« ドラクエ5:5 未来は誰のためにある | トップページ | ドラクエ5:7 それでも人は 明日を夢見るものか »

2014年12月11日 (木)

ドラクエ5:6 今 全てを 捨てる時が来た

6_1 6_4 次に向かうはラインハット。

「そんなに長い旅にはならないだろう」

「この旅が終わったら少し落ち着くつもりだ」

「お前とも遊んでやるぞ」

パパスのセリフは、今風に書けばフラグを立てているという奴か。

こうしてパパスに連れられてラインハットへ。

道中、敵と遭遇する事もなく到着。相変わらず腑抜けた魔物どもだ

6_7 6_8 城につき、パパスはラインハット王と仕事の話を始める。

自由行動が許されるので、城内のアイテム探索を開始。
しかしロクな物が落ちていない。不思議な木の実を拾ったぐらいである。
シケた城だ……そら王妃様も実子に少しでもいい思いをさせたくなって血迷いもするだろう。

子供誘拐事件の話がここで聞けるが、イベント管理のフラグは、ヘンリー・継母・デール・継母とヤクザのつきあいを目撃した兵士、辺りのようだ。

フラグが成立してから王座へ戻ると、パパスがヘンリーの部屋へ移動している。
ラインハット王はパパスの勇猛ぶりをきき、反抗期のヘンリーのおもりをさせる気だった事が聞ける。
勇士に依頼する仕事かそれ……ラインハットの未来が暗かったのは、この時点で判明していたのかもしれん。

6_12 6_15 ヘンリーもパパスを拒絶したので、仕方なくコウがヘンリーのいちゃもんに付き合う事になった。
ありもしないブツを取って来いと言われ、隠し階段を降りれば、途端に始まる誘拐事件。
もう放っておいて帰ろうぜ、と親父に言いたい所だが、責任感の強いパパスは「誰にも言うな」と念押しして一人追いかけて行ってしまった。

主人公も、一路、北東の遺跡へ。
敵が強いので装備も強化はしたいのだが、手持ち1400Gではチェーンクロス1個買うと文無しになってしまう。
仕方なく現状装備で向かう事にした。

6_20 6_21 遺跡に到着後、宝箱は全部無視して一直線に奥へ。

何よりもまず、パパスとの合流を目標にする。

敵は質・数ともに今まで以上。ホイミスライムが集団で他の敵と出てきた日には、なりふり構わず逃げの一手あるのみ。

幸い敵の出現率はたいした事はないので、真っ直ぐ進めばそんなにエンカウントせずにパパスの所まで行ける。
助けて父ちゃん!

無事に合流さえすれば、逆に鼻歌混じりで散歩のようなものだ。
敵は親父が片っ端から粉砕してくれるし、戦闘が終われば回復までしてくれる
ただパパスはゲレゲレの傷は治してくれない。畜生には冷たい親父だ。内心、ペットを飼うのに反対しているのかもしれん。

奥の牢屋へ辿り着けば、ヘンリーを救出できる。
鍵も持っていないのに力づくで格子をブッ壊す親父。ピッキングが得意な息子といい、鍵泣かせな親子だ。

ここで敵の追手を引き受け、パパスが別れるのだが、同時にエンカウント率が0になる
敵が出なくなるので、ここで無視してきた宝箱を回収。

全てのアイテムを集めたら脱出あるのみ……だが、最後に強制イベントが待っている。

6_27 6_28 ドラクエ5最大の悪役として名高い、ゲマが登場。
強制敗北戦闘が始まる。

もちろんゴミクズのようにひねられるコウ。
2回行動でドライバーキャノをぶっぱしてくるゲスト軍に粉砕されるGP03の悪夢が蘇るようだ。第四次の頃はまだ戦えたんだ……2回行動レベルが60オーバー・命中回避の基準値はNT補正前提なんてクソ調整さえされなければ……お、おのれ……。

悪夢はまだ続く
駆け付けたパパスが怒りに任せてゲマの手下・ジャミとゴンズを倒すものの、息子が人質にされてしまい、抵抗できなくなる。

なすすべもなくリンチ、倒されるパパス。
とどめとばかりに放たれたゲマの巨大火炎球により、灰となって絶命……。

6_36_2 6_39_2 しかしパパスの親父、男らしくはあるのだが、支配者層の人間としてはことごとく行動が間違っておるな。
王族に生まれてしまった事が、彼の最大の不幸だったのかもしれん
冒険者や騎士・兵士として産まれ生きていれば……とIFを考えたくなるキャラクターである。

そしてコウとヘンリーを連れて姿を消すゲマ。
蘇生できないらしい死神の鎌、屋内からのテレポート、後に見せる石化の魔力と、こいつNPCスペシャル技多すぎ

こうして攫われたコウは、「母は生きている」との遺言を残され、これより10年、人里離れた地で奴隷となるのであった

(このゲームの権利は株式会社スクウェア・エニックスにあります)

|

« ドラクエ5:5 未来は誰のためにある | トップページ | ドラクエ5:7 それでも人は 明日を夢見るものか »

ドラゴンクエスト5 プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/58203338

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ5:6 今 全てを 捨てる時が来た:

« ドラクエ5:5 未来は誰のためにある | トップページ | ドラクエ5:7 それでも人は 明日を夢見るものか »