« 特撮大戦 第1話 地球に堕ちてきた男 | トップページ | 特撮大戦 第3話 恐怖の新人類 »

2015年4月30日 (木)

特撮大戦 第2話 ショッカーの陰謀

早くも共通ルートに入った2面。
しかも攻略法はバイオ編とほぼ共通
一部違いはあるものの、序盤の気力配分のみの違いで、しかもメタル編の方が面倒というのが困った話。
だがバイオ編での経験が活きるのだと前向きに考えてゲームを進めよう。

今更だがメタル編主人公コンビの簡単なキャラ紹介を行う。

2_1 ルシファード/迫水タクマ

メタル編主人公。バンプレストオリジナルテッカマンブレード

決して弱いわけでは無いのだが、バイオ編主人公と比較されると厳しい所の目立つ損な人。

本人は宇宙生命体に捕まって洗脳を受け、犯罪に手を染めて暮らしていた期間があり、銀河連邦警察からはSランクの指名手配を受けている。
洗脳が解けても記憶は失っておらず、やらされた事もお尋ね者になっている事も自覚した上で暮らしていく事を余儀なくされている。
本来は正義感が強く、似たような身の上になる寸前だった仮面ライダー1号と遭遇した事を切欠に、彼もまた自由と平和を守る戦士として戦う事となった。
とまぁ、設定面でも損してる人。

遠距離戦に優れ、得意な距離を把握すれば一方的な攻撃が可能。使い易いMAP武器のおかげでザコ散らしも得意。
異空間での戦闘も可能で、環境に左右されず戦える。
とまぁ、なんとなく悪の大幹部だった事が納得な戦闘スタイル。
だが移動後に使える強力な武器が無いのが残念。
武器の改良に金がかかり、弾数消費式の武器も多い(このゲームの弾薬はステージクリアしても自動補充されない)と、ゲームシステム的にも損してる人。ナガーで働いていた頃は会社が経費出してくれたのだと思われる。

2_2 ファディータ/サキ

メタル編ヒロイン。

女性型アンドロイド。古くはキューティーハニーの時代から、女性型アンドロイドは美人で強い物なのだ。
ロボットに美人も性別も無い筈なんだけどな。

一応メカという事で、変身前から耐久性(防御力)が高め。防御力低めなヒーローの変身後と同じぐらいある
代わりに移動力は低め。キカイダー系のロボヒーローと同じ値(4)となっている。

武器はEN消費式の飛び道具に加え、格闘系の必殺武器ももっており、移動後に限れば主人公より火力があったりする
だが彼女自身の直接攻撃力が低いため、強めの敵だと往々にして倒しきれない。
また回復能力も持つが変身後しか使えず、自分自身は回復対象にできないという欠点もある。

武器も性能も改良型で資金の要る彼女だが、強敵にぶつけるような戦い方をしなければ、そこまで徹底的に金をかけなくても充分なんとかなる。
武器は無消費かEN消費式の物だけなので、ステージクリアすれば補給に気を遣わなくていいのも良い。彼女はルシファードという主人を世話する立場であり、世話をかけるわけにはいかないのだ。金をかける必要はちょっとだけあるが。

こんな二人がショッカーの陰謀に挑む。
まずはインターミッションで、1号ライダーの性能を全て1段階改良。

2_3 ACT1

街をパトロールするフルハシとソガがショッカー戦闘員に遭遇する。

とはいえここに攻略法だのなんだのが無いのはバイオ編と全く同じ。

フルハシは西へ、ソガは車から降りて東へ。
後は反撃でウルトラガンを撃ちまくるだけ。
敵の攻撃が全弾クリティカルした所で死にはしないので、何一つ考える必要は無い。

勝利後、コウモリ男に吸血されて操られる二人。
そこへ本郷猛と主人公コンビがかけつけ、この面の本格的な戦闘が始まる。

2_6 221ACT2

戦闘員の数が限られているので、コウモリ男と戦うまでに戦闘の配分を調整せねばならない。
心がけるべきは、3人とも変身できるようにする事だ。

1PP:タクマは北上、戦闘員を倒す。
サキは西へ動き、本郷はその場で待機。
コウモリ男との戦闘は、本郷の初期位置付近で行うのだ。

2PP:戦闘員は本郷めがけて動く。それを追う形でタクマは北西へ動き、もう一人撃破。
サキと本郷はそれぞれ戦闘員の移動先に隣接するように配置。
一人が1匹と交戦するよう仕向ける。
2EP:サキと本郷がそれぞれ反撃。サキは攻撃力が低いので倒すには至らないだろう。

3PP:サキは弱った戦闘員を撃破。タクマは南下。

4EPあたりに戦闘員は全滅する。コウモリ男は移動力が高いので本郷が襲われてしまうが、回避か防御で我慢。

2_8 5PPあたりで気力が高まり全員が変身できるようになる。
こうなると1号ライダーのみがコウモリ男に隣接し、ダメージはファディータが回復、2マス以上離れた所からルシファードが攻撃という布陣ができる。

ただし攻撃の命中率は100%にはならない
たまに外す事は十分にあるので、運が悪いと少々倒すのに時間がかかる事もある。
このステージでクリアボーナスを満額貰うのは運が絡むので、無理に意識するのはやめておく事にする。

7PPにコウモリ男撃破。
直後、敵増援1:ハチ女と戦闘員
しかしこの面は増援の方が弱いので無問題。

2_9 ここまでくれば、後はいかに早く敵を殲滅するかだ。
迎え撃つには北にある広場が望ましい。

戦闘員は特に問題なく倒せる。
ハチ女はコウモリ男の下位互換みたいな敵なので、これも楽。
HPの減っている1号ライダーが狙われがちなので、1度だけでも回復させておくと安全。
攻撃されても「防御」を選んでおけば、倒される事はまず無い。

とどめは移動後のライダーキックを打ちこんで撃破。
11ターンかかったが、まぁこんな物でいいだろう。
ツインリニアガンを1段階でも改良しておけば10ターンクリアもできたが、この面ぐらいしか改良する必要も無いので、これで良しとしておく。
実のところ、ルシファードの武器で金かけて改良する必要があるのは、格闘と必殺武器の2~3個だけ
リニアガンもMAP武器も、ザコ専と割り切ってしまえば最後まで無改良で通用するのだ

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 第1話 地球に堕ちてきた男 | トップページ | 特撮大戦 第3話 恐怖の新人類 »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/59818610

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第2話 ショッカーの陰謀:

« 特撮大戦 第1話 地球に堕ちてきた男 | トップページ | 特撮大戦 第3話 恐怖の新人類 »