« ドラクエ4:10 第4章開始 | トップページ | ドラクエ4:12 第5章開始 »

2014年6月16日 (月)

ドラクエ4:11 第4章 仇討

11_1 11_3 11_4

鉱山で火薬壺を探す。 

ミネア「ガスだけじゃなくて魔物まで……
なんでなの?
なにか関係があるのかしら」

ここは銀のタロットと火薬壺だけさっさと取る。
最深部で火薬壺を発見。シケてて音ぐらいしか出ないとの事。

鉱夫「ガスが出ようが魔物が出ようが、金が出るまではがんばるんだ。
あっ、掘って掘って掘りぬいて!」

マーニャ「アタマは悪そうだけど、ある意味たのもしいわね」

鉱夫の根性に関心しつつも、炭鉱を後にする。

11_6 11_7

宿に泊まってから(かなり健康に悪そうな町の宿だが……)、再び炭鉱へ。
目的は4章最後のレベルアップである。

MPが足りないのに呪文を唱えようとするひとつ目ピエロがありがたい。
また、仲間を呼ぶ
エビルハムスターが稼ぎやすい相手。

逆に厄介なのが、打撃力が高くおたけびをあげる虎男、ラリホーと睡眠攻撃をするパンプドッグ

マーニャ、レベル10でリレミト、11でイオを習得。
ミネア、レベル11でキアリクを習得。

これで安定して突破できるだろう。

11_8 11_10

二人がレベル11になったのでバルザックに挑む。

その準備として、マーニャは薬草を買いこむ

キングレオ城の大臣の部屋の横で火薬壺を使い、飛びだした大臣の後をおって隠し部屋へ。
そこにいるバルザックと対峙する姉妹。

バルザック「ほほう、その方らは確かエドガンの娘たち。
父親の敵討ちに来たというわけか。
いかにも私がバルザックだ。
エドガンは偶然に発見した進化の秘宝を闇に葬ろうとしたのだ。
愚かなことだ。
その秘宝さえあれば、世界の王にもなれるものを……。
見るがいい! 私の力を! この素晴らしい進化した体を!」

実は4章ってドラクエ4の物語の始まりに大きく関わっていたわけだ。

戦闘では静寂の玉で呪文を封じ、ルカニで守備力を下げ、回復はマーニャの薬草に頼る。

PS版以降、補助呪文はターン数がかさむと切れるようになったので、できるだけ早く倒したい。
ルカニをかければオーリンとミネアの打撃はマーニャの呪文より痛手を与えられるので、薬草を惜しまず回復はマーニャ主体で行う。

特に危ない事もなく、勝利を掴んだ。

11_11 11_12

そこに現れる、この国の真の支配者・キングレオ。

キングレオ「そんなことでは この国をゆだねた甲斐がないぞ!
そしてなにより、デスピサロさまに申し訳が立たぬ!

キングレオ「まあよい。今しばらくはお前を死なせるわけにはゆかぬ。
エドガンの娘たちよ。私がこの国の真の後継者キングレオだ。
今度は私が相手になろう! さあかかってくるがいい!」

次はキングレオ相手の負けブック
確かドラクエ初の強制敗北戦闘がこれだったんじゃなかろうか。
NPC
なら3のオルテガvsキングヒドラってのがあったが。

ともかく、何も考えず戦う連打。
あっさり倒されて全滅。

11_13 11_16こうして投獄されたミネアとマーニャ。

そこで先代の王に会う。
彼の指示で牢から脱出、乗船券を手に外へ。

これを「じょうせん剣」という武器だと思った、というネタ話はどこが出所なのか。
なんか気づいたら流布していた気がする。

脱獄時に衛兵に見つかる一行。
食い止めるため残るオーリン。
ここで彼とはお別れ。

もう一度入り直せば、息絶えるオーリンを見る事ができる。
でも5章になると一命をとりとめ、海の向こうのフレノールの町で寝ている。
しかも女ができてる
いろいろと忙しい男だ。

11_18_2 11_19 11_17 11_20 例のごとく、金をアイテムに変えて船へ。

5で見た事のある名前の少年がいるが、無論、何の関係も無い。
しかし使いまわすような名前なのか「ピピン」てのは。

船で不思議な樹の実を拾ったら、船長に頼んで船出。

戦歴も何か酷い。強制なんだから仕方ねぇだろう……。

失意のうちに4章終了。
次こそ本編、導かれし者達集結の5章である。

C)ENIX(現株式会社スクウェア・エニックス)

|

« ドラクエ4:10 第4章開始 | トップページ | ドラクエ4:12 第5章開始 »

ドラゴンクエスト4 プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/56502789

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ4:11 第4章 仇討:

« ドラクエ4:10 第4章開始 | トップページ | ドラクエ4:12 第5章開始 »