« ドラクエ4:11 第4章 仇討 | トップページ | ドラクエ4:13 第5章 トルネコ加入 »

2014年6月21日 (土)

ドラクエ4:12 第5章開始

11_21 少々間が空いてしまったが、ついに本編ともいうべき第5章の開始である。

ドラクエ4最大の特徴が、仲間になるキャラクター達用の短いシナリオが複数ある事と、それらが5章で集合する事であり、英雄集結型の物語が展開される事である。

このタイプの物語となると、ドラクエ4の少し前にPCゲームで「ブライ 八玉の勇士」というRPGが出ていたし、古典となれば南総里見八犬伝、さらに遡れば水滸伝まで行くだろう。
ギリシャ神話のアルゴー船のエピソードまで源流を辿っていいかもしれん。

思えばこの当時、キン肉マンからの流れで聖闘士星矢や男塾など、主人公がキャラの立った仲間とチームを組む人気マンガが増えていた頃ではなかったか。
ドラクエの原画家をやっている鳥山明氏のドラゴンボールも、仲間達が一丸となって敵と戦う事も多くなっていた時期だった気がする(まぁあの作品は主人公以外は大概かませ犬だったりしたが)。

ドラクエ3でWIZ式の古典RPGパーティシステムを達成したので、おそらく、さらに踏み込んだ形として、ドラクエでヒーローチーム物をやろうとしたのが、この4なのだろう。

12_2 12_1_2 それでは英雄達の頭領となるべき勇者の物語を始める。

例によってアイテム回収から。
途中、寝転んでいるシンシアに話しかける。

シンシア「おはようユウ。こうして寝っ転がっていると、とてもいい気持ちよ。
ねえユウ。わたしたち大きくなっても、ずっとこのままでいられたらいいね!
わたしね、最近、夢を見るの。大人になった私たちが、この村でいつまでも幸せに暮らしている夢………。
わたしね、この村が大好き! ユウのことも大好き!
だからいつまでもいっしょよ、ユウ」

この夢というのは、寝ている時に見る物ではなく、彼女の望みという意味の「夢」だったのかもしれん。
さらに宿屋で後に因縁のできる男も発見。

男「ほほう……
この村にはキミのような子供もいたのですか。
わたしは旅の詩人。
山道で迷ってしまって、この村にたどり着いたのです。
しかしこんな山奥に、このような村があったとは……
まったくおどろかされましたよ」

この男の首をこの場で刎ねる奴がいれば、ドラクエ4は大きく物語を変えていたのだが。
自ら偵察に来るあたり、彼は現場で大将を努めて部下を引っ張っていくタイプなのだろう。
なお、ゲームブック版では、この男は行き倒れを装いシンシアの父・カルデスに拾われて村に潜入していた。

12_5 12_7 12_9 そして起こる、魔物軍の総攻撃。

のどかな村の人々が主人公を守るために一致団結し、両親が養父母である事を告白。
そして幼馴染のシンシアまでが、主人公のために命を投げ出す。
村の全滅と引き換えに、勇者はその命を長らえた

今見ると畳み掛けるような展開の速さだ。
FC版の頃はプロローグの0章も無かったし、今やると超展開呼ばわりする人も出るかもしれん。
スピーディなので、プレイするぶんにはありがたいのだが。

焼け跡となった村を歩き、シンシアの寝転んでいた所で羽帽子を拾った。
よく考えればこれがシンシアの物かどうかはわからないが、まさか呪文を教えていた爺さんの物でもあるまい。
彼女の形見として残しておく事にする(ゲーム的には序盤の資金源なんだと思うが)。

なおこの羽帽子、ゲームブック版では「シンシアの形見」とはっきり書かれていた
もちろん、勇者は売り飛ばしたりしなかった。

12_10 12_13 村壊滅後、南に少し行くと樵が住んでいる(ゲームブック版の名前はドルガ)。

後のストーリーと照らし合わせると、彼はおそらく勇者の縁者……おそらく祖父なのではあるまいか。村に住んでいなかったのは、息子の命を奪った者の関係者達と暮らす事ができなかったからであろう。

彼から皮の鎧を貰う。5章序盤は装備の強化が早い
さすがに5回目のスタートがチンタラしていてはプレイヤーに飽きられる、という配慮だろう。
ここは無料宿泊施設でもあるので、レベルアップに使えない事も無いのだが、先に仲間を見つけた方がよほど早くレベルアップできる。
一路、南のブランカへ。

戦闘1回さえ無く、ブランカに到着。
ここの王様が3でいうアリアハン役である。あんまり役に立たないが。

ブランカでする事も無いので、アイテム回収とセーブを終えたら、さっさと西のエンドールへ向かう。

12_15 12_16 トルネコの開通させたトンネルを通り、エンドールへ到着。
この道を作っていたり、後に船をくれたりと、メンバー集合前はトルネコが一番パーティに貢献しているかもしれん
仲間になった後は(以下略。

到着後、即、ミネアとマーニャを仲間にする。

ミネアはセーブポイントの前にいるし、マーニャの居場所は仲間会話でミネアが教えてくれるので、初めてのプレイヤーでも迷う要素は無い。

ミネア「では 占ってさしあげましょう。
あなたのまわりには7つの光が見えます。
まだ小さな光ですが、やがて導かれ大きな光となり……
えっ!?
も、もしやあなたは勇者さま!
あなたを探していました。
邪悪なる者を倒せるチカラを秘めたあなたを。
私と姉のマーニャは、あなたとともに暗黒のチカラに対抗すべく運命付けられた者。
この世界には私たち姉妹と同じ運命を背負った者がいます。
まだ見ぬ彼らとチカラを合わせ、地獄の帝王の復活を阻止するのです。
勇者さま 私たちを導いてください」

