にまで感染させられており、地球の医学では救えないと判断してだ。
巨大ロボから4桁ダメージを食らって吹っ飛んだ防衛隊員を次の面には完治させてくれる病院でも、外宇宙からの菌の治療薬は用意できないのである。

まぁ漫画版ゲッターロボGの古代人も、現代の空気中の細菌には無力だったしな。
病気や菌がメカとかロボより強いのは、火星のタコが風土病でご臨終なさった頃からの伝統なのかもしれん。

伝統芸能に2週間ほど費やしてから、もっと大勢で再調査を開始する事となった。

13_12 1321 ACT2

ヒーロー達が倍の人数で再調査に来ると、敵は10倍ぐらいの数を持ってきた。
考え方としては間違っていない。

この面もバイオ編と同じ攻略法でクリアする事ができる。
ただし今回、目的地周辺で怪人の群れを迎え撃つ役を、ダブルライダーではなく主人公コンビにやらせる事にした。
レベルの遅れている者により多くの経験値を与えたい事、メタル編主人公が定点で足を止めての戦闘に向いている事が理由である。

最初は皆で東へ進み、川を渡りつつクラッシャー達と戦う。
4PPには、気力が貯まって皆が変身できるだろう。

ダブルライダーは川を渡ったら南北へ別れ、クラッシャーやダブルマンを駆逐していく。
この二人はクソ強いので、クラッシャーは交戦即蒸発なはずだ。
ダブルマンはちょっと固いので、ENがあるうちはライダーパンチでもブチ込んで一撃必殺しておこう。
ENが無くなる頃には気力が満タンかそれに近くなっているので、格闘でも倒せるようになっているだろう。

ギャバンは蒸着後、すぐにドルギランに乗って東へ。
基地の入口側に向かう。

イナズマンも変身後はすぐにライジンゴーを呼び出して乗り込む。
ルシファードとファデータもそれに同乗。
皆して基地へ。

13_15 13_16 ライジンゴーが基地の西にある森へ来る頃、敵増援3の怪人達も目の前に並んでいるはず。
まずは挨拶代り、グラビティナパームを叩きもう。
これで範囲内の怪人はHP半減して弱るので、フィフスシャインやイナズマンの半端技などでも倒す事ができる
ギャバンは敵のHPに関わらず、ギャバンダイナミックで斬り捨てる事ができる。
ルシファードは怪人を他の3人に任せ、基地へ向かう戦闘員やクラッシャーをグラビティナパームで吹っ飛ばす作業に専念する。

7PPからの必殺技大会で、ファディータとギャバンのレベルが20、イナズマンのレベルが16まで上がった。

怪人が全滅したら、ギャバンだけ基地の入口側へ残し、他は敵兵士の殲滅作業に入る。
敵が居なくなったらギャバンは基地へ侵入。無事クリア。

13_20 13_21 クリアすると分岐選択肢発生
本郷と隼人が自分達の性能の限界を懸念し、ショッカーを騙しての再改造計画を立案する。

これを行う事のメリットは、ダブルライダーが強化されること。
行わない事のメリットは、旧1号と旧2号を使い続けられる事である。

まぁやるわな。
実の所、旧1号と旧2号だと苦労するかというと、そんなに変わらなかったりもするのだが。
ダブルライダーキックで強敵をまとめて一撃必殺できるという点では同じなので。
このゲームの仮面ライダーは全員強く、本当に恵まれている。

恵まれていない奴の事をとやかく言うのはもうやめるんだ。
いいね。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

特撮大戦 第12話 兄弟の絆

僕らのキカイダー01無敵のレッドバロンがついに参戦。
なお、この面は強制出撃ユニットのみでの戦闘となるので、攻略法はバイオ編での物が100%そのまま通用する。
というわけで、ここで書く事は特に何も無い
無敵のレッドバロンのOPでもどこぞの動画サイトで探していた方が遥かに有意義である。

事前準備

バイオ編参照。まぁキカイダー強化しとこうや。

12_1 1110 1111 ACT1

ストーリーパートで、ジローの記憶回路にはイチローの存在が記録されている事がわかる。
だったら協力要請しようや……もしや居場所は記録されてなかったんだろうか。
まぁ「仁王像」とか書き込まれているだけで、どこを探せばいいのかわからないのかもしれないが。

どこの仁王像を探せばいいのか考えている間に、紅健の兄貴さんがさらわれたりしてもう大変。
主人公コンビもライダーも来てくれないので、そういう意味でも大変。

つーかオリジナル主人公は特に用事が無い限り、どの面でも戦ってくれるもんじゃないのか。
そんな親切な時代でも無いのか。

12_2 とりあえずバイオ編と同じ手順で。
しばらくしたらキカイダー01が来てくれるから、それまでは消化試合に励もう。

キカイダー01が気力150で登場する事で、ようやくこちらの気力も上がる。
どこの仁王像に入れられているのか、光明寺博士が記録していてくれればもっと話が早かったのだが。
攻撃アップアイテムしか作らないこだわりの職人さんだからね、仕方ないね。

でも一ついいかな。
職人さんは頑固なものかもしれないが、頑固だから職人さんてわけじゃないと思うのだ。

ハカイダーが弱ったキカイダーへハイエナしようとする所へキカイダー01のアニキが割って入る、そんな日常。
そこへ無敵のレッドバロンもようやくやってくる!

12_3 12_4 もちろん無敵のレッドバロンは敵の射程外からミサイルを撃ち、敵ロボットは真理が足元にくっついて移動を封じる
無敵のレッドバロンは味方との連携もとるのだ。
敵に攻撃されないので無敵だ

グレイサイキングが工場から出たら、防衛軍はそこへ入り込んで制圧しておく。
アンドロイドマンを撃ってリドードマガジンを使った隊員もいるだろう。
この面が終わるまでに生産して補充しておこう。

ハカイダーさえ帰れば、サイとカイメンは01が1体ずつワンパンで沈める事ができる。
悪のメカロボ・トロイホースは無敵のレッドバロンが撃ち壊して終了。

12_5_2 なお、運が悪いと足止めの真理がトロイホースから4ケタダメージ食らって消し飛ぶのだが。
それで敵の行動は終了、次のターンで移動、その次ぐらいでようやくレッドバロンを攻撃できる距離に来る。
当然、それまでミサイル撃ち放題
クロスレンジに持ち込まれたらHPの減った敵ロボをバロンブレイク(カッコイイ名前の格闘。レッドバロンは技名も無敵)で叩きのめせばいい。
負ける事はまぁ無い。
ただの格闘でも弱った敵が相手なら無敵だ

