« 特撮大戦 メタル系 | トップページ | 特撮大戦 第2話 ショッカーの陰謀 »

2015年4月29日 (水)

特撮大戦 第1話 地球に堕ちてきた男

1_6_2 1_7_2 1_11_2 特撮大戦・メタル編スタート。
今、新たな勇者が危機迫る地球へ降り立つ!

……のだが、彼・ルシファードは木星付近で宇宙刑事ギャバンと戦っていた
理由は彼が宇宙犯罪組織の大幹部で、数々の星で悪事に手を染めてきたからである。
別に冤罪というわけでもなさそうで、ギャバンに見つかった時も嬉々として戦い始めていた。
己の片腕・ファディータ(メタル系ヒロイン)とともにギャバンと激しくぶつかるルシファード。

開幕の掴みはバッチリだな……。
本当の話、ストーリーはメタル系の方が好きな自分。

2対1という事もあり、劣勢に陥るギャバン。とどめとして放たれたルシファードの必殺技・グラビティナパームへ咄嗟にドルレーザーをぶつけ、相打ちに持ち込む!

ドルレーザーはカットインまで用意されているのに、ゲーム本編では実装されておらず、ここでしか見る事ができない
ナメた話だ。

ギャバンは本人・戦艦ともにダメージが大きく、バード星への帰還を余儀なくされた。
一方、ルシファードは意識を失ったまま宇宙を漂流。ファディータは傷ついた彼を抱え、やむなくもっとも近く安全な星へと避難する。
こうして、地球に新たな戦士が降り立った……。

1_13 1_12 ACT1

半ば墜落同然に地球へ着いた二人。
それを調査に来たショッカーが、現場で一組の男女と遭遇。

久しぶりの地球で意識を取り戻した青年・迫水タクマは、襲い来る戦闘員から身を守るため、相棒のサキと共に戦う事になる。

攻略としては、戦法も何もあったもんではなく、二手に分かれて戦うだけである。
タクマは西へ、サキは東へ1マス動き、南側の戦闘員を攻撃。EPで反撃し、2PPで残った敵を倒すだけだ。
クリティカルヒットの出方次第では、1EPで終わる可能性もある。

敵を退けた後、タクマとサキは付近の捜索を開始した。

121 1_20 ACT2

ほどなく二人は、山中での戦いに遭遇する。
ショッカーから脱走した改造人間が、彼らに反旗を翻していたのだ。
人の自由を踏みにじる行為へ怒りも露わに、タクマは彼―仮面ライダーへ加勢する。
変身……融機鋼ルシファード

この時点でタクマはオープニングでギャバンと戦っていた人物と別人格になっているが、記憶喪失というわけではない。
受けた衝撃(物理)の大きさで洗脳が解け、本来の人格に戻ったのだ。
ファディータ=サキは別に何も変わっていないが、彼女は元々ルシファードを補佐するためにいるので、タクマが行動指針を変えてもそれについていくだけである。

ここでタクマがサキに「お前金かかるから、バイオ系人造人間に自己再改造してきてくれや」と頼めば、メタル編の難易度はもう少しだけ緩和されていたかもしれない。
ナガーも気の利かねぇ奴らだ。

仕方なく戦闘開始。
とはいえバイオ編と攻略法は何も変わらない
ライダーはサイクロンに乗り、ルシファードとファディータは西へ動いて基地を目指すのみである。
サイクロンで戦うのはおそらくここで最後なので、戦闘シーンも眺めておく。

ライダーはサイクロンで南下、乗り捨てて基地へ。
侵入する事でクリアボーナスを増額したら北上。
戦闘員に反撃しながら後の二人が基地に侵入するのを待ち、侵入後にライダー電光キックでクモ男を葬り去る。
途中でクモ男に近寄られても、敵の射程は3で移動後に攻撃できる武器は無い。よって相手から4マスの位置へ動けば、そのターンではダメージを受けないのだ。

敵を一掃した後、タクマとサキは本郷猛と行動を共にする。
新たな戦いがついに始まった

(C)石森プロ・東映
(C)宣弘社・NTV
(C)1966.67.71 円谷プロ
(C)東映
(C)光プロ・東映
(C)BANPRESTO2001

|

« 特撮大戦 メタル系 | トップページ | 特撮大戦 第2話 ショッカーの陰謀 »

特撮大戦2周目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/59811411

この記事へのトラックバック一覧です: 特撮大戦 第1話 地球に堕ちてきた男:

« 特撮大戦 メタル系 | トップページ | 特撮大戦 第2話 ショッカーの陰謀 »