« ドラクエ4:18 第5章 天空の盾 | トップページ | ドラクエ4:20 第5章 地獄の帝王 »

2014年6月28日 (土)

ドラクエ4:19 第5章 ロザリーナイト

18_51 19_2 町めぐりでアイテム回収、その後ダンジョンめぐりでやはりアイテム回収。

鍵を手に入れる度に、以前訪れた場所でアイテムを入手するのが恒例になったのも、3あたりからか。

小さなメダル氷の刃皆殺しの剣を町にて入手。

その後、雷の杖はぐれメタルの剣天空の鎧を集める事にする。

4の雷の杖は、以前訪れた黄金の腕輪があったダンジョンの隠し階段の奥にある。
敵は以前のままなので、難なく取りに行ける。
しかしなぜ黄金の腕輪のダンジョンに隠されているのか、少し不思議。

19_4 はぐれメタルの剣と天空の鎧は、それなりの敵が出る場所の奥にあるので、まずはセーブ。

途中、ロザリーヒルにまだ行ってなかった事を思い出し、立ち寄る事にする。

クリフト「なにやらこの村には似つかわしくない、高い塔が見えますね」

高所恐怖症設定が追加され、何かと高い所を意識するクリフト。
まぁだからといって能力が制限されるような事もなし、別に構いはしないが。

懐にも少し余裕があったので、アリーナにキラーピアスを購入。
もっと早く買いに来ても良かったが、炎の爪に少しは使用期間ができたし、まぁいいだろう。
炎の爪は、ゲームブック版では導かれし者達のための聖なる武器扱いだったのだが……原作だと割とどうでもいい扱いである。

買い物を終えたら、あやかしの笛を使って塔に侵入。

19_7 19_8 ロザリーの部屋の前で、番人のピサロナイトに止められる。

当然、ピサロナイト戦。

ライアンにはバイキルトをかける事ができた物の、2ターン目でブライが静寂の玉で呪文を封じられた
よってマグマの杖を撃つ戦法に変える……が、ピサロナイトはイオ耐性が高く、結局無力

途中から実質3人で戦う事になり、長引いてしまったが最後には勝利。
静寂の玉も無事入手。
召喚されるアイスコンドルより先にピサロナイトを倒すと入手できないらしい……まぁそんなに使いまくるアイテムでも無いが。

このピサロナイト、どこかの外伝では、かつてロザリーに会った事があり、内心では恋心を抱いているという話があったように思う。
ゲームブック版でも、最期にロザリーへ何か言いかけてこと切れるのだが、受け取りようによっては秘めた想いがあるように見えなくもない
やはりお嬢様を守るナイトには、特別な感情がある方がロマンチックに見えるのだろうか。

放置してたらいつの間にか消えてるキャラであっても。

19_9 19_16 部屋の奥でロザリーと邂逅。

ロザリー「まあ!あなたたちは人間ですね!
……けれど不思議。あなたたちは他の人間と違って、すんだ目をしています……。
あなたたちを信じてみましょう。私の名はロザリー。どうか話を聞いてください。
世界が……魔物たちによって、滅ぼされようとしているのです。
魔物たちをたばねる者の名はピサロ。
今はデスピサロと名のり、進化の秘宝でさらに恐ろしい存在になろうとしています。
お願いです!ピサロさまの、いいえデスピサロの野望を打ちくだいてください!
わたしはあの方に、これ以上罪を重ねさせたくないのです……。