無限増援も1回だけわいたので、全滅させつつ研究所を制圧。

12_7 無敵のレッドバロンが夕陽を背に、戦いの決意を固める。
がんばれ無敵のレッドバロン。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

特撮大戦 第11話 機械じかけの苦悩

ひさびさの無限増援がある面。頑張ってプチプチと潰したいところだ。

攻略法自体はバイオ編と同じ物が通じる。
これでこの面の紹介の9割以上が終わってしまった
まぁ一応、今回の手順等書いてみる。

事前準備は回復アイテムの装備。防衛軍隊員にはリロードマガジンを持たせておきたい。
あとはサキにEN回復キット。
他は特に要る物は無し。

11_2 11_3 開始すると、ミツコとマサルが立花 藤兵衛の下へ身を寄せる相談をしている。
その頃、ダークはハカイダーを完成させていた

とキカイダーの話が進んだところで、アミーゴではジャイアントロボの話になる。
ユニコーンの暗号解読機が盗まれたが、怪獣イカゲラスによって損傷したジャイアントロボが使えないので、みんな取り返すのを手伝って!という話。
イカゲラスは名前だけの出演
どんな奴だったのかちょっとだけ興味が無いでも無いが、画像検索したところ、まぁ出ないなら出ないでいいかと思った。

1118 1011 ACT1

研究所周辺にマクー空間が発生する事、ハカイダーが来るのでジローは逃げやすい場所に居る事。
この2つに注意しておけば、特に困る事は無い面である。

まぁ大概の「困る」ステージも、原因は1つか2つしか無いが。
その原因が初見殺しだったりするだけで。

ステージ開始後、主人公コンビは北西、隼人と烈は北東へ向かってクラッシャーやダブルマンと戦う。
気力を上げるため、今回は2PPまでは烈もクラッシャーと戦わせた。

2EPに来た味方増援1・防衛軍は、その場で待機。
3PPに来る味方増援2・ジローは、発電所付近の南のU字路へ向かう。
烈はここらで蒸着、ドルギランに乗って研究所のシャコモンスターへ。

11_5 4PPに敵増援1・ハカイダー。キカイダーの逃亡生活が生みの親のごとく始まった。
発電所の周囲でサイドマシーンを壁として置き、相手に遠回りしてもらう。

ギャバンは気力が貯まり次第、シャコモンスターを一刀両断。
ルシファードは敵増援2へグラビティナパームを叩き込める位置へ動かす。
ファディータも交差点付近に置き、敵増援へ備えるのだ。

身軽なライダーは、まぁ敵兵士潰しでも頑張っていただく。

7PPに敵増援2・ハカイダー、グリーンカイメン、アンドロイドマンのダーク部隊が来る。
11_7_3 11_8_2 11_9 出現直後にグラビティナパームを撃ちこめばアンドロイドマンは一掃、カイメンはヘロヘロ。
弱ったカイメンをフィフス・シャインでブチ壊しておく。
サキは移動後にそれなりの威力の武器が使えるので、割とレベルを上げ易い。
なお「サブロー」というキャラの戦闘シーンは拝む機会がほとんど無いので、ここで見ておくのも一興。

サブロー=ハカイダーはキカイダーと鬼ごっこ開始。
飽きたら帰るので、クラッシャーを1体残して研究所の入口へ皆を集める。
キタクラだけは工場の制圧へ向かう。

11EPにやっとハカイダーが帰る。
ぼっちになったクラッシャーを倒せば、研究所入口でのぼっちックラッシャー無限おかわりが始まる
1人ずつしか出ない・倒す度に大作君から注意が来るという面倒な仕様だが、クラッシャーの寂しさと悲しみを思って我慢。
あとメタル編主人公コンビにかかる費用も思って我慢。

11_11 11_14 出現地点の東西隣接マスに、有射程武器の燃費が悪い隼人と最大射程1のジローを配置。
残りの面子は武器が届く範囲に適当に。
バイオ編と違い、ヒロインも射程4の飛び道具でクラッシャー潰しに参加できる。

ものはついで、滅多に見ない武器でも見ておこう。

19PPに敵増援3出現ポイントの両脇からどき、19EPには移動してきたクラッシャーの攻撃を防御。
20PPに研究所へ入ってクリア。
合言葉はダイヤの15。

クリア後、ミツコさん(キカイダーのヒロイン)が味方になったのでブースターの開発か可能になる。さっそく開始。
移動力を上げる事のできる、快適なプレイには欠かせないアイテムだ。
そんな物が開発できるのにキカイダー系キャラの移動力は低め。娘が開発できる物を親父は作れなかったのか。

攻略本で確認したところ、親父さんが開発できるのは攻撃力アップ系の消費アイテムだった。

まぁね、漫画版じゃ「息子を殺された怒りで、不死身の息子を作る」という人造人間開発の動機が語られたりしてたからね。
キカイダー01を埋め込む場所に仁王像を選ぶような人だしね。
納得はできるよね、多分。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

特撮大戦 第10話 三つ巴の戦い

10_1 10_4 10_5 光明寺博士の身柄と彼の持つ秘密回路の知識を巡り、ダーク・ショッカー・マクーが鎬を削る面。
というのは設定上の話で、ゲーム内ではどの組織も互いには戦わず、一心不乱にこちらだけを叩いて来る
おかげで出現する敵全てをプレイヤー軍が倒して資金と経験値にする事ができるので、この親切な仕様をありがたがらねばならない。

事前準備として、キカイダーの性能・格闘・デンジエンドを4段階改良しておく
あとは適当に回復アイテムでも持たせればOKだ。

開始すると、記憶を失った光明寺博士が街を徘徊している。
原作だとここで彼をジローが追う展開がある程度の期間続いたそうだが、このゲームではこの面だけの話。

徘徊浮浪者となった光明寺博士をウルトラ警備隊のアンヌが見つけ、それをダーク軍団が見つけるという状況から、MAPが開始される。

10_6 10_7 ACT1

初期出撃は、ポインターに乗ったアンヌのみ
この車にはSサイズ敵を攻撃できる武器が無い……つまり戦うなという事だ。
もしここまでにアンヌ隊員を鬼強化していればダーク軍団を叩きのめす事もできるが、そういう酔狂な珍プレイを今回はしていないので、普通に逃げる事にする。

