« ドラクエ4:1 序章 | トップページ | ドラクエ4:3 第1章突破 »

2014年6月 3日 (火)

ドラクエ4:2 第1章開始

2_0

リメイクで追加された序章が終わり、本格的な冒険の旅が始まる。
まずは導かれし者達で(勇者を除けば)1,2を争う常識人・戦士ライアンから。

イメージカラーはピンク、兜はモヒカン、素肌に鎧……とあちこちが独特のセンスあふれる屈強な男だ。
外見的にはぜひ一軍入りを考えたくなる人材である。

まぁそんなライアン氏の冒険、このゲーム中でも1,2を争う眠気との戦いになりがちなのだが……。
仕方ないね。「たたかう」と薬草を使うしか戦闘でする事ないからね。HPが足りてれば勝ち、足りなければ負けという戦闘しかできないからね。

だが初めから弱音を吐いてはいられない。しょせんはレベル一桁で突破できる道程、プレイヤーのリアル気力で勝負だ。

2_2 まずは王様を前に朝礼。バトランド王は懐の広い人なので、明らかに目立っているライアンがいても気にせず、普通にお話をしてくれる。

「最近、子供達がいなくなるという噂はお前達も聞いておろう。
今朝もイルムの村より母親達が、涙ながらに訴えてきておる。
何ゆえ子供がいなくなるのか? 何者かがさらっているのか!?
事の真意を確かめこのわしに報告せよ! ゆけ! 我が戦士達よ!」

後に母親からの涙の訴えを直に聴く事もできる。

とりあえず城内にある薬草を拾って町に繰り出すしかない。

2_7

まずは町中で適当に人と話す。

バトランド王は人がいいので税金を安くおさえ、そのしわ寄せは兵士の装備が安物という形で表れているようだ。

後にわかるが、バトランドは戦士の国として諸国に知られているらしい。

戦士が安物装備しか支給されない戦士の国とは、なかなか人の良い話である。

まぁ弘法筆を選ばずとも言う。ファンタジーRPGでその理屈が通じる事は、ほとんど無いと言っていい事ではあるが……。

2_12

そんな事よりも、まずはアイテム回収である。

いつの頃からか、ドラクエは最初の町を調べまわれば、最低ラインの装備が貰えるようになっていた。無論、この4でもそれは通じる。

民家で力の種発見。使ってみると、いきなり力が最大の3上昇。これはなかなか幸先が良い。

他にも薬草や皮の盾を拾い、準備は万全。

教会でセーブした後、外に繰り出して魔物と戦う。

2_13

ライアンは戦士一人旅だが、敵は初めから複数で来る。

もちろん、敵は弱い相手から狙って数を減らす。
優先順位はスライム→はさみくわがた→大ミミズ。

素早さも低いので、敵から散々殴られてようやく手番が回ってくる事もザラだが、拾った盾を装備していれば、この時点で敵から受けるダメージは1~2。

勝つ事自体は難しくは無い。単調ではあるが、このレベルならまぁこんなもんだろう。

夜中に出てくるバブルスライムにたまに毒を食らったりもしながら、ようやくレベル3へ。

2_16

レベル3になったら、貯まった金で木の帽子を購入。第一章最強の兜であり、この章のクリアまで使える役立つ奴だ。

装備も強化できたので、イルムへ行く事にする。

途中の洞窟は非常に小さく、戦闘もほとんどおこらない。薬草や金を拾いながら先へ進む。

途中に同僚の戦士がいた。彼はこの小さな洞窟で延々と迷い続ける凄い方向音痴スキルの持ち主。
真っ直ぐ進めば出られる洞窟で迷い続ける彼を見ると、この事件を解決できるのがバトランドにはライアンしかいない事が納得できる。これは狙い澄ました演出に違いあるまい。

同僚なら、ライアンも出口まで一緒に行こうと誘ってやってもよさそうな物だが……おそらく同行して欲しくなかったのであろう。

2_21 2_22

洞窟を抜けて東へ行くと、すぐにイルムの村へ着く。

いろいろ話も聞けるのだが、そんな事には関わらず、即行でフレアのイベントを起こす。

牢屋→バトランドへ直帰→奥さんを連れてまたイルムへ。奥さんの体で記憶喪失が治るという超腰砕けな展開を前に、何も言わず黙っているライアンはまさにドラクエPCの鑑だ。
スパロボの主人公なら仲間と一緒に一人あたりセリフ2~3枠ぐらい使って突っ込んでるよ。多分。

こうして村の南東にある古井戸が怪しいとわかった。まぁイベントをスルーして直接行っても良かったが、物凄い久しぶりなので記憶も曖昧だったし、やっておくに越した事はなかったろう。

ようやくイルム村のアイテム捜索。薬草で荷物が溢れそうになる。
スタートからここまで薬草多すぎ。
これは古井戸を攻略する時に片っ端から使う事にする。

2_27

教会でセーブした後、古井戸を目指す。

だがまだまだレベルが低いので、敵との戦闘が厳しいのは明白。よって古井戸出口のアイテムをとってから、イルムの周辺へ逆戻り。

帰還したら再びセーブし、村の周辺をぐるぐると回りだす。
敵はバトランドに毛が生えたような物だが、中にはそれなりの敵もいる。

ねらい目はエアラット。たまに仲間を呼ぶので一度の戦闘で数を倒す事ができ、結構便利。

逆に嫌なのはきりかぶお化けか……薬草で回復してくるので、運が悪いと延々戦わされる羽目になる。
まぁ負けるわけではないので問題は無いのだが、時間がかかると面倒くさいのも事実。

ここでの稼ぎの目標は鎖鎌購入である。

2_30

鎖鎌を買える頃にはレベルも6になっている。

レベルアップと武器の強化で、古井戸を安定して攻略できる強さになった。

今日はここまでにし、教会でセーブ。

電源を切る前に、今の戦歴を確認する。

ロンリー戦士……ってそらそうだろ。ライアン一人で戦う章だろ。仲間になる奴なんていない……と思ったら、一匹いたか。
あれの加入前専用の戦歴があるという事は、やはり1章最大のイベント扱いなのであろう。

C)ENIX(現株式会社スクウェア・エニックス)

|

« ドラクエ4:1 序章 | トップページ | ドラクエ4:3 第1章突破 »

ドラゴンクエスト4 プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/56387671

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ4:2 第1章開始:

« ドラクエ4:1 序章 | トップページ | ドラクエ4:3 第1章突破 »