たとえそれがあの人の命をうばうことになろうとも……。うっうっ……」

ここでルビーの涙をロザリーが流すが、人間には入手できない事がわかる。
それをもっと人間に広める努力をすれば……信用しないだけか。

ブライ「むずかしいものですな。
愛し合えばこそ、そこに悲しみも芽生える……
……
ごほっ。
これはわしにはすこし似合わぬセリフでしたかな」

爺さんまでいつになくセンチメンタル。

19_20_2 19_24_2 再びアイテム回収に戻る。

次に行くのは滝の洞窟

海辺の村で拾っていた渇きの石で道をひらき、奥へ。

クリフト「魔物がおそってきたら、まっさきに水に飛び込めばねらわれずにすむだろうか……
いけない、いけない
私は神官なんだ。ひきょうな事を考えてはいけないんだ」

なぜか妙に敵にビビッているクリフトだが、ここの敵にはなんとなくザキの通りが良い
ついでにヒャドの通りも良い
よって別に苦戦する事無く、最深部に到達。

入手したはぐれメタルの剣はクリフトに装備させる。
この時点では勇者とほぼ並ぶ打撃力である。

これで呪文を使わせない時でも戦力にはなるようになった。

19_26 19_28 19_29 宿屋で一泊してから、次は海鳴りの洞窟へ。

ライアン「イカダに乗ってる間におそわれたら、足場が不利なままで戦わねばなりませんな」

実際には何ら不利な影響は無いし、その上この洞窟は外のメンバーに呪文でも援護もさせる事ができるので、むしろ余裕。
もっと低いレベルで来ても良かったかもしれない。

肝心の敵も、フェイスボールぐらいしか面倒な奴はいない。
マヒャドフライマヒャドブライに見えるぐらいか。

順調に天空の鎧を入手。
後は剣さえあれば、天空シリーズの武具が揃う事になる。

小さなメダルも貯まったので、メダル王に久しぶりに会いに行く

ここで貰うのは天罰の杖・メガザルの腕輪・奇跡の剣

奇跡の剣はライアンの最終装備。
これで最後の最後まで戦う事ができる。

19_31 19_33 19_35 アイテム回収も終わったので、王家の墓に変化の杖を取りに行く。

ブライ「あー、この王家の墓は、本来王家のゆかりの者しか立ち入ることのできぬ場所。
ま、よそものとはいえ、わが姫の旅の仲間。

特別に許しましょう。フム」

なんと爺さん、税率に続き専用墓所の管理権限まで持っていた
もしや教育係とは、幾つも兼任している役職の一つに過ぎなかったのか。

爺さんの許可の下、移動床に乗って奥へ。
真っ直ぐ最下層へ落ち、その後上へ行くタイプのダンジョンである。

ドラゴニットの高熱のガスやビビンバーのベギラマが厄介。
途中にある回復地点も活用して上層階を目指す。

まぁボスもいないし、武具も強化してあるので、特に問題無く変化の杖を入手した。

サントハイム王家が収集していた魔法の杖の一つだという事だが、そんな国の姫がどんな経緯で壁を蹴り破るグラップラーになったのか、少し不思議。

19_37 19_38 19_40 帰還後、一度セーブ。

その後はまた王家の墓に戻り、ちょいとレベル上げ。

ここではぐれメタルが出るのは有名な話。
出現率で深層を選ぶ人が多いとの事だが、その場合は連れて行けるのは4人だけ。
そこで8人全員に経験値が入り、馬車にいるトルネコの口笛が使える地上階で戦う事にする。
メンバーはライアン・アリーナ・マーニャ・ブライ。勇者は馬車でお昼寝、作戦ははぐれメタル以外にはガンガンいこうぜ。
こうする事で、勇者のコマンド入力の手間も省ける
クリフトからはぐれメタルの剣をとりあげ、ライアンに持たせておく。ただし普段の戦闘で使うのはあくまで奇跡の剣
はぐれメタルが出た時だけこの剣に持ち替え、ブライにバイキルトをかけさせれば、安定して4ポイントほどのダメージを与えられるという寸法だ。
アリーナに時の砂を持たせておけば、仕留め損ねた時のリカバーも狙える。

クリフト、レベル27でベホマを習得。
ミネア、レベル26でベホマを習得。
勇者、レベル27でベホマを習得。
ブライ、レベル28でヒャダインを習得。

ブライがついに全体攻撃呪文を覚えたので、頃合いと見てレベル上げ終了。
変化の杖はまだ使ってないのに、戦歴は変身ヒーローになった。

C)ENIX(現株式会社スクウェア・エニックス)

|

« ドラクエ4:18 第5章 天空の盾 | トップページ | ドラクエ4:20 第5章 地獄の帝王 »

ドラゴンクエスト4 プレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177371/56630726

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ4:19 第5章 ロザリーナイト:

« ドラクエ4:18 第5章 天空の盾 | トップページ | ドラクエ4:20 第5章 地獄の帝王 »