1PP:ポインターを北5西2へ走らせる。
味方増援がまず北西へ出るので、そこを目指すのだ。

10_8 1EP:戦闘員がナイフで斬りつけてくるので、とりあえず回避。
防御でもいいんだが、直撃してもどうせ1ダメージしか受けない。

2PP味方増援1・ジロー。とりあえず東へ2つほど動いておく。
ポインターは川の中を走らせ、北3西2へ移動。

3PP:ポインターはさらに走り、北4西1へ。
そしてジローをポインターに乗せてしまうのだ。

3EP:プロフェッサーギルの笛の音が響き、ジローの気力が大幅に低下
戦わせてもパッとしないので、ジローにはポイインターの後部座席で呻いていてもらう。

4PP:ポインター、北2東5へ疾走。
戦闘員おいてきぼり。相手なんかするんじゃない。

10_10 5PPジンベエさんがグリーンカイメンに拷問される
誰それ?になるだろうが、皆そうなるので安心していい。
光明寺博士が昔作ったピエロ型ロボットであり、博士の特殊回路の情報を握っているそうなのだが、助ける事は絶対にできないので、いきなり出てきてブッ壊される彼をただ眺めておけばいいという親切設計。
さらに親切な事に、味方増援2。西の橋たもとに主人公コンビ、北のT字路に選択4体。ダブルライダーとギャバン、キタクラを選んでおこう。
例によってイナズマンは出撃不可能だ。

本郷は南4西1に移動、戦闘員を攻撃。
これでイベントが起き、ジローがキカイダーへ変身! 同時に敵増援1と3・各組織の戦闘員

キカイダーは南1西1へ、西の戦闘員をダブルチョップで攻撃。
烈の北の戦闘員を、烈の格闘とキタクラの機関銃で倒す。
隼人は本郷の東隣へ移動、アンドロイドマンを攻撃。
タクマは北3西2へ、サキは北2西2へ移動。
ポインターは西へ、目指すは研究所。

5EP:敵兵士へ反撃。

6PP敵増援2・グリーンカイメン
キタクラ、弱ってる戦闘員を適当に攻撃。
本郷は変身、工場のサソリ男から西に4マス離れた位置へ動き、戦闘員を攻撃。
隼人も変身し、一号ライダーに隣接しながら戦闘員を攻撃。
烈はギャバンに蒸着し、キカイダーとともに南の戦闘員やアンドロイドマンを倒す事に専念。
タクマとサキも変身、研究所のシャコモンスターから4~5マス離れた位置へ。

6EP:シャコンモンスターがマクー空間を放ってくるが、ルシファードとファディータには大きな問題にはならない

10_12 10_15 7PP:ダブルライダーキックでサソリ男撃破。
空いた工場入口にキタクラを向かわせる。
キカイダーとギャバンは敵兵士との戦いを続行。
主人公コンビはシャコモンスターを攻撃。今回はグラビティナパームで弱らせ、フィフス・シャインで撃破する事にした。
ポインターは研究所を目指す。

8PP:キタクラとアンヌは、工場と研究所を制圧する。
近づいてきたグリーンカイメンはギャバンダイナミックで一刀両断しておいた。
後は残った敵兵士と消化試合。

8EP:反撃を繰り返し、ここで終了した。

10_19 こうして敵を退けたヒーロー達だが、気がつくと光明寺博士がいない
どこかと言うと……全く出ていなかったナガーのアテファリナに捕まって、ダークへ手渡されていた。

まぁいずれダークの手に落ち、ハカイダーを制作してもらわなければ原作再現できないので仕方が無い。

ちょっと腑に落ちないのも、まぁ確かだが。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

特撮大戦 第9話 人造人間

キカイダーが仲間になる面。

攻略法はバイオ編とほぼ同じ。
構成する4ステージ中、主人公コンビが関わる第3ステージにしか出撃メンバーに違いが無く、そのステージもほぼ同じ攻略法でクリアできてしまうからだ。

まぁ主力に回復アイテムでも装備させたら、気楽にいこう。
とりあえず前の面で解禁されたルシファード最強武器・グラビティファントムを4段階ほど改良
なおこの武器、金が惜しければ無改良で放っておくのも一つの手だ。
レベルが上がって間接攻撃力が上昇すると、メーサービットでも十分な威力が出るようになる。
逆にメーサービットをこれ以降強化せずに放置しておいてもいい。
それらにも増してお勧めなのは、無限増援の面で100ターン粘って両方を徹底強化する事である。今回はあえてやらないが。

現実でもゲームでも金欲しさに苦悩しながら、次面を開始。

相変わらず顔色の悪いプロフェッサーギルが光明寺博士を困らせているが、悪の組織の首領というのは大概迷惑な者だと相場が決まっているので、メッセージスキップをおしっぱしながら話を進めよう。

9_1 9_11 ACT1

ジロー登場。
光明寺博士救出のため、いざ!

イベントの負け戦闘
敵に殴りかかってただやられるだけの面も、このゲームを愛する紳士諸君なら既に手慣れた物であろう。
こういうのをインターミッションのセリフだけで終わらせてくれるような、親切な時代のゲームではないのだ。

ザコ兵士が叩きだす凄いダメージを眺めながら、必中即死のありがたさを実感しつつ次へ。

9_2 ACT2

ミツコとマサルを守るため、孤軍奮闘するキカイダー。
光明寺博士の子供達のため、いざ!

イベントの負け戦闘
次のターンで自動的に終わるだけの面も、このゲームを愛する君子たる諸君なら動じる事はもはやあるまい。
ブラックキングとの不毛な塩試合に比べれば楽園のごとし、と考える事ができればこのゲームのユーザーとしてまた一歩高みに立つ事ができる(世間的な高さ:無)。

9_3 9_4_2 9_5 ACT3

山中で行き倒れたジローを発見、救助する主人公コンビ。
ギルの笛の音は人造人間のサキにも感知できたのだが、OSや規格が違うので特に効果は無い。
北西にある工場でアイテムを製造しながら、現れたダークロボット達と、川の中で水遊びがてら殴りあいといこう。