マーニャ「わお! ちょうどいいじゃん。
よーし、これから先は勇者さまに養ってもらうことにしましょ」

使命感の強いミネアのセリフ。
対してカジノで文無しになったので、渡りに船と仲間になるマーニャ。

もし勇者がマーニャをどこかの店に売り飛ばしても、たぶん文句は出ないだろう。
しかしドラクエ4は性格のアレな人が性能的に優秀だったりするので困る。

12_17 12_19 マーニャの思惑は他所に、彼女達の買いだめしていた金策用のアイテムを商店で売り飛ばす。

鉄の鎧と鱗の盾だけは売らずに勇者へ回し、装備を強化。
樵から貰った鎧は一戦も活用しないまま、その役目を終えた。

その後、セーブしてから女神像の洞窟へ
残して置いた宝箱を回収し、ついでにレベルを上げるのが目的。

仲間になったばかりの占い師が的外れな事を言っているが、そんな事は無視して先頭に立たせ、勇者のHPが上がるまで前衛をやってもらう。
もちろん、敵との遭遇は全て戦い、勇者のために経験値を稼ぐ。
レベル2桁になっているミネアとマーニャがいれば、苦戦するような相手はいない。

ユウ、レベル3でホイミ、4でメラを習得。

洞窟に残しておいたアイテムで装備を強化。
レベル一桁で鋼の剣を装備する勇者も、シリーズ中で4ぐらいのもんじゃないだろうか。
使わないアイテムも街で売れば当面の資金になる。

12_21 12_22 女神象の洞窟を漁り終えたら、次の目的地は砂漠の宿屋

ブランカへ戻り、さらに東へ。

砂漠の宿屋から南へ進まねばなならいのだが、そのためには馬車が必要。
シリーズ初の馬車は「難所を徒歩で超えられない」という理由で入手する物だったのだ。
だが馬車を貸してくれないホフマン。



マーニャ「洞くつの宝ねえ……
それを持ってきたら この人
馬車をゆずってくれるかな?」



意外と今後必要な行動を教えてくれるマーニャ。
ホフマンのトラウマ克服のため、
裏切りの洞窟へ。
だがその前に、この周辺でもう少しレベルを上げておく。

周囲の一つ目ピエロの群れが162EXP312Gくれるので、それが狙い目。

ユウ、レベル7でベホイミを習得。

裏切りの洞窟は勇者一人で戦わされる場面があるが、これで安定して切り抜ける事ができるだろう。

12_24 12_27 12_31 裏切りの洞窟へ。

ここまでミネアとマーニャの力に頼って進んできた勇者だが、導かれし者の頭領がおんぶに抱っこでは締まらない。
そんなわけでか、ここでのボス戦は勇者が一人で戦う事になる。

ミネアとマーニャに化けて襲い掛かってくる裏切り小僧
まずはお供の吸血蝙蝠から倒す。
武装も充分、回復はベホイミでHPを満タンにできる今、手こずる要素は特に無い。
余裕

ユウ、レベル8でルーラを習得。

裏切り小僧を倒せば、ミネアとマーニャはすぐに戻ってくる。
ここからHP・守備力ともに十分な線に達したと判断し、勇者を先頭にする。

ミネア「ユウさんのニセ者には、いやってほど苦しめられました。
ニセ者だとわかっていても、戦うのに抵抗がありました。

姉さんは平気だったようですが……

そんな頼もしい二人とともに、洞窟の深部で「信じる心」を入手。

12_3312_36 12_40_2 12_44 ホフマンに信じる心を見せて、馬車を入手
ついでにホフマンにも仲間になってもらう。

砂漠→アネイル→コナンベリーの間に、特に重要なイベントは無い
まぁ天空の鎧のエピソードなんかも聞けるが、必要というわけでもない。

マーニャ「やった~、温泉よ温泉!
これはもう絶対入っていくしかないわよね?」

踊り子が何かはしゃいでいるが、用など無いといったら無いのだ
アイテムの回収だけは忘れずにやっておく。
次の重要イベントの町・コナンベリーへ到着。

ミネア「港町に来ると、ハバリアを思い出します。
キングレオ城から逃げ出し、失意のうちに船出をしたあの町を……

楽しみにしていた船旅が逃亡劇だった彼女の胸中、複雑な物があるようだ。
だがそれはそれ、今後の旅に船は必須なので、次はコナンベリーの港を封じている灯台を攻略せねばならない。

ここまでの戦歴は倹約ヒーロー。
このレベル帯である程度の所持金があればこうなるらしい。
次に仲間となるトルネコが破邪の剣を持ってきてくれれば、さらに金が用意できるのだが。

C)ENIX(現株式会社スクウェア・エニックス)

|

« ドラクエ4:11 第4章 仇討 | トップページ | ドラクエ4:13 第5章 トルネコ加入 »

ドラゴンクエスト4 プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/56521179

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ4:12 第5章開始:

« ドラクエ4:11 第4章 仇討 | トップページ | ドラクエ4:13 第5章 トルネコ加入 »