« ドラクエ4:8 第3章開始 | トップページ | ドラクエ4:10 第4章開始 »

2014年6月13日 (金)

ドラクエ4:9 第3章 商売とは

9_1 手紙の配達を終えたら、エンドール王から出店許可が出る。

次の目的は、城下町で空き家を売っている爺さんから35000Gで不動産を買う事。

北東の洞窟にある銀の女神像を換金するのがセオリーだし、それに逆らっても時間がかかるばかりでしんどいので、やはり洞窟へ向かう事にする。

洞窟突入のためレベル上げ。レベル5まで上げておく。
そこまでに稼いだ金で防具も強化。
城下町にいる傭兵を雇う事もできるが、話しかけてみると「犬が嫌いなので、犬を連れているあんたには同行したくない」と言われた。
そういえばトーマス借りっぱなしだったな……返すのも面倒なので、何の役にも立たないこのペットを借りパクしておく事にした

というわけで、この章の最後まで犬のトーマスを連れて歩いている。

事実上トルネコ一人で洞窟へ。
回復手段として、薬草を5個ほど持っていく
荷物枠の空きは1個で充分。何かを拾って空きが無くなる度に、薬草を使って回復していくのだ。

9_3 9_7 洞窟に突入。
ここではキメラの翼と銀の女神像しか取らない

ドラクエは敵からの逃亡成功率があまり高くないので、敵と遭遇したら素直に戦って倒す。
3章なら金目の物をドロップしてくれる期待もある

トルネコ、レベル6で鷹の目を習得。

ドロップ:エレフローパーから鉄の鎧。蠅男から皮の盾。吸血蝙蝠から鉄の鎧。サンドマスターから鉄の鎧。

拾う度に薬草を1個使っていくので、HPは常に満タンに近い状態
特に危険も無く奥へ辿り着き、水量操作のボタンを押して女神像への道を開く。

銀の女神像入手。帰りは洞窟を出てすぐ、キメラの翼を使って一刻も早く街へ帰った。

9_8 9_9 女神像を城下町の好事家に売ると、25000Gになる。

残り10000G。
防具の転売に戻る。

ここが3章で最も眠い所だ……エンドールで持てるだけ鉄の前掛けを買い、ボンモールの城で定価以上の値で売りさばく。
装備者が限られるこんな物を大量に売りつけても相手が在庫を持て余すだけではないかと思うのだが、その相手が買ってくれるのだから仕方が無い。
たまに思うのだが、ボンモールの防具買い取り係はあまり知識の無い人間が何かの間違いで任命されているのではないだろうか。

やはり3章の「商売」は、外国のあこぎ半分当然上等な商売をモデルにしているような気がする。

眠気に耐えて往復する事しばし、ようやく所持金が35000Gを超えた。
即、店を購入。
これでトルネコも一国一城の主、独立開業の始まりである。

9_10 9_12 開業後、王様に会って武具の受注をもらう

開業した時点で金などいくらでも入るようになっているが、やはりこのイベントもこなしておくのが筋であろう。

ここから悪名高いトルネコの店の開店。
まず装備品は全部自分の店で売りに出す。
あとはネネに頑張ってボッタクリ店を切り盛りしてもらうのみ。

ここで扱うブツは、一般的には同じ城下町で売っている鉄の前掛けであろう。
しかし自分は破邪の剣を扱う事にしている。
並べた物全てが一気に売れるわけではないので、できるだけ単価の高い物で回転よく金を増やしたいからだ。

よってキメラの翼で往復。
懐かしの故郷に戻ったら、またキメラの翼を買い直してから、元親方の店で破邪の剣を持てるだけ買う。
再びエンドールの新居に飛んで、ネネに大量の剣を転売させる。

トルネコの地元なら3500G、転売する時は5250Gの剣を眺めていると、なんとなく、中世ヨーロッパでは胡椒が同じ重さの金と等価値だった事を思い出す。
まぁ行商人てのは、そこまでやって儲けがあるから成り立つ存在。
エンドールの戦士達はよほど破邪の剣に飢えているのだろう。
鉄の前掛けよりは良心的な商売だと思うのだが

9_14 9_15 金がみるみるうちに貯まるので、鉄の鎧と鋼の剣もすぐに代金ができる。
2回にわけてブツを収め、依頼の完遂

城に納品を済ませた後、破邪の剣を12個買う。
もちろん、5章で合流した時に金にするためだ。
トルネコが一番金目の物をもって合流するあたり、ドラクエ4は各キャラが「らしさ」を出せるよう配慮されているのだろう。

後はクリアまで一本道。洞窟のトンネル開通工事の資金を出す。

カジノが開かれたら残りの金を全てコインに。ここもトルネコの店に劣らずボッタクリなので、コイン1枚=200G。手持ちの金を全てコインに変えたが。343枚にしかならない。
まぁ他の章と同じ値段だったら、コインまで大量に5章へ持ち込まれてしまうので、仕方がないのだろう。

いっそカジノに挑戦しようかとも思ったが、面倒なのでそのままクリアする事にした。
リアルラックには自信が無いので、自分はあまりカジノに行かないプレイヤーなのだ。

9_21 9_22 こうしてトルネコは世界へと飛び出した。
ずっとボッタクリ店をやっておけば何の心配も無く暮らせるだろうが、世の中には突っ走る事そのものが目的かのように生きる人間もいるという事だ。

めでたく3章もクリア。

次は再び、敵と殴りあってうろうろする親愛なるドラクエに戻る。

C)ENIX(現株式会社スクウェア・エニックス)

|

« ドラクエ4:8 第3章開始 | トップページ | ドラクエ4:10 第4章開始 »

ドラゴンクエスト4 プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/56480577

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ4:9 第3章 商売とは:

« ドラクエ4:8 第3章開始 | トップページ | ドラクエ4:10 第4章開始 »