1PP:タクマは北2東1へ、サキは北2へ。

2PP:タクマは北2へ移動、アンドロイドマンを攻撃。
サキは北1へ移動、アンドロイドマンを攻撃。
ダークの敵は硬くてしぶといので、気長に戦うしかない。

3PP:タクマは東のアンドロイドマンを攻撃。
サキは北1へ移動、アンドロイドマンを攻撃。

3EP:ここらでグレイサイキングからも攻撃を受けるようになるが、川の中で防御していれば、当分、倒される事は無い。

4~5ターン目はアンドロイドマンとの戦いに専念。
反撃し続ければ、5PPにはタクマもサキも変身し、5EPには全滅させる事ができるだろう。

9_12 6PPルシファードは上陸し、あえてグレイサイキングに隣接
ファディータはグレイサイングから離れ、回復の射程内にルシファードを収める。
ルシファードの武器は射撃がメインで、攻撃力の計算に自分のいる地形を参照されるので、水中からでは攻撃力が落ちてしまう
よってあえて陸上で戦うのだ。

6EPの反撃でメーサービットを叩き込み、クリティカルすれば一撃必殺。
そうでなくても次PPで倒す事はできる。
倒される事はまず無いし、ファディータで回復させる事もできるので、負ける事はないだろう。

9_13 9_6 9_7 ACT4

本郷猛により修理されたキカイダーが、ついにダーク軍団との戦いに挑む!
選択枠が4つあるので、ダブルライダーとギャバン、キタクラを選択

そして戦闘開始だが、バイオ編と全く同じ
全員でバンザイ突撃するだけなのに、戦法もヘッタクレも無い。
一応、グレイサイキングを水中にいれないようにする事、その一点のみ注意。
一番の注意点は、北西の工場でちゃんとアイテムを生産する事だ。

最後はキカイダーかギャバン、レベルの低い方の最強技を叩き込んでグレイサイキングを撃破。
ダークロボットはタフではあるが攻撃力は低めなので、面倒ではあるが事故の少ない相手なのである。

9_14_2 終了後の選択。
ジローに協力すればキカイダー中心の面へ、任せておけば仮面ライダー中心の面へ
このゲームのルート分岐は、仮面ライダーと帰マンを選ぶのが常に正解なのだが……今回はあえてバイオ編と異なる「光明寺博士の救出を優先する」。

まぁここは正解・不正解というような差の出る選択ではない。
せっかく仲間になったキカイダー、メタル編では出番も多いのだ。
さっそく使っていくとしよう。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

特撮大戦 第8話 闘姫

8_1 メタル編専用面。ナガーが暗躍する話である。
一方、アミーゴでは、ギャバンがルシファードの過去を皆に話していた。
仲間が悪の組織の幹部として星々を荒らしまわっていた事を知り、動揺する一同。

開始前の準備として、ギャバン含むSサイズ主力の武器と性能を4段階改良
ギャバンは格闘とギャバンダイナミックだけでいい……今はまだ。
前の面で消費した回復アイテムの生産も始めておこう。

8_14 8_15 8_16 ACT1

その頃、ショッカーと新人類帝国に接触する者があった。
戦闘船団国家ナガーの闘姫アテファリナ……彼女は両組織に武器商人として、戦闘機ケルバーンを売り込む。
デモンストレーションとして、ケルバーン部隊は防衛軍に襲い掛かるのだった。

この流れだと防衛軍がゴミクズのように蹴散らされそうだが、この面のケルバーンは物凄く弱く、無改良の戦車や戦闘機でカトンボのように落す事ができる。
まぁ本来、こっちの兵器を改良して戦えば楽勝な相手なので……コイツが厄介なのは、レベルで成長するタイプなので、自軍兵器の強化が追いつかなくなるという一点に尽きる。
もし自軍のLサイズ兵器の改良段階が全て共通だったら、こいつらにやられるプレイヤーなどいなかったであろう。

1PP:89戦車で南のケルバーンを攻撃。クリティカルすれば早くも一機撃墜。
F-2戦闘機は89戦車の北1東1へ移動。
90戦車、75自走砲は西へ動く。

2PP:F-2戦闘機、90戦車は南のケルバーンを攻撃。
75自走砲は90戦車の南へ。

2EP:敵の攻撃へ積極的に反撃。
もし撃墜されても、まぁ全滅しなければ、それはそれで

3PP味方増援1・ジャイアントロボと大作君。これで勝ち確定。
敵増援1・ケルバーン。死神博士と帝王バンバが無責任にけしかける。
ジャイアントロボはレーザー光線で東のケルバーンを撃墜。
F-2戦闘機は爆撃で東隣のケルバーンを攻撃。ここぐらいでしか使わない武器なので、戦闘デモは見ておくのがお勧め。
各戦車・自走砲も、生きていればケルバーンを攻撃。

4PP:防衛軍は手近な敵と戦闘続行。
ジャイアントロボと大作君は空を飛んで東へ。おそらくそちらのケルバーンが何匹か生き残っているはずだ。

8_3 8_17 8_18 5PP:ジャイアントロボをケルバーンの群れの中へ、地上を歩かせて突っ込ませる。
防衛軍の兵器は、もう敵射程の外へ逃がしてしまおう。
それが一番手っ取り早い。

5EP:ジャイアントロボがレーザー光線で反撃しまくればケルバーン全滅。
手強い相手だった(棒)

景気よく花火のごとく爆発したケルバーンが気に入って、死神博士とバンバはナガーと手を組む事にした。
まぁ自分もケルバーン好きだよ。このゲームを長く遊んでいると愛着わくし
慣れると資金の塊だし。

8_26 8_27 8_6 ACT2

今度はSサイズユニットが戦うステージ。
現場に駆け付けたアミーゴの面々に、アテファリナが立ちはだかる。
半分裸みたいな恰好をしているが、そういう意味ではないので念のため。

選択出撃はギャバンとキタクラを選ぶ。

1PP:キタクラで西のファントム兵を撃つ。
西の交差点に隼人、その北隣に本郷、東隣に烈を移動。
五郎は南3西2へ。

8_4 2PP味方増援1・主人公コンビ
ナガーへの敵意を露わにするタクマ。そんなタクマを連れ帰ろうとするアテファリナ。
この二人、実は姉弟だったりする。ナガーはタクマの肉親で構成されているのだ。

タクマは東のショッカー戦闘員を攻撃。
隼人は西のファントム兵を攻撃。
本郷は南1西1へ移動、ファントム兵を攻撃。
敵兵士を倒すうち、烈の気力が貯まる。蒸着して北3西1へ移動、戦闘員を攻撃。
キタクラは隼人と本郷の間に移動。
五郎はサナギマンへ変身、南のファントム兵を攻撃。

なお、イベントの関係で、この面ではサキを全く動かさなくて良い

3PP:ギャバンは西2で戦闘員を攻撃。
サナギマンはイナズマンへ変身、南のファントム兵を攻撃。
他のメンバーはアテファリナへ向かう。

4PP:敵兵士もいなくなる頃。
ギャバンはドルギランに乗って西へ。
イナズマンはライジンゴーを呼び出して乗り込む。
他のメンバーは徒歩でアテファリナへ。本郷と隼人は変身しておく。

8_7 4EP:アテファリナが変身する。
同時にサキが機能停止させられ、行動不可能に
アテファリナが移動を始め、接近している2号ライダーあたりが殴られるが、防御して耐える。

5PP:ここからダブルライダーは壁となり、キタクラが回復を担当する
タクマは位置合わせ。といってもアテファリナは最大射程1のダメボスなので、隣接しないよう近づくぐらいを気に留めておけばいい。
ギャバンもアテファリナに接近。近くの路上へ移動しておく。
イナズマンもライジンゴーを飛ばして接近。

8_8 8_9 6PP:イベントにより、ルシファードの最強武器・グラビティファントムが解禁される
拾ったり開発したりするのではなく、元々使えた武装の封印を解除したという形。

なお封印していた理由は、血塗られた強力な武器だからだそうである。
メーサービットまではOKという不思議な基準。初期攻撃力60以上がダメだったのであろう。
この時点の自軍Sサイズでは確かに最強威力なので、まぁ強力だから封印というのも理由づけが成り立たなくはない(次に強い武器との威力差=4)。
なお、この時点では当然無改良なので、他のヒーローの最強武器ほど強力では無い

最強武器が解禁されたので、さっそくアテファリナにぶっぱ。
2発当たれば倒せるが、命中率は100%ではないので、ルシファードだけに任せず他のキャラも攻撃。
もちろん2マス以上離れた所からだ。

キタクラが壁となったライダーを回復し続ければ、順調に行って7ターン目、運が悪くても8ターン目には撃破できるだろう。
やむなく退くアテファリナ。帰り際にサキの行動停止コードも解除してくれる。

8_24 8_25 アミーゴへ戻ってきたタクマは、ナガーの洗脳が解けた事、かつての古巣だからこそナガーを放っておけない事を話す。
烈もそれを聞き、戦いが終わるまで逮捕を保留する事にした。

再び手をとりあうヒーロー達。
彼らを次なる戦いが待っている。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

特撮大戦 第7話 チェイス!宇宙刑事ギャバン

ようやく無限増援が湧いてくれる面まで来た。
またルシファードとギャバンに因縁もあるので、バイオ編とキャラの会話が異なる場面も多い。
メタル編主人公コンビの数少ない利点・異空間戦闘が可能という事も活かす事ができ、この面はメタル編らしさが色濃く出ていて楽しい面である

7_1 まずは貯まった金で主力の改造を3段階目まで進める
さらに各種回復パーツも装備。ダブルライダーとルシファードにはEN回復キットを持たせておきたい。
この時、防衛軍隊員からキタクラとレベルの低い者2名を選び、彼らにリロードマガジンとEN回復キットを装備させておく
防衛軍隊員にはEN消費式の武器は無いが、ENキットは隣接した味方にも使えるので、他者のENを回復させるために持っておくのだ。

出撃前の選択肢で、本郷にはサイクロンの改造はやめてもらって一緒に来てもらおう
ダブルライダーキックを連発できる方が、この面のためには都合がいい。
どうせ改造サイクロンは使わないし……。

7_2 711 ACT1

ステージ開始。ついにマクーが地球へとやってきた。
ドン・ホラーの命令一下、街中に繰り出す戦闘員・クラッシャーたち。

出撃メンバーは本郷・隼人・五郎、防衛軍からキタクラとレベルの低い者2名(回復アイテムを装備させた者)。

1PP:隼人は北上、戦闘員を攻撃。本郷はその後を追って南隣に移動。
キタクラは南東へ。もう一人、防衛軍隊員も南東へ。
五郎とあと一人の防衛軍隊員は西へ動く。
タクマは東5へ、サキはその西隣へ移動。

7_4 7_16_2 1EP:マクー空間発生。敵増援1・シャコモンスター
クラッシャーにのみ反撃し、シャコモンスターの攻撃は防御で耐える。

2PP:本郷、北1西1へ移動して戦闘員を攻撃。
隼人は東へ移動、戦闘員を攻撃。
タクマは南の戦闘員を倒す。サキはタクマの南隣へ移動し、戦闘員を攻撃。
五郎は防衛軍隊員とともに発電所へ。

2EP敵増援2・クラッシャー
このフェイズもクラッシャーには積極的に反撃する。
一刻も早くクラッシャーを全滅させ、無限増援で稼ぐのだ。

7_15 7_6 3PP味方増援・宇宙刑事ギャバン。邂逅一発、いきなり互いに気づいてルシファードと面食らいあうが、彼らも子供ではないので、まずはマクーとの戦いに注力するのだ。さっそく、すぐ傍のダブルマンと戦う。
五郎は変身周囲のクラッシャーを攻撃。同行の防衛軍隊員は発電所を制圧。
隼人は東1南4へ移動、戦闘員を攻撃。
本郷は東へ移動。
キタクラは東3北2へ、もう一人の防衛軍隊員はその南隣へ。
タクマは変身し、ツインリニアガンでシャコモンスターを攻撃。敵の射程内で戦うのはスマートでは無いが、反撃も利用して戦いたいので我慢
サキも変身、ルシファードの受けたダメージを回復させる。

3EP:とにかく反撃するフェイズ。
ダブルマンはギャバンの反撃格闘で、シャコモンスターはルシファードの反撃メーサービットで撃破。
クラッシャーも向かってきた奴は全員殴り飛ばしておく。

4PPイナズマンはライジンゴーを呼び出して乗る。近くのクラッシャーがまだ生きていたら、防衛軍隊員でとどめ。
本郷・隼人・ギャバンはMAP北東にある工場へ向かい、移動。
キタクラともう一人の隊員は研究所の制圧へ向かう。
ルシファードとファディータは近くのクラッシャーを攻撃。

5PP:ルシファードとファディータは近くのクラッシャーを攻撃。
イナズマンはライジンゴーに近くの隊員を同乗させ、空を飛んで東へ。
キタクラは研究所を制圧、もう一人の隊員は工場めざして移動。
ギャバンは工場へ移動を続ける。
本郷・隼人も工場へ向かうが、クラッシャーの生き残りが近くをうろうろしているので、次PPに倒せるよう近づいてはおく。

6PP:ライジンゴーは東に向かうが、道路の上で移動を終える。同乗していた隊員は道路に降り、後は徒歩で工場をめざす。
ルシファードとファディータは変身を解除、ライジンゴーに接近。
本郷・隼人は生き残りのクラッシャーを撃破。
ギャバンは工場へ。

6EP:迫るクラッシャーに反撃を続ければ、このターンで初期配置の敵は全滅する
以降、工場前に湧くクラッシャーを20PPまで倒し続ける作業が始まる。

主人公コンビはライジンゴーに乗せ、工場の傍まで運搬する。
防衛軍は移動力が高いので、歩いて工場へ。
ダブルライダー(変身してないけど)も工場へ。
ギャバンはクラッシャー出現地点の東へ回り込む。

7_7 後は移動を続けてクラッシャー出現地点を取り囲むのだが、ダブルライダーはダブルライダーキックで、ルシファードはグラビティナパームで敵をまとめて吹っ飛ばす
このMAP武器に巻き込まれないよう、工場入口南のマスだけ空けておこう。

また気力が充分に貯まれば、変身を解除してもクラッシャーを1発で倒せるようになる。
変身前の状態なら毎ターンENが微回復するので、イナズマンやファディータ等、EN消費式の有射程武器を持つキャラは覚えておきたい。

ダブルライダー・ルシファードともにMAP武器を毎ターン打ちこんでいるとENがほどなく尽きる。
回復は防衛軍隊員に持たせたENキットを優先的に使って行おう
回復アイテムの使用も行動を1回使うので、他者に回復してもらう事により、MAP武器を途切れる事なく撃ち続ける事ができる。

20PP:キタクラ以外のキャラはクラッシャーを攻撃。工場入口のクラッシャーを優先的に撃破し、PP最後にキタクラを工場へ入れる。

20EP:反撃でクラッシャーを全滅させればクリア。

7_10 7_11 7_12 バイオ編ならこれで良しだが、メタル編では烈がタクマに詰め寄る
彼にしてみれば、敵の幹部が現地人に紛れ込んでいたのを見つけたので、当然見逃してはおけないのだ。
ここで烈に大人しく捕まるか、逃亡するかを選ぶ事ができる。
どちらを選んでも大まかな展開は変わらないが、次に進むステージやその流れ、出る敵に違いがある。
今回は烈の詰問に対し「答える必要はない」を選択。次面のボスが持つ資金がちょっとだけ増えるのだ。

サキが結界を張り、主人公コンビは逃亡。
烈達の前から姿を消すのであった……。

資金は30万ほど得られました。無限増援おかわりおいしいです。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

特撮大戦 第6話 猛攻!ショッカー日本支部

ゾル大佐との決着面。
このゲームのライダー系敵組織は、後発になるに従って構成員の扱いが寒くなるという特徴がある。
もしRXより後のライダーがいたら、全ての敵がインターミッションデモで撃破・退場という快挙を目の当たりにできたかもしれない。

開始前に、ダブルライダーにEN回復キットを装備させておく
この二人のENが切れると一気に劣勢になるので、これだけは忘れてはならない。

6_9 6_1_2 ACT1

敵基地の偵察に行く者をコインの裏表で決めるが、どっちを選んでも大まかには同じ
今回は裏を選んでおく。これにより、このMAPに出撃するのが一文字になる。

まぁ本郷でも隼人でも、流れは全く同じだ
結局は黄金オオカミに一方的に倒されるだけである。
勝ちブックに胡坐をかいて調子こいてる黄金オオカミのセリフを高速スキップで読み飛ばしながら次のMAPへ。

6_2 621 ACT2

この面の本番、主力が揃ってゾル大佐との決戦。
まずは初期配置の敵の早期全滅をこなし、クリアボーナスを上げよう。

1PP:タクマは北上、真北の戦闘員を攻撃。
サキはタクマの2マス南で待機。
本郷は東4南1へ、隼人も東4南1へ移動して待機。

1EP:戦闘員にひたすら反撃。

2PP:タクマは北1西1で戦闘員を攻撃。
サキは北の戦闘員を攻撃。
隼人は東1南2へ移動、戦闘員を攻撃。
本郷は東1南1へ移動、南の戦闘員を攻撃。

6_11_2 2EP:戦闘員に嵐の反撃。

3PPそろそろ気力が貯まる。サキは変身、北にいる戦闘員をデストロイヤー・ブラストで撃破。
タクマは南下。
本郷と隼人は変身。ダブルライダーキックの射程に入ったコウモリ男を打ちこみ、撃破。

4PP:ルシファードとファディータは南下。
ダブルライダーはダブルライダーキックでハチ女とクモ男を攻撃、撃破する。

4EP:サソリ男に攻撃されるが、防御して凌ぐ。

5PP:サソリ男へダブルライダーキック。撃破。
これでクリアボーナスが増額である。

敵増援1味方増援1が出現。
味方はキタクラ含む防衛隊員を選んで出撃。

防衛軍は南東、ダブルライダーの方へ移動。
サソリ男から受けたダメージをキタクラで回復させる。
ファディータを2号ライダーの4マス西へ。
ルシファードはファディータの北隣へ。

6PP:工場をキタクラで制圧する。
他の防衛軍は東へ。
ダブルライダーは防衛軍の後ろから東へついていく。この時、防衛軍の西側で移動を止めること。
ルシファードはメーサービットでコウモリ男を攻撃。

6EP:防衛軍が怪人に襲われるが、防御していれば死なないだろう。
クリティカルを叩き込まれると話は別だが、2人生き残ればいいので無問題。

6_13 7PP:ルシファードはグラビティナパームで怪人を弱らせ、ファディータがフィフスシャインでそれをとどめ。
ダブルライダーは防衛軍バリヤーの後ろからダブルライダーキックでコウモリ男やサソリ男を撃破。
その後、防衛軍は施設を制圧するため移動。

8PP:防衛軍は施設を制圧。
キタクラはルシファードやファディータのダメージを回復に行く。
1号・2号ライダーは北東から来た怪人の残りを倒す。
ルシファードとファディータも北西から来た怪人にとどめを刺す。

敵が全滅すると、敵増援2・黄金オオカミ
今の時点ではこいつの射程外から攻撃できないので、MAP武器を中心に戦う事になる。

9PP:ダブルライダーはENキットを使いながら西へ。
ルシファードとファディータ、キタクラは南東へ動いてライダーとの合流を目指す。

10PP:追ってくる黄金オオカミへ位置調整。
ダブルライダーキックとグラビティナバパームの範囲内へ入れる。

6_14 11PP:グラビティナパームとダブルライダーキックの両方を当てれば、このターンに撃破。
ただし相手の能力値が高いので、グラビティナパームは外れる可能性もある
この時はEPに防御して耐え、12PPで倒せる。
受けるダメージはファディータとキタクラで回復させれば、倒される事はないだろう。

こうして黄金オオカミは倒れた。
だがショッカーは新たな幹部・死神博士を迎え、ダブルライダーの戦いはさらに激しさを増すのだ。
そのヒーロー達にも新たな仲間との出会いが近づきつつあった……。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

特撮大戦 第5話 少年とロボ

ジャイアントロボ加入面。
戦闘の9割以上はSサイズユニットだが、その方が助かるのもまた事実。
これを物足りなく思うようになれば、特撮大戦のユーザーとして1歩前進である。

惜しむらくは、行先が無い事だが。

主力の性能・武器改良を2段階まで進める。
ただしダブルライダーはENをこの時点でカンスト(255)させる事にする。
どうせこれ以降、出撃の度にダブルライダーキックを何かに憑りつかれたように連発するのだ。
またここまでに生産した回復アイテムも各人装備。

5_1_2 511_2 ACT1

ショッカーと新人類が同時に出現。
手分けして戦う事になる。

1PP:本郷と一文字は南下して戦闘員と戦う。
タクマと五郎は北上してファントム兵と戦闘開始。
サキだけ西へ1動いておき、ファントム兵の間接攻撃の射程から逃れておく。
防衛軍はすぐ東にある森へ移動。ただし一人だけは南の研究所を制圧するために南下させておく。

1EP:基本的に戦闘員へ反撃するのだが、ファントム兵は配置の都合上、タクマや五郎を間接攻撃で狙う奴が出てくる。
受けても大したダメージではないが、気力低下効果があるので食らわないに越した事はない。
そこで二人は毒ガスに対して「回避」を選んでおく。「防御」だとダメージは半減するが、大した事の無いダメージを半分にして気力を下げられるよりは、被弾回数を減らすようにした方がいい。

2PP敵増援・ショッカー戦闘員
本郷と隼人で南側の戦闘員を全滅させる。この時、二人が隣接するように動く
防衛軍は森の中から戦闘員を狙撃。研究所へ向かう者だけ移動を続ける。
ここまでやった後だと、主人公コンビと五郎は気力が貯まっているので、各自変身する。
イツツバンバラの射程内(4)に入らないよう、間接攻撃で残りの戦闘員を攻撃。

5_7_3 5_9_2 3PP敵増援・ショッカー戦闘員
防衛軍は再び狙撃大会。研究所へ向かう者だけ移動を続ける。
本郷・一文字は変身。ダブルライダーキックでハチ女を撃破する。
イナズマンはサソリ男から4マス離れた地点へ。
ファディータも西へ。
ルシファードはメーサービットでイツツバンバラを一方的に攻撃
この時点で5以上の射程を持つのは、ルシファードとライジンゴーだけだ。
武器の威力や乗り降りする手間から、素直に主人公を使った方が手っ取り早い。
顔のある車に愛を感じる猛者以外は。

4PP:防衛隊員を研究所に入れる。
5_8_2 ダブルライダーはダブルライダーキックでクモ男を撃破。
イツツバンバラは射程内に誰もいないので移動を開始しているが、まだこちらの射程内にいるはず。ファディータの射程内に入ったので、今回はレベルの低い彼女がデストロイヤー・ブラストでとどめをさしておく。
イナズマンは超力タイフーンでサソリ男を攻撃。

5PP:イナズマンが超力タイフーンをもう一度浴びせ、サソリ男を撃破。
防衛隊員から誰かを工場制圧に向かわせる。
ダブルライダーは西に現れたコウモリ男へ二人仲良く向かう。

7PPにはダブルライダーの射程内にコウモリ男を捉えられるので、8PPにダブルライダーキックで撃破。

後は愉快な消化試合。
防衛軍以外の味方は撤退し、敵増援2・スパーキィ味方増援・ジャイアントロボ

5_10_2 これは手動で進めるイベント戦闘なので、大作君の操作範囲内に入れつつ、ジャイアントロボはスパーキィへ向かう。
メガトンパンチ1発入れれば勝利。
敵の攻撃は貧弱なので、食らっても気にする必要は無い。

味方に加わったジャイアントロボ。
メタル編なら3面後に出番がある。
まぁ改良する必要は無いので、それまで放置だ。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

特撮大戦 第4話 もうひとりの仮面ライダー

2号ライダー加入ステージ。
ここもバイオ編とほぼ同じ攻略法で進める。

4_1 ACT1

ここのサソリ男がこの面最大の山場
本郷を囮に、ルシファードの間接攻撃で倒す。
またアイテムの開発・製造も並行して行っておく。

1PP:タクマは東2へ動き、北側の戦闘員を攻撃。
本郷はタクマの西へ隣接、サキは本郷の西へ隣接。

1EP:タクマは戦闘員に全て反撃。サキは防御に徹する。

2PP:ここらでEN回復キットの開発が終わるので、次はリロードマガジンの開発に着手。
サキは南1へ動き、戦闘員を攻撃。
本郷は西1へ動いて戦闘員を攻撃。
4_2 4_8 タクマは気力が貯まっているので変身。ルシファードはツインリニアガンでサソリ男を撃つ
敵の射程外からなので反撃は受けない。これがルシファードの真価である。

2EP:ここからサソリ男に狙われるのは本郷となる。森の地形効果で身を守りつつ、回避or防御。
サキは戦闘員に反撃して倒す。

3PP以降森で身を守る本郷それを回復するサキサソリ男を射程外から撃つルシファードという布陣で戦う。
攻撃が外れなければ4PPにサソリ男を倒せる。
ここと次のMAPでは、基地に味方キャラを侵入させるとクリアボーナスが増額するので、とどめを刺す前に本郷とサキを基地へ入れておく

4_3 421 ACT2

戦闘員を捕虜に、一旦アミーゴへ帰る本郷達。しかしショッカーが次の計画を企んでいるので、再び基地へと戻る事にした。
尋問は山中でやれば良かったんじゃないのか……というのは結果論である。

次は戦闘員しか出ないMAPなので、攻略は非常に楽。
開始直後は、3人とも東へ。接触した戦闘員は全て攻撃・反撃で倒す。

森を抜けたあたりで、本郷とタクマは北東の基地を目指す。
前のMAPで基地に入りそびれたタクマは、この面で入れておこう

4_13 4_9 サキは森を出たら北へ動き、初期配置北側の戦闘員と交戦。
ちゃんと改良してあれば負けるような相手ではない。
遅れているレベルも底上げできる。

戦闘中もアイテムの生産は続行。
消耗品の回復アイテムを6個ずつ作っておく

敵が弱いのですぐに全滅させる事ができるが、残り1匹になったらタクマが基地へ侵入するまであえて生かしておき、基地へ入ったPPで撃破。

非常に余裕があるので、今まであまり見ていない武器の戦闘デモを見ておくのも一興。

431 ACT3

ショッカー基地を制圧した本郷達は、そこで2人目の仮面ライダー・一文字を発見。
彼もまた共に戦う事を誓う。

決戦MAPだが、早くもダブルライダーキックが炸裂
ルシファードは前MAPから気力引き継ぎなので、最初から全ての武器が使用可能。弾薬を節約する意味でも、PPの攻撃はMAP武器で行いたい。

1PP1号ライダーは西へ動き、あえて戦闘員に囲まれる位置へ。そこで戦闘員達と交戦。
2号ライダーは東へ動き、同様に戦闘員達と戦う。
ルシファードは基地中央で待機、攻撃してきた戦闘員を迎撃する。
ファディータは何もしなくていい。

1EP戦闘員の攻撃には全て反撃。

2PP2号ライダーをルシファードの南隣へ移動。
1号ライダーは2号ライダーの西隣へ移動。
ファディータは戦闘員が迫って来た場合のみ、相手の次の移動先へ動いて反撃を試みる。

2EP戦闘員には反撃。
ダブルライダーの南で、戦闘員達とサソリ男が固まるはず。

4_10 4_15 3PPサソリ男へダブルライダーキックを叩きこむ。一撃必殺!
戦闘員が2人ほど残るが、これはルシファードやファディータが倒して終了。
ルシファードはリニアガンやメーサービット等の弾数消費式武器よりも、超振動ブレードやグラビティナパーム等のEN消費式武器を優先して使いたい(ENは面終了後に回復するので)。

クリア時、1号ライダーのレベルが11、2号が9、ルシファードが10、ファディータが6。
ダブルライダーがコンビを組めるようになった事で、戦力は大幅にアップ。
次の面からさっそく猛威を振るってもらう。

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

特撮大戦 第3話 恐怖の新人類

イナズマン加入ステージ。
メタル編ではイナズマン主体のステージが少なく、彼のレベルはある程度で頭打ちになり易い
ただ元々強いキャラなので、彼に足を引っ張られるような事はほぼ起きない。
まぁ無理に最終面に出そうと思わなければそれ良し。
代わりはキカイダー兄弟にやってもらうとしよう。

ここらでルシファードの格闘とメーサービットファディータの全性能と格闘・フィフスシャインを全て1段階改良。
性能はそこそこ万遍なく、武器は通常武器と必殺武器に絞るのが自分のお勧めである。

3_9 3_1 3_11 ACT1

夜の街でイツツバンバラにヒロインが出くわす展開はバイオ編・メタル編で共通。
渡五郎が助けに入るのも共通。
メタル編のヒロインは既に変身・戦闘の能力を持ってはいるが、サキは日本の文化風習に合わせ、救いに来た五郎に任せて(今の彼より自分の方が強い事は知りつつ)逃走するのであった。

サキは地球人では無いので、地球の文化・風習を知識としてしか知らない……その一面が描かれる場面である。
彼女が警察に駆け込まないのは、そういう背景があっての話なのであろう。
元犯罪組織構成員だからポリが苦手、などという事は無いはずだ。

こんな文章をだらだら書くよりも早く、五郎はイツツバンバラに最大HPの3倍以上のダメージを受けて撃破され、次へ。

3_2 322 ACT2

防衛軍の合同演習に新人類が乱入するステージ。
バイオ編と出撃メンバーが全くの共通なので、攻略手順も全くの共通。

ウルトラ警備隊員の戦闘シーンをまともに見る機会は少ないので、ここで好きなだけ見ておくのも手。

自分は戦闘アニメーションを全てスキップしたが。
好きなだけ=0なので仕方が無い。
まぁウルトラ警備隊の光線銃を見るためにこのゲームを買った人間はいないと思うよ。

敵の無限増援1を潰しつつ、7ターン目にクリア。

3_5 331 ACT3

五郎の身を案じて引き返してきたタクマとサキ。
その前に再び姿を見せる新人類。
そこへ登場、自由の戦士イナズマン!

ここから敵味方の射程を把握して戦う事で、難易度が大きく変わるようになる。
ファントム兵は射程3の間接攻撃を持っており、それに気力低下能力があるので、その攻撃をいかに食らわないで戦うかが問題なのだ。

1PP:イナズマンは南2西1へ動き、西のファントム兵を攻撃。
タクマは西2へ動き、西のファントム兵を攻撃。運良くクリティカルが出たので撃破。
サキは南1へ移動。
ファントム兵の射程にできるだけ居座らないようにする。
またこの時点から博士による開発ができるので、友里博士にEN回復キットを開発してもらう。

1EP:ファントム兵が迫るが、彼らの移動後攻撃には気力低下効果が無いので、恐れず反撃。

2PP味方増援1・本郷猛敵増援1・ショッカー
本郷は南1西1に移動、戦闘員を攻撃。
イナズマンは北2東2へ移動、念力キックで東2にいるファントム兵を撃破。
気力が貯まったのでタクマは変身、ルシファードは東2に移動し戦闘員を攻撃。
サキは北1へ動いておく。

2EP:戦闘員には全て反撃。

3PP:サキの気力も貯まるので変身。これで回復能力が使えるようになる。ここからは怪人との戦闘になるので、手痛いダメージを受ける事もある。そのフォローをするのだ。
イナズマンは超力稲妻落しでイツツバンバラを攻撃。当たれば倒せる。外した場合のダメージはファディータで回復。
本郷は南下。
ルシファードは西へ移動。

3_4 4PP:クモ男が本郷を追って南下し、ルシファードの射程に入っているはず。メーサービットで攻撃。
今回はクリティカルしたので一撃必殺、倒す事ができた。
通常命中ではHPが僅かに残るが、その時には本郷が変身、1号ライダーのライダーパンチで倒せる。

こうして新人類を撃退し、イナズマンが仲間になった。
少年同盟からライジンゴーも贈られる。
心強い味方だが……悲しいかな、次の面はイナズマンが出撃できないのだ